2020年01月18日

すごい治療家のうわさ話

すごい治療家のうわさ話


医師以外で治療行為を行う人は、「治療家」と呼ばれています。

病院の医師の治療を受けて治らない人が、次に頼るのが治療家です。民間療法を行っていたり、独自に考えた治療法を施したり、スピリチュアルな世界に誘ったり。あまりにも多くて誰も正確に把握できないのではないでしょうか。

治療家は、免許や資格の名称ではないので、愛妻家と同じジャンルの言葉です。ですから、治療家を管理する法律もありませんし格付けする客観的な指標はありません。すごい治療家と言われている人、名人と言われている人はいったいどういう人なのか、興味はありませんか。

すごい治療家を考える上で、とても勉強になる動画を見つけたので紹介します。私は「鍼灸師」という免許の上で業を行っていますが、医療者のはしくれなのか、治療家のはしくれなのか、未だによくわかりません。

それはさておき、すごい治療家の条件を知りたい方はぜひ観てくださいね。短い動画なので、ご覧になりながら、読んでみてください。くりぃむしちゅーの上田晋也さん、話を聞いていて飽きません。どんどん、上田さんの体験談に引き込まれていってしまいました。

お願いです。動画を見る時は、必ず3つ目の最後まで観てくださいね。最後まで見ると、最後まで観てほしいとお願いしている意味がわかると思います。



しびれと肉離れがいつまでも治らない。ある時、知人から地方と東京を行き来しているという、ある人の存在を知る。

看板を出していないのでLINEで本人に連絡した。都内のマンションの一室に行ってみると、女性なら抵抗がありそうな雰囲気が漂う…。

その人は、幼少期からマッサージが得意で、傷は治っているのに痛みが残るケースがあり、それは脳が「痛い」という信号を出し勘違いが起きているかららしい。脳の不思議に興味をもち、いったん脳外科になり、そのときの経験を活かして整体をしている。



施術は軽いタッチで、手早い。痛みを出している信号を見抜く感覚は、霊的なものではなく、大工さんが柱の歪みを見極めるの能力と似たようなもの。

その人によると、癌もステージ2なら治せるという。うつ病も治せるが、膵臓がん、パーキンソン病、肺気腫、リウマチは治せないとのこと。

患部と違うところに原因を見つけ出し、瞬間的に手で何かされた。翌日は変わらないけれど、3日後にスカッと治ると告げられた。

・・・

翌日は予告通り、症状変化なし。
そして、3日後・・・

結末は、いかがでした?


ネタバレと感想


芸人さんのネタですから、実話かどうかわかりません。でも、オチを聞くまでの展開は「ふむふむ」と思ってしまうものばかり。聞き入ってしまいました。身近に心当たりがあるからです。結末はさておけば、私の活法の師匠にそっくりです。予告どおりに治ってしまえば、神のように扱われ、治らなければ詐欺師と扱われます。

治療家には客観的な格付けがありませから、実際に診てもらうまで、どんな人なのかわかりません。施術を受けた時も、はじめて見る手技でれば、それが上手なのか下手なのかわかりません。

オチで爆笑した後、考えさせられる話でした。

何気ない芸人の雑談のように見えているけど巧妙な話術です。もちろん、エンターテイメントですが、実際目の前にこんなふうに話す人がいたら、名人像をつくりあげられてしまうのだろうと思います。話を聞いている太田光さんもオチを知らないらしく、オチの直前まで興味深く聞いているのがわかります。


動画1の感想

,覆なか治らない症状であることを印象づける。
解剖学用語を交えて説明し、話に緊張感をもたせる。
紹介がなければ会えない人である希少性を演出。

動画2の感想

,△笋靴の酖でないことを大工の職人芸で説明する。
△任ない例を挙げることで、できる例を信じさせる。
4吃瑤箸楼磴Δ箸海蹐某┐譴襪箸いΠ娚粟を強調。

動画3の感想

.チの直前まで全く同じ口調。
△海海泙任垢戮椴∪擇觀詼。


こんなふうに名人像はつくれてしまうのです。オチまで観なかったら「こういう名人がいるんだ!」って信じると思います。弱っている時ほど信じてしまうので、治療家業界にはこういう手法がマーケティングで有効です。もちろん悪用なんてしてはいけません。

話に出てきた治療家は名人でなかったかもしれませんが、上田さんは疑いようのない名人。
お見事でした!


Twitterもやっています。
https://twitter.com/kuri_suke

【よろしければ投票してください】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

yoki at 00:24│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ひとりごと 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本