FACTORY900 YOKOHAMA BASE

by 山下眼鏡店

カテゴリ: FACTORY900 RETRO

こんばんはスタッフ氏原です

さて!FACTORY900 RETROの新作が今月も入ってきておりますよ~。1ヶ月、早い…!

RF-053とRF-054の2モデルが届きまして、本日はRF-053を全カラー掲載しますね。

▼col.001(黒)…ブリッジ:マットゴールド
001_c
001_f
001_s

▼col.084(黒ツートン)…マットシルバー
084_c
084_f
084_s

▼col.132(濃茶柄)…ブリッジ:マットシルバー
132_c
132_f
132_s

▼col.133(明茶柄)…ブリッジ:マットゴールド
133_c
133_f
133_s

▼col.165(バラフツートン)…ブリッジ:マットシルバー
165_c
165_f
165_s

はい!
以上、全5色 只今YOKOHAMA BASEは全色ございます♥

RF-053
コンビフレームのRF-050シリーズにしっかりとした生地厚&メタルブリッジが太くなって新登場!という印象のRF-053です。

RF-050RF-051RF-052も細身でシュッとした印象だったので、今回のRF-053は「生地厚しっかりの方が好き」派閥の方には待望のコンビフレームなのでは~!?
atumi
前側のカット面も入れた厚みを測ったところ、最大厚10mmでした。あら厚いですね~

また、リムの側面はレンズ中央に向かって傾斜がついています。これによりこの生地厚でも重たい印象にはならないK.U.F.U.(工夫)設計。
koko
▲特にここ(上画像参照)の傾斜がえげつなくて見所です!

太くなったリムに合わせブリッジも太めに。
メタルがマットなことにより、この太さでもスッと馴染んでくれますね~バランスが良い~
hana
私はキーホールブリッジサポーターなんですが(なにそれ)(多少W杯の影響を受けています!)
奥行を感じられるキーホールカット!そして異素材の融合!なところが新鮮でとってもグッドに感じております。すこ~

という、RF-053です。

■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  

ブランド名
:FACTORY900 RETRO
      ( ファクトリー900レトロ ) 
モ デ ル
:RF-053
サ イ ズ
:46ロ22-150

カ ー ブ:4カーブ設計
    価     格   
¥45,360-
           
( 税込み / レンズ代別途 )


■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■ 

RF-054のご紹介はまた後日~


秘密基地ア(↑)コガレ
FACTORY900 YOKOHAMA BASE

電話 045-633-2103
メール:yokohama_base@outlook.jp
住所:神奈川県横浜市中区住吉町5-57
   馬車道会館ビル2F
   みなとみらい線馬車道駅からの画像付きナビはコチラ
   ⇒JR関内駅からの画像付きナビはコチラ
営業時間 :月~土 11:00-19:00
      日・祝日 10:00-18:00
定休日:水曜日

Instagramhttps://www.instagram.com/900yokohama/ 
mixiチェック

こんばんはスタッフ氏原です

先日、RF-070を全色掲載いたしましたので、本日はRF-071の番です!
RF-071

それでは、さっそくいってみましょっ

▼col.001(黒)
001_c
001_f
001_s

▼col.159(バラフ)
159_c
159_f
159_s

▼col.(明茶柄ツートン)
220_c
220_f
220_s

▼col.667(バラフイエローツートン)
667_c
667_f
667_s

▼col.880(キハク) 
880_c
880_f
880_s

RF-071も全5色を全て入荷しております~
all

兄弟型のRF-070とどんな感じに違うのか?
隣り合わせて比べてみました▼
hikaku
ふむ!

RF-070は
・クラウンパント
・まるっとしたレンズシェイプ

RF-071は
・多角形ボストン
・ボストンらしい角の取れた逆三角系レンズシェイプ

という印象ですかねー

コロコロしている方がRF-070で
カクカクしている方がRF-071という認識

なおサイズ感は若干RF-071の方が大きいです。

文章で読んでも「ほーん…」という感想だと思うので
私の語彙力がカスッカスなせいで!
実際店頭でお試しいただくのが一番です!

ご来店のお待ちしております~

    ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■   

ブランド名
:FACTORY900 RETRO
      ( ファクトリー900レトロ ) 
モ デ ル
:RF-071
サ イ ズ
:47ロ23-150

カ ー ブ:4カーブ設計
    価     格   
¥37,800-
           
( 税込み / レンズ代別途 )


  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■ 


秘密基地みたいな
FACTORY900 YOKOHAMA BASE

電話 045-633-2103
メール:yokohama_base@outlook.jp
住所:神奈川県横浜市中区住吉町5-57
   馬車道会館ビル2F
   みなとみらい線馬車道駅からの画像付きナビはコチラ
   ⇒JR関内駅からの画像付きナビはコチラ
営業時間 :月~土 11:00-19:00
      日・祝日 10:00-18:00
定休日:水曜日

Instagramhttps://www.instagram.com/900yokohama/


mixiチェック

こんばんはスタッフ氏原です

先月の展示会で発表されたFACTORY900 RETROの新作フレームが入荷されました。
hikaku_
RF-070とRF-071の2モデル同時に入荷!

本日のブログでは、RF-070の方をズラッと掲載していきます。
さっそく行ってみよ!

▼col.001(黒)
070_001_c
070_001_f
070_001_s

▼col.159(バラフ)
070_159_c
070_159_f
070_159_s

▼col.219(茶柄ツートン)
070_219_c
070_219_f
070_219_s

▼col.289(ピンクバラフツートン)
070_289_c
070_289_f
070_289_s

▼col.880(キハク)
070_880_c
070_880_f
070_880_s

以上の全5色を今なら全てご覧いただけますよ~
all

FACTORY900 RETROのが出来た当時、
RETRO FUTURE BY 900だった頃のようなしっかりとした厚みのある生地。

無骨フレームフェチの方は「これこれぇ!」と前のめりになって言いたくなる重厚感を存分に感じていただけるかと!!

しかし!

テンプルの厚みが薄くなっていたり、フロント裏側がえぐれるようにカットされていたりと、よーく見ると軽量化のためのK.U.F.U.(工夫)が施されています。
RF-070
↑その工夫が伝わらない写真…!!!

言わば、バージョンアップされた重厚感。

昔と今でどのように掛け心地が変わったのか?バージョンの違いを店内で是非ご体感くださいませ。

■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  

ブランド名
:FACTORY900 RETRO
      ( ファクトリー900レトロ ) 
モ デ ル
:RF-070
サ イ ズ
:45ロ24-150

カ ー ブ:4カーブ設計
    価     格   
¥37,800-
           
( 税込み / レンズ代別途 )


■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  


RF-071についてはまた後日のブログにて~!


秘密基地のような
FACTORY900 YOKOHAMA BASE

電話 045-633-2103
メール:yokohama_base@outlook.jp
住所:神奈川県横浜市中区住吉町5-57
   馬車道会館ビル2F
   みなとみらい線馬車道駅からの画像付きナビはコチラ
   ⇒JR関内駅からの画像付きナビはコチラ
営業時間 :月~土 11:00-19:00
      日・祝日 10:00-18:00
定休日:水曜日

Instagramhttps://www.instagram.com/900yokohama/


mixiチェック

FACTORY900 YOKOHAMA BASEの山下です

前々回、自分の顔立ちにあうFACTORY900とは???
というテーマで、「自分の顔立ちを知る」こととお伝えしましたが、

第3回目の本日は、、、

今まで大文字のFACTORY900を掛けていた方が、RETROシリーズを掛ける際に
自分に似合うものは、どのモデルが良いか迷ってしまう場合があります。
初めてレトロで当然、見慣れていないこともありますが・・・

まずは、下の画像を見比べてどちらが大きいと思いますか
似たデザインですが、左の画像は、RETROの「RF-015」で、
右の画像はRETROの
「RF-050」です。 
0728

実は、この2モデルは両方とも、レンズの最大横幅
サイズ47mmで、鼻幅23mmで同じなんです。

しかし、先日、新作のRETROシリーズ「RFー050」を試着したお客様が

その次に「RF-015」を試着されたら、「RFー050」の方が、見た目大きいような気がしたんです。


『どうしてだと思いますか




それは、「鼻筋の太さ」が関係しています。

たまたま、それを掛けたお客様の鼻骨の付け根が細めだったので、
金属のブリッジだと少し華奢にみえて全体的な大きさは、大きく見えたのです。

でも、結局その方は、お顔の幅からも考慮してみると「RFー030」が
ピッタリだったというオチなのですが。。。

お鼻は高くても鼻骨の付け根部分が、細めの方は、
「RF-015」で、
鼻骨の付け根部分が、太めの方は、「RFー050」をおすすめしたいと思っています。

が、しかし、もともと、RETROシリーズは、海外で非常に人気が高いようなので、
骨格がしっかりしている西洋人は、「RF-015」で、鼻筋の細いアジア人は、金属の鼻足部分が調整可能な「RFー050」が向いているのかなと思っていたのですが、一概に言えないようです。

やっぱり、メガネって奥が深いですよねぇ~~




秘密の何かがある『FACTORY900 YOKOHAMA BASE(秘密基地)』への
ご来店心よりお待ち申し上げております。

TEL: 045-633-2103
住所:神奈川県横浜市中区住吉町5-57
   馬車道会館ビル2F

   関内駅からの画像付きナビはコチラ

営業時間 :月~土 11:00-19:00
      日・祝日 10:00-18:00
定休日:水曜日


mixiチェック

↑このページのトップヘ