2008年05月07日

埠頭を渡る風

94698c79.jpg確か、こんな歌がユーミンにあったような気がするのですが、昨日は連休最後の日、家人とクルマで勝どきにある埠頭に出掛けて行きました。それと言うのが、愛犬ココのアトピーに潮風が効果的という話を聞いたからで、久し振りにクルマも動かそうということもあり出掛けて行ったのであります。連休最終日の好天気なので、行楽地は凄い人出と読み、まず自宅から海が見える一番近い場所を調べるために東京の地図を開きました。

そして、浜離宮の向こうは海だからと、浜離宮を目指して出掛けて行き、庭園の杜を右に見て道なりに行くと築地市場となり、その先を右に折れると勝鬨橋、橋を渡って海に向かい更に右折、そのまま進んで行くと、埠頭の突端に着きました。そこにクルマを停めると、すぐその横には東海大学海洋部の練習船が停泊しておりました。

クルマからココを降ろすと、ココは大喜び。グイグイとリードを引っ張り、埠頭を走り出さんばかりに歩いて行きます。海の向こうにはレインボーブリッジ、お台場のビル群もよく見えました。ここで1時間あまり、埠頭を駆けたり歩いたり、ココを主役に潮風と太陽をたっぷりと浴びて来ました。

帰りには、築地場外市場に寄り、海苔を買い、空いていた店で、夕食の惣菜にするつもりで、マグロと明石タコの刺身、生ウニも購入。ケッコー、お買い得で、量もたっぷり、なかなかの美味でありました。

昨日は、中国の胡錦濤国家主席の来日で、都内は場所によっては騒然とした雰囲気。築地から新橋を通って赤坂見附まで来ると、青山通りには右翼の街宣車がいっぱい。そこで、混雑を避け、遠回りになるのですが青山一丁目方面へ。そして、外苑から新宿、甲州街道に出て、西新宿方面に右折、青梅街道から自宅へと帰って来ました。ココと埠頭を駆けたせいか、ほど好い疲れで、気持ちのいい1日でした。

4日の午後は、芝居見物、5日は自宅の大掃除をし善福寺川河畔を家人とココ散歩、そして、昨日は勝どきドライブ。ギャラリー工【こう】も休みだったので、まずまずの連休でありました。

・本日の、 粗歌一首。

勝どきで潮風の中陽を浴びて愛犬と共海を愉しむ

・駄句一句。

胡錦濤主席来日皐月晴

(*漢詩ではありません、俳句のつもりです。この日の五月晴れのように、
問題山積みの日中が良い方向に向かいますように、願いを込めて。
全部、漢字というだけがミソの駄句です)

yokocho_do at 10:47│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔