2015年度制作、ハン・ジュニ監督。

地下鉄のコインロッカー10番に捨てられた女の赤ん坊は、イリョン(キム・ゴウン)と名付けられ、ホームレス達に育てられます。その後、仁川のチャイナタウンの裏社会を牛耳る「母さん」(キム・ヘス)に引き渡されます。
やがて、大人になったイリョンは、「母さん」が経営する闇金を手伝うようになりますが‥‥。

いやー、容赦ないわぁー、というのが一番の感想です。
韓国ノワールって、本当に徹底していますよ。
本来、男性が主役になるような内容ですが、そこに女性を持ってきたってところに、なんとも言えない哀愁といいますか、なんだろうなぁ、言葉にできないどうしようもない感情が生まれたような気がします。

身寄りのない子供達を引き取り、サバイバル能力のある強い子供だけを選んで育て、自分の手下にする。
まるで家族のように、「母さん」の元で生きる子供達。
大人になり、何の疑問も感じず、裏社会の仕事をこなします。
イリョンも腕ききの取り立て屋に成長し、金を取り立て、金を払えないものからは、臓器を奪う。
それは、イリョンにとって、当たり前の毎日でした。

ある日、取り立て対象の男の息子ソッキュン(パク・ボゴム)に出会ったイリョンは、今まで感じたことのない胸のトキメキを経験します。
キラキラするほど、善良で爽やかな青年ソッキュン。
イリョンは、自分の知らない別世界があることを知ってしまいます。
生まれて初めて、女の子らしい服を来て、ソッキュンに会うイリョン。
自分の生きる世界に疑問を感じるイリョンですが、「母さん」がそれを許すわけもなく、やがて悲劇が起きます。

流行りの女優さん、キム・ゴウン氏。最近の韓国って、ナチュラルな女優さんが増えてきたような気がします。お直ししていないといいますか‥‥。
キム・ゴウン氏も、ショートカットが似合う一重まぶたのキュートな女性です。剛力彩芽さんタイプかな。
もうね、ハマリ役ですよ。彼女しか出来ない、この役は。本当に、演技派。
韓国ノワールお決まりの残酷なシーンも多いのですが、その中にも切なさがあって、なんだか胸にどーんときます。


また、「母さん」役のキム・ヘス氏が凄すぎる本当に、彼女には驚かされますよ。ベテラン女優の凄みです。美しさ、セクシーさ、いわゆる女子力を封印して、アジュンマ役を熱演しています。
韓国の俳優さんの巧さには敵わないです。
日頃のキム・ヘス氏を見て、この役の彼女を見ると、度肝をぬかしますよ。

原題は、「チャイナタウン」
邦題もインパクトはありますが、この映画には、原題の方がしっくりくるなぁ。
薄汚れた感じのアンダーグラウンドで、底光りするような生命力で荒々しく生き抜くイリョン。彼女に安らぎは訪れるのか?
何とも言えない余韻です。

この手のお話は見る人選ぶよなーと思いつつ、決して、ほのぼのと可愛い映画ではないので、オススメするのは気が引けます。
パク・ボゴム氏のファンの方は、うっかり見たら腰ぬかすだろうなーと思う次第です。







iPhoneから送信

1957年度制作、増村保造監督。

伊豆の祖母の家で育てられた有子(若尾文子)は、高校卒業後、東京の父の元に引き取られます。
実は、有子は愛人の子であり、東京の家では、本妻(沢村貞子)や異母兄弟達に、女中のような扱いを受けます。
しかし、元気で前向きな性格の有子は、次々と理解者を増やしていき、幸せをつかんでいきます。

基本的には、韓国サスペンスや、ホラー映画が好物なツバサでごさいますが(笑)、昔の日本映画を見るのも好きです。
古き良き昭和っていうんでしょうか、高度成長期のなんとも言えない雰囲気がいいですよね。
ツバサが産まれる前の作品ですが、お洒落感が素敵。
女性は女性らしく、男性は男性らしく、今ではあまり見られない感じが、別世界のようで、見ていて楽しいです。

七分袖のフンワリしたブラウスに、ギャザーのロング丈のスカートに細身のハイヒール、そしてハンドバッグ。
50年代ファッションに身を包んだ若尾文子さんが可愛い。
どこかアメリカの匂いがするのも時代ですよね。ファッションやインテリア、当時の文化や風俗を見るだけでも価値のある作品だと思います。

内容的には、少女小説の母娘物って感じで、ありがちだし、特に深いわけではありませんが、ヒロインの元気ハツラツで、言いたい事は父親にでも意見したり、自分の事は自分で決めるなんて性格は、当時の日本人女性には、考えられない事だったと思います。とても先を行った女性像なんじゃないかな。
金持ちの御曹司の広岡(川崎敬三)、高校の恩師の二見先生(菅原謙二)との恋の三角関係もあったりして、青春物として軽く見られるのも魅力です。

青空さん、おはよーう!なんて空に向かって挨拶する女子が今時いますか?キャンディキャンディの世界ですよ。
それでも、何となく、爽やかな気分になります。
昭和を懐かしむも良し、昭和を知らない世代は、その魅力を知るも良し、見て損はないと思います。
とにかく、若尾文子さんが可愛い。その一言。
若かりし日のミヤコ蝶々さんが女中役で出演されていますが、これがまた良い味出しています。
オススメ。

iPhoneから送信

2014年度制作、シン・ジェヨン監督。

ソウル市内で、謎の連続失踪事件が発生します。
警察の捜査も虚しく、犯人の正体をつかむことが出来ません。
耳が不自由な妹スジョン(キム・セロン)と暮らすヨンソ(チョン・ユミ)は、妹に1人で外出しないように注意します。
ある日、姉の帰宅が遅いことを心配したスジョンは、姉を迎えにバス停まで向かう途中で失踪します。
ヨンソは、必死に妹を探しますが‥‥‥。


簡単に言うと、殺人鬼が道を歩いている被害者を、マンホールから地下へ引きずり込むっていう話です。
妹を拐われた姉が、同じく娘を拐われた元刑事のタクシー運転手と共に、犯人を追う。
サスペンスではなく、完全にホラーとして見た方が良いと思います。
サスペンスとして見てしまうと、いろんなアラが目につきます。説明が足らず、分かりにくいところもあるので、答えを要求してはダメです(笑)
ホラーとしてハラハラしながら見る映画かな。
道を歩いていて、突然、マンホールから引きずり込まれる。これだけでも、凄く怖い。
その怖さを感じるホラー映画!でいいと思います。


韓国サスペンスは、非常にクオリティの高い作品が多いので、そういう目で見てはダメダメ。
とにかく、マンホールが怖い!でお願いします。(笑)
それから、人の言うことは聞け!でお願いします。
スジョンが姉の言うことを聞いて、大人しく留守番していたら、事件に巻き込まれることもなかったわけで、ホラー映画にありがちな我の強い言うことを聞かないヒロインもお約束通り。
本当に人の言うことは聞け!です。


大きくなって、最近では大人の役も演じるようになった天才子役と言われたキム・セロンちゃんや、犯人役で、なんとチョン・ギョンホ氏が出演。
犯人見てて、えらくイケメンやなー、爽やかな犯人やなー、誰やったっけ?とか思ってて、最後の最後で、あっ!と思い出したツバサ。
それだけ意外な配役でしたよ。


それにしても、韓国警察をまたしてもダメ警察として描いているのがすごい。いくらなんでも、ここまで酷くないと思うのですが。
とにかく、何の活躍もしていないのが逆に不自然。これだけ人の失踪が続いているのだから、もっと捜査すると思うのですが、出てくる警官達が頼りない。
いやいや、馬鹿にしすぎでしょうと冷や汗かいたツバサでした。


ホラー好きの心の広い方にオススメです。
ツバサは、この手のタイプ、いわゆるツッコミどころ満載の映画、好きです。(笑)



iPhoneから送信


iPhoneから送信

↑このページのトップヘ