2022年08月15日

臨床やセミナーで「気」という言葉を使わない理由

気自然エネルギーという言葉を使わない理由



昨日、このようにツイートしました。内容も理由もそのままなのですが、説明を加えようと思います。このツイートの前提として、鍼灸師が、ゝぁ↓⊆然、エネルギーを使うことが日常的だということをお伝えしようと思います。もちろん、すべての鍼灸師が使っているわけではありませんが、珍しくありません。

私がこの言葉を使わないのは、この言葉に頼ると自分の成長が遅くなると考えているからです。こうした言葉は意味が広く解釈が自由ですから、どんな場面にもうまく当てはまってしまうのです。説明したような気分になれますし、聞く側もわかったような感覚になります。

であるならば使えばよい、という意見が当然あるでしょう。ただ、その考えがヤバイのです。このヤバイもかなり便利な言葉です。ここでは「まずい」という意味です。

やばい

こんなにたくさん意味があります。文脈や言い方で使い分けられる日本人はヤバイ(すごい)です。便利だから、細かいこと言わずにいつも「やばい」で済ませてしまえばいいじゃないか、という考えることもできますが、それでは表現に深みがありません。その時に適した言葉を選べる方が品格も生まれますし、誤解されにくいと言えます。

患者さんとのコミュニケーションにおいて、伝わらないことは仕方ないと処理できる場面があっても、誤解は仕方なくありません。患者さんが誤解するのは100%私たちが原因です。

ゝぁ↓⊆然、エネルギーのような意味の広い言葉を使わないと自身に制約をかけておくことで、語彙探しが習慣になります。



質問にお答えしようと思います。

ここまで読んでいただけたらお分かりかと思うのですが、「ヤバイ」を単一の言葉に置き換えられないように´↓も置き換えることができません。それでは答えにならないので、例を考えてみました。

たとえば「気の巡りをよくしましょう」と言いたかったとしましょうか。

患者さんが精神的に落ち込んでいるようであれば「気分転換に朝の涼しい時間に散歩するのはどうでしょうか」という具体的な提案になることがあります。

また、登山の疲れで体が重いようでしたら「ぬるめのお風呂で疲れが抜けそうですね」と、具体的に提案します。

鍼治療をするならば、前者でしたら「呼吸が浅くなっていますので、広がるように胸の筋肉が緩むツボを使います」と言ったり、後者でしたら、下半身の疲れが取れやすいように足の付け根をやわらかくして血液やリンパを通りやすくしておきましょうか」というパターンがあると思います。あくまでも例なので、その場にあった具体的な言葉を選んでいくようにしています。

便利な言葉であればあるほど「使わない」と決めたときに工夫が生まれます。もちろん、使ってはいけない言葉ではありません。ここに書いたことは、あくまでも個人的なもので、ひっそりと自分に課しているルールですので「そういう考え方もあるのね」くらいに受け取っていただけたら幸いです。

twitterもよろしくお願いします。
https://twitter.com/kuri_suke

はりきゅう養気院(群馬県/伊勢崎市)
はりきゅうルーム カポス(東京/品川駅)
整動協会(鍼灸師のための臨床研究会)

yoki at 12:16│Comments(0) 鍼灸 | 東洋医学(中国医学)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本