2006年02月19日

いよいよ復活へ

ブログ更新を休止してから9ヶ月。
いよいよ「のびゆく四日市」復活へ動き始めます。

完全復活は今のところ4月1日の予定です。


私がこのブログを立ち上げたのは大学時代。

友人や彼女の協力も得つつこつこつやってきて
そこそこ反響も呼んで軌道に乗りかけて
それなりに手応えもつかみかけていました。

ところが社会人になって生活環境が激変して以来
地元ネタを取材し記述する時間が無くなり、
文章のクオリティも落ちたことを実感し
しばらく休止しておりました。


今回装い新たに復活しようと思い立ったわけですが

詳細はまだ未定。
今後はジャーナリズムな要素ばかりではなく
肩の力を抜いた内容を盛り込む予定です。

livedoor Blogからの移籍も考えています。


相変わらず、更新頻度も頻繁とはいかないでしょうが
詳細が固まり次第、デジカメ買って動き始めます。
あちこち見に行きたいところもあるんで!


詳細が決まり次第また更新します。

yokkaichi_man_mie at 01:40|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)雑記・その他 

2005年10月09日

大変お待たせしています

様々なことが立て込んで更新作業がストップして半年。

こんな状況でもここに来て下さる方がいらっしゃることへの感謝と同時に、
更新をストップさせてしまった責任感も感じているところです。


しっかり内容の濃い更新を継続できるよう、
完全復活へ向けて準備を進めています。
もう少しお待ちください。申し訳ありません。
yokkaichi_man_mie at 19:08|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)雑記・その他 

2005年06月11日

県内初の「中核市」指定を目指して 【3.行政権限拡大で懸念される産廃行政】

以前にも記したように、四日市は中核市へと移行することによって
行政権限のほぼ7割、事務の根拠法規の条項で数えると約2000項目が
県から委譲され、特に福祉行政・保健衛生行政に関する事務や
都市計画に関する事務などを独自に行うことができるようになります。

市として取り組むことの出来る行政権限が拡がるということは
つまりそれだけ市民に対する行政サービスへの責任が拡がることであり、
それだけに、今後の移行までの準備期間である2年間は
新たに加わった権限を盛り込んだ総合計画をつくる必要も出てきますし、
県から移譲される事務について引き継ぎを行われなければならないでしょう。


そうした中で最大の課題といえるのは産業廃棄物処理行政についてでしょう。
市内の産業廃棄物業者が少なくとも38万立方メートルの産業廃棄物を
大矢知町の最終処分場で不法投棄されていたことが明らかになり、
その処理方法について今議論となっています。

続きを読む

2005年06月05日

更新作業復活を目指して

のびゆく四日市の更新作業が長らく出来ずにいました。


社会に出てから非常に多忙な日々が続き、
家では寝るだけという状況が続いていました。
最近ようやく少しずつ身体も慣れ始め、
自らの足元をもう一度見直す余裕が出てきたところです。

少しずつ更新作業を復活していきたいと思います。
さすがに頻繁な更新とはいかないまでも、
自分のペースで四日市の姿を振り返り
内容の濃い情報を発信していきたいと考えています。


更新停止状態が続き、申し訳ありませんでした。
改めて仕切り直し、今後とも宜しくお願いいたします。
yokkaichi_man_mie at 17:14|この記事のURLComments(1)TrackBack(2)雑記・その他 

2005年04月10日

もう一つの“ララスクエア”がオープン

今回は四日市の話ではありませんが、番外編として。


四日市と同じように駅周辺商業地の活性化に悩んでいた栃木県宇都宮市に、
先月近鉄四日市駅西にオープンした『ララスクエア』と同じ名前を持つ
都心型商業施設『ララスクエア宇都宮』が8日、オープンしました。

四日市は近年松坂屋四日市店撤退や専門店街アムスクエアの休業、
ジャスコのイオン創業地からの撤退などで客足が鈍り、
まちの玄関口をいかに再び賑わせるかで頭を痛めてきましたが、
宇都宮も1年半前にロビンソン百貨店が撤退し、
まさに同様の悩みを持って今日まで来ていたのです。


続きを読む

2005年04月09日

公立保育園民間移管へ 子育て支援の充実を求めて

先立つ平成17年3月定例会において四日市市議会は
市立保育園の一部民営化を盛り込んだ平成17年度予算を成立、
市立保育園の社会福祉法人への移管先の募集も
今月18日から開始されることとなりました。

今回は3月定例会で可決、成立した方針の中から
保育園の民間委託についてを記したいと思います。


続きを読む

2005年04月03日

エキサイト四日市バザールは大賑わい

昨日、今日の2日間、三滝通りと諏訪新道を中心に
エキサイト四日市バザールが開催、大賑わいとなりました。
(デジカメ修理中のため写真は撮れませんでした、ごめんなさい!)

このエキサイト四日市バザールは
商店会などが組織する実行委員会を中心に商店街を盛り上げようと、
三滝通りの桜祭りを兼ねて毎年開催されています。

特に今年のテーマは「地産地消」ということもあって
地元地域の良さを間近で楽しめる春の風物詩となりました。


今年は桜の開花が遅くまだつぼみで、
しかも今日は突然雨が降り出すなど天気が不安定。
それでもそんな不運を吹き飛ばすかのように
特設ステージや露店は家族連れで賑わっていました。
露店の余熱で桜を開花させる勢いでした(大袈裟?)

四日市人はちょっとやそっとの天気にゃ負けませんよ。

2005年04月01日

四日市が「市」である所以 【5.四日市の産業を創った先駆者たち 前編】 

今や四日市だけではなく県全体に経済波及効果を及ぼす四日市港。
平成13年度の四日市港管理組合による調査によると
その経済効果は市に約3700億円、県に約7000億円を
もたらしているとしています(総生産額)。

そんな四日市港はそもそも和船問屋の稲葉三右衛門という一個人が
明治6年から実に11年もの長い年月をかけて
私財をなげうって修築した、その細かい経緯は
前回、前編と後編に分けて記したと思います。

今回はそうした四日市はおろか県を代表する産業基盤となった
四日市港、そして背後地の盛んな流通をもとに
近代産業の先駆者たる先人達が四日市の産業の礎をつくっていった
その経緯について、駆け足で見ていきたいと思います。

続きを読む
yokkaichi_man_mie at 23:00|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)四日市の紹介 

2005年03月31日

来月より表題を『blog のびゆく四日市』に変更し、本格的に始動します。

私のこのblogを日頃からご愛顧下さっている皆様、
いつも本当にお世話になっております。管理人の無頼庵です。


おかげさまでこのblogも始まって1ヶ月半経過致しましたが、
私は運営において、開設当初に方向性として持っていたものと
実際に運営をしてみて感じたことの違いなど
様々な反省材料や発見などを参考にしながら
これまで半ばテスト的な試行錯誤を繰り返してきました。

特に開設当初は四日市で生活する私自身の日記も
情報の中に盛り込んでいくつもりでいましたが、
まちの印象を私の記述が決めてしまうという責任感から
個人的な内容とまちの記述の棲み分けをしたというのが
実際に運営をして大きく変わったところです。

そうしたいわば試行期間の中での方針の変化などを経て
今後も四日市情報blogとして運営していくに当たり、
プライベート色の入った「なんともはや四日市人的日常」という表題は
変更せねばならない、と思うに至りました。


2005年4月1日、「なんともはや四日市人的日常」は
「blog のびゆく四日市」として本格的に始動致します。
blogの表題変更によってご迷惑をかける部分もあるかと思いますが、
今後とも何卒よろしくお願いいたします。
yokkaichi_man_mie at 00:00|この記事のURLComments(8)TrackBack(0)雑記・その他 

2005年03月30日

お茶の街 四日市

お茶の街四日市





四日市中心街の玄関口である近鉄四日市駅を降りて
中央通りを西側へ少し進むと、上写真の看板に出会います。
「歓迎 ようこそ お茶の街四日市へ」

‥‥お茶の街?!工業のまちがお茶を作っているのか?
四日市に初めて訪れる方などはそう感じるかもしれません。

しかし、実は三重県は緑茶の栽培面積・生産量・生産額が
静岡県、鹿児島県についで全国3位と全国有数であり、
その中でも四日市が最大の生産地となっているのです。


続きを読む