2017年03月07日

鍼灸院の求人情報と採用事情(東京&群馬)

「鍼灸師」と検索してみたら


Googleにはサジェスト機能というものがあります。
多くの人が検索しているワードを先回りして表示してくれる機能です。

鍼灸師に興味がある人_512


検索窓に「鍼灸師」と入れると、

 鍼灸師 求人
 鍼灸師とは
 鍼灸師 英語
 鍼灸師 国家試験
 鍼灸師 年収
 鍼灸師会

と出ます。



「鍼灸師…」と検索する人


「鍼灸師になったばかりの人」と「鍼灸師という職業に興味のある人」が検索しているようです。

今年の「はり師」「きゅう師」の国家試験は2月26日(日)でした。求人情報を探している鍼灸師もまだ多いと思います。鍼灸師の場合、試験が終わってから就職活動を始める人が多いそうです。私もそうでした。

私の鍼灸院でも、鍼灸師を募集しています。1月から募集をしているのですが、まだ採用通知が出せていません。すぐに2名を採用したいのですが、思うようになっていません。

就職活動中の学生は「鍼灸ができる職場がない」と嘆き、採用する鍼灸院は「募集しても応募がない」と嘆いている、という不思議な現象が起きています。採用に苦労しているのは、私ばかりではないようです。あちこちで「なかなか決まらない」という声を聞きます。

「鍼灸師 求人」と検索して表示されるのは、求人サイトばかりです。鍼灸院が独自に募集をしても、なかなか気が付いてもらえません。求人サイトに登録すれば見てもらえるかもしれませんが、費用は安くありません。採用側からすると気軽にはできないのです。求人にこれほどお金がかかるとは、採用の仕事をするまで気が付きませんでした。



■長く働ける鍼灸院


さてさて、就職先を探している学生が一番気にしているのはお給料?
それとも、働きやすさ?

私が学生の時(15年も前ですが…)は、鍼灸ができるところを探していました。鍼灸専門で働けるところが少なく、実際の業務はマッサージというところばかりで、あきらめて整形外科に就職したのです。やっていたのはマッサージ。朝から晩までやっていました。

そこそこ良い給料でしたが、この先にキャリアアップがないことは明らかでした。鍼灸の道で生きていくには独立しかありませんでした。これが私の鍼灸師人生の始まりです。

お金もノウハウも、そして人脈もありませんから、何をやっても上手く行かず、失敗の連続でした。お金も底を尽きました。あったのは「鍼灸師になってやる!」という執念だけ。極貧生活でも下を向かなかったが、私の唯一の才能だと思います。今の私を支えているのも執念。まだ実現したいことができてません。

実現したいのは、長く働ける鍼灸院をつくることです。

現在、鍼灸師は私の他に5名です。ここ数年で少しずつ整えてきましたが、もっとよい環境にしたいのです。給料もできるだけ多くしたいです。それには、キャリアップの仕組みが必要です。

採用する立場になった今は「自分が学生だったら、一番働きたいと思う鍼灸院」を作りたいと思っています。患者さんにとって一番であると同時に働く者にとっても一番、それが理想です。理想の実現に向けて一歩一歩やっています。

想いはすぐに形になりませんが、想い続けていると形になっていくと信じています。このブログも私の想いそのものです。この記事が「鍼灸でがんばっていきたい」と思っている鍼灸師に届くと嬉しいです。


■求人情報(鍼灸師2名)


鍼灸の可能性を追究したい鍼灸師を随時募集中です。私に力を貸してください。詳しくはこちら≫採用情報

鍼灸師採用情報大



■ホームページの初歩を教えます


告知です。開業者・開業予定者向けのセミナーを行います。

患者さんに想いを届けるために必要なウェブサイト(ホームページ)をどうやって構築すればよいのか、基本の基本をお伝えするものです。東京と群馬の2院を経営している立場から、取り組んできたことを教えます。特に、これからウェブサイト(ホームページ)を作ろうとしている方におすすめします。

2_512


◎日程:4月9日(日)11:00〜17:00 
◎定員:25名(残り若干名)
◎対象:鍼灸師、柔整師など(すべての治療家)
◎内容:患者さんに想いが届くホームページの作り方
◎費用:12,000円
◎主催:株式会社 活法ラボ セミナー事業部
◎URL:http://www.musuby.com/


【よろしければ投票してください】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

yoki at 23:01│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 鍼灸師求人 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本