2017年07月28日

人工知能と鍼灸(1)

人工知能と鍼灸(1)


■人工知能(AI)の時代を迎える


最近、AI(Artificial Intelligence)に関する情報が目立つようになってきました。ロボットや自動車の自動運転ばかりでなく、各分野で活用が始まっています。

ついに、あのAmazonがAIサービスを始めました。しかも無料で開始できます。もう、びっくりです。

15


私は鍼灸師ですが人工知能に関心があります。むしろ、鍼灸師だからこそ関心があるんです。鍼灸も人工知能も、「人」を知ることで進歩する分野です。


■人工知能 vs ベテランの経験


先月、NHKで放送されていた『人工知能 天使か悪魔か 2017』は衝撃的な内容でした。



番組で印象的だったのは、タクシーで利用され始めていたことです。お客さん(タクシーに乗りたい人)が居そうな場所を人工知能が予想してドライバーに伝えるのです。

長年の経験や勘を頼りにやってきたベテランドライバーを人工知能が超えようとしています。新人かベテランかの違いは、運転技術だけになってしまいます。その運転技術も自動運転に代わろうとしているわけです。

人工知能を利用している感覚を持てるのは最初だけな気がします。

「タクシーを拾いたいなと思って通りに出たら、ちょうどタクシーが走っていた」というのは人間側の視点。人工知能から見たら、予測した通りに人間が行動しているのです。

もちろん、予測というのは確率の話です。だから完全に人の行動を予想しているわけではありません。しかしながら、対象が(人間の)集団になれば予測の精度は上がります。

人間(という集団)が人工知能に予測されるということは、管理されるという未来をほのめかしています。

人間の考えていることくらいわかるぜ!

という未来の足音が、もうだいぶ近づいて来ています。人間が利用していると思っているうちは天使ですが、利用されはじめたら悪魔ですね。映画で起きていることは現実に…。


■映画の中の人工知能


アラフォー世代の私の脳には、ターミネーターのシュワちゃんがしっかり刻み込まれています。2では新型ターミネーターの液体金属のCGが衝撃的でした。今年の夏3Dになって帰ってきます!

I'll be back.  は本当でした。




そしてマトリックス。



本題には関係ありませんが、この映画は映像に数々の革新をもたらしたことで有名です。メイキング映像の2分15秒あたりは、バレットタイム(タイムスライス、マシンガン撮影)という技術を使った有名なシーン。当時、みんなマネしてましたよね。

人工知能が映画制作に加わる日はすぐそこです。



■人工知能に鍼灸はできるか


ここから本題です。

鍼灸と人工知能の関係を探っていきましょう。そもそもから考えなければいけません。鍼灸って何でしょう。

「鍼灸は患者さんの体に触れた感覚から直感的にツボを選んでいくもの。」と考える鍼灸師。また、「鍼灸施術というものは再現ができない一期一会なもの」と考える鍼灸師。

どちらの立場も、「人体という名の複雑系に自らの感性で挑む」という認識です。こうした認識に対して私は思うところがあります。

もし、彼らが、

「人体は複雑だからコンピューターには無理」

と考えていたら、それは全くの逆だと言いたいです。対象が複雑だからこそ人工知能が力を発揮するのです。人工知能は将棋で名人に勝ちました(とてもショックでした)。

もちろん、人体は将棋とは比べものにならないくらい複雑です。今の人工知能に出来ることは限られているかもしれませんが、人工知能が人工知能を開発する時代に突入したら、これまでの常識は全く通用ないでしょう。

どんな職業を選ぼうとも人工知能をスルーできない時代が必ずやってきます。鍼灸も例外ではないでしょう。そうなれば「鍼灸は複雑で感覚的なものだから人工知能は役に立たない」なんて言ってはいられません。

「人工知能は問診ができても触診はできない」

という考えもアウトになるでしょう。触診マシンが開発される時代が来ます(誰かがその商業的な意義に気が付いた時)。

クルマは自動運転の時代に入ってしまいました。ナイトライダーが現実となってしまいました。センサー技術はとんでもないことになっています。

高度なセンサーが安価で手に入るようになれば、人間の指先感覚は再現できてしまうでしょう。開発に本気を出せば、今だってツボ探しマシンはできると思います。

人間のみが感受できると思っている雰囲気やニュアンスだって、きっとセンサーとアルゴリズム次第です。表情や声のトーンから感情まで読み取られてしまうでしょう。人生相談や占い師も人工知能が代わってできます。

次回は「気の世界」と「人工知能」について書きます。
予定を変更して「暗黙知」の話になりました。つづき…(自転車の乗り方を説明できない理由


新世代の鍼灸師求む!

鍼灸師求人(活法ラボ2017夏)東京/群馬



【よろしければ投票してください】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

yoki at 01:48│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 鍼灸 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本