2018年03月13日

鶴見区で住まい造りが始まりました




建築工事は高所作業が伴うため

墜落転落事故などの大事故と隣り合わせで

工事を行っています。


横浜市鶴見区で家づくり






墜落転落事故が起きると命に係わる

大事故になるケースが多いため、

墜落転落事故の防止がとても大切です。


横浜市鶴見区で家づくり


横浜市鶴見区で家づくり


横浜市鶴見区で家づくり






2階の作業中に墜落転落防止のために

梁の設置は1階から行います。

転落防止用の安全ネットを張り万が一の時に備えます。

安全ネットを張ったところ以外は2階での作業は禁止です。





基本は安全帯の使用ですが

実際、2階の作業中は安全帯の使用が

かなり難しいようです。





2階の床を貼り敷き詰める間まで

安全ネットに頼らざるを得ないのが現状のようです。





脚立からの転落事故も防ぎます。


20180313_5





脚立の使用方法の間違いが

事故につながるケースが多いようです。

適切な脚立の使用方法を大工さんたちにも伝え続けます。




先行足場や床合板の先行工事により、

墜落転落事故は大幅に減ったようですが

私たちは墜落転落事故0を目指します。





大工さん、職人さんたちの事故を防ぐことは、

彼らの幸せであり、彼らの家族の幸せ。

現場を管理監督している社員さんの幸せ。

そして、私たちに大切な夢のマイホームを

託してくれたお客様の幸せにつながると信じています。





人気blogランキング登録してます。

応援クリックお願いします。










Posted by yokohama51 at 09:35│Comments(0) 注文住宅