私は7年前にレイプされ男性恐怖症になりました。(めいこさん)

相談内容

私は7年前にレイプされ男性恐怖症になりました。今でも治ってなくて知らない男性と同じ空間にいる事に耐えれません。その時から精神不安定になり、急に泣いたり、息苦しくなったり、不安になったり、怖くなったりします。
吐き気もたまにあり、めまいもあります。
今でも続いていて、軽い時はすぐにおさまるのですが、ひどい時は当時の事を思い出したりします。その時は友達でさえ知らない人のように見えてしまいます。


最近は不眠症になり寝ようとすると不安になったり怖くなったりして寝れません。
友達が横にいてくれるとたまに安心して寝れた事がありました。
七年前からリストカットをしていて最初は苦しんでる事に気づいてほしくて切っていました。
そして一時期辞めれたのですが1年前から再発してしまい今回は不安定になった時に気付いたら切ってる感じで自分で止められません。


4年前から旦那と同棲し結婚して2年経ちますが、同棲していた時からDVがあります。
最近、日常的になって来ていてそのせいか、よくレイプされた事を思い出します。
自分ではPTSDじゃないかと思うのですが、それ以外の病気もあるのでしょうか?
病院に行くのに今でも抵抗があり踏み出せないのですが、自分がどんな病気なのか分かれば少し向き合えるような気がします。よろしくお願いします。
お答え

始めまして、“めいこ”さん。こんにちは。
疑問質問へのお問い合わせをいただき、ありがとうございます。
7年前にレイプされて男性に恐怖を感じているとのこと、きっと想像以上に辛く悔しい思いや悲しい気持ちなどでいっぱいだったのではないかとお察しいたします。


今も尚、様々な症状や不安に苦しんでいらっしゃることも、ご結婚され、ご主人からDVを受けているとのことですから、不安と恐怖の中で、心の休まらない日々を送られているのではないでしょうか。


睡眠もとれず、気付いたらリストカットをしている状態とおっしゃっていることからも、“めいこ”さんの心も身体も、もういっぱいいっぱいで、悲鳴をあげているのではないかと感じます。
詳しいお話を伺ってみないと、何も判断することは出来かねますが、“めいこ”さんは、とても責任感の強い、努力家なのではないでしょうか?


そのような辛い中で、勇気を出してお問い合わせいただいたことも、自分がどんな病気なのかを理解して、自分自身と向き合っていこうとお考えになっていることからも、“めいこ”さんが、この苦しさをなんとか乗り越えていきたいと懸命に前向きに考えていらっしゃる様子が伝わってまいります。


しかしながら、この“めいこ”さんの前向きなお考えが、もう限界を超えている状態のいま、“なんとかしなければいけない。”と、さらに追い詰めることになっているようにも感じます。
この状況を身近なご家族やお知り合いなど、信頼できる方にはご相談されていますか?


恐怖や不安など、お一人で抱えていては、なかなか消えることも解決することも難しく、考えれば考えるほどよくないことばかり膨らんでしまうことも考えられます。
どなたかに、お話され、心に溜まっているものを吐き出し、お気持を整理していくことも大切なのではないでしょうか。
心の休まらないところで、眠っていられないことも無理もないことかと思われます。また、一番近くにいらっしゃるご主人にお気持や思いを理解してほしいと思っても、伝わらないもどかしさや、淋しいお気持など、もう溢れ出してしまって止められない状態なのかもしれませんね。
身近な方では、難しいような環境でしたら、やはり専門家へのご相談をお薦めします。
そして、DVについては、公共の専門窓口もあります。他にも心の専門家にお話をきいてもらうことも一つの方法です。色々とご事情はおありかと思われますが、場合によっては命にも関わる問題に発展するケースもあります。自分だけで解決しなければいけない。とお考えなのであれば、どうぞ、誰かにお話してください。

また、PTSDなのではないか?とのご質問ですが、当所は医療機関でないため、診断することは出来ません。
とはいえ、該当する症状などは多々見受けられることから、医療機関でそのように診断されることは、充分に考えられるかと思われます。
当所には、PTSDと診断された方や、そうではないか?と不安に思われている方など多々お越しいただいています。


皆様それぞれ、状況も症状もお一人お一人異なりますが、思い出したくないのに、思い出し、そのたびその時に戻ってしまったような感覚になり、怖くて不安で耐えられないこと、
様々な症状が表れて苦しんでいたり、どうしたらいいのかわからなくなってパニックを起してしまうなど、思い出すことへの不安と恐怖を常に抱えて緊張状態で来られます。


この記憶が無ければ怖くなることもないので消してください。と、言われることもありますが、体験した過去を、無かったことにすることは残念ながら不可能なのです。
たとえ、一時的に忘れることが可能でも、いつ思い出すかわからず、この思い出したことにより、更に衝撃や恐怖を大きく感じ、苦しくなってしまう危険性があるため、当所では、忘れるようにと薦めることはしておりません。
今のご自身の心や身体を、少しずつ楽にしていくことで、自信と余裕を取り戻していただくように導くことや、もし、思い出してもあのときはとても辛かった。など、過去の出来事の一部として受け入れ、今、心から考えたいことを考え、今、したいことを積み重ねていけることを目標に、サポートをさせていただいております。
当所でも、お越しいただき、もう少し詳しくお聞かせいただくことで、何か“めいこ”さんのお力になれると思います。
初回のご相談は一時間無料で行っておりますので、もし、お越しいただく際は、ご予約願います。
2011年04月06日掲載 | このページの先頭へ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yokohama_shinri/52782616

疑問・質問はこちらから

只今大変多数の疑問質問をお寄せいただいており、回答にお時間が掛かっております。
お急ぎの方は、初回相談は一時間無料となっておりますので、直接当所までお越し頂きますよう、よろしくお願いします。


            
ハンドルネーム
(ペンネーム)
(必須)

※HP上に公開しても良いお名前をご記入ください。
性別 男性 女性
お住まい
(必須)
疑問・質問
(必須)
 
※こちらからお寄せ頂いた疑問・質問は、HP上にて回答させて頂きます。
※こちらのフォームは携帯未対応となっておりますので、携帯からお問い合せの際は、info@yokohama-shinri.comまでメールでお寄せ下さい。

より詳しいご相談はこちらから

ひとりで悩んでいませんか?悩んでいてもなかなかよい解決方法はは見つからないものです。少しだけ勇気を出して、専門家とお話しすることから始めてみませんか?