セミナー

2023年12月02日

前回の記事と一部重なりますが、今年は鍼灸師人生で大きな節目ということで現在の気持ちを残す意味で意味で改めて違った角度から書きます(10年後、自分が書いた記事を読むのが面白い)。

今年が節目となる理由は整動鍼のカリキュラムが完成したからです。10年かけて10編をリリースしました。と言っても、この記事で私のことを知った人は何のことやらとなっていると思いますので、私の活動と経歴を簡単に説明します。


人生を変えた活法


鍼灸院は開業したのは20年ほど前です。そして14年ほど前になりますが2009年にセミナーを事業として始めました。最初は活法(かっぽう)という古武術由来の整体からでした。この技術の出会いと伝えるという経験が私の鍼灸師人生を大きく変えることになりました。

「なぜ鍼灸師なのに整体?」と思われるかもしれませんが、当時、技術の伸びに不安を抱えていた私は整体にヒントを求めに行ったのです。私が担当している患者さんは、私が今も整体の講師をしていることを知らないので「整体にも行って歪みを直してもらった方がいいですか?」などと聞いてきます。

臨床の現場では話が長くならないように「整体もできるんですよ」と口にすることはありません。本当は「鍼や灸で整体をしている」と言いたいのですが、混乱させてしまうことを懸念して飲み込んでいます。

整体を定義するのは難しいのですが、「骨の位置を直す」のが整体だと認識されている方が多いです。うちの鍼灸院で「整体にも行った方がいいですか?」と尋ねてくる患者さんは、鍼灸で痛みやしびれが取れても、ちゃんと骨格を直さないと根本治療にはならないのではないか、と考えているように思います。

鍼灸では整体のように骨格の調整ができないというのは誤解です。本当は「そもそも整体とは」という話をしなければいけないのですが、早く本題に入りたいので割愛します。鍼灸が骨格に作用しているという話をしようと思います。


ツボと連動


活法という整体を通じて身体の連動を学びました。一見関係なさそうなところが関係しているなんてことがたくさんあるのです。鍼灸学校で解剖学や運動生理学は勉強するのですが「連動」に着目しません。トレーナー志望の学生が自主的に学んでいたという印象です。

ですから、たいていの鍼灸師にとって「連動」という視点は馴染みがありません。ですが、ツボに鍼をすると連動に変化が起こるのです。連動しているところは刺激したツボから離れていても変化が起こるのです。

意識をせずとも、鍼灸師がツボに鍼灸で刺激をすると動きが変わっているのです。ただ、多くの鍼灸師がそこに注目していませんでした。せっかくのツボの効果に気づかず素通りしている状況にあったのです。

私の中に使命感のようなものが芽生えました。

ツボと動きの関係を明らかにするというテーマが目の前に現れたのです。活法で起こる変化を鍼で再現できないかと考えながら施術をするようになったのです。


「古武術鍼法」改め「整動鍼」に


得られた知見は、古武術へのリスペクトから「古武術鍼法」と名付けたのですが、古武術の印象が強すぎて、本来伝えたい「ツボと動きの関係」が隠れてしまうので翌年には「整動鍼(せいどうしん)」と呼ぶようにしました。

「体を整える」という意味の「整体」になぞらえて「整動」を採用し、鍼を中心に使うので「整動鍼」と名付けました。説明しなくても「動きを整える鍼」とわかるようになりました。

2014年、今から9年前のことです。


脊柱を軸に理論を組み立てる


この整動鍼は、理論の軸を脊柱に設定しました。脊柱が自由に動く状態が健康であるという基準をつくりました。真っ直ぐか曲がっているかより、可動性を重視します。曲がっているように見えても不自由なく動けば問題なしと考え、逆に真っ直ぐに見えても動かなければ問題ありと考えるのです。

四肢(腕や脚)の動きは、脊柱と連動しているのだから問題が生じれば脊柱に現れるとシンプルに考えます。このシンプルな考え方から出発し、どことどこが関係しているのかを調べ続けて、テーマごとにまとめました。それが整動鍼のカリキュラムで10年続けてきたものです。

鍼は連動を探すには最高のツールです。極点を刺激できるので、その刺激の応答が極めてシャープに現れるのです。変化したところがピンポイントでわかるということです。

鍼でなくても手を使って周辺の筋肉を揉みほぐしても変化は出るのですが、変化が出るところが広くなるので、どこに作用しているのか、その一点を知ることが難しいのです。

鍼は点で効くので点で変化が起こります。

点しか変化しないことが臨床でのデメリットにならないように、動きの起点になるところを対象にします。簡単にいえば、動き始めで重要なところを狙うのです。初動が良くなると周辺に波及していきます。

こうした動きの調整を経験的にされている鍼灸師はたくさんいると思います。整動鍼のみが動きを整えられると言いたいのではありません。ツボが本来持っている「動きが整う効果」を探し出して整理したに過ぎません。


動くから痛みが取れる


患者さんが求めているのは、動きの改善より痛みの軽減だと言われることがあります。興味深いことに、動きが整うと関節や筋肉の負担が減るため痛みも軽減します。整動鍼は痛みを軽減させるという目的においても高い効果を示してくれます。

というより、痛みの改善が得意な方法なのです。整動鍼は、関節や筋肉を整えて痛みまで軽減させるという、患者さんが思い描いている整体そのものです。

この着眼点と実際の効果に多くの鍼灸師が興味を示してくれるようになりました。セミナーは初年度から満席になるほど大盛況。

コロナ禍という苦しい時期もありましたが、セミナーも10年続けてくることができました。最初は、1編しかなかったカリキュラムも今年で10編になりました。色々なテーマでやってきて、ようやく整動鍼の全体像を明らかにできました。


ツボとツボとのつながりを地図にする


整動鍼の理論は簡単に言えば、ツボとツボのつながりです。あるツボに鍼をすると、別のあるところに変化が生じます。さらにそこから変化が別にツボに伝わっていきます。連動の経路があるのです。よく知られた経絡(けいらく)とは、完全に別のルートです。つまり、ツボと動きの関係は経絡では説明できないのです。

整動鍼は経絡とは全く異なる理論です。整動鍼の理論を知っている鍼灸師にしか引き出せないツボの効果があります。この整動鍼ならではの部分に魅力を感じる鍼灸師に整動鍼を伝えてきました。
整動鍼の理論に着手してからゴールは経絡と決めていました。


整動鍼を通じて経絡の始まりを探る


たまに誤解されるのですが、私の目的は経絡を否定することではありません。整動理論を経絡より優れていると言いたいわけでもありません。まだ見ぬツボの効果に出会いたいだけなのです。

同じ身体を観ているのだから、異なる視点で追求していても出会うことになるだろうと、ぼんやりと思っていました。整動鍼に理論の始まりがあったように、経絡にも理論の始まりがあったはずです。

古代の人は、何かを観て経絡学説を仕立たのです。整動鍼を追求しているうちに、彼らが観たものと同じものに立ち会っているような感覚が芽生えてきました。何を観て経絡という発想に至ったのか、理論の始まりとなる原糸のようなものに興味が湧いてきました。

「経絡原糸編」と名付けた整動鍼の十番目。経絡をつくった鍼灸家の意識に触れることができるかもしれません。

DSCF1125 (2023-12-02T10_38_00.767) (1)
(2023年11月26日撮影)


カリキュラムは一区切りとなりますが、終わりではありません。むしろ、十の編を練り上げていくという仕事が始まります。また、臨床家として整動鍼を使いこなすという課題は存続します。理論をつくったからと言って使いこなせるわけではありません。むしろ、私より上手に使いこなす鍼灸師がこれからどんどん出てくるはずです。楽しみです。

こちらもよろしくお願いします。
ツイッター(ほぼ仕事)
インスタグラム(ほぼ趣味)

はりきゅう養気院(群馬県/伊勢崎市)
はりきゅうルーム カポス(東京/品川)
整動協会(鍼灸師のための臨床研究会)

yoki at 23:48│Comments(2)

2023年08月27日

セミナーBのつづき

本日は、セミナーCのレポートです。

 4日(日) セミナーA
 5日(月) セミナーA 
 6日(火) 観光
 7日(水) 観光 
 8日(木) セミナーB 
 9日(金) セミナーB 
 10日(土) セミナーC ←ココ
 11日(日) セミナーC ←ココ


最後の2日間は「関節編」と題したセミナーです。日本では行っていないもので、この日のために準備したものです。スペインの受講者がこの記事を読んだら、がっかりしてしまうかもしれませんが、スペイン用に準備したカリキュラムは日本より密度を下げています。

意地悪でそうしているわけではなく、通訳がいるとはいえ言葉の壁があるので、多くの説明を要する部分はカットしています。日本の70%くらいに薄めてあります。それでも、ものすごく高く評価してもらっています。「整動鍼は欧米と相性が良さそうですね」と言っていただけます。

その理由は「気」という概念を用いていないからだと思います。「目に見えないものを大切にする」という文化が日本の鍼灸に根付いていますが、日本でも説明が難しいのに海外ではもっとむずかしいです。

整動鍼では鍼をしたときに変化が起きたことを関節や筋肉の変化でわかります。名の通り、動きを整えるので鍼の効果が目に映ります。整動鍼特有のツボもありますが、鍼灸師なら誰でも使っているツボがほとんどです。効果がわかりやすいのは、変化するところをきっちり定めてそこを観察するからです。

「東洋医学はこういうものだから…」と決めつけることなく、鍼をしたら体のどこにどんな変化が起こるのか現象を観察してみようという初歩的な立場です。やっていることはシンプルなのですが、そのシンプルさゆえにわかりやすいのです。

理論をいったん横におき、ゼロベースで鍼の効果を検証するという手順を高く評価していただけます。日本においてもそうだと思います。既存の鍼灸の観念的なところで挫折する鍼灸師が興味をもって学びに来てくれます。

スペインに話を戻しましょう。


整動鍼バルセロナセミナー_関節編_2023

ご覧の通り満席で参加者が会場を埋め尽しています。


整動鍼バルセロナセミナー_関節編_2023

実技を見るときは前のめりです。嬉しいです。鍼灸師になったばかりの頃は、食べていけるだろうかと心配していたわけなので、自分がこんなふうにヨーロッパで教えることになるなんて想像すらしていませんでした。人生、何が起こるかわかりません。


整動鍼バルセロナセミナー_関節編_2023

みんなで肩の可動域をチェックしています。鍼の前後で動きがどう変わるのかを観察するためです。効果をしっかり実感するための手順ですが、この写真だけ見るとあやしいセミナーです。

整動鍼バルセロナセミナー_関節編_2023

みなさん、とても真面目です。

正確なツボの位置を探しています。国や文化が違っても取り組む姿勢は日本と同じです。スペイン語が流暢に話せたら、スペインでも楽しく仕事ができそうです。そうは言っても、日本が大好きなので活動拠点を欧州に移すことはありません。それに流暢なスペイン語がはるか彼方に位置しているわけですし。


整動鍼バルセロナセミナー_関節編_2023

二日目は衣装を作務衣に変えました。スペインではこっちの方がウケがよいです。


DSCF6186

セミナーも終盤です。ようやく終わるというより、終わっちゃうのかと寂しさが湧き出てきます。


DSCF6220 (2023-06-13T05_26_03.936) 2

またこのメンバーで一緒に勉強できる日が来るといいなぁ。


整動鍼バルセロナセミナー_参加者と撮影_2023

空気に慣れて来た頃にお別れなんですよね。寂しい。


バルセロナ_カタルーニャ広場

バルセロナの街ともお別れです。
またここに戻って来られるように日本でがんばります。

アディオス!

(終わり)

こちらもよろしくお願いします。
ツイッター(ほぼ仕事)
インスタグラム(ほぼ趣味)

はりきゅう養気院(群馬県/伊勢崎市)
はりきゅうルーム カポス(東京/品川)
整動協会(鍼灸師のための臨床研究会)

yoki at 23:08│Comments(0)

2023年07月03日

観光2日目のつづき

本日は、セミナーBのレポートです。

 4日(日) セミナーA
 5日(月) セミナーA 
 6日(火) 観光
 7日(水) 観光 
 8日(木) セミナーB ←ココ
 9日(金) セミナーB ←ココ
 10日(土) セミナーC
 11日(日) セミナーC

2日間の観光を終え、セミナーは残りの3分の2です。
4日連続となるので体力勝負です。

今回は「下半身編」というテーマで行います。日本とは異なる構成です。日本より理論的な解説を少なめにして実技をどんどん重ねていきます。

本来であれば「なぜそうなるのか?」という疑問に一つ一つ向き合っていきたいのですが、そこは我慢です。2日間という短い時間の中で実用性と満足度を最大化するためのトレードオフです。

それでは、6月8日〜9日の2日間の様子を書いていきます。

この2日間も作務衣です。やっぱりこっちの方が評判がよいですね。


整動鍼セミナー_バルセロナ(作務衣で)


こちらでは、日本らしさを伝えられるように心がけています。「整動鍼」という鍼法を教えているわけですが、けっして日本の代表的な技術というわけではありません。日本の鍼灸は多様性に富んでいます。その中で、何が代表なのかと聞かれても返答に困ります。


整動鍼セミナーが始まる前(バルセロナ)


私たちと違う方法を実践している方からしてみたら、断りもなく日本代表のように振る舞われたら嫌かもしれません。でも、できることをするしかありません。私たちが高く評価されたら、日本には優れた技術がたくさんあるだろうと思ってもらえるはずです。


整動鍼セミナー(バルセロナ)デモの様子


デモでは、みんなの意識が集中しています。真剣なまなざし。

整動鍼セミナーの受講者(バルセロナ)


それぞれ楽しくやっているようです。


整動鍼セミナー(バルセロナ)の受講者はなぜか短パン


申し合わせたように、男性陣はみんな短パン。

整動鍼の特徴は動きの調整。鍼をして可動域に変化が出ているかチェックをします。


バルセロナで日本食のお弁当


ちなみに、これがお昼のお弁当。

現地の日本食レストランに届けてもらっています。スペイン風にアレンジしているわけでもなく日本の味そのままです。以前にこのレストランに連れて行ってもらったことがあるのですが、店内で食べても味は日本のままです。

バルセロナの日本食の繁盛店が日本の味そのままで勝負していることに勇気をもらっています。

・・・

1時間の昼休みが終わりみんな教室に戻ってきます。日本と同じ休憩時間ですが、バルセロナでは2時間くらい休むのが普通らしいのですが、日本と同じ1時間を貫きました。

クレームはでませんでした(日本のままでいいんだ…)。


整動鍼のテキストにスペイン語のメモが書き込まれる


整動鍼には独自のツボがたくさんあるので、取り方のコツを書き込んでくれています。
もちろんスペイン語でメモが入っていきます。当たり前なのですが、自分が日本語で考えたことが違う言語に変換されていくことに感動します。


整動鍼セミナー(バルセロナ)承山のチェック


鍼を使う前に、ツボを押して動きに変化が出るかテストします。変化が出ることを確認してから鍼をすれば無駄な鍼を減らすことができます。


整動鍼の触診(バルセロナセミナーにて)


説明のため遠慮なく身体に状態を記しています(患者さんにはここまでやりません)。
脊柱の触診で状態を把握して、手足などのツボを使って脊柱を整えます。左右の緊張度などを整えます。すると動きがよくなり痛みが軽減するのです。

鍼治療は施術者の感覚がとても大切ではあるのですが、理論がなければその感覚が活かしきれません。

「脊柱がこうなっていたら、このツボをつかって…」と理路整然していることを高く評価してもらっています。


バルセロナの街


下半身編も無事に終わりました。みんなありがとう。

次回は関節編(最終回)です。

こちらもよろしくお願いします。
ツイッター(ほぼ仕事)
インスタグラム(ほぼ趣味)

はりきゅう養気院(群馬県/伊勢崎市)
はりきゅうルーム カポス(東京/品川)
整動協会(鍼灸師のための臨床研究会)

yoki at 17:17│Comments(0)

2023年06月07日

(前回のつづき

セミナーの2日目です。

その日の夜にレポートを書こうと思っていたのですが、今後のことを考えていたら夜が更けてしまいました。ということで、1日遅れのレポートです。

整動鍼スペインセミナー_2023年6月

今回は写真を中心に様子をお届けしたいと思います。撮影者はルシアさんというバルセロナ在住のアシスタントです。今回のセミナーの準備に尽力してくれて、運営もサポートしてくれています。「困ったことがあったらいつでも言ってくださいね」と言ってくれて、本当に頼もしい存在なんです。

1日目の終わりの頃、ルシアさんの口から「カメラも勉強していたことがあるんです」と驚愕の事実が出てきました。早く言ってよ〜。

ということで、セミナー中の写真はルシアさんが撮影をお願いしました。アシスタントの悠馬くんは動画の撮影と実技指導に専念できるようになりました。

そもそも、なぜ写真を撮るのかという疑問もあるかもしれません。実際、写真を撮らなくてもセミナーは成立します。うちほどセミナー中の撮影にエネルギーを注いでいるところはないと思います。理由は、セミナーはオープンであるべきだと考えているからです。

健全なことをしていても、何をしているのか様子がわからないと不気味です。お金をいただいているわけですから、外から見ておかしなことをしてるように見えてはいけません。鍼灸の技術は中身が見えにくいものですから、雰囲気だけでも外に出したいのです。

ときには、ここに来ているのは内緒なのでセミナー中の写真は撮らないでほしいという要望を頂いたこともあるのですが、方針を変えることはしませんでした。

参加していることを隠したい人は来なくてもいいと割り切って考えることにしました。受講者側に何かしらの理由があったとしても、こちら側には秘密にしなければならないようなやましさはないからです。

話は戻ります。

今回はセミナー二日目。場の空気は仕上がっていて日本とほぼ同じ感覚で進行します。

整動鍼スペインセミナー_2023年6月

内容と全然関係ありませんが、ガラスブロックから入ってくる光がやさしいですよね。

整動鍼スペインセミナー_2023年6月

基本的に、このセミナーは実技です。やってみて再現できなければ意味がないと思っています。もちろん、最初は要領が悪いので練習が必要です。

整動鍼スペインセミナー_2023年6月

予想通りの変化があると、鍼治療は本当に面白いんですよ。人間のからだってすごいなぁと思います。

整動鍼スペインセミナー_2023年6月

たぶんスペイン語で教えていると思います。

整動鍼スペインセミナー_2023年6月

たぶんスペイン語をしゃべっているように見えるだけです。

整動鍼スペインセミナー_2023年6月

骨模型まで貸してもらえるので、ツボの位置が説明しやすいです。整動鍼では、再現性を担保するためにツボの位置を厳格に決めています。できるだけ骨をランドマークにするようにしています。骨の感覚がわかるようになると、みんな同じ位置にツボを取るようになります。

整動鍼スペインセミナー_2023年6月

当然ながら、性別、体格、生活習慣などによって、骨の位置がわかりにくい人もいます。そこは、日頃の練習によって上手くなっていくしかありません。臨床において、骨の位置を正確に捉えることは簡単ではありません。鍼灸師の腕の差になっている要素の一つです。

整動鍼スペインセミナー_2023年6月

日本でもそうですが、受講者さんのメモの勢いがすさまじいです。あっという間に白いページが埋まっていきます。

整動鍼スペインセミナー_2023年6月

ノートが本当にきれい。当たり前ですがスペイン語♪

整動鍼スペインセミナー_2023年6月

デモの被験者が観ているのはデモの映像です。受け手役をしてしても術者の手元が見えるように映像で流しています。

整動鍼スペインセミナー_2023年6月

この写真をルシアさんが撮って、この様子を悠馬くんが動画で撮影しているのです。日本と全く同じシステムです。評判がとてもよいです。

整動鍼スペインセミナー_2023年6月

日本と逆で女性の受講者の方が多いです。

整動鍼スペインセミナー_2023年6月

これは手首の緊張度をみているところです。日本と全く同じようにお伝えしています。術者の手の使い方には、武術的な要素も取り入れています。日本人だからこそ伝えられるものがあるように思います。

DSCF5483

最後は記念撮影。いい笑顔をいただきました。

このメンバーの数人が、また3日後のセミナー(別テーマ)に参加してくださいます。
アディオス!

つづく…

こちらもよろしくお願いします。
ツイッター(ほぼ仕事)
インスタグラム(ほぼ趣味)

はりきゅう養気院(群馬県/伊勢崎市)
はりきゅうルーム カポス(東京/品川)
整動協会(鍼灸師のための臨床研究会)

yoki at 15:01│Comments(0)

2023年06月05日

前回のつづき)

ついに始まりました、スペインセミナー!
今回は1日目の様子をレポートしていきます。

整動鍼_スペインセミナー(2023年6月3日)


私が挨拶を終えたあと、アシスタントの悠馬くんがスペイン語で挨拶を始めました。スペインのアシスタントに指名されたあと、スペイン語を勉強し始めていて、たった3ヶ月で日常会話までできるようになっていたのです。私の遥か上を行くスペイン語。

コイツ、何者?

と思われたかどうかわかりませんが、会場は驚き一気に空気が変わります。ともかく、これ以上ないつかみでセミナーが始まったのです。

整動鍼セミナーinバルセロナ)


ほぼネイティブのサワコさんと、なんだかよくわからないスペイン語を操りはじめたアシスタントに囲まれた私は最強です。ただ、普段通りに鍼をすればよいのですから。

改めて、語学力に乏しい私のために語学力が豊かな人たちがどんどん集まって支えてくれるのです。気持ち悪いくらい恵まれています。

この状況になると、私さえがんばればスペイン語でも英語でも普通にセミナーができるチームになります。もう、これはやれってことなんだと思います。勉強さえすれば必ずリターンがある、リスクのない投資です。

3年前といろんなことが変わったセミナーでしたが、1日目を終えてみるともっとも和やかな雰囲気でした。

昼休みには、雰囲気が出来上がってきました。私に限らず技術系のセミナーは受講者同士が仲良くなることが大切なのです。練習の質が上がるからです。


セミナーは夕方の6時に終わりました。

ホテルに戻って一息ついたら、出かけることにしました。現地スタッフが教えてくれたオススメのタパス街に。



行ってみたら「PINCHOS」と書いてあるお店も目に付きました。PINCHOSとは串のことです。

こういうものです。あ〜ってなると思います。

IMG_16E0C47897BE-1


別のお店に入ってメニューの一番上にあるものを注文してみました。



メニューの写真より明らかに大きいです。どういうこと?

帰りはすぐに地下鉄に乗らず途中まで歩くことに。改めて思いました。バルセロナはどこにレンズを向けても絵になります。なんていうことろだ。



引き続き、こんなふうにレポートしていきます。
つづく…「日本の味を伝えるコツ

こちらもよろしくお願いします。
ツイッター(ほぼ仕事)
インスタグラム(ほぼ趣味)

はりきゅう養気院(群馬県/伊勢崎市)
はりきゅうルーム カポス(東京/品川)
整動協会(鍼灸師のための臨床研究会)

yoki at 08:47│Comments(0)
月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本