鍼灸師求人

2019年07月12日

鍼灸師にとって最高の職場とは


前編のつづき

理想の職場への挑戦


究極の理想なんてありません。だから、私の理想を追求します。「もし自分が就職するなら」という前提で職場づくりを行っています。最初のボタンをかけ違ってしまうと、うちの会社に入っても永遠に理想に近づけません。

もし、「休日や給料だけ教えて」なら、これ以上読む必要はありません。普通だからです。特別に高いわけでもなく低いわけでもありません。休みも週休2日です。講師になったり、特別な業務を行うと、休日は減りますが給料はアップします。昇給もするところやボーナスもあります。普通です。

経営者の立場から言うと、「ふつう」を用意することがとても大変なのです。でも「ふつう」です。経営者が認められたり、褒めてもらえるのは、それ以上に特別な価値を生み出した時だけです。

その特別な価値は、私の価値観の中から生まれてきます。その価値観とは、鍼灸師の職業観と言い換えることができます。その職業観を実現させることが私の目的です。


鍼灸の真の実力


私が鍼灸師になって最初に欲しかったのは、鍼灸ができる環境でした。鍼灸に携われる職場がなかったのです。そのために開業をして、「患者さんが受けたい鍼灸を提供するにはどうしたらよいか」と考えて今に至ります。20代は、鍼灸ができる環境をつくるのに苦労したので、鍼灸ができる毎日に満足しています。ずっと続いて欲しいと思っています。

今は別の目標が生まれています。鍼灸は世間が思っている以上にポテンシャルが高いので、それを知ってもらいたいと思っています。鍼灸の真の効果が世間に知られることになれば、鍼灸で救える人が増えます。

現場で、「こんなに効果があるなら、もっと早く受ければよかった」という声を数え切れないほど聞いてきました。鍼灸でどんな症状が改善するのか、まだまだ知られていません。

そこで、私は症例を書き続けてきました。今は、私個人の症例だけでなく、日本中から症例を集めています。そのために、ツボネットというサービスを立ち上げました。

鍼灸のポテンシャル、つまり真の実力を伝えることができれば、もっと多くの人の役に立てるし鍼灸師も活躍できる機会が増えるからです。

私が一緒に働きたいと思っているのは、「鍼灸はもっとスゴイはず!」とフラストレーションを抱えている人です。


昨日より今日の方が上手


人は、同じ毎日が続くと飽きてしまいます。鍼灸師も同じです。同じことを繰り返していると思ったらつまらなくなります。私にもそんな時期がありました。群馬に鍼灸院を開業して経営が軌道に乗った頃に思いました。

「このまま歳を取っていくのだろうか...」と。

技術がマンネリ化し、自分の成長をあまり感じていなかったのです。勉強すればするほど迷い、勉強量と実力が比例していなかったのです。そんな時に出会ったのが、社名にもなっている活法(かっぽう)です。活法が、私が積み上げてきた常識を覆し、成長できるチャンスを与えてくれたのです。

鍼灸師で整体を学ぶ人は、鍼灸を見限っている場合が多いです。私はそうではありませんでした。「整体師にできて鍼灸師にできないはずがない」と思っていました。さらに「道具を使える鍼灸師は、整体師に負けちゃいけない」と思っていました。今でも全く同じ気持ちです。

活法に追いつくため、そして追い抜くために、整動鍼は生まれました。整動鍼のDNAの中に活法があるので、「活法と鍼灸、どうやって使い分けていますか?」という質問をされると難しいです。私にとっては「心臓と筋肉をどうやって使い分けていますか?」とほぼ同じ意味だからです。

話を戻します。

日々の成長を感じられなかったら、仕事は楽しくありません。昨日できなかったことが今日はできる、というのが楽しいのです。そして、今日はできなくても明日はできるかもしれない、と思えれば、希望が持てます。


鍼灸の力で社会を変える


個人が成長するだけでも意味がありますし、みんなで成長したら、大きな力になります。自分だけがすごく上に行けたとしても、「すごい人がいたね」で話が終わりますが、みんなで成長すると、影響力を持つことができます。

私が会社をつくったり、協会をつくったりして、教育に動き出しているのは、社会を変えたいからです。目指すのは「鍼灸が特別でない社会」です。病院に内科や耳鼻科があることを特別だと思わないように、医療の中に鍼灸が当たり前のようにある社会であってほしいです。

「当たり前」をつくるためには、特別なことの積み重ねが大事です。もし目の前の「当たり前」を受け入れてしまったら、一歩も先に進めません。


環境とアイデア


志が高くても、十分な環境がなければ力を発揮できません。努力でなんとかなる問題とならない問題が現実にはあります。成功する条件の半分以上は環境だと思います。

環境だって選ぶことができますから、自分に合った環境を選ぶことも実力のうちだと思います。ただ、環境に入れば、あなたも環境の一部になることも忘れないでほしいです。環境をさらに良くするのも、悪くするのも、あなたの行動次第です。

働いていると、アイデアが浮かぶことがあります。そのアイデアを活かすも殺すも職場次第です。アイデアを尊重する空気が必要です。

だから、アイデアを平気で踏み潰す人とは一緒に働きたくありません。アイデアはタダではありません。一つのアイデアが浮かぶまで10冊の本を読んでいるかもしれません。空から降ってくるアイデアなんてありません。

会社にとって、アイデアは財産です。だから、私も、メンバー一人一人のアイデアを大事にしています。自分の意見やアイデアが大事にされる職場を心がけています。


あなたを信じる仲間


結局は、良好な人間関係が会社を育てると思っています。人間関係の基本は、信じることです。性善説で接することです。同僚を信じることも必要ですし、経営者を信じることも必要です。私も、信じられる人しか入社させません。時に裏切られることもあります。しかし、裏切られたからと言って、信じることをやめてしまったら、そこで終わりです。だから、信じ続けます。

渋沢栄一は、『現代語訳 論語と算盤』の中で次のように述べています。

社会問題とか労働問題といったものは、たんに法律の力ばかりで解決されるものではない。(中略)何から何まで法律の裁きを仰ごうとすれば、どうなるだろう。みなの気持ちは険悪となり、人と人との間にカベが築かれて、事あるごとに争いが起こり、一家が仲良く一つにまとまることなど望めなくなってしまう。





職場は、労働基準法という法律で守られています。経営者となるにあたって、社会保険労務士と顧問契約をして法律から外れないように気をつけています。ただし、法律さえ守っていればうまくわけではありません。経験からも明らかです。

「義務」や「権利」という言葉が頻繁に飛び交う所で良好な人間関係を築けるでしょうか。友達としたランチの約束を破っても法で裁かれることはありませんが、人間関係にはヒビが入ります。それは、会社の人間関係にも言えることで、「法律さえ守っていれば良い」という考えでは、良好な人間関係に発展しません。

もう一つ、渋沢栄一の言葉を引用します。

資本家は「思いやりの道」によって労働者と向き合い、労働者もまた「思いやり」の道によって資本家を向き合い、両者のかかわる事業の損得は、そもそも共通の前提に立っていることを悟るべきなのだ。


「経営者は社員の味方であり、社員は経営者の味方である」という前提で経営することが大事だと解釈できます。

会社を設立したばかりの頃、優秀なスタッフが欲しかったので「私が何をしてあげられるか」をアピールばかりしていました。半分正解で半分間違いでした。社員のためにできることを考える、それは正解です。間違いは、それを追求していくことで会社は成長できると思っていたことです。

この発想では、社員が増えるほど私の負担が増え、社員はいつか私にかまってもらえなくなります。私は、いつか、尽くすという約束を守れず裏切り者になる運命です。

私に足りなかったのは、「私のために何をしてくれるのですか?」という要求でした。本来、賃金を払う代わりに私はラクを得るべきなのに、逆に、お金を支払って負担を増やす道を歩んでいたのです。

あるとき、社員からこう言われました。

「給料を払っているのだから、遠慮なくやってほしいことを言えばいいのですよ」

この言葉を聞いて、遠慮していた自分に気がつきました。私が、社員のために何かをしたいと思うように、社員の側からも、私のために手伝いたい、という気持ちが必要なのです。そうでなければ、私が与えるものに飽きたら離れていくことになります。

片思いでは、良い関係は築けません。

今は、はっきりと「私の力になりたいと思う人だけ一緒に働いてほしい」と言っています。私の夢や会社の理念に賛同し、協力を惜しまない人でなければ良い関係を築けません。

渋沢先生の言う通り、法律では良い人間関係が築けません。互いを思い合う気持ちがなければ、よい会社はつくれないことも経験の中から学びました。渋沢先生が言う「思いやり」とは、人の弱さを受け入れることだと思います。だから、弱さを見せられるのがよいチームです。

今、まさに活法ラボはそういうチームです。メンバーは、私が苦手なこと、失敗しそうなことをよく知っています。そして、いつも先回りをしてくれます。川を渡ろうと思ったら橋が架かっている、ということが増えました。

遠慮をせずに、ありがたく受け取っています。もっとラクをしたいと思っています。入社の面接では、「あなたは私に何をしてくれますか?」と聞くと決めています。

私はあなたが活躍できるチームを提供します。
サッカーや野球のように、いろいろなポジションを用意しています。


求人について


興味のある方は ≫ 株式会社活法ラボ 採用情報

お知らせ


毎週金曜日は品川のカポスにて施術を行っています。予約の際には「栗原希望」と告げて下さい。

・ネット予約はこちら
LINE@でも承っております。
カポスのLINE@のQRコード


Twitterもやっています。
https://twitter.com/kuri_suke

【よろしければ投票してください】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

yoki at 09:00│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月11日

鍼灸師にとって最高の職場を定義する_2



大手を就職先に選ぶ学生が多い!?


鍼灸学校の教員と話す機会がありました。ちょうど求人しているところなので、最近の就職事情について聞いみることにしました。返ってきた言葉に驚きました。

「大手の就職先を選ぶ子ばかりですよ」

大手というのは、大手の接骨院グループのことです。私が就職する時には選択肢に入っていなかったので、とても意外でした。

「なぜ、そんなに大手が人気なんですか?」

と突っ込んでみました。

「今の若い子は休みが多いところを選ぶんです。大手には研修があって初任給が20万円くらいもらえるところがあれば、、そっちに行っちゃいますね」

内心「うちは負けてないなぁ」と思ったのですが、大手の圧倒的な求人力は認めざるを得ません。鍼灸院経営をしていて思うのは、求人は集客よりずっと難しいです。感覚的には100倍くらいの難易度です。応募する方は、生活基盤を決める重要な決断ですから、できるだけ間違いは起こしたくありません。だから、慎重になると思います。

誰だってリスクを避けたいので、大手を選ぶのは賢いとも言えます。でも、大手を選ぶ人も「本当のリスクって何だろう?」って考えてみても良いと思います。うちの鍼灸院は大手ではありませんが、うちなりにリスクについて真剣に向き合っています。


就職時のリスクってなんだろう?


では、就職する時に抱えるリスクとは何でしょう。頭にパッと浮かんだものを挙げてみます。

‥飮困垢襪海
経営者に騙されること
D稍其發任△襪海
た場の人間関係で悩むこと
ゴ望する仕事ができないこと

大手では´↓が回避できると思う学生が多いのかもしれません。勝手な想像です。

もしかすると、い皺麋鬚任るもの含まれるかもしれません。たとえば、院長と二人であれば、院長との関係が全てになってしまいます。何かあった時の逃げ場がありません。

大手であれば、同僚がたくさんいるので、付き合いやすい人と付き合えばよいと考えることもできます。これも勝手な想像です。

私が学生の時に、もっとも回避したかったのはイ任后「鍼灸師になったのに鍼灸ができなければ何の意味もない」と考えていました。

私が就職活動をしているとき、接骨院グループに就職する道もありましたし、整形外科に就職する道もありました。でも、パートタイマーで働いただけで正社員にはなりませんでした。それは、希望する仕事、つまり鍼灸ができなかったからです。

そもそも鍼灸をするために鍼灸師になったので、鍼灸ができなければ、その時点でゲームオーバーなのです。だから、最大のリスクと考えたのです。

先ほどの大手グループは接骨院グループであって鍼灸院のグループではないのです。鍼灸ができる機会があるとしても、専門にすることが難しい職場です。


活法ラボの勤務風景
活法ラボの勤務風景



専門性と視野の広さ


視野は広くもっていた方がよいです。でも、何にでも手を付けることではありません。思考を伴わない体験は単なる体験だからです。そこから広がって行きません。視野の広さは、発展性のある思考ができるかどうかです。

うちは、鍼灸専門としていますが視野は広く持っています。鍼灸を発展させるために必要なことを探し続けています。言い換えれば、鍼灸にしかできないことへの挑戦をしているのです。

視野を広く持つことは、ヒントを外に求めることです。私がもっとも注目しヒントにしているのは活法(かっぽう)です。古武術整体である活法を臨床で実践することで、多くの気づきがありました。整動鍼を創案できたのは、紛れもなく活法のおかげです。

これは、新しい発想を取り入れてうまくいった例ですが、何でも新しいことを始めればよいとは思いません。鍼灸の歴史や古典をリスペクトした上で問題提起をすべきです。先哲の叡智は、個人の経験や好みだけで評価できるほど浅くはありません。

繰り返しになりますが、視野の広さは、その分野において発展性のある思考ができるかどうかです。私は「鍼灸はもっと進化するはず」と信じていますし、実際に取り組んでいます。「鍼灸はまだまだこんなもんじゃない!」と信じて疑っていないことが、私の才能です。この才能を信じてくれる人と一緒に働きたいと思っています。

つづく...後編


求人について


興味のある方は ≫ 株式会社活法ラボ 採用情報


お知らせ


毎週金曜日は品川のカポスにて施術を行っています。予約の際には「栗原希望」と告げて下さい。

・ネット予約はこちら
LINE@でも承っております。
カポスのLINE@のQRコード


Twitterもやっています。
https://twitter.com/kuri_suke

【よろしければ投票してください】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

yoki at 17:42│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月15日

■カポスの次のチャレンジ


品川のカポス、2院目はガラッと雰囲気を変えてアスリート専門の鍼灸院をやります。

整動鍼®が、「整動鍼らしさをもっとも発揮できる分野は?対象は?」と考えて出た結論です。

アスリートが勝つための鍼灸院_512


ご存じの方もそうでない方も、品川駅の徒歩3分のビルの一室にカポスはあります。ここが軌道に乗ったら2院目を、同じ品川駅、しかも同じビル内につくるという計画がありました。もちろん計画は生きています。少し当初の予定より遅れました、その分足元が固まりました。ここまで、いろいろな経験をして私も成長しました。

ここで「その人材はいるのか?」という問題。

人材を用意してから開業、というのは順番が逆です。開業するために人材を発掘し育てる、というのが正しいと信じています。そもそも、鍼灸師を募集しても、何をするのかわからないところには集まらないと思うのです。

準備も人材育成も同時並行です。否応なく、私の実力が試されます。ちょっと嫌だけど楽しみの方が上です。

問題は時間。すでに労働基準法があったら即アウトな働き方なので、これ以上の時間は用意できません。ほぼマックスです。私の仕事は、新しい院を作ることが「みんなのプロジェクト」であるという共通認識をつくること。

「クリ助さーん、次の院はいつ用意してくれるのですか?」と聞かれても、私一人では何もできません。スタッフ一人一人が当事者であると自覚できたら、私の仕事は半分完了。開業ノウハウは社内でシェアできています。カポスの開業から次の展開を見据えて動いてきました。



■鍼灸に専念できたらいいな


カポスを経営していて思うのは、組織の効率の良さです。一人の鍼灸師が、技術を磨き…、施設をつくり…、集客を学び…、経理を学び…、人脈づくりに励み…とやっていくのは無駄。鍼灸師はもっと鍼灸に時間を割くべきだ、と思っています。

現実を考えれば、鍼灸だけ…とはいきません。うちのチームもそこまでの段階に達していません。一人一人にオールラウンダーを求めている状況です。でも、ここから先は、一人一人が専門分野を持つ方が効率が上がります。

当たり前ですが、鍼灸師は鍼灸に専念するのが一番です。集客のためにマーケティングセミナーに行くのはもったいないことです。でも、現実はそうしなければいけない鍼灸師が実に多いのです。患者さんを集める専門家が社内にいたら、本当に楽です。

将来は鍼灸師ではない人を雇いたいと思っています。鍼灸師が臨床に専念できる環境を整えるためです。もう少し先の話です。今の位置を考えれば、目標としている段階です。頭の中に常に描いているのは、自分がいちばん働きたい鍼灸院です。



■整動をアスリートのために


整動鍼®は文字通り動きを整えること。この効果をアスリートが喜ばないはずがありません。

現時点では、主な対象を、スポーツ選手(プロ・アマチュア)としています。ダンス、バレエ、舞踏家、格闘家、音楽家…などなど。身体表現の専門家も想定しています。動きを調整するという整動の効果を、パフォーマンス向上に利用して頂きたいと思っています。

同じ整動鍼を使うのに、コンセプトが変わるので雰囲気も違うと思います。詳細はこれからです。

私の仕事が年々教育に寄ってきています。まったく興味のなかった教育という仕事。最近ようやく面白さがわかってきました。

臨床家として技術を磨きながら、見本としての役割があります。伝え方をもっと研究すべきです。そして、一番大事な仕事は、スタッフ一人一人が夢を持てるように、明るい未来を示すことだと思います。

自分のキャリアアップだけを考えていればよかった頃とはいろいろ違います。仲間をキャリアップさせることが、私のキャリアップです。今年は大きな仕掛けもしていきます。カポスの2院目の他に動き始めたプロジェクトがあります。その話はまた今後。

鍼灸師は募集中です。一緒に夢を見ましょう!


■求人情報(鍼灸師2名)


鍼灸の可能性を追究したい鍼灸師を募集中です。
詳しくはこちら≫採用情報

鍼灸師採用情報大


【よろしければ投票してください】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  



yoki at 00:49│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月07日

「鍼灸師」と検索してみたら


Googleにはサジェスト機能というものがあります。
多くの人が検索しているワードを先回りして表示してくれる機能です。

鍼灸師に興味がある人_512


検索窓に「鍼灸師」と入れると、

 鍼灸師 求人
 鍼灸師とは
 鍼灸師 英語
 鍼灸師 国家試験
 鍼灸師 年収
 鍼灸師会

と出ます。



「鍼灸師…」と検索する人


「鍼灸師になったばかりの人」と「鍼灸師という職業に興味のある人」が検索しているようです。

今年の「はり師」「きゅう師」の国家試験は2月26日(日)でした。求人情報を探している鍼灸師もまだ多いと思います。鍼灸師の場合、試験が終わってから就職活動を始める人が多いそうです。私もそうでした。

私の鍼灸院でも、鍼灸師を募集しています。1月から募集をしているのですが、まだ採用通知が出せていません。すぐに2名を採用したいのですが、思うようになっていません。

就職活動中の学生は「鍼灸ができる職場がない」と嘆き、採用する鍼灸院は「募集しても応募がない」と嘆いている、という不思議な現象が起きています。採用に苦労しているのは、私ばかりではないようです。あちこちで「なかなか決まらない」という声を聞きます。

「鍼灸師 求人」と検索して表示されるのは、求人サイトばかりです。鍼灸院が独自に募集をしても、なかなか気が付いてもらえません。求人サイトに登録すれば見てもらえるかもしれませんが、費用は安くありません。採用側からすると気軽にはできないのです。求人にこれほどお金がかかるとは、採用の仕事をするまで気が付きませんでした。



■長く働ける鍼灸院


さてさて、就職先を探している学生が一番気にしているのはお給料?
それとも、働きやすさ?

私が学生の時(15年も前ですが…)は、鍼灸ができるところを探していました。鍼灸専門で働けるところが少なく、実際の業務はマッサージというところばかりで、あきらめて整形外科に就職したのです。やっていたのはマッサージ。朝から晩までやっていました。

そこそこ良い給料でしたが、この先にキャリアアップがないことは明らかでした。鍼灸の道で生きていくには独立しかありませんでした。これが私の鍼灸師人生の始まりです。

お金もノウハウも、そして人脈もありませんから、何をやっても上手く行かず、失敗の連続でした。お金も底を尽きました。あったのは「鍼灸師になってやる!」という執念だけ。極貧生活でも下を向かなかったが、私の唯一の才能だと思います。今の私を支えているのも執念。まだ実現したいことができてません。

実現したいのは、長く働ける鍼灸院をつくることです。

現在、鍼灸師は私の他に5名です。ここ数年で少しずつ整えてきましたが、もっとよい環境にしたいのです。給料もできるだけ多くしたいです。それには、キャリアップの仕組みが必要です。

採用する立場になった今は「自分が学生だったら、一番働きたいと思う鍼灸院」を作りたいと思っています。患者さんにとって一番であると同時に働く者にとっても一番、それが理想です。理想の実現に向けて一歩一歩やっています。

想いはすぐに形になりませんが、想い続けていると形になっていくと信じています。このブログも私の想いそのものです。この記事が「鍼灸でがんばっていきたい」と思っている鍼灸師に届くと嬉しいです。


■求人情報(鍼灸師2名)


鍼灸の可能性を追究したい鍼灸師を随時募集中です。私に力を貸してください。詳しくはこちら≫採用情報

鍼灸師採用情報大



■ホームページの初歩を教えます


告知です。開業者・開業予定者向けのセミナーを行います。

患者さんに想いを届けるために必要なウェブサイト(ホームページ)をどうやって構築すればよいのか、基本の基本をお伝えするものです。東京と群馬の2院を経営している立場から、取り組んできたことを教えます。特に、これからウェブサイト(ホームページ)を作ろうとしている方におすすめします。

2_512


◎日程:4月9日(日)11:00〜17:00 
◎定員:25名(残り若干名)
◎対象:鍼灸師、柔整師など(すべての治療家)
◎内容:患者さんに想いが届くホームページの作り方
◎費用:12,000円
◎主催:株式会社 活法ラボ セミナー事業部
◎URL:http://www.musuby.com/


【よろしければ投票してください】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

yoki at 23:01│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月16日

鍼灸師採用基準_512


求人を初めて4日が経ちました。

採用基準が厳しそうですね〜」とあちこちから言われました。

「え? なんのこと? 採用基準なんて書いていないけど…」

私が厳しい経営者に見えるからなのでしょうか…。どうも、私が書いた「何か特技があったらアピールしてね」のメッセージが多くの方に誤解を与えているようです。まさかの事態!

応募の動きがほとんどありません。過去最低の反応の低さ…。今頃、忙しくしているはずだったのですが…この責任は私にあるようです。

原因は、アピールの例として作ったこのリストのことです。

・文章が書ける
・英語が出来る
・絵が描ける
・大勢の前で話すことができる
・動画編集ができる
・パソコン(Windows・Mac)ができる
・ウェブサイトに詳しい・管理ができる
・経理ができる
・大道芸ができる
・音楽ができる
・リーダーとしての実績がある
・人を笑わせることができる
・鍼灸院を軌道に乗せた実績がある
・人がやりたがらない仕事もできる
・既に活法や整動鍼を習っている
・早朝働ける
・深夜働ける
・『ツボ日記』を全部読んでいる
など

特技をアピールしたら待遇にプラスしますよ、という意味ですが、このリストに全て該当しないと採用しない、みたいに思われているようです。そもそも私が無理ですから。

もちろん、活法も整動鍼も全く知らなくても大丈夫です。

このリストを「たとえば」として挙げたのは、特技を評価して活かせる職場ですよ、というアピールです。活法ラボで私と一緒に働いてみたい人は、募集要項を取り寄せてください。「野心」がある人を待っています。


◎詳しい応募方法はこちら ≫ 活法ラボ 採用情報


◎2017年の求人関連の記事一覧



求人の準備をして思うこと
求人の準備で再確認したこと
求人その前に(1)開業意識と経営能力
求人その前に(2)自己管理能力とコミュニケーション能力
求人その前に(3)すぐに独立できる理由・いつまでも組織ができない理由
求人その前に(4)鍼灸院に必要とされるビジネス感覚
求人その前に(5)組織づくりは体力と忍耐だと思う
求人その前に(6)鍼灸師は10年を何に費やすか
求人その前に(7)マネできる技術とマネできない技術
鍼灸師の求人(東京&群馬)求める人材像(1)
鍼灸師の求人(東京&群馬)求める人材像(2)
鍼灸師の求人(東京&群馬)求める人材像(3)
鍼灸師の求人(東京&群馬)2017年 応募方法

◎関連施設
養気院(群馬県伊勢崎市)
カポス(東京都港区/品川駅)

【よろしければ投票してください】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
2つのランキングサイトにエントリーしています。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

yoki at 17:10│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本