「今まで映画館で観た映画で、1番怖かったのは?」と訊かれて、迷わず『エミリー・ローズ』と答えました。でも、今日はその映画の話じゃありません。(正直、この映画は語る気がしない。トラウマ系なんで)
 
 違った意味で怖かった映画を紹介します。
 2010年のアメリカのサイコスリラー映画『ブラック・スワン』です。サイコスリラーかなぁ、ある意味ホラーかも😱
 日本ではR15+指定作品として公開されたんですが、観ると納得します。「この映画、子供に見せたらアカン!(>_<)」

   監督は『レスラー』のダーレン・アロノフスキー。この監督、衝撃的な映画を創る事で有名。
 でもただの刺激物趣味ではない。誰もが蓋をしたい人間の深部を暴き出す。映画ファンの間では評価の高い監督です。

《ざっくりとあらすじ》
155266_01
 ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、ニナ(ナタリーポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(ヴァンサンカッセル)は、花形のベス(ウィノナ・ライダー)を降板させ、新しい振り付けで新シーズンの「白鳥の湖」公演を行うことを決定する。 
 そしてニナが次のプリマ・バレリーナに抜てきされるが、気品あふれる白鳥は心配ないものの、狡猾で官能的な黒鳥を演じることに不安が募り、プレッシャーから少しずつ心のバランスを崩していく。

『スター・ウォーズ』シリーズのナタリーポートマンが熱演…というか、この役に乗り移られて、自身が病んだんじゃないかと心配になるレベル。この映画でアカデミー主演女優賞を獲得しました。

 バレエの世界の苛酷さが、その世界に身を置く人間達を歪ませています。
 自分が果たせなかったバレリーナとしての夢をニナに託す母親エリカ(バーバラ・ハーシー)の偏愛がニナの精神に影を落とします。20110206_731353
 
 




 さらに監督トーマス(演じるフランスを代表する俳優ヴァンサン・カッセルがさすがの存在感)は、ニナに白鳥の清純さと黒鳥の悪魔的な魅力の両方を要求し、彼女の精神を分裂に追い込みます。
 
 ニナの精神が崩壊する様が凄いです。観客をも騙す幻覚の世界。時間も空間もニナの視覚、聴覚の中で、切り取られ、入れ替わり、プリズムの中に迷い込んだように惑わされます。私は観ているうちに、これを美しいと感じてしまうことに強烈な罪悪感を抱き、ニナと一緒に病んでいくような、なんともいえない混乱した気分になりました。

 この映画、残酷で美しいです。心理的な描写に追いかけられる。ただ、何を、何のための残酷さなのか…と考えると、やはり賛否両論あり…でしょうね。
 一見の価値ありの衝撃的な作品。

 主人公のライバル『マックス・ペイン』のミラ・クニスがナタリー・ポートマンの向こうを張る演技。
 バレエのシーンは素人目ですが、プロ並みです。やっぱり俳優って成りきるためには何でもモノにするんですね。素晴らしいわ!(ただし、ボディダブル疑惑あり(^-^;))

 ウィノナ・ライダーが年を重ねて役を下ろされるプリマバレリーナの役で出てきますが、かつてのウィノナ・ライダーを思い出してせつなくなります(v_v)


 今朝は心を入れ替えて川歩き(^-^)

 曇り☁です。写真も暗い!
ヒドリカモさんの群れに遭いました。IMG_20180210_153637
1羽いちわ覗いてみると、
いた!このこ👀IMG_20180210_153814





 

 緑のアイシャドウ💚IMG_20180210_153711
アメリカヒドリガモとのハーフです!

 というところで、ざっと群れが一気に飛び立ちました!(;゚д゚)
 トビです❗💨
1518269379625l
残念なことに逆光、遠い(>_<)1518269263717l
 上空で輪を描いて…去りました!IMG_20180210_155601







 格好いいなぁ!猛禽類!(*´ー`*)

 帰り際、オナガガモさんを見かけました💝IMG_20180210_160619
古利根川にようこそ!(^.^)/~~~IMG_20180210_160722
 

   よろしかったら、ここをポチッとして下さい<(_ _)>
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

 ここにもお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ