横浜で働く美容外科院長の美容整形ここだけの話

2015年01月17日

刺青を消したい 2015年


ブログ移転しました。

http://yokohamabiyou.com/blog/tattoo/20150119890

よろしくお願いします。




 今回は刺青除去の症例のご紹介です。

刺青切除の場合、ある程度大きなものは分割して行いますが、
今まで1回目、2回目で途中になっていた症例が続々完了しましたので、
その中のいくつかの症例をご紹介いたします。

術前1回目術後









 以前にもご紹介しましたが、リング状の絵柄で中央は抜けているのですが、
リング状には切除しないで、直線的に切除しています。
この方が傷跡としては自然だからです。

2回目術後







2回目の術後1週間目です。

これで終了です。刺青は完璧に無くなりました。


次の写真は胸の比較的大きな刺青切除の症例です。
3回に分割して行いました。

術前1回目術後









術前と1回目の術後1週間目の写真です。


2回目術後3回目術後









2回目の術後1週間目と3回目の術後1週間目です。

刺青の絵柄上横軸方向に切除したため、写真では分かりませんが
左側の乳首の上方に上がっているそうです。
ツッパリ感が無くなるにつれ、少しずつ元の位置に戻っていくはずです。


術前術後









腰の刺青切除の術前と1回目の術後1週間目です。
刺青の絵柄としては定番の蝶々です。

2回目術後







2回目の術後1週間目です。


以前にも何度かご紹介していますが、蝶々のような絵柄に対しては
傷も短く、回数も少なくて済む十字切除がよいと思います。


刺青切除を希望される患者さんは相変わらず非常に多いです。

今後も機会がある度、ご紹介していくつもりです。


横浜美容クリニック(美容外科) 横浜美容クリニック(美容皮膚科)

2014年12月21日

脚を細くしたい 2


ブログ移転しました。

http://yokohamabiyou.com/blog/lipolysis/20141221845

よろしくお願いします。



 太ももの脂肪溶解注射の場合、外側への注射が効果的であることは前回お話ししました。

でも、もちろん内側、外側両方に注射すれば、もっと細くなるのは当たり前ですね。
今回は、内外両方に注射した症例をご紹介します。

LP(大腿内外)モニター前LP(大腿内外)モニター後
















 上は太もも内外両方への脂肪溶解注射の注射前と3カ月後の写真です。

元々太い太ももではないですげ、それでも内側も外側も細くなっているのが
お分かり頂けると思います。


LP(大腿)1前(後)LP(大腿)1後(後)











この方も太もも内外両方に注射しているのですが、特に外側の変化が著しいですね。

決して脂肪吸引の術前術後ではありませんよ。


太もも前(後)2太もも後(後)2
















 この方の写真も太もも内外の脂肪溶解注射の注射前、注射3カ月後です。
外側の変化も大きいですが、確かに内ももに隙間が出来ていますね。

しつこいですが脂肪吸引の術前術後ではありません。

太もも前(左) (2)太もも後(左) (2)
















 前回もお話ししましたが、太もも外側の変化は斜め後ろから見ると分かり易いです。


脂肪溶解注射の場合、効果が現れるまで最低3カ月はかかりますので、
薄着になる時期までに細くしたい方は、今のうちに行うのがベストです。


横浜美容クリニック(美容外科) 横浜美容クリニック(美容皮膚科)

yokohamabiyou at 10:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!脂肪溶解注射 

2014年12月18日

脚を細くしたい


ブログ移転しました。

http://yokohamabiyou.com/blog/lipolysis/20141218840

よろしくお願いします。



 注射だけで簡単に細くなれる「脂肪溶解注射」。
今回はその脂肪溶解注射についてのお話です。

部位で最も多いのがお腹、次に多いのが太ももです。
ただし、それぞれの部位で希望される年齢層が異なります。
お腹は40代以降の年齢層、太ももは20代〜30代に集中します。

今回は若い年齢層に人気のある太ももの脂肪溶解注射について、
実際に症例をご紹介しながらご説明しましょう。

太ももで皆さんが気になさる部位は内側です。
「両太もも内側がくっついてしまうので、隙間を作りたい」
「太もも内側のタプタプが気になる」など・・・

でも、実際に太もも内側の隙間が開いている方は極わずかで、かなり痩せている方です。

意外に思われるかもしれませんが、内側よりも外側を細くした方が、
太ももは細く見えやすいです。


前・後ろ後・後ろ
















 太もも外側の脂肪溶解注射の注射前と注射3カ月後の写真です。

水着から外側にボヨン、とはみ出る部分が小さくなっています。



前・斜め後ろ後・斜め後ろ
















 斜め後ろから見ると、外側が細くなっているのがより分かり易くなると思います。

外側に4本ずつ3回注射しただけでこの違いです。
脂肪吸引の手術と違って、患者さんの身体に対する負担はずっと少ないですし、
施術を行う方(私ですが)もずっと楽です。注射するだけですから・・


1回たった5分の注射だけで脚が細くなるなんて、良いとは思いませんか?

次回も太ももの脂肪溶解注射をご紹介します。


横浜美容クリニック(美容外科) 横浜美容クリニック(美容皮膚科)

yokohamabiyou at 17:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!脂肪溶解注射 

2014年12月13日

耳たぶが裂けてしまった!


ブログ移転しました。

http://yokohamabiyou.com/blog/ear/20141213863

よろしくお願いします。



 「耳垂裂」って何の事だかお分かりでしょうか?

耳たぶが縦に裂けた状態です。

耳垂裂モニター











生まれつきの場合もありますが、ピアスによって縦に耳たぶが裂けてしまう場合が
ほとんどです。
ピアスの穴が下過ぎたり、重くて大きなピアスを着けることによって起こります。
意外に耳垂裂の患者さんは多い事がわかりました。

当院でも、かなりの数の患者さんの耳垂裂形成術を行ってきました。

耳垂裂形成術とは、耳たぶの裂けた部分をきれいにして、縫い寄せる手術です。
局所麻酔で行い、片耳で約10分ほどで終了します。
1週間後に抜糸します。


それでは、実際の症例をご紹介しましょう。

術前術後










 耳垂裂形成術の術前と1週間後の抜糸直後の写真です。

 この方の耳垂裂はピアスの穴が下すぎたのが原因です。


術前抜糸後









 耳垂裂形成術の術前と1週間後の抜糸直後の写真です。

 この方の耳垂裂は、重すぎるピアスを着けていたため穴が徐々に下の方に広がり、
 最終的に裂けてしまった例です。

術後








術後1カ月目の写真です。

傷はまだまだ今後目立たなくなり、最終的にはほとんどわからなくなります。


意外に多い「耳垂裂」で悩んでいる方。
きれいに治す方法がありますよ!


横浜美容クリニック(美容外科) 横浜美容クリニック(美容皮膚科)

yokohamabiyou at 12:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! 

2014年11月30日

刺青を消したい


ブログ移転しました。

http://yokohamabiyou.com/blog/tattoo/20141130829

よろしくお願いします。



 本日も刺青除去のご紹介を。


術前術後









何故か多い耳の後ろの刺青。術前と術後1週間目の写真です。

この部位は皮膚の伸展性が悪いので、これ以上の大きさですと、1回の手術では
難しいです。


術前術後









上の写真は肘下の刺青切除の症例です。術前と1回目の術後1週間目です。
何度かレーザー治療を試みたけど完全に取れなくて、当院にいらっしゃいました。

写真を見ると多少は薄くなっていますが、刺青である事は明らかにわかります。
刺青の治療で、少しでも刺青の形跡が残っていては、全く治療の意味が無いのです。
完全に刺青を無くすには、切除法が一番です。
ただし、大き過ぎる刺青に対しては、または部位によっては不可能な場合もあります。


次の方は腰の刺青切除の症例ですが、珍しく縦軸方向の刺青です。

術前術後2










 刺青切除の術前と1回目の術後1週間目の写真です。
比較的大きな刺青なので、2回に分割して取り除く予定です。

綺麗な刺青ですね。やはり花と蝶々は絵柄としては定番ですね。

でも、刺青があると不自由な思いをすることが多いので、
やはり無くした方が絶対に良いですね。


横浜美容クリニック(美容外科) 横浜美容クリニック(美容皮膚科)

2014年11月27日

刺青を消したい


ブログ移転しました。

http://yokohamabiyou.com/blog/tattoo/20141127823

よろしくお願いします。



 今回は様々な部位の刺青除去の症例をご紹介しましょう。

最初の症例は、意外に少ない太ももの症例です。
太ももは表面積が大きいので、様々な絵柄の刺青を入れることが可能なはずですが、
当院では太ももの刺青切除の症例はかなり少ないです。


術前術後









太もも内側の付け根の部分の刺青です。術前と術後1週間目の写真です。

非常にやり難い部位でした。


術前術後









上の写真は以前にもご紹介した事がある症例ですが、
やはり太もも内側付け根の部分の刺青で、術前と2回目の術後1週間目の写真です。


当院で行っている刺青切除の対象者は、ファッションの一部として刺青を入れる
場合がほとんどでしょうから、ちらっと見える部位の方がよいはずです。
だから太ももは少ないのかな・・・


なーんて、勝手な事を思い巡らせている今日この頃です。


横浜美容クリニック(美容外科) 横浜美容クリニック(美容皮膚科)

2014年11月23日

刺青を消したい 背中6


ブログ移転しました。

http://yokohamabiyou.com/blog/tattoo/20141123816

よろしくお願いします。



 この辺で刺青除去の症例をご紹介します。

刺青切除は非常に多いため、時々紹介していかないと、どんどんたまってしまいます。


今回は、当院での刺青除去の症例の中で最も多い背中です。

術前術後









 刺青除去の術前と術後1週間目です。
ワンポイントの刺青ですので、1回で完全に取れました。


術前術後








 背中中央部の刺青切除1回目の術前と術後1週間目です。
中央部は比較的大きな刺青が多いですが、この方も2回目の手術で完了の予定です。


次の症例は背中の肩甲骨部で皮膚の伸展性は良い部位なのですが、
絵柄の問題でリング状に切除するか、直線的に切除するかで悩みました。

結局、リング状の傷跡は不自然なので、直線的に切除することに決めました。

術前術後









 刺青切除の1回目の術前と術後1週間目の写真です。
真ん中の空いた空間も含めて切除するのが何となく勿体ない気がしました。


余談ですが刺青除去を希望される年代は、男性も含めて圧倒的に30代が多いです。
上記3例の方も全て30代です。
結婚、出産、育児、転職等、様々な転機がきっかけになっているのかもしれませんね。


横浜美容クリニック(美容外科) 横浜美容クリニック(美容皮膚科)

2014年11月20日

ヘソピアス 2


ブログ移転しました。

http://yokohamabiyou.com/blog/pierce/20141120808

よろしくお願いします。



 今回もヘソピアスの情報をお届けします。

おへその場合、ピアッサーを使用しての穴開けよりも手作業による穴開けがベスト、
であることは前回お話ししました。

ただし、手作業でどんなに丁寧に穴開けを行っても、破けてしまう事もあります。
何故ならヘソピアスの場合耳のピアスと違って、安静に保つ事が困難だからです。

立ったり座ったりの動作で、常にピアスが上下に動き、ピアスのヘッドが穴を刺激します。
これが繰り返されて、穴と穴との距離が徐々に短くなり、最終的に破けてしまうようです。

破けてしまっても、再度開け直すことはいくらでも可能です。

下の写真は、他院で穴開けを行って破けてしまった後、当院で開け直しをした症例です。


へそピアス モニター2前へそピアス モニター2後









へそピアスモニター3前へそピアスモニター3後









へそピアスモニター8前へそピアスモニター8後









手作業で穴開けを行う際、大事なことは穴と穴との距離を充分取る事、
深いピアスホールを作る事です。


もう一つ大事なことがあります。   ピアス選びです。
穴と穴との距離を充分取るためには、ピアスの軸の長さが短くては駄目です。
ファーストピアスは出来るだけピアスの軸が長い物が理想的です。

img_pic5






上の絵には長さ1.5cm以上、と書いてありますが、
1.2cm以上の長さがあれば、充分な距離を取って開けることが出来ると思います。


ヘソピアスの穴開けは是非当院で!


横浜美容クリニック(美容外科) 横浜美容クリニック(美容皮膚科)

2014年11月16日

へそピアス


ブログ移転しました。

http://yokohamabiyou.com/blog/pierce/20141116795

よろしくお願いします。



 今回はへそピアスの情報を。

今の時期にヘソピアスは時期外れ?・・ではありません。
たしかに夏前はヘソピアスの患者さんが非常に増えますが、何故か他の時期でも(真冬でも)、
へそピアスを開ける患者さんはコンスタントにいらっしゃいます。


ピアス専門店で、あるいはご自分で開ける場合、ピアッサーを使用することが多いですが、
ピアッサーは直線的にトンネルを作るので、穴と穴との距離が短く、
またトンネルの深さも浅いため、日にちの経過と共に皮膚が薄くなり、
最終的には破けてしまうことが多いです。

img_pic3img_pic4








上の図は左がピアッサーを使用して開けた場合、右が18Gの針を使用して
手作業で開けた場合の断面図です。

やはりヘソピアスは、手間がかかりますが手作業が一番!
しかも、ちゃんと麻酔をかけてから行うので、全くの無痛です。
所要時間5分!  ちょちょいのちょい・・・あっという間です。


ヘソピアスモニター4前ヘソピアスモニター4後









ヘソピアスモニター5前ヘソピアスモニター5後









へそピアスモニター6前へそピアスモニター6後









へそピアスモニター7前へそピアスモニター7後









へそピアスモニター9前へそピアスモニター9後









 夏が待ち遠しいですね!


横浜美容クリニック(美容外科) 横浜美容クリニック(美容皮膚科)

2014年11月13日

立ち耳を治したい 2


ブログ移転しました。

http://yokohamabiyou.com/blog/ear/20141113780

よろしくお願いします。



 前回は「立ち耳」について、概略をご説明しましたが、
今回は様々な症例をご紹介しながら、手術について具体的にご説明します。

前回お話ししたように立ち耳の手術は対耳輪の後ろへの折れ曲がりを作ることです。
耳の後ろを数センチ切開して、耳介軟骨に薄く切れ目を入れます。
立ち耳の程度により、切開する長さ、固定する糸の数や強さを調節します。
このさじ加減は経験がものを言います。


O1前 (2)O1後 (2)
















切らないで、糸を埋没させて行う病院もありますが、元に戻り易くなります。


「立ち耳」は耳が大きく見えて、ポニーテールなどの耳を出す髪型が出来ない、
などの見た目だけではなく、後ろの音が聞こえにくい、マスクなどが掛けにくい
、ヘッドホンを着けにくい等の日常生活への支障があるので、
出来れば治しておいた方が断然便利になります。


局所麻酔で行い、左右併せて約1時間で終了します。
3日間テープ固定があり、1週間後に抜糸します。
傷跡は全くわからなくなります。


では、他の症例を正面、側面共にズラズラっとご紹介していきましょう。


O2正前O2前


















O2正後O2後



















上が術前の正面と側面、下が術後の正面と側面の写真です。


O3正前O3前

















O3正後O3後



















同じく、上が術前の正面と側面、下が術後の正面と側面の写真です。


O4正前O4前



















O4正後O4後


















同じく、上が術前の正面と側面、下が術後の正面と側面の写真です。


立ち耳の手術はリスクもほとんど無く、確実に良くなる手術なので、どなたにもお勧めです。

出来るだけ多くの方に気軽に受けていただくため、費用も従来よりかなり安く改訂しました。

立ち耳で気にしている方。 是非当院に!


横浜美容クリニック(美容外科) 横浜美容クリニック(美容皮膚科)

yokohamabiyou at 13:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!