2020年04月14日

患者さんがいない時に鍼灸師がコソコソやっていること

私が開業して間もない頃、母から「休みの日に何をすることがあるんだ?」と言われたことがあります。

鍼灸師の仕事は患者さんを施術するのが仕事なので、休みの日は何もすることがないと思っていたからです。

実家は農業なので、休診日には畑仕事や出荷の準備を手伝わされることもありました。最初の数年は応じることもあったのですが...あるとき、私は限界に達して「休診日こそ大事なんだ!」と言い返すようになり、畑仕事を卒業しました。例外は東日本大震災の年でした。経緯は覚えていないのですが、畑仕事を手伝った覚えがあります。

開業鍼灸師だった私にとって、休診日の過ごし方が重要でした。休みの日に差をつけていくしかないと思っていました。ワーカホリックだと揶揄されることもありますが、人が遊んでいる時に一緒に遊べるほど余裕がなかっただけです。

人が休みの日に仕事をしていなければ、淘汰される側になると強い危機感を抱いていました。開業する際に融資を受けていましたし、返済のプレッシャーもありました。

休診日まで必死になれたのは、鍼灸が好きで好きでたまらなかったからです。怠け癖のある私が本気になれたのは、好きなとことに加えて借金背負って崖っぷちに立たされていたからです。あえて、そうした部分もあります。

誤解のないように書いておくと「休日まで働け!」と言いたいのではなく、患者さんのいない時間といない日が勝負になると言いたいのです。会社としても、患者さんがいない時間帯を意図的につくるようにしていますし、私自身にも、患者さんがいない時間帯をつくるルールを課しています。

患者さんがいない時にしかできない仕事があるのです。

患者さんを迎えるための準備の諸々、勉強、情報収集、そして技能の研磨です。こうした取り組みの他、コツコツをつくってきたものがあります。それは「ツボネット」です。私一人ではなく、社内メンバーやエンジニアと協力しながらつくりました。現在も改良を加え続けています。

ツボネットのトップページ


このツボネットは全国の鍼灸院から症例を提供してもらっています。症例が増えるほど、ツボのデータが蓄積されていく仕組みです。ツボのリアルなデータを集めるという世界初の試みです。患者さんは実績のある鍼灸院を選びやすくなり、症例を提供する鍼灸院には「患者さんが集まる」というメリットが生じます。

昨日、このプロジェクトに参加している鍼灸師を集めて、画像編集を学べる無料セミナーを行いました。今流行っているビデオ会議のシステムを利用しました。講師は、うちの会社の画像製作の8割を担っている小堀くんです。社内で一番高性能なMacを操っています。

私もMacBookで参加。セミナーの様子を見守っていました。初めての試みだったので課題もたくさん見つかりました。繰り返していくなかで、だんだん良くなっていくでしょう。しばらく無料でオンラインセミナーをやってみたいと思っています。いつか有料化できるといいなと将来性を探っていきます。


IMG_3226


もしかしたら、患者さんは「本業に集中してほしい」と思っているかもしれません。でも、こうした親も気が付かない影の仕事があって、臨床という場ができるのです。理想は誰かが臨床の場を用意してくれることかもしれません。そういう環境に私も憧れていました。でも、自ら環境をつくろうと必死になってきたから、視野が広くなりましたし、仲間もできたのです。

しばらく、患者さんが少ない期間が続くでしょう。売上が減る苦しい時期ではありますが、こういう時でなければできない仕事が山ほどある、と考えたら逆に余裕はありません。明日の忙しく働こうと思います。

みんな、感染に気をつけてね。


Twitterもやっています。
https://twitter.com/kuri_suke

【よろしければ投票してください】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  


yoki at 00:19│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 仕事日記 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本