最近では練習のノックでも投げるのが怖く変な送球になったりします。(やきゅうさん)

相談内容

僕は15歳です。小5の時からイップスで小学生の時はセカンドで切り抜けてきたんですか、中学ではサードをしています最近では練習のノックでも投げるのが怖く変な送球になったりします。治れば楽しくプレーができるのにそのせいで最近ひじがいたくなってきました
お答え

始めまして、“やきゅう”さん、こんにちは。
この度は、お問い合わせいただいて、ありがとうございます。

さっそくですが、小学生のころから、イップスの症状があったとのこと、好きな野球が思うようにできなくてとても苦しかったでしょうね。
それでも、中学生になり、やはり『野球がやりたい!』という思いで続けられているところや、ハンドルネームなどからも、本当に“やきゅう”さんは、野球が大好きなのだ!というお気持ちがこちらにもまっすぐに伝わってきました。

ところで、小学生の時はセカンドで切り抜けてきた、とありますが、元々のポジションは今いるサードのポジションだったのでしょうか?
詳しくお話を伺ってみないと判断が難しいのですが、セカンドとサードのポジションでは、投げる距離や向き(姿勢)などが多々異なるかと思われます。
セカンドの時は切り抜けていて、サードでは変な送球になってしまうということは、遠い距離に思いっきり投げるときに症状が表れてしまうように感じますがいかがでしょうか?
同時に、“やきゅう”さんは、近い距離の方がリラックスして投げやすい状態なのではないでしょうか。
また、ひじが痛くなってきているとのことですから、もしかしたら、思いっきり投げる遠い距離への送球のとき、“やきゅう”さん自身がイメージしているよりも、腕の一部に強い力が入ってしまい、その結果、ひじを痛めているような状態も考えられます。

ご自身では、それほど力を入れている感覚がないのに、無意識に?ということも考えられます。もしかしたら、『しっかり投げなきゃいけない』『失敗するわけにはいかない』などの強い思いが、心と体を緊張状態にしてしまい、筋肉が硬化を起こしているかもしれません。そのため、思うようにスムーズに動きづらくなって、強引に動かすことで部分的に傷めてしまうケースも多々あります。

また、このような失敗への不安から、無意識に前傾姿勢になっていたり、身体が開いてしまい、本来の送球フォームが崩れてしまっている可能性もあります。

失敗したくないキモチは、勿論どんな選手でも当然ある不安なので、不安を無理やりなくすという方法はなかなか難しく、むしろ不自然な状態をつくりかねません。
そのような場合は、誰にでもあるその不安を、自分もあってOK.なのだ!と、許してあげることが大切なのではないかと感じます。
それによって、不安があっても大丈夫!な自分へと成長していき、その時の自分のしたい!と思い描くプレーのイメージが生まれ、イメージ通りのパフォーマンス(動き)へと繋がっていくものかと思われます。

とはいえ、心も頭もいっぱいいっぱいで余裕のない状態では、頭でわかっていてもなかなか難しいと感じられることも無理もないことかもしれません。

“やきゅう”さんは今、このように悩んでいることや、ひじが痛いことを、どなたかに相談されていますか?
当所にお越しいただく野球部員の方から、よく、『故障している。どこかが痛い!ということを知られるわけにはいかない。』『そんなことが知られたら試合に出してもらえない』『親には心配や迷惑をかけるわけにはいかない』などとお聴きすることがあります。


実は、『隠さなきゃいけない』という状態も、非常に心や体に負担をかけてしまい、休めることで本来の力を発揮できるものが、休めないが故にもっと大きな故障に繋がってしまうことも多々お見受けします。
状態が詳しくわかりませんが、“ひじを休める勇気”も、大好きな野球を続ける上でとても大切なことかと思われます。

もしも、おひとりで悩んでいらっしゃるようでしたら、まずは信頼できる方に、今の“やきゅう”さんの状態をお話してみることから始めてみませんか?
ご家族の方や、コーチ、監督や…初めはお友達など、どなたがお話しやすいでしょうか?
そして、今なんとかしたいけれど、なかなか思うようにいかず辛いのだということも、お伝えすることで、抱えている胸の苦しさが吐き出されるだけでも、心が軽くなっていくことに繋がっていくのではないでしょうか?

どうしても状況が変わらず、どうにもならない場合、専門家へのご相談なども方法のひとつになります。
遠方にはなりますが、当所においても、万一お越しいただく機会があればお力になれると思います。その際は、ご家族とご相談くださいね。
2012年06月22日掲載 | このページの先頭へ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yokohama_shinri/52966740

疑問・質問はこちらから

只今大変多数の疑問質問をお寄せいただいており、回答にお時間が掛かっております。
お急ぎの方は、初回相談は一時間無料となっておりますので、直接当所までお越し頂きますよう、よろしくお願いします。


            
ハンドルネーム
(ペンネーム)
(必須)

※HP上に公開しても良いお名前をご記入ください。
性別 男性 女性
お住まい
(必須)
疑問・質問
(必須)
 
※こちらからお寄せ頂いた疑問・質問は、HP上にて回答させて頂きます。
※こちらのフォームは携帯未対応となっておりますので、携帯からお問い合せの際は、info@yokohama-shinri.comまでメールでお寄せ下さい。

より詳しいご相談はこちらから

ひとりで悩んでいませんか?悩んでいてもなかなかよい解決方法はは見つからないものです。少しだけ勇気を出して、専門家とお話しすることから始めてみませんか?