鍼灸

2021年01月25日

不安をつくらない技術


臨床にデビューできる条件


ある鍼灸師から「研修した鍼灸師をデビューさせる時の基準ってなんですか?」と聞かれたとき、

「患者さんを不安にさせないレベルに達したら臨床でデビューさせます」

と答えました。

私を知っている人ほど意外な表情を浮かべます。普段セミナーで技術指導をしているので、技術を基準にした判断をしていると思われている気がします。

もちろん、技術レベルは大切にしています。でも、どんなに知識が豊富であっても、ツボの位置が正確にわかったとしても、患者さんが不安を感じていたら、よい結果にはなりません。

患者さんは、「体をあずけても大丈夫だろうか?」と判断するとき、術者の話し方や態度を見ています。それは理屈で説明しにくいかもしれません。人間も動物の一種として危険性を直感的に瞬時に判断する能力が備わっていますから、そんな機能が私たち鍼灸師に対しても使われているはずです。

ですから、技術的以外の部分も臨床で重要視しています。ですが、こういう部分にセミナーでフォーカスすることは滅多にありません。臨床ではとても大切なことではありますが、指導するとなったら欠点を指摘しなければなりません。きっと楽しいセミナーではなくなってしまいます。


不安をつくらないから安心が生まれる


この記事のタイトルをみて、なぜ「安心をつくる技術」ではなく「不安をつくらない技術」なのだろうかと思った方かもしれません。この記事で一番伝えたいことをタイトルにこめてみました。

日頃から臨床(施術)は、自分を含め減点方式で評価しています。なぜなら、臨床で加点しようとする心理は欲を生むからです。臨床では欲が敵になります。患者さんに「よくなってほしい」という気持ちだけで十分で、それ以上の感情は欲になってしまいます。

それは「よい評価を得たい」という感情であり、患者さんの気持ちに寄り添えなくなっている状態です。

がんばることもよくありません。臨床には用意してあるものしか持ち込めません。本番で120%の力が出るわけではありませんし、運良く出てもまぐれですから再現できません。そもそも臨床には減点要素がたくさんあって100点を取るのが難しいです。

臨床はいかに減点されないようにするかを考えています。

一番大きな減点要素は鍼灸師の健康状態です。どの仕事もそうですが、健康でなければよい仕事はできません。精神も安定しません。鍼灸師が不安定であれば患者さんに不安が生まれます。

次に、鍼灸師の言動です。私たちの発する言葉やしぐさ、すべて患者さんに伝わっています。ささいなことに発した「あっ」という言葉が患者さんを不安にさせてしまうこともあるでしょう。私も自分が気が付いていないだけで、患者さんを不安にさせてしまう言動をしているはずです。


行かない理由をつくらないという経営


鍼灸の効果はテレビやSNSを通じて拡散されているので、患者さんが鍼灸院に行かない理由は「不安だから」だと考えています。不安が期待を上回ってしまえば、鍼灸院に行くことはありません。

鍼灸院に足を運ぶ方も不安がないわけではないでしょう。「勇気を振り絞って来ました」という方が少なくありません。そういう方に「安心ですよ」と伝えても、あまり意味がありません。安心は売り込むものではなく、患者さん自身の中で生まれる感情ですから。

不安は不安材料があるから生まれます。私たちにできることは、その不安材料を丁寧に取っていくことだけです。不安材料が見当たらなくなった状態が「安心」です。安心づくりを、ケーキにデコレーションしていく作業のように考えないようにしています。

私は経営者でもあるので、利用してくださる方が多いほど嬉しいです。経営者としても重視しているのが「不安をつくらない」ことです。不安材料を探して削るようにしています。技術や鍼灸師の人柄はプラス要素ですが、いくらそこを磨いても、不安を感じる鍼灸師であったり鍼灸院であれば患者さんが来てくれません。


不安をつくらない技術


私が特に意識しているのは、目と声と間(ま)の3つです。

〔棔亡擬圓気鵑鮨燭団召宛る


「目は口ほどに物を言う」ということわざがあるように、人は相手の目から多くの情報を読み取ることができます。技術的に向上しても、目が泳いでいれば「自信がないのかしら」と思われてしまいます。自信なさそうな鍼灸師に身をあずけたいと思う人はいません。

謙虚さは必要ですが影で必要な心構えであって、患者さんの前で出しすぎはよくないと思っています。「まだまだ未熟者なので…」という態度は患者さんを不安にさせてしまいます。どんなに技術を磨いても上には上がいるのが技術屋の世界です。最高は約束できません。

その時点におけるベストを尽くすしかないのですから「今ある技術を出し尽くします」というメッセージを患者さんに伝えるべきだと思います。患者さんの目をしっかり見ることで、その気持ちが伝わりやすくなります。

自信というのは「何でもできる」ことを根拠にするものではなく、「できること」の範囲を知ることで生まれる感覚だと考えています。つまり、「できること」と「できないこと」をしっかり区別できることが自信の根拠になるのです。


∪次砲呂辰りと発声し即答する


私は滑舌がよくないので、発声に気をつけています。モゴモゴしたしゃべり方では伝わりにくく、伝わらないということは不安になります。時には即答が難しい質問をいただくことがあります。

答え方に迷って考え込んだりゴニョゴニョと話してしまうと患者さんに余計な不安を与えてしまいます。私は、難しい質問だと感じたら、体裁よく答えようとせず「難しい質問ですね」と即答してしまいます。必ずしも、どんな質問に対しても手を動かしながら答える必要はないと思っています。

難しい質問への対策として私が推奨するのは、「はっきりと発声する」というルールを自分の中につくっておくことです。はっきりした言い方しか許されないと決めておくことで、わからないときは「わからない」と答えるしかありません。または「難しい質問なので時間をください」と言うこともできます。

私の経験では、答えられないことがあっても、それが理由で患者さんは離れていきません。しかし、不安を感じたら離れていきます。

自信ができたらはっきりと発声するようになると考えていたら、それまでの患者さんはその様子を見て不安になり離れていってしまいます。自信がつくどころか、自信がどんどん落ちていきます。はっきりと発声することで患者さんは安心し、施術を継続的に受けてくれるようになります。そうなると結果が出る機会も増えて自信がつきます。


4屐謀度な距離感


もっともセンスが問われるところかもしれません。「適度」としか表現できない距離感は、患者さんの性格にもよりますし、年齢によっても変わります。初回と2回目以降でも異なります。術者のキャラクターによっても異なります。総合的に判断してその時その時の距離感をつかむしかありません。

ここでいう距離感とは、患者さんとの物理的な距離だけでなく心理的な距離も含みます。近づきすぎて馴れ馴れしすぎたら「なにかあるのかしら」と不安になります。離れすぎていたら他人事のように扱っていると思われ「ちゃんと親身になって診てくれるのかしら」と不安になります。

考えてやることではないという意見もあるでしょう。できている人にとっては当たり前の感覚かもしれません。生まれ持ったセンスを否定できません。と言いつつも、普段から意識することで距離感は磨けるものと信じています。

日本語の「間」という言葉は本当に便利です。物理的な距離、心理的な距離、そしてタイミングまでを同時に含むからです。間を制する鍼灸師が臨床を制すると私は思っています。


twitterもよろしくお願いします。
https://twitter.com/kuri_suke

【よろしければ投票してください】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
ランキングサイトにエントリーしています。
  

yoki at 01:18│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年01月18日

鍼灸にアートは必要か


鍼灸にはサイエンスが足りない


鍼灸にはサイエンスが足りないといつも思っています。鍼灸がサイエンスになるためには、効果に再現性が必要だと考えています。言い方を変えると、いろいなやり方がある中で、再現性のある方法を重視した方がよいという主張です。

ただ、この表現には副作用もあります。それは型にはめた鍼灸が最良であるという解釈になり、アートの部分が軽視されてしまうことです。私の考えは「鍼灸がアートに偏りすぎているのでサイエンスも重視しましょう」というものです。けっしてアートを否定したいわけではありません。むしろ、アートの部分が臨床の柱の一つです。

ここで使っている「アート」は、美しい施術を目指すという意味ではありません。患者さんの満足度や感動を高めるという意味です。同じツボを使っても、患者さんが不安をいだきながら受けるのと安心して受けるのでは違います。効果の判断にも差が出ます。人間は感情があるので、目の前で起きた現象は感情の影響を受けて記憶となります。

再現性が高い施術が実現できたとしても、患者さんの感じ方はそれぞれです。その感じ方が、そのときの施術の評価に深く関わります。問題は評価だけではありません。ネガティブな評価をしている患者さんの治癒力は上がりにくくなります。

私たちが行う鍼灸が客観的な指標で評価される日を待ち望みながらも、鍼灸の魅力は数値で評価しきれないところにもあります。

鍼灸にはサイエンスが足りないと思ういっぽうで、アートの部分が鍼灸師と鍼灸院の評価に大きく関わっているという現実を受け止めることが大切だと考えています。臨床では、サイエンスとアートを上手に使い分けるバランス感覚を大切にしています。

結論として、サイエンスとアートの価値を理解するほど、患者さんから高く評価されやすくなると思います。


目指しているアートの姿


アートはスコアにできませんし、人によって評価が異なるものです。ですから「アートは重要だ」とは言えるのですが、「アートはこういうものだ」とは言えません。時と場合によって、同じ言葉が違う意味になります。親しい仲であれば「おまえバカだな〜」が「そんな面白いこと思いつくおまえは天才か〜」という意味になることもありますが、初対面ではバカにされたと思われるでしょう。

患者さんに投げかける言葉も施術前と施術後で違って意味になってしまいます。たとえば「睡眠はしっかり取ってください」と伝えても、施術前なら「忙しくて寝る暇がないから困っているの!」という反感を買ってしまう場合があるかもしれません。でも、患者さんの仕事や家庭の事情を聞き、施術で呼吸が楽になったあとなら、「やっぱり睡眠は大切ですよね。早く寝られるように工夫してみます」と生活習慣を変えるきっかけにしてくれるかもしれません。

私が考えるアートは、患者さんの感覚や感情を大切にすることです。

感覚や感情は相手との関係から生まれるものなので、言ってみれば、アートは患者さんとの共同作業から生まれると言えるわけです。同じことが相手によって変わるのでサイエンスとは対極にあります。時に、ここで言うところのアートは人間性という言葉に置き換えられているから注意が必要です。


人間性より大切なこと


私は、チームの教育に「人間性」と言葉を用いることはありません。なぜなら、臨床において大切なのは、施術者がどんな人間であるかではく、患者さんが何を感じどんな感情を抱くかだからです。

そもそも、よい人間性を定義することは難しいです。努力目標としては適切ではありません。それよりも、相手が何を感じ、どんな感情を抱いているのかを、態度、行動、発言から読み解く能力を重視しています。こうした能力が高まれば、チーム間のコミュニケーションも円滑になり、互いの人間性を尊重できると考えています。

twitterもよろしくお願いします。
https://twitter.com/kuri_suke

【よろしければ投票してください】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
ランキングサイトにエントリーしています。
  


yoki at 22:15│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年11月05日

品川で鍼灸院+セミナールーム+α」のつづき

はりきゅうメイトで鍼灸師の孤独を解消する


品川のはりきゅうルーム カポス(以下、カポス)は来年の1月に移転します。移転先は港南口です。現在は鍼灸院専用で物件を借りていますが、広めにしてセミナールームを兼ねます。そして、さらに加わるが「はりきゅうメイト」という部屋です。誰のために何のために行うのか説明します。

はりきゅうメイトは、

・鍼灸師の仲間づくり
・鍼灸師のファンづくり


に視点を置いた鍼灸施設です。鍼灸師の孤独を解消するメディアとして考えています。鍼灸師が感じる孤独の背景には、〔筏を活かせる所に就職できない、開業しようと思っても相談相手がいない、5蚕囘な相談をする相手がいない、などあります。

この3つの孤独を同時に解決する方法として、はりきゅうメイト(以下、メイト)を考えました。それでは具体的に説明します。メイトに登録した鍼灸師は、カポスと同じフロアに併設される施術室を使うことができます。ある意味ではレンタル施術室です。施術室をもたない鍼灸師が必要な時だけ借りることができます。

品川セントラルガーデン
品川セントラルガーデン



鍼灸師を顔で選ぶ


これだけでは、一般的なレンタルスペースと変わりません。メイトは情報する共通のプラットホームを持ちます。

各個人が発信する情報を同じウェブサイト上に集めて、品川周辺で自分に合った鍼灸師を探している人に届けます。カポスと競合する可能性もありますが、それよりも相乗効果の方が期待できます。メイトから発信するのは鍼灸師の個性です。個性といっても飾った演出ではなく、ありのままでよいのです。

鍼灸師は、鍼灸師である前に一人の人間です。患者さんは治るところに行きたいと思っていても、施術者の顔が見えない鍼灸院では不安だと思います。どこの鍼灸院もスタッフの顏が見えるように工夫をしていますが、メイトではさらに強調してスタッフの顏が見えるようにします。メイトに登録する鍼灸師は自営業者として扱われます。独自の、ブログ、ウェブサイト、SNSから情報発信をします。


鍼灸師が持つスキマ時間を社会に役立てる


よりたくさんの人から知られるように、メイトも独自のウェブサイトを制作し、そこをプラットホームとして各鍼灸師への動線をつくります。個別に努力して情報発信をして、施術室の家賃を支払いながら患者さんを待つ必要ありません。予約が入った時間帯だけメイトの施術室を使えます。

開業資金や家賃を気にすることなく開業ができます。メイトはすべての鍼灸師に向いているとは言えません。本格的に開業して丸一日施術したいと思ったらメイトは規模が限られてしまいます。メイトは、本格的な開業前の準備期間としても利用できます。

また、午前だけ開業したい鍼灸師であるとか、勤務が終わった後や職場がお休みの時だけ、に自分で集めた患者さんを1〜2名だけ施術したい人に向いています。また、アパートの一室に男性の患者さんを招くことに抵抗がある女性鍼灸師にも最適です。


鍼灸師の才能を眠らせたくない


活躍したくても機会や環境に恵まれない鍼灸師はたくさんいます。「機会や環境を自分でつくるものだ」と言ってしまえば話が終わります。自分が通ってきたから自信を持っていえますが、自分の能力を発揮できる所にたどり着くまで大変でした。自分の努力もありましたが、けっして自分一人の力だけではありません。影から支えてくれた人がいました。

鍼灸師の免許を持っていてやる気に満ちていれば軽い審査でメイトに登録できるようにする予定です。学派や流派は問いません。私と同じ整動鍼である必要はありません。

メイトから大きな収益を上げる予定はありませんが、ボランティア活動ではないので、コストを回収できるように登録料や利用料を頂く予定です。ただし、高すぎると感じれば、そもそものコンセプトが失われ魅力が低下してしまうので利用料はできるだけ抑えます。

今月中にメイトのロゴマークをつくったり、ウェブサイトの制作に入ります。募集は12月中に行います。募集人数は10名を予定しています。

カポスとメイトの内装相談


施設(内装)は12月末までに完成するように準備しています。起動は来年の2月を予定しています。詳しい内容が決まり次第報告します。

twitterでも報告します。
https://twitter.com/kuri_suke

【よろしければ投票してください】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
ランキングサイトにエントリーしています。
  

yoki at 23:30│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年11月03日

日本の鍼灸が世界から評価される日(4)」のつづき

来年からセミナー会場が使えない


前回の記事で書いた「群馬の臨床研究と臨床トレーニングを兼ねた施設」には、海外から研修生も受け入れたいと思っています。それには、世界が新型コロナウイルスの不安から抜け出すことが条件になります。再来年の2022年から受け入れができることを願っています。

どのみち、来年の2021年は建設の年になるので、始動は国内海外問わず2022年以降になります。というわけで、来年の2021年はセミナーに集中していきます。

そのセミナーですが、今年(2020年)の8月に危機が訪れました。7〜8年くらいお世話になってきた会場が今年いっぱいで閉鎖するという通知が来たのです。来年のセミナー会場がありません。

貸会議室はたくさんありますが、今まで特別な配慮をしていただいてきたので、近い条件の会場を探すのは難しいのです。全国から受講者をお迎えしているので、アクセスがとても重要です。


アクセスが最高の品川へ


これまで使っていた池尻大橋(東急電鉄田園都市線)の近くで探す手もありましたが、社内で相談したところ品川にしようという意見でまとまりました。品川であれば、羽田空港からも近く、新幹線が停車します。セミナーを開催する地としてこれ以上の立地は見つかりません。

すでに品川には、鍼灸院「はりきゅうルーム カポス」を経営しているので、鍼灸院とセミナー会場を一つにまとめる計画が動き出しました。

カポスが移る品川の新しい物件
借りた物件から見える景色



お金の不安を乗り越えろ


良い事ずくめな計画のようですが、ぎょうさんお金がかかります。定員20名のセミナーを開催するにはそれなりの広さが必要です。家賃が増えます。そして内装費も乗っかります。

今年は新型コロナウイルスの影響を受けて、鍼灸院の売上が低迷しただけでなく、セミナーの売上も大幅に減りました。

こういう年に支出を増やす決断をするのは、緻密な計算の他に勇気が必要です。かかる費用が具体的に見えてきたら反対意見が出てくると思っていました。群馬にも施設を計画しているわけですから、売上が見込みを大きく下回れば会社は傾きます。

時には私にブレーキをかけてくれるメンバー。彼らから反対意見が出るのを待っていましたが、「これはチャンスです」としか出てきませんでした。社内の結束力が一段と高まり、見舞われたピンチをチャンスに変えようと力を合わせ始めました。追い風を受ければ前を見て進むだけです。

もちろん、気持ちだけで前に進むのはリスクがあります。資金がショートしたら右も左も向けなくなります。コロナ禍が始まったばかりの頃、向こう一年間は売上が大幅に低迷しても大丈夫なように資金を調達しておいたことが後ろ盾となっています。


最大のリスクはお金より健康


セミナーを品川で行えば、会場代は年間で数百万円かかります。現在の2〜3倍の費用になる計算です。それを考えると家賃が上がっても元が取れると言えます。

でも、忘れてはいけなのが、‘眩費と▲札潺福爾稜箴紊低迷したら、の2つです。△魄き起こす最大のリスクは新型コロナウイルスではありません。私が健康を害したり、怪我をしてセミナー講師ができなくなることが最大のリスクです。年間60日講師を当たり前のように務めていくことは、当たり前ではありません。その都度会場を借りれば、もしもの時に経費が出ていきません。

でも、リスクばかり考えていては前に進めませんし、やるなら攻めの姿勢を貫いた方が面白くなります。そこで考えたのが「はりきゅうメイト」です。セミナーができるように借りた物件は、鍼灸院(カポス)一つだけでは広すぎます。そこで、借りた物件を半分に分け、片方にもう一つの鍼灸院をつくることにしました。それが「はりきゅうメイト」です。

¥灸師の仲間づくり
鍼灸師のファンづくり

に視点を置いた鍼灸施設です。詳しくは、次回の記事に書きます。

つづく...「鍼灸師の個性を才能が集まる『はりきゅうメイト』

Twitterもやっています。
https://twitter.com/kuri_suke

【よろしければ投票してください】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
ランキングサイトにエントリーしています。
  

yoki at 21:52│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年11月01日

日本の鍼灸が世界から評価される日(3)」のつづき

セミナーではノウハウを提供できるが…


セミナー事業に関わってから10年が経ちます。これも教育事業の一環と言えなくもありません。しかし、セミナーは「育てる」とニュアンスが薄くなります。ノウハウをエッセンスにして2日間で提供するというものです。

整動鍼セミナー 張力連綿編

20名ほどの受講者が一つのカリキュラムを同じ時間の枠でこなしていかなければならないので、理解できていなくても吸収できていなくても、否応なく次に進まなければなりません。セミナーは、集積された経験を整理して売る仕事です。そう割り切りながらも、やっぱり受講してくださる方には、理解して吸収していただきたいと強く思っています。ここにジレンマがあります。

そこで、セミナーを始めたばかりの頃からSNS上に交流会をつくって情報交換ができる環境をつくってきました。受講者が自主的に復習する動きが活発になり、2017年には受講者が情報交換しながら切磋琢磨する場所として協会(一般社団法人 整動協会)を設立しました。

協会ができると同時に、自主的に勉強を行っていた集まりを公認勉強会に発展させ、セミナー受講後に研磨できる環境の整備を進めました。技術を使いこなせる受講者が増えました。とはいえ、これも教育とは言えません。受講者自身の成長に遠くから期待しているに過ぎません。

これが悪いわけでもありません。すべての人に教育が必要なわけではなく、セミナーの中でエッセンスを吸収するだけで十分な鍼灸師も多いからです。


鍼灸師の未来を切り拓くのは教育


専門教育を経て国家試験に合格したからといって、患者さんと信頼関係を築ける鍼灸師になれるとは限りません。むしろ、そういう鍼灸師は一部です。国家免許を取得したにも関わらず、鍼灸業界から去っていく鍼灸師が大多数です。私自身も一歩間違えたら、鍼灸師として仕事を続けることはできませんでした。

セミナーの受講者は、自助努力ができる鍼灸師ばかりです。しかし、どんなに能力が高くてやる気があっても環境に恵まれなければ活かすことができません。前進できる環境を必要としている鍼灸師の1%だとしても届けられたら本望です。

群馬で寝泊まりしながらトレーニングする


群馬の鍼灸院(養気院)を拡張し、研修と臨床研究ができる施設に発展させるための準備を進めています。遠方から参加しやすいように宿泊施設も併設する計画です。

群馬で鍼灸の研修と臨床研究ができる施設

準備していたらコロナ禍に突入し、資金の目処が立てられず延期しました。資金源はセミナー事業なので、セミナーが続けられないと中止せざるを得ない状況でした。

3〜5月はセミナーを中止しましたが、6月から再開し少しずつ受講者が戻ってきました。完全に受講者が戻ってくるのは来年の2021年以降です。いつ戻るのかわかりませんが、完全に戻るのを待ってから再開したのでは出遅れてしまいますから、回復に期待して計画は進めています。

ここで行う教育プログラムは社内研修で培っているノウハウをベースに準備しています。個人事業だった鍼灸院を会社にしてから本格的に雇用を開始し、現在まで5名の鍼灸師が巣立っていきました。2〜3年で全員が患者さんから信頼され、鍼治療のみでお代を頂けるレベルに達しました。すべてが上手くいったとは言えませんが、失敗した部分は教訓となりました。


経験を積める仕組み


鍼灸師になってから一番最初に訪れる壁は経験を積める環境がないことです。患者さんにしてみても、免許取り立ての鍼灸師では不安があるでしょう。できるだけ経験が豊かな鍼灸師に診てほしいと思うのが自然です。

経験豊富な鍼灸師にも最初がありました。経験が少ないながらも信頼関係を築く「何か」があったはずです。そこをサポートすることができれば、経験が少ない鍼灸師もよいスタートを切ることができるようになります。

免許を取った鍼灸師はプロです。鍼灸師は民間資格ではなく国家免許ですので、必ず3年以上の専門教育を受け国家試験に合格しています。安全な施術を約束できる専門家です。しかし、「新人」というイメージが先行してしまうと患者さんは不安になります。最初のうちはおぼつかない様子に見えることがあるかと思います。そうであっても、結果を出し始めると、自信が表情に出てくるようになります。

準備しているのは、臨床研究と臨床トレーニングを兼ねた施設です。参加費を支払うことで、経験のある鍼灸師のサポートを受けながら臨床の場に立つことができます。患者さんは安い料金(通常の50%程度)で施術を受けることができます。

通常は鍼灸院の経営は、物販をしていなければ患者さんから頂く施術料に100%依存しているわけですが、これを50%に軽減し、50%を参加する鍼灸師から頂くことで運営に必要な売上を確保します。患者さんは、経験豊かな鍼灸師が補助している鍼灸師の施術を、負担少なく受けることができます。鍼灸師は、経験をお金で買うことができます。

経験があって即戦力のある鍼灸師は就職に有利になります。多くの鍼灸院は、給料を支払いながら戦力になるように教育しているので負担になっています。また戦力になった途端に退社されるリスクを抱えることになるので、雇用に踏み切れない鍼灸院がたくさんあります。

鍼灸業界においては、教育は慈善事業であるべきという考え方が根強くあるため、ビジネス化することに不快感を示す鍼灸師もいるでしょう。

しかし、持続可能な事業として続けていくには収益が必要です。収益が見込めるからこそ施設を建てることができ、システムも構築でき、携わる鍼灸師に給与を出すことができます。慈善事業でやっていくということは、自分を含めて誰かのタダ働きに期待するということを意味します。

この群馬の計画と合わせて、東京の品川でもう一つの計画が動いています。次回は、それについて書きます。

品川

つづく...「品川で鍼灸院+セミナールーム+α


Twitterもやっています。
https://twitter.com/kuri_suke

【よろしければ投票してください】
応援クリックありがとうございます(1日1クリック有効)。
ランキングサイトにエントリーしています。
  

yoki at 22:28│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
月別アーカイブ
記事検索
全記事にコメント歓迎
これから読みたい本