宮原さんはかつてノーミスの女王と呼ばれで、コツコツと試合で上位に入り続け、世界ランク2位まで上り詰めた努力家です。
 正確で美しいスケーティングと繊細な表現力、ジャンプの高さやイメージの派手さはないものの確かな存在感を示してきました。
 しかし、今シーズンは一気に女子4回転時代です。ロシア勢にどう対抗していくのか…だけでなく国内でも坂本花織や紀平梨花といった伸び盛りのパワフルなスケートに負けない自分のスケートをどう貫いていくのか…なかなか悩ましいシーズンです。  
 さて、ではコチラから
【中国大会女子シングル・ショートプログラム結果】
1位、シェルバコワ
(ロシア)…73.51点 ⇨ノーミス!何だろ、アメリカ大会の優勝からの2戦目。更に成長しています。すごいなぁ!伸び盛りとはこういうことなのか、表現力も向上しています。201911040000111-w500_6

2位、宮原知子(日本)…68.91点 ⇨イメージチェンジのエジプト調の曲、メイク、衣装も攻めてきましたね。ノーミスに近い出来で、難しいプログラムを 雰囲気たっぷりに踊りきりました。 最後のスピンはスピードもクオリティ も最高でした。ただ、ジャンプのアンダーローテーションが2つ取られたのが響いて70点台に乗りませんでした。 K10012170501_1911082239_1911082244_01_02 

3位、アンバー・グレン(アメリカ)…67.69点 ⇨ノーミスです!安定した美しい滑りでした。

*****
6位、本田真凜(日本)…61.73 ⇨この人のファンは世界に沢山いると思います。可愛い!美しいスケーティング。スピンステップはオールレベル4です!転倒があったり、アンダーローテーションが取られたりして点数が伸び悩みましたが、期待が膨らむ魅力的なスケーターです。
201911040000111-w500_3
【女子シングルのまとめ】  宮原さんが自分を貫いた魂の滑りを見せてくれました。大人の表現力を示しました。明日のフリーはきっとシェルバコアが4回転を跳んで突き放しに来ると思いますが、宮原さんの美しい大人の演技を見せ付けてやりましょう(v_v)

🌠🌠🌠🌠🌠  
 続いて男子シングルです。この中国大会、スケートリンクに魔物が立ち寄ったようです。ほとんどの選手が勝負をかけたファーストジャンプをことごとく転倒しました。
 結果、4回転を跳ばずの今シーズン復帰したエンカンがトップに立ちゃいました。

【中国大会男子シングル・ショートプログラム結果】
1位、ハン・ヤン(中国)…86.46点 ⇨美しく、大きな3Aでスタート!その後も素晴らしく流れのあるジャンプを次々と決めました。かつてのハン・ヤンを思い出させる堂々の復活の滑りでした。

2位、ボーヤン・ジン(中国)…85.43点 ⇨最終滑走のボーヤン・ジン!4回転ジャンプのパイオニアのファーストジャンプは4Lz3T のはずだったのに転倒!魔物がいる😱!しかし、その後のジャンプは立て直しましたし、表現力の向上が見える迫力の滑りで、スピンステップはオールレベル4!

3位、マッテオ・リッツォ(イタリア)…81.72点 ⇨この人は魔物を退けたように見えました。冒頭の4T、次の3Aは完璧なジャンプでした。この人の実力が伝わってきました。しかし、落とし穴は最後の平凡なジャンプに待っていました…転倒(>_<)ヽそれまでが素晴らしかったのに。

*****
4位、プルキネン(アメリカ)…78.92点 ⇨この人は19歳。今シーズンがシニアデビューですが、実に力強く美しい魅力的なスケートでした。カナダ大会でも素晴らしい演技で4位でした。キスクラでもとてもチャーミング。注目の新人です。

【男子シングルのまとめ】 201911040000117-w500_0
 日本の田中刑事は、ジャンプのミスがたたって6位でした。でもトップとの差は10点位ですから、フリーでの巻き返しが期待されます。  力を感じたのはやはりボーヤン・ジンでした。羽生結弦やネイサン・チェンを脅かす存在として上がってきて欲しい人です。  まだ、数字には現れませんが、マッテオリッツオやプルキネンは次世代として注目に値しますね。

よろしかったらここを👉ブログランキング・にほんブログ村へポチッと押して下さい<(_ _)>。
こちら↓も
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
ポチッとお願いします<(_ _)>