ヨウコの川歩き

川歩きで出会った自然、野生、鳥などの生き物の写真が中心です。さらに、日々の雑感や大好きな映画、本のお話もしています。

 テレビドラマをちゃんと意識してみるようになると(そんな必要は普通の人にはない(笑))だんだん感覚がすれてきて、やたらとハードルが高くなってしまいます。だから、大抵のドラマは見る傍から消耗していきますね。でも、そんな中でも幾つか忘れれないドラマがあります。そのひとつが『夜行観覧車』というドラマです。その制作陣が再集結して制作された…と聞いてそりゃあ見ないわけには行かないなぁと大注目したのが今期のTBS金曜新ドラマ『最愛』です。

まずはコチラから
【『最愛』解説】068fe3811dfe5703c4085ad3da410245 (1)
『最愛』は、2021年10月15日よりTBSテレビ系「金曜ドラマ」枠で放送されているテレビドラマ。主演は吉高由里子。 2017年4月期に同枠で放送された『リバース』の制作陣が再集結して制作される。完全オリジナルのサスペンスラブストーリー。 

◆出演者◆
  吉高由里子; 松下洸平; 田中みな実; 佐久間由衣; 高橋文哉; 奥野瑛太; 岡山天音; 薬師丸ひろ子(特別出演); 光石研; 酒向芳; 津田健次郎; 及川光博; 井浦新

脚本◆奥寺佐渡子; 清水友佳子

 【第1話あらすじ】~ネタバレあり~
 第1話では、3つの愛が中心に描かれた。1つ目は、朝宮梨央(吉高由里子)と宮崎大輝(松下洸平)の初々しい“恋愛”だ。陸上部男子寮の看板娘と選手という間柄の2人は、まさに青春真っ盛りのキラキラとした日々を過ごす。梨央が大輝に大会の勝利を願って渡した手作りのお守り。それを今度は受験に挑戦する梨央に返す。なかに、手書きのメッセージを添えて。お互いに想いを確信しながらも言葉にするタイミングが掴みきれないもどかしさもまたこの時代の恋愛ならではだ。  お互いの目標を応援し、その先にある輝かしい未来しか想像できない眩しい時間は永遠に続くように思われた。しかしある嵐の夜、招かれざる訪問者・渡辺康介(朝井大智)によって陰りを見せる。大輝のいない夜に限って、起こってしまったある事件。梨央は大輝の好きな梨央ではいられなくなってしまう。  その事件の前後で描かれた愛は、梨央の“家族愛”だ。男子寮の寮夫をしている父の達雄(光石研)、そして幼い弟・優(柊木陽太)は、梨央にとってかけがえのない存在。達雄を手伝い寮を明るく盛り上げ、小さなころの怪我によりカッとなると記憶をなくしてしまう優のケアも献身的に行ってきた梨央は、達雄と優にとってまさに「最愛の人」と呼ぶにふさわしかった。お互いを支えに生きてきた仲睦じい家族。その愛情が伝わってくるからこそ、それを壊すきっかけとなった事件が辛くなる。  
 嵐の夜、康介に薬をもられたと思われる梨央。引きずられて傷ついたと思われる腕に、康介のと思われる血液が付着した洋服。そして山奥へと何かを埋めに行ったと思われる達雄の姿。その断片的な梨央の記憶と状況証拠のピースを組み合わせていくと、家族が事件に関わっているように思われる。だが、すべてが“思われる”の域を抜けない。しかも、すべてを知ると思われる達雄は、くも膜下出血により急死してしまうのだ。まるで、自らの死をもって、あの夜のことを抹消するかのように…。

【感想をあれこれ】~ネタバレだらけ~

高校生の吉高由里子と大学生の松下洸平…割と違和感無し!64a66323e6b377895db1311e5d09bfcb
⇨舞台はなんと白川郷。あの写真家よだれものの風景からスタートです。ノンビリとした田舎の共同体の中で育った主人公朝宮梨央(吉高由里子)は、地元の大学の学生寮を営む父の手伝いと事故で脳神経に障害を負った弟の面倒をみる健気で元気いっぱいの正義感の強い女子高役を違和感無くこなしていました。凄いね、もともと自然体が売りの女優さんなので、『冬ソナ』のチェ・ジウなみの馴染み方でした。(( ̄◇ ̄;)この話は通じる人が限られる(笑))
 一方の地元大学の陸上部員の宮崎大輝、真面目な好青年を演じた松下洸平も違和感無しの好演。ふたりの純愛は周囲から暖かく見守られて美しく花開く寸前でした。あの夜の事件が起こるまでは…。
 このふたりのプラトニックな愛情には懐かしさと共に素直に感情移入出来ました。

⭐殺人事件は藪の中😱
⇨平和な村の学生寮で起きた事件、その夜から消えたひとりの青年、事件の当事者は梨央、拘わったのは梨央の父達雄。ひよっとしたら弟も…という急展開から
梨央がふるさとを捨てて東京に旅立つ決意を決行するあたりは謎だらけです。
 訳が分からないまま、突然最愛の人に去られた大輝(松下洸平)にいたく同情するばかり…😱

いきなりですが、15年経ちます!(^0^;)saiai
⇨いやぁ、ちょっとね、びっくりです。だって、いきなり15年経っちゃいます。     梨央(吉高由里子)の頭に殺人事件の記憶がどの程度あったのかは謎ですが、事件を隠蔽したらしい父達雄が急病で死んでしまったことを引き金にふるさとを捨てて、本当の母親(薬師丸ひろ子)から派遣された弁護人に付き添われて東京へ…までは何とかついていきました。
 しかし、いきなり15年後ですよ、新たな殺人事件が起きて、その関連から白川郷で起きた殺人事件が掘り出される。その捜査に当たる刑事陣の中に大輝(松下洸平)がいた!👀💨
  この辺からついて行けなくなりました(^0^;) そして、その捜査線上現れたのは、今は母親から引き継いだ会社の社長に納まっている梨央(吉高由里子)。
 着いて行けますかね、視聴者の皆さん(?_?;
 現れた美しく変身した梨央に訊いてみたかった。「あんた、白川郷に残してきた弟はどうしたん?」ってね(@_@)。

 でも、事件の謎は気になるし、ふたりの再会の行く手に何が待っているのかも気になります。結論としては…面白かったです(^0^;)

【まとめとして】
 こうゆうサスペンスラブストーリーってやつは、サスペンスなのかラブストーリーなのか、
あっちもこっちもと欲張って、やたらにドラマチックに作り過ぎるとシラケてしまいます。リアリティが大切なんですよね(偉そうだ(笑))。
 でも、吉高由里子が好きなので、見届けたいと思いました(^_^)ゞ



 よろしかったら下のツツジをポチッと押して下さい<(_ _)>励みになります。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 
ここにもお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ</<</

 キビタキさんに逢いたくて、また緑の丘公園に行ってみました。0C1A5966 (2)
ボケた写真だけじゃ哀しいですし(´`:)、身近地元でキビタキさんに遭うのは今年が初めてですから(*´ー`*)

 もう、公園に着くとちらっとカモサンを横目に0C1A5987 (2)
林に直行!🏃💨 

 林の中は、ときたま散歩から入ってくる方はいらっしゃいますが、基本静かです。今日はカメラマンさんがおふたり加わって、ひたすら目と耳をこらして待ちました。
 すると、頭上に気配が...👂
いる、高い!遠い!枝かぶり(´`:)
でも、しばらく待っていると、ひらっと下に降りて来てくれました。ほら(@_@)0C1A6142 (2)
林の中の暗さの中ですから、0C1A6162 (2)
なんだか神秘的👀✴0C1A6173 (2)
雌さんは雄より地味だけど緑の色合いと羽の模様が綺麗です。0C1A6254 (2)

と、あら?👀💨雄がいきなり登場!
焦りまくって撮ろうとしましたが、ピントが合わないまま去られました(>_<)ヽ
でも、居ましたよ!鮮やかなクロームイエローの胸✴これです!(笑)0C1A6004 (2)

そっからはしばらく雌も姿を現さず、代わりに来てくれたシジュウカラさんと遊びました。0C1A6051 (2)
おっ、明るい枝に止まってくれました。0C1A6058 (2)
なんだか、ひょうきんなシジュウカラさん(*´ー`*)0C1A6077 (2)
可愛いです。
0C1A6093 (2)
そして、再びキビタキさんの雌がやってきました(´▽`)ノ0C1A6214 (2)
今度は日の射す明るいエリアです。0C1A6218 (2)
あ👀、こっちを見てる(笑)0C1A6237 (2)
おなかはこんな感じ👀
やさしい色合いですね。お目々も可愛いし…(´▽`)
0C1A6223 (2)

ヒタキ類はこの目がチャーミング。

こんな地元で出逢えて幸せです。

で、雄はどうしたら撮れるんだろう…と未練たらたらで引き上げました。
昨日の事です。近々、リベンジしたいですね(*ゝω・*)ノ
帰り道、エナガさんにも0C1A6281 (2)
ハクセキレイさんにも逢いました!👀0C1A6269 (2)
鳥たちが戻りつつありますね(*´ー`*)


  よろしかったらここを👉ブログランキング・にほんブログ村へポチッと押して下さい<(_ _)>。
こちら↓も
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
ポチッとお願いします<(_ _)>


 大人気シリーズ新木曜ドラマ「ドクターX」がまたスタートしました。視聴率20パーセント越えのモンスタードラマ。でも、今まではこのドラマを取り上げたことはありませんでした。あれこれ感想を必要が無い評価の定まったドラマですからね。
 でも、今回は別。なんたって、「ドクターXvsコロナ」ですからね。
 さて、どうなる?(@_@)


【解説】
Doctor-X 外科医・大門未知子』(ドクター-エックス げかい・だいもんみちこ)は、2012年からテレビ朝日系「木曜ドラマ」枠(木曜 21:00 - 21:54)で放送されている日本のテレビドラマシリーズ。

main_sp
【1話あらすじ】 
 ニュージーランドにやって来たフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)は、執刀医を務める同国副首相のオペが始まる数時間前、AEDも設置されていないのどかな牧場へ。慌てて迎えに来た副首相オペの第一助手・一木蛍(岡田将生)の前で、不意に感電して瀕死の状態に陥った羊飼いの命を救う。
 その後、未知子は副首相のオペも成功させ、日本へ帰国。参議院議員・一橋由華(冨永愛)が主催する「次世代のSDGsパーティー」に招かれる。実は由華、主治医の勧めで、胆石症のオペを未知子に頼もうとしていたのだ。その主治医とは…ほかでもない一木だった! 由華は医師とは思えないほど派手な未知子を見て不安を抱くが、ニュージーランドで未知子の見事なオペを目撃していた一木は、その腕前を完全保証。一方、由華のCT画像を見た未知子は、ある一点に目が止まり…!?

【感想をズバッと!(@_@)】

ウィルスとの闘いがマンネリ化を吹っ飛ばす!
⇨マンネリ化していても仕方がないほど続いているこのシリーズです。主人公大門未知子のキャラは変えようも無いし、脇を固め岸部一徳、内田有紀 、勝村政信 、遠藤憲一、 西田敏行らのメンバーも変わらず…ですから、安定状態でしょう。
 でも、今シリーズは敵役になんと野村萬斎を起用、濃いキャラクターが存在感を発揮しています。他に冨永愛や岡田将生も新しい風になっていました。
 更に、今回は医療現場として避けられないコロナ禍に真っ向勝負している内容です。大門未知子がニューヨークでコロナ最前線に居た頃の映像が差し込まれてきたり、コロナ以外の強烈なウィルスも登場して大門未知子の闘いは迫力満点でした。コロナ禍を逆手に取ったドラマ作りは第1回を観る限り成功していました。

⭐色褪せない、大門未知子の魅力!
⇨米倉涼子は相変わらずパワフルで美しく、その格好良さを見ていると元気が出ます。

このドラマのジャンルは「コメディ」
⇨このドラマ、実はコメディなんですよね。だから、人物のデフォルメ感は楽しく見ることが出来ます。そして、そこに医療現場のシリアスな要素がきりきりっと入ってくるところが魅力です。

【まとめとして】
 予想を超えて面白かったです。やっぱりテレビドラマは「今」を取り入れてくれるとぐっと引き寄せられますね。
 野村萬斎さんのファンでもありますし、今回のシリーズは注目しています。

よろしかったら下のツツジをポチッと押して下さい<(_ _)>励みになります。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 
ここにもお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ</<</

「何も居ないよ~」とカメラマンさんたちに噂されている緑の丘公園に向かいました🚙💨
 でもその前に、ちょっと古利根川に寄ってチェック!
 雀さんが川を眺めていました(^0^;)0C1A5713 (2)
あ、カワウさんが3羽👀0C1A5731 (2)
あ、1羽が飛び始めて・・・0C1A5733 (2)
飛んで、0C1A5744 (2)
けって!0C1A5748 (2)
飛んで
飛んで行きました(*´ー`*)
0C1A5757 (2)
川は…以上です✋💦(笑)

 まぁ、この「何もいない」という表現の意味は、一般的な鳥以外はいない…という意味です(^0^;)
0C1A5827 (2)
さて、公園に着くと…本当に鳥の気配がありません。ヒヨドリの叫びが聞こえるだけ💦
それでも、沼に行くと🏃
カルガモさん✴0C1A5803 (2)
近くで撮りやすいわ(*´ー`*)
遠くに何ガモ?0C1A5815 (2)

以上です!ってなり、さすがにがっかりしてベンチに座り込んでいると、上空からモズの声👂
でも、声だけ(´`:)

そこに通りかかったカメラマンさんに話しかけられました。
「そこの林にいたんだけど、コサメビタキですかね」
見せられたデジタル画像は確かにヒタキの類いに見えます。

で、さっそく林に入ってみました。
「ヒタキってなかなか見分けられないんですよね」と言いましたら…カメラマンさんはじゃあと去って行きました(^^;)。

そっから、涼しい薄暗い林の中で五感を全開にして探し始めました。
いや、何か気配がします(@_@)
見上げた低木の枝に小さな鳥が元気に飛び交っています。
おっと、シジュウカラさん👀0C1A5928 (2)
そして、この子はだあれ?0C1A5877 (2)
真っ黒シルエットだったのを目いっぱい明るくしてみました👀アトリさんかな?

そして、更に小さな鳥さんを追跡!
あ…目の前の枝に止まったのは
…胸がオレンジ🍊、頭が黒い…キビタキの雄だ!…ってなったのですが、撮れませんでした(T_T)

もう、意地になって林の中に立って360度を見渡していると、、、いた!👀
林の出口あたりに動いています。
ささっと移動して撮りました~~!0C1A5931 (2)
でも、キビタキの雌でした(@_@)💨0C1A5938 (2)

緑色の背中模様が綺麗です。0C1A5937 (2)
見沼に行かなくてもここに居たのね(´▽`)ノ
可愛い💘0C1A5939 (2)
こっからはぼけました!
飛び上がって、0C1A5940 (2)
飛んで行きました(*´ー`*)✋0C1A5941 (2)

今日はここまで…なんだか素敵なひろいものをした気分になりました👏

 よろしかったらここを👉ブログランキング・にほんブログ村へポチッと押して下さい<(_ _)>。
こちら↓も
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
ポチッとお願いします<(_ _)>


 今日は雨の中東京へ通院🚃💨 緊急事態宣言明けの東京は…変わりありませんでした。ほとんどの人はマスク。でも一方で、いち時は誰も話さなかった電車の中でそちこちで話し声がしているし、ひとりランチで立ち寄ったファーストフード店では、真ん中で女性のグループがマスク無しで声高にお喋りしていたり…確実に緊張は解けてきていました。
 感染に関しては「まだまだ怖い人」と「それほど気にしていない人」では、この時期、相当行動に差が出ますね。私は…前者です(^0^;)

✴✴✴

 月9ドラマ『ラジエーションハウスII』がスタートしています。昨晩は既に2回目。1回目では、前シリーズからの引継ぎ的な内容で、お馴染みのメンバーが主人公のアメリカから帰国したタイミングで再び「甘春総合病院」の放射線科「ラジエーションハウス」に集まる…というくだりでした。
 これがなんだかバタバタしていてほとんど内容が無い感じで、感想が書けませんでした(^^;)。
 そして、第2回、やっと軌道に乗りましたね。前シリーズの続編ですが、マンネリも無く楽しく観ることが出来ました。

 では、コチラから🏃💨

【解説】maxresdefault-1
 窪田正孝が主演、本田翼広瀬アリスらが共演する、フジテレビ系“月9”ドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』(毎週月曜 後9:00)のキャスト・出演者、相関図を紹介。本作は、2019年4月期に同枠で放送されたドラマの続編。「甘春総合病院」の放射線科「ラジエーションハウス」を舞台に、CTやMRIで病気を見つける診療放射線技師らの活躍を描く。原作は作・横幕智裕さん、画・モリタイシさんのマンガ「ラジエーションハウス」(集英社)。

【第2話のあらすじ】001_size6
 陸上大会中にてんかん発作で転倒し、頭を強打したという12歳の小学生・速川走太(長野蒼大さん)のCT検査依頼が入る。両親は陸上のオリンピック選手だった一郎(眞島秀和)と叶恵(入山法子)。1歳下の妹・花恋(白鳥玉季さん)と共に日本陸上界の未来を担う選手として注目されていた。

 走太はてんかんで甘春総合病院脳外科に通院中だった。走太のCT画像を読影した甘春杏(本田翼)は、薬物療法が不調のため外科手術を選択する可能性に言及。五十嵐唯織(窪田)は選択肢を増やすため詳しい検査を提案するが……という展開だった。

【感想、あれこれ】
ラジエーションハウスの仲間は安定!
⇨シリーズ1では、ラジエーションハウスのメンバーが互いの個性をバチバチさせる展開が刺激的でしたが、シーズン2では既に互いの個性を認め合った仲間としてスタート。安定感があります。

主演 窪田正孝の魅力✴
⇨バラエティー番組に出てくると、ちょっと変わった人…みたいに見えちゃう窪田君ですが、役に入り込むと光を出しますね。トーキョーグールの金木の役とか、テレビ版デスノートの夜神月 の役なんかは、2次元の世界から立ち上がったような見応えのある成りきり振りでした。
 このドラマの天才放射線技師、五十嵐唯織の天才っぷりは格好いいし、甘春杏(本田翼)への不器用な恋いこがれっぷりは可愛いです。ま、個人的にはあの髪型と長い首筋と薄い色の目がチャーミングだと思います(変?(笑))kubota-radio-house

広瀬アリスが輝きを増している(@_@)
⇨ヒロインは外科医甘春杏演ずる本田翼
なんですが、ラジエーションハウスの新人裕乃を演ずる広瀬アリスが輝いています。もともと存在感のある若手女優のひとりである彼女、真摯に放射線技師の道を究めようとする生真面目な裕乃を好演していて、応援したくなります。

ストーリーは…
⇨毎回ラジエーションハウスを巻き込んだ患者の治療を巡ってのストーリーです。なかなか興味深いテーマが取り上げられています。
 そこに、伏線として、五十嵐(窪田)と甘春杏(本田翼)と整形外科医辻村(鈴木伸之)の三角関係があって、更にどうやら裕乃(広瀬アリス)が五十嵐に惹かれて参戦模様です(*´ー`*)。
wbhjfr_4h42_cxbg_001_wm
【まとめとして】
 シリーズ2というのは難しいですよね。シリーズ1ほどの緊張感はありませんから…。これから、何処にスポットを当てて盛り上げていくのか、脚本の見せどころです。

【キャスト紹介】
0000953751_rel_k
五十嵐唯織/窪田正孝 
⇨窪田正孝が演じる天才放射線技師。
放射線科医として医師免許を持っているにも関わらず、幼少期の甘春杏(本田翼)との約束を守るため、放射線技師として働く主人公。2年のアメリカ留学を終え、再び古巣である「甘春総合病院」で勤務している。相変わらず杏のことが大好きだが、仕事とは正反対に恋にはまったくうだつがあがらない。

甘春杏/本田翼
⇨本田翼が演じる放射線科医。
五十嵐唯織(窪田正孝)の幼馴染み。自分の父親が院長を務めていた『甘春総合病院』で働いている。2年前、「優秀な放射線科医に私はなる」と唯織に言った約束に、後ろめたい気持ちを持っている。

広瀬裕乃/広瀬アリス
⇨広瀬アリスが演じる放射線技師。
新人としてチームに加わり、当初は戸惑いばかりでミスばかりだったが、持ち前の努力で徐々に成長し、いまや一人前に。五十嵐(窪田正孝)のことを密かに想っている。

その他のキャスト
・軒下吾郎/浜野謙太:中堅放射線技師。
・威能圭/丸山智己:死亡時の画像診断)を得意とするナルシスト
・悠木倫/矢野聖人:コミュ障気味な放射線技師。
・黒羽たまき/山口紗弥加:ガサツで男勝りな性格だが、仕事となると完璧さを追求する
・小野寺俊夫/遠藤憲一:大ベテランの放射線技師長。
・辻村駿太郎/鈴木伸之:中堅整形外科医。父親が大手大学病院の教授を務めているボンボン,,甘春杏(本田翼)のことが好きで、唯織の恋のライバル。
・田中福男/八嶋智人
・灰島将人/高嶋政宏:『甘春総合病院』の新院長。
・大森渚/和久井映見:『甘春総合病院』の前院長。唯織(窪田正孝)やラジハメンバーの良き理解者

 よろしかったら下のツツジをポチッと押して下さい<(_ _)>励みになります。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 
ここにもお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ</<</

 今日は高校時代の友人たちと1年8か月ぶりに逢いました((´▽`)ノ コロナ前は月1で飲み会をしていましたからね、ずいぶん自粛を頑張った👏。 
 でも、皆さん感染対策の達人なので、城址公園に集まっての散歩会。東屋でのお喋りに盛り上がりました。まずは、逢えたことそのものに大感激しました(*´ー`*)
「今のうちに逢っておかないと、6波が来るから」…ってことでね。来るかなぁ(´`:)
✴✴✴✴✴✴

 さて、テレビドラマ界は10月から新シーズンに入っています。既にいくつかの新ドラマがスタートしていますが、まだ感想を書く段階じゃないので様子見中です(偉そうだ^_^;)
  初の研究家便りは新日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』。
  今シーズン、1番の話題のドラマ。ずいぶん広範囲に同時配信するらしいから、負けられないドラマですよね。
 で、「なんで今更『日本沈没なの?」と思っている方々に「今だからこその現代版『日本沈没』です」と高らかにぶち上げることが出来るのか…。制作者側も出演者も
正念場の作品であることは間違い無いですよね。
 しかし、放送直前に関東に地震って…不吉過ぎます(@_@)

 で…第1回を観ての感想です<(_ _)>

まずはコチラから
解説maxresdefault
 TBSでは、2021年10月期の日曜劇場(毎週日曜よる9時放送)で『日本沈没-希望のひと-』を放送することが決定した。原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」。翌年にはTBSでテレビドラマ化がされているが、それ以降もドラマのみならず映画やアニメ、漫画など様々なかたちで語り継がれてきた。
刊行から48年の時を経て、大きくアレンジを加えて新たにお届けする今作は、主人公を含めオリジナルキャラクターで、2023年の東京を舞台に、今だからこそ描くべき物語。沈没という目に見えない危機が迫る中で「見出していく希望」をテーマに描いていく。

ストーリーの入口202011260000089-w500_0
 2023年、東京。東山総理(仲村トオル)は、世界環境会議で地球物理学の権威である世良教授(國村隼)のもと「COMS<コムス>」のさらなる推進を高らかに表明した。
 さらに官房長官の長沼周也(杉本哲太)が、東山が“未来の日本”を見据えて各省庁の優秀な若手官僚たちを集めた“日本未来推進会議”を発足すると発表。そのメンバーに環境省の天海啓示(小栗旬)、経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)も選ばれていた。目的達成のために強引な手段もいとわない天海は、自身の提案を通したいがために東山総理にすり寄り、同時に総理の抵抗勢力である政界のドン・里城副総理(石橋蓮司)をも懐柔しようとする。さらには、両者に顔が利く「生島自動車」会長兼経団連会長の生島誠(風間杜夫)を同期の常盤に紹介してもらい、近づいていく。

 そんな折、ネットに関東沈没へ警鐘を鳴らす田所雄介(香川照之)の記事が載る。この記事が原因で、一部の団体がデモを起こし、天海は事態収束のために田所と対面する。しかし、田所は天海の話に一切耳を傾けず、「近い将来、伊豆沖で島が沈没する。その島の沈没は、私が恐れてきた関東沈没の前兆になる」という不気味な予言を放ち、天海は翻弄される。
 そんな矢先、天海は週刊誌・サンデー毎朝記者の椎名実梨(杏)に「Dプランズ」という環境ビジネスで稼ぐ企業と環境省のあらぬ癒着疑惑を突きつけられる。
 一抹の不安を抱えつつ、常盤と共に趣味のスキューバダイビングに出かけた天海は、そこで衝撃的な出来事に遭遇する・・・。

【ぶっちゃけの感想】
環境省の天海啓示(名前が作りすぎ?(笑))の不安が伝わる前半が圧巻!tbs2_s
⇨官僚にとって野心と上昇志向は当然の持ち物だそうです。この主人公の天海(小栗旬)もそのステレオタイプの振りをして登場。ところが、スキューバダイビングが趣味で友人の経産省の常盤(松山ケンイチ)と海底の地下変動で沈没すると予言された島の近海に潜り、怪しい亀裂と出会って(まぁ、都合良すぎ?(笑))から、彼の本質にある『日本を担う純粋な魂』が見えてきます。この辺のくだりが見どころでしたね。小栗旬の気迫が伝わってきました。

展開が早すぎて😱
⇨展開が早すぎて、心がついていかないですね。別の言い方をすれば、引きずり込まれて、あっという間の一話でした。 これは、つまりこのドラマの中心が沈没が始まった所から始まる…っていうことなんですよね。
 しかし、こんなに早く沈没が始まるとは予想していなかったので、なんか、ついていくのにへとへと(笑)

潜水艇で海底調査に出るシーンが
⇨政府側の「沈没なんてあり得ない」と主張する科学者のが海底を見つめながら顔色を変える…それを天海が見逃さない…っていうシーンが凄く好き。

周りを固める俳優陣の印象は…というと(@_@)nihonchinbotsu_202103_02
⇨天海の官僚仲間の経産省の常盤を演じる松山ケンイチは、突っ走る天海のブレーキ役を好演。週刊誌・サンデー毎朝記者の椎名実梨役の杏ちゃんはちょっと気負い気味だけれど美しい💘総理大臣の東山総理役の仲村トオルはちょっと線が細いかな。
 政界のドン・里城副総理役の石橋蓮司はイメージ通りの悪代官(笑)。ウェンツが出ていて( ̄◇ ̄;)ってなりました。

香川照之は健在でした(^0^;)
⇨重要な役どころ、ネットに関東沈没へ警鐘を鳴らす天才地球物理学者の田所雄介を演じる香川照之は、期待通りのデフォルメされた人物作り…これはこれで味があります(漫画チックだけれど^_^;)

【まとめとして】
 1話は見応えがありました。まぁ、ちょっと単なるドラマとして楽しめる状況ても無いから、本気で不安になる部分もありますからね。
 まぁ、この後、原作を辿るとなると、今後の映像のクオリティが気になりますね。
 更には小栗旬の気迫に周りの俳優陣がガチンコ勝負して欲しい感じかな^_^;。
 見届けたいドラマになっていたことは確かです。

 よろしかったら下のツツジをポチッと押して下さい<(_ _)>励みになります。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 
ここにもお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ

 (あら?こんなシリーズやってたかな(^0^;)?)
 何かのきっかけで昔観そびれていた映画を覗きたくなる時ってありますよね。今日、「王様のブランチ」を観ていたら、今週の映画ランキングの1位が「007/ノータイム・トゥー・ダイ」でした。それがきっかけです。まず、え~「007シリーズってまだやってたのね?」ってなりましたし、主役のボンド役はダニエル・クレイグ。えっ( ̄◇ ̄;)?この人確か10数年前に何代目かのボンドに抜擢されて好評だった人だよね。こんなに長い間やって来たなんてやっぱり素晴らしいのかな?…ってなって、彼の初ボンド作品を調べてみて「カジノ・ロワイヤル」に辿り着いた訳です。

 ではまずコチラから007シリーズについての基礎知識

【歴代ジェームスボンド】
・1代目:ショーン・コネリー (1〜5、7、番外編)
・2代目:ジョージ・レーゼンビー (6)
・3代目:ロジャー・ムーア (8〜14)
・4代目:ティモシー・ダルトン (15〜16)
・5代目:ピアース・ブロスナン (17〜20)
・6代目:ダニエル・クレイグ (21〜25)
・7代目:ラシャーナ・リンチ(←NEW) 初めての女性007誕生!?

⇨凄いですねぇ‼️こんなにやってたんですねぇ。日本の水戸黄門みたい(笑)
 この中でみた記憶があるのは、誰でも知っているショーンコネリーのシリーズとロジャー・ムーアだけ。それも時代がズレてからのテレビ視聴でした。
 ショーンコネリーはボンド役を降りてから名優になったような気がします。ケビン・コスナーと組んだ映画「アンタッチャブル」の太った老警官役は素晴らしかった!
 話が逸れました(^0^;) で、ロジャー・ムーアの007を観たのは、ムーアのボンド役が評判が良かったからです。それ以後は007シリーズからは興味から外れていましたが、このダニエル・クレイグは知っていました。予告編を観て、格好いいなぁ!…って思ったし、「彼こそジェームスボンドだ!」なんて評価も聞こえていましたからね。
 
 さて、前置きが長くなりましたが、早速「Prime Video」で検索。ダニエル・クレイグのボンドの初作品「カジノ・ロワイヤル」は2006年公開でした。思った程古くは無いですね。
 アメリカ同時多発テロの5年後です。どんなテーマなんだろう。
 まずはコチラから

【映画解説・あらすじ】145152_01
 英国諜報部に属する敏腕スパイ、ジェームズ・ボンドの活躍を描く人気スパイ・アクションのシリーズ第21弾。原点に戻った今作ではボンドが殺しのライセンスを持つ“007”になる前の物語から始まり、国際テロ組織の壊滅が初任務となるボンドの奔走を活写する。6代目ボンドに『ミュンヘン』のダニエル・クレイグ、ヒロインのボンドガールに『ルパン』のエヴァ・グリーン。豪勢なカジノを舞台に繰り広げられる駆け引きがスリル満点。

英国諜報部MI6のスパイである‘00’の地位に昇格したジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、最初のミッションとして国際テロ組織のネットワークを絶つ任務を課される。テロ組織の資金源であるル・シッフルと接触を命じられたボンドは、モンテネグロのカジノでル・シッフルと高額の掛け金のポーカー対決を開始する。

【今更の感想をアレコレ】~ネタバレあり~
ダニエル・クレイグが格好いい✴1_large
⇨顔は知っていましたが、ジェームス・ボンドのダニエル・クレイグはとっつも格好良かった!ショーン・コネリーともロジャー・ムーアとも違う渋みのある色気がありますね。アクションシーンもスーツ姿もいけてます。うん、天下のボンド役を勝ち取るくらいだから当たり前か…いや、スパイの悲哀みたいなものも滲み出ているし、並のハンサムとは違う存在感があります。

アクションシーンは…お見事!✊
⇨のっけから凄い追跡シーンがあります。もうね、これでもかって感じで、意外な展開とあり得ない身体能力のぶつかり合いの迫力。トム・クルーズより凄いかもね😱。
 
その他のお気に入りシーン🙋
⇨カジノのポーカーシーンが圧巻!血の涙を流す悪党との対決です。
⇨悪党に毒殺されかかるシーンが見たことのない迫力。
⇨ボンドガールのエヴァ・グリーン
300x
の美貌がちょっとクラシカルで凄味がありました✴



【まとめとして】
 テーマは冷戦からテロへと路線変更。中東からヴェニスへと世界を駆け回ります。とにかく極上のエンターテイメント。最初から最後まで飽きさせない仕掛けが次々と繰り出されてきます。
 文句なしの面白さ…007は健在でした。そうか、この作品があったからダニエル・クレイグのジェームス・ボンドは続いたんですね。新作の「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」も観たくなりました(´▽`)ノ

 よろしかったら下のツツジをポチッと押して下さい<(_ _)>励みになります。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 
ここにもお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ</<</

 昨夜の地震は10年前の恐怖が蘇るような大きさでしたね。地震速報を見ながら「被害が少なそうで良かった」と思って眠りにつきました。
 でも、今朝起きてみてびっくり!脱線事故やら停電やら水道管からの漏水とかとかいろいろ被害が起きていたんですね😱。
 朝から東京と周辺の交通機関にも影響が出て、路線によっては運休とか間引きとかになっていて駅から人が溢れていました。
 参ったなぁ~ってなりました。だって、今日は月1の上京(古い?(^^;))する日(通院です✋)でしたので…。
 慌てて起きて準備を仕掛けたのですが、テレビで仕事に向かう人々が駅に集まっていく様子を見て挫けました(T_T)。あの中に入っていく勇気はないなぁ。皆さん、大変そうだ(´`:)
 仕方なく、時間を待って病院にキャンセルの電話を入れました(v_v)

 さて、じゃあどうしようか…となって、地元運動公園へカワセミさんの様子を見に行くことに🚙💨
0C1A5511 (2)
 空は秋✋(´▽`)
下界は夏?(@_@)💦 暑いわぁ~~‼️😱
でも、池に向かってダッシュ!🏃💨

 カメラマンさんたちが数名いらっしゃいました。大丈夫、カワセミさんは居てくれるようです。
あ、池の中島にコサギさん👀0C1A5530 (2)
何故か毎年、夏場にこの池の中島で子育てをしたアオサギさんの群れが去ると代わりにやってきます。
「鏡よ鏡、1番綺麗なのは誰?」0C1A5534 (2)

綺麗よ、コサギさん🎵0C1A5555 (2)

 あ、そのアオサギさんも1羽。0C1A5552 (2)ここで生まれた子の成鳥した姿?
立派です(´▽`)

 あ、そして…カイツブリさん💨✴0C1A5571 (2)
多分、ここで生まれた子だと思います。
0C1A5578 (2)
最近見なかったから心配していたけど、居たんだ!(まぁ、別の個体の可能性もあり?)
 そして、安定のカルガモさん
秋の常連さんが揃いつつありますね。

そこに「キィイーチィ~~~」という声👂
真打ちの登場です!0C1A5587 (2)
カワセミさん‼️💘
おお👀!もう幼鳥の頃の面影は無いかも…すらっとしています(*´ー`*)0C1A5601 (2)

 幼鳥の頃は何回飛び込んでも餌がとれなくて、何回もシャッターチャンスがありましたが、もう違います。
0C1A5674 (2)

高い枝でひとしきりゆったりとして
⇨ここで構えたカメラが重くてへばりました(´`:)💦
いきなり水面に飛び込んで、さっさと中島に入っちゃいました(@_@)
0C1A5655 (3)
つまり、飛び込みシーンは撮れず(;´Д`)
オマケに暑くて、ついにギブアップ!(>_<)ヽ

秋らしくなったらリベンジします!
それまで居てね、カワセミさん✋

へとへとの帰り道、頭上にモズくんか元気にカタカタカタと鳴きながら現れました!👀0C1A5688 (2)
モズくんを見るとなんだか元気が出ます。秋は来ていますね(´ー`)0C1A5707 (2)
✴✴✴✴✴
 夕方のニュースを見ていたら、既にインフラも交通機関も大分回復。大きく破損した建物は無かったようです。

 何より、帰宅困難だったり、駅への長蛇の列に並んだりしている人々の態度が落ち着いていました。
 さすが日本人!(@_@) 世界一地震に慣れている民族かもしれません。嬉しくはありませんが(^0^;)
0C1A5545 (2)
  よろしかったらここを👉ブログランキング・にほんブログ村へポチッと押して下さい<(_ _)>。
こちら↓も
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
ポチッとお願いします<(_ _)>


↑このページのトップヘ