2017年08月18日

人工知能と鍼灸(3)「ツボらしき」は数量化できるのか?

前回の記事では、

^徒枌里聾斥佞砲呂任ないけれど、確実に存在している知識
形式知とはマニュアル化できる知識


を紹介し、鍼灸は暗黙知ばかりであることを疑問視して終わりました。

人口知能から少し脱線しますが必要な話です。


■共通言語を求める世界


伝えられない技術は共有できません。共通言語が生まれません。鍼灸にも共通言語はありますが、各々で指している意味が微妙に違ったり、時には大きく違っているため、完全な共通言語はありません。

最近、「中医学」という「中国で整理された近代版東洋医学」が、世界に普及しています。日本にも入ってきていて、その影響は日本の鍼灸にも大きな影響を与えています。

私も影響を受けた一人です。そもそもの話をすれば、私が鍼灸師になったのは中医学系の鍼を受けて感銘を受けたからです。鍼灸学校でも中医学を学び、学校以外でも中医学系の学術団体に所属し、知識や技能の習得に力を入れていました。

共通言語を中医学にしようという動きが盛んですが、それが正しいかどうかわかりません。なぜなら、2000年以上続いている鍼灸医学を一つの共通言語でまとめるのは無理があるからです。無理を承知で、それでも進めているわけです。

日本鍼灸のあるべき姿を追求している私にとって、中医学で鍼灸を染めることには(共通言語があって便利であっても)反対です。もう少し、日本人鍼灸師は、日本鍼灸の在り方を考える時間をもう少し持つべきです。
日本の鍼灸



■日本鍼灸の歴史


日本鍼灸は江戸でピークを迎えました。数多くの流儀書が残されています。しかし、明治維新の影響で鍼灸は衰退しました。復興運動が始まったのは昭和初期です。しかし、すぐに大きな戦争を経験し、GHQの占領下にあった時代が7年もありました(1945年〜1952年)。

明治以降、日本鍼灸がのびのびと成長できる環境はなかったのです。今でも保険はほんの一部に条件付きで適用されるのみです。国の医療制度に入れてもらえない状況が続いています(業界の努力不足では片付けられないほど歴史的・政治的な理由が大きいです)。

ここで言いたいのは、明治以降、日本人が日本の鍼灸を追求する時間は皆無に等しいのです。鍼灸師なら知らない人はいない、いわゆる「経絡(けいらく)治療」。日本鍼灸の代表のように誤解されがちですが、歴史的にみても日本の標準ではありません。柳谷素霊先生の門下生がつくった治療デザインです。昭和生まれの私から見れば、そんなに古くはありません。

何をもって日本鍼灸とするのか…

歴史的に、日本人は日本の鍼灸を全く追求していないのです。各人が、それぞれ自分の道を探してきた歴史しかありません。そんなタイミングで中医学(中国の近代版東洋医学)をそっくり受け入れてしまったら、日本人のアイデンティティは残りません。


■中医学に向かう理由


日本を含め、世界が中医学に傾倒するのには理由があります。理由は、東洋医学が形式知になっているからです。難解で複雑な東洋医学が理路整然とまとめられているのです。

日本の鍼灸師は、繊細な感覚を持っています。だからなのか、感じるニュアンスを言語化するのを嫌います。あいまいさを残したがります。

言語化することで失われるものは、間違いなくあります。実際に、中医学という名の形式知の裏で、失われた伝統医学があります。

私の臨床経験では、中医学に限界を感じました。机上の空論という言葉がピッタリ当てはまる状況となってしまったのです。

形式知に依存し過ぎると、教科書の通りには効かない…という現実を招いてしまうのです。

だからといって形式知が悪いとは思いません。日本も中医学の形式知を見習うべきです。鍼灸はもっとマニュアル化されるべきです。ツボを探す感覚も、鍼をする感覚も、もっとマニュアル化できるはずです。日本の鍼灸は、あまりにも個性を尊重するあまり、誰が何をしているのか専門家同士が見てもよくわかりません。


■形式知の旨味をノンアルコールビールから学ぶ


通常のビールからアルコールを抜いたものがノンアルコール、であったのは一昔前の話です。聞くところによると、今は、ビール味の炭酸水を香料などを使ってつくっているそうです(この他、アルコールが生成されないようにビールつくる方法もあるようです)。

ノンアルコールビールはどうやってつくっているのだろう???


これは、味覚の研究の結晶です。味覚は一人一人違います。それでも、誰もがビールをビールと認識できるということは、ビールらしい味があるからです。ビールらしさを感じるのは暗黙知(言葉にはできないけれど、確実に存在している知識)です。

しかし、暗黙知に収まっていてはビールの味がする炭酸飲料は開発できません。ビールでないものをビールらしきにするには、形式知の集積が不可欠なはずです。味覚研究はメーカーの企業秘密でしょうから、本当のことはわかりませんが…。

鍼灸師が駆使している指先の感覚も、研究されれば秘密が明らかになっていくでしょう。「されれば...」の話です。ほとんどが個人事業主である鍼灸業界は、研究資金をまとめられません。個人では、研究にかかる費用を準備することも、回収することもできません。

ホンモノの鍼灸師であるならば、指先で「ツボらしき」を感じています。数量化が難しいと鍼灸師の誰もが思っている感覚です。

「ツボはどういう感じ?」

と問われても、数量化できないので、「ちょっと硬いかな〜」とか「ぷよぷよしているよ」と答えるしかありません。細かいことを言うと、ツボによってツボの顔や表情があります。

その違いを説明するには、ビールの味の違いを説明するように難しいのです。まさに暗黙知なのです。ビールの世界も最初は似たようなものだったはずです。人間の味覚のみが感知し、脳が創り出す「味」という感覚。それを数量化し、「味を感じるメカニズム」という形式知に仕立てたのです。これを見習わないわけにはいきません。

「ツボは鍼灸師それぞれが感じるもの。やっていればだんだんわかります。」

といつまでも言ってはいられません。

(つづく…ツボのデータを集める方法


◎お知らせ

群馬の養気院のスタッフブログを開設しました! ≫ スタッフブログ


新世代の鍼灸師求む!

鍼灸師求人(活法ラボ2017夏)東京/群馬



【よろしければ投票してください】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

yoki at 00:18│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 鍼灸 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本