■Blog 横浜刹那主義>

2018年01月26日

はい。岩崎龍一氏へ、お返事します。

「サッカーコラム」2年連続で起きたバンディエラの流出 横浜Mから伝わってくる非情なドライさ

サポーターに投げ掛けた最後の方のこの一文。

以下引用=========
人一倍のクラブ愛を持った中村俊輔、斎藤学を筆頭に、多くの選手が苦渋の思いで別れを告げなければいけなかったトリコロールのユニホーム。彼らを簡単にサポーターは「裏切り者」といえるのだろうか。
===============

一サポーターの俺が、その問いかけに、一サポーターとして答えますよ。


一年前、俊輔の事を裏切り者と言っていたサポ仲間はいないし、
マリノス系のネット掲示板や、SNSなどでも、あまり記憶にない。

さて、齋藤学だが。
筆者は、「簡単に」と言っているが、簡単にを付けた意図がわからない。

簡単になんて言ってないし、
また、ある意味では、簡単な話だとも言える。


気持ちの上では、複雑だ。
複雑は簡単の反意語だから、簡単になんて言ってないってことになる。

しかし、「裏切りなのかな?裏切りじゃないのかな?難しいな」
とは思わない。
「裏切られた」との思い。そしてそう感じる確かな要因がある。
裏切られたかどうかは、難解な命題ではない。
自明だ。
つまりは、簡単だ。

これでいいかい?岩崎龍一氏。






Edit | Delet | UP▲
Posted by りんじ at 19:16│Comments(0)横浜F・マリノス

 
この記事へのコメント