2018年02月25日

経絡を信じている鍼灸師に対して思うこと

経絡を信じている


証明されていない経絡


鍼灸において経絡(けいらく)ほどやっかいなものはありません。

経絡は、鍼灸理論の根幹を成すものでありながら、その存在は未だに確かめられていません。鍼灸に携わるものであれば、この事実は受け入れなければなりません。

経絡はあるに決まっている。」 とか、

経絡を否定したら鍼灸そのものを否定することになる。」とか、

伝統はどうなるのか?」とか、

患者さんが治っているのだから、そんなことどうでもいい。」とか、

私は感じることができる。」などなど、

専門家のご意見はあるだろうと思います。

しかし、何を言っても「経絡を証明できた人はいない」という事実だけは変わりません。

経絡が明らかでないまま経絡ありきの話をされてしまうのが鍼灸業界です。こうした現状に反発する人もいれば、嫌気が差して離れて行ってしまう人もいます。

私は、経絡否定派と誤解されやすので補足します。

「経絡がない」とは言っていません。「経絡は証明されていない」と言っているのです。「経絡なんてない!」と言いたいのではなく、確かめられていないものに全体重を乗せることに危うさを感じてほしいのです。



自己肯定のための東洋医学


好きでないのは、あやふやな事象を「東洋医学」という言葉でまとめてしまうことです。「東洋医学は科学的に証明できなくてもいいんだ、だって東洋医学だから」という理屈は理解できません。

「東洋医学≒不確かでもいい医学」

という使い方は都合が良すぎます。

たいがいにおいて、「東洋医学」という言葉を使う場合、その裏には「西洋医学」に対するアンチテーゼ(批判精神)が含まれています。

東と西がこれだけ交流している現代社会において、東洋哲学(思想)と西洋哲学(思想)が別々に存在しているわけがありませんし。そういう言葉が必要なのは、区別しなければならない事情があるときだけです。

それはどんな時でしょうか?

鍼灸業界にいると、よく耳にするのが病院医療に対する批判です。私も病院で嫌な気持ちになったことが何度もあります。病院への不満は西洋医学だからなんでしょうか? たとえば、ドクターの言葉に傷ついたとして、それは西洋医学だからでしょうか? 違いますね。

東と区別する理由が答えられなければ、「東洋医学」という言葉はアイデンティティ(自己肯定)のために使っているのかもしれません。患者さんのためというより、自分のため。

私も何度も自分自身に問いかけました。頭の中は、東洋でも西洋でもありませんでした。そういう頭の中で考える鍼灸が、西洋医学か東洋医学に分かれるはずもありません。東西を融合させようとか、そういう意図が生まれる前に融合してしまっています。


「経絡は信じる者だけに見える」は論外


「経絡は信じる者だけが見えるもの」という発言は、鍼灸をダメにします。宗教ではないのですから、信仰は必要ありません。そういう発言をしている人は、鍼灸を宗教化してしまっています。医療の質を信仰心が決めるなんておかしな話です。

鍼灸に効果があるなら、術者の思想や信仰に関係なく効果が出せるはずです。同じツボに同じように鍼をすれば同じ変化が表れます。もし、結果が違うなら同じことをしているように思っても、同じことができていないのです。

また、鍼でツボを刺激するという行為の前後には、様々な情報が入り込みます。患者さんが事前に得ている情報や、施術室の環境、鍼灸師のしゃべり方、触れ方、どれも患者さんの身心に変化をもたらします。患者さんに働きかけが上手であれば、鍼をする前に良い状態を作り出せてしまうこともあります。

患者さんが術者を信じている時の方が治りが早いとは思います。催眠状態にするのが得意な鍼灸師もいます。「信じる者は救われる」も成り立つわけですが、それは個人的な魅力やスキルに依存しすぎていて共有が難しいです。


「治れば何でもいい」という考えの怖さ


確かに治れば何でもいいです。ただ、再現できることが重要です。

治る最短の方法を考えるのも医療に携わる者の務めだと思います。思い付くままにやって治ったとしても、それを仲間と共有できなかったら、その方法が広がることはありません。その人がいなくなったら、それで終わりです。患者さんは困ります。

「治れば何でもいい」という考えは、患者さんを術者個人に縛り付けるものです。「このワザが使えるのは世界で私だけですよ」というのは、マーケティング的には正しい手法かもしれませんが、医療としては間違っています。

人(術者も患者も)を選ばないのが医療の在り方と思います。


再現性を第一に考える


私は、誰でも練習さえすればできるものが最良だと思います。医療はオリンピックで金メダルを目指すのと違い、誰でも同じことができることが理想です。だから、普段から再現できる方法を使うようにしています。

実現するために、ツボの位置は厳密に決めています。できるだけ1ミリもズレないようにしています。ツボによっては許容幅がありますが、いずれにしてもミリ単位は心がけています。ツボを厳密に取るという段階はルーズにやっている人にとっては面倒です。

ただ、厳密さを追究するほど再現性が高くなることを経験すると、ツボの微妙なズレが気になるようになります。ツボの位置によって作用はまるっきり違います。ただ、経験したことがない鍼灸師にはわからないかもしれません。

ツボも経絡と同様に実体がわかりません。ですので、鍼をして脳にどんな変化が起こるのか、整動協会と北斗病院(北海道)が力を合わせて実験を行っています。ツボの組織的な実体がつかめなくても、脳に明かな変化を引き起こす肉体上の点(座標)は、ツボという機能を持っていると言うことができるようになります。

経絡も、実験によって機能が証明できるかもしれません。ただ、そのためには私たち鍼灸師が科学的な姿勢でいなければ研究者と協力関係になることはありません。


お知らせ(求人)


鍼灸の可能性をもっと知りたい鍼灸師を募集します(新卒可)。
求人情報2018春


【よろしければ投票してください】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

yoki at 22:43│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 鍼灸 | 科学

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本