2017年02月19日

鍼灸師に必要なのは「ツボを信じる力」だと思う

東京で開催している「整動鍼®」の勉強会には、全国から鍼灸師が集います。

飛行機や新幹線を使う方もたくさん。前泊して参加する方も。今回の脊柱編(2月12日〜13日)は北海道からの参加が6名でした!それに比べたら群馬の私は近い方です。

私が主催する勉強会に、時間とお金をかけて参加してくださる、同業の鍼灸師さんには本当に感謝しています。その費用以上の価値を提供するため、私も気合いが入ります。

整動鍼脊柱編セミナー(2017年2月12日〜13日)


■本当にツボは効くのだろうか


遠くから集まってくる鍼灸師には共通の想いがあるように思います。それは「ツボの力をもっと信じたい」という気持ちです。「患者さんのために、もっと効果があるツボを使いたい!」という想いが伝わってきます。その熱を感じて私も燃えています。

ツボは目に見えないだけに、扱いがとても難しいものです。ボタンのようにポチッと押したら、どこかが治るわけではありません。迷走し、ツボを信じられなくなり、自信を失ってしまう鍼灸師もいるのです。

学校を卒業し、免許を取得したばかりの鍼灸師を襲うのは、

「学校で習ったツボを使っているのに、まったく効果が出ない...。ツボは本当に効くのだろうか...」

という迷いです。ツボ選びに自信を持てなくなってしまうと、鍼灸師としての将来が暗くなってしまいます。ですから、学生の時から、ツボの力を見せてくれる人の近くにいることが大事です。

できるだけ、ツボの効果を目で見ておくことです。患者さんの症状が変わっていく様子を目の前で目撃すれば、ツボが効くことが当たり前のこととして、脳に刻み込まれます。


■鍼灸をファンタジーにしてはいけない


患者さんに鍼や灸をする様子を見ても、どこに何が起こっているのかわかりません。別の日、患者さんに「どうでしたか?」と聞くまでは、鍼灸がどれだけ効いていたのかを判断できない現実があります。

鍼灸には、効果を判定する方法はいくつもあります。ただ、客観性が乏しいものばかりです。

鍼灸師の指が診ているもの


たとえば、脈診(手首の脈を診て体調の変化を読み取る診断術)という方法。術者(鍼灸師)の指で感じるものが情報なので、そこから判断したことが正しいのか気のせいなのか結論が出ません。

術者の感覚だけで完結させるため、極めたとしても、その技術を客観的に評価することはできません。「『名人』を名人と思う」しかないのです。鍼灸はファンタジーな世界ではありませんから、客観性の乏しい診察術は内外から問題視されています。

鍼灸には「見える化」が必要です。


■ツボに当たれば動きが変わる


「見える化」の努力を怠っていると、鍼灸はいつまでも前に進めません。効果が見えなければ、価値まで見えないままです。不確かなツボで患者さんに接することは苦しいことですし、騙しているかのような罪悪感があります。その苦しさに耐えかねて鍼灸師をやめてしまう人もいます。

「鍼灸は感覚の世界」という人がいます。確かにそういう側面はありますが、それだけを貫き通すと「わかる人だけわかればいい」いう孤立した世界になります。鍼灸の価値を理解するのに、特別な感性など必要ありません。鍼灸は難しいものではありません。誰にでも効果が見えるものです。

整動鍼脊柱編セミナー(ツボ押しで動きが変わる)

私が行っている整動鍼®は、効果の見える化を推し進めています。目で違いがわかる「動き」に着目し、その動きの変化からツボの効果を確認していくのです。ツボが当たれば動きが変わり、ツボを外すと動きは変わりません。

ツボを刺激すると筋肉も刺激されます。動きをコントロールしているのは筋肉ですから、要所を刺激されたら絶対に動きは変わるのです。この当たり前のことが、これまで見逃されてきたのです。

理由は歴史にあります。古典を紐解けば、内臓とツボの関わりが研究されてきたことがわかります。ずっと、ツボは内臓を調整するポイントとして認識されてきたのです。理由はわかりませんが、ツボと筋肉の関係には手が付けられていません。個人的な想像では、そいういうものがあったはずだと思うのですが、記録が残されていないのです。


■経絡では動きを整えられない


ツボと動きの関係を説いたものが全くないわけではありません。鍼灸のツボ理論の基礎は経絡(けいらく)です。この経絡を使って動きの調整を試みてもうまくいきません。なぜなら、経絡は動きを整える理論ではなく、循環を整える理論だからです。

私が取り組んでいる「ツボで動きを整える方法」は、ありそうでなかったのです。

実際の臨床ノートを整理してまとめたのが整動理論です。この理論を使えば、関節痛や筋肉痛がスイスイと治療できるようになります。どんな症状の時、どのツボをを使えばよいのか、理論が導いてくれます。本当に便利です。

経絡から離れるからこそ、見える世界があります。基本とされている経絡から離れることは勇気が必要です。躊躇するうでしょう。私がそうでした。でも、離れることは否定することではありません。離れてみてわかる、経絡の魅力があります。


■症例とツボ


鍼灸師ほど得たいの知れない職業はありません。間違いなく、謎の多い職業の一つでしょう。もっと多くの人に鍼灸のことを知って頂きたいと思っているので、積極的に症例を出すようにしています。論文ではないので、一般の人にわかりやすい表現を心がけています。

鍼灸の症例図(サンプル)


症例を読むと、鍼灸師がどんなふうに身体を見て、どんなふうに症状を解釈し、どんな手を使って症状を改善させているのかイメージできるようになっています。これも、見える化運動の一つです。

誰でもわかる言葉を使って書こうとすると、案外難しいものです。つい専門家の間でしか使わない表現を使ってしまいます。

最近、私の周りでは、わかりやすい症例を書いたりする「鍼灸の見える化運動」が盛んです。わかりやすい鍼灸をしよう、と思っている鍼灸師が増えています。わかりやすさを身につけた鍼灸師は自信が持てるようになります。

どうしたら患者さんに伝わるのだろう…

こんなふうに考えることで、鍼灸の未来も、鍼灸師の未来も明るくなります。


■求人情報(鍼灸師2名)


わかりやすさを追究したい鍼灸師は、私と一緒に働いてください。鍼灸師が不足しています。春の求人はまだまだ続いています。詳しくはこちら≫採用情報


◎関連施設
養気院(群馬県伊勢崎市)
カポス(東京都港区/品川駅)

【よろしければ投票してください】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

鍼灸師採用情報大


yoki at 00:59│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 鍼灸 | 勉強会

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本