横浜生ハムパラダイスジャストミートの夕暮れ

店主が横浜を愛し生ハムを通したり通さなかったりしながら徒然にそこはかとなく勝手なことを言い放つ独断と偏見によるさわやかブログ

2008年03月

横浜橋 うなぎ 八舟

080326_1255~001080326_1240~001











横浜橋商店街の大通り公園側の入り口近くにある激安のうなぎ屋さん

ショーケースには、美味しそうなうなぎが、並んでいるじゃありませんか!!

テイクアウトもできて、イートインもできます。

080326_1238~002080326_1238~001











うなぎは、静岡県産で、炭火焼!なのに ¥780でうな丼が食べれる!!!

080326_1254~001080326_1243~001












横浜橋で低価格の美味しいうなぎが食べれるわけは、

このお店は静岡にあるうなぎ問屋八木淡水魚株式会社直営店。

安い、うまい、早い、本格炭火焼のうなぎ蒲焼です。

八舟蒲焼 静岡県産とりたての脂ののった活うなぎを割き、

店主が秘伝のタレをつけて三度、じっくり火を通す。

080326_1253~001080326_1242~001











私、月に2回は、行ってます。このうなぎが、並 788円

安すぎる、うますぎる。

《メニュー》
蒲焼 1串  小 473円
        中 735円
        大 998円
       特大1155円
蒲肝        158円

うな丼 肝吸、お新香付  並 788円
                中 945円
                上 1365円
  
営業時間 10:00〜19:00 休日 毎週 月曜日
TEL 045−251−5270

横浜市南区真金町2−18

南大門先生

5年前に中央大学で行なわれた多摩チャレンジキャンパス2003に

http://www.plusone-edcom.jp/challengecampus/03/

東大寺南大門先生のリサイクルアート展をやったようで、

使用済みの空き缶やペットボトル、

石油缶がコラージュや立体オブジェなどの

素敵なアート作品に生まれ変わりました。

製作:東大寺南大門先生(ジャンクアーティスト)と

書かれていました。


今や、マイノリテーズカフェの語りべこと

黒沢年男似の南大門先生の作品が、横浜の至る所で

体感できるのです。

まずは、 横浜橋商店街のど真ん中にある花屋さん2軒

南大門1南大門2











左が、はなみらいさん 店の外装が、一つの作品となっており

右の、はなみさんも 先生の作品。 この2つの花屋さん

とても近くにあり、3軒となりぐらい。

ちなみに、はなみさんのお住まいは、おいらの家の隣なのです。しかも

TVチャンピオンで優勝した花屋さんなのです。


次に、元町へ飛びます

南大門3南大門4











左が元町のサラここの路地(右の写真汐汲坂)を入ってすぐのギャラリー

南大門7南大門5











これも、先生の作品 全部缶カラで、できています。すばらしい!

南大門6











壁の質感は、こんな感じです

南大門8











こちらは、マイノリティーズに持ってきて見せていただいた缶で作られた花

すばらしい、ちょっとゴス入ってますな。

3、40年前に、池袋西武で、ガボロジー展が開かれたそうです。

ガボロジー(GARBLOGY)とは

「ゴミ学」という意味でGARBAGE

(アラとかゴミ)という言葉からきたものです。捨て去られようとする

ものに命を吹き込み、甦らせるエコロジーとして創る喜び、社会

貢献のできる喜びを実現しようとして創られたものです。

この、ガボロジーと言う言葉の産みの親が、南大門先生なのです。

今でこそ、ECOなどと騒いでおりますが、南大門先生は、

企業のようにガボロジーを売りにしたり、儲ける為に作ったのではなく、

みんなが、幸せになるためのメッセージとして考え出したのです。

ガボロジーを色々調べると、ガボロジーの本やら何やらがたくさん出て

いるようです。 著作権は無いけど 南大門先生の名前ぐらい

入れて、出版するべきだと思う、

でも、商売っ気の無い、南大門先生は 非常に素敵で寛大な方だと思います。

マイノリで話していても、とても勉強になります。

先生の芸術論は、ぶっ飛んでいて ものすごい面白いです。

はなしを聞きたい方は、マイノリティーズコーヒーへ行って見て下さい。

いい話きけるよ。

PS 先生は、声がでかめなので、耳栓をご用意下さい。

馬車道ぐるめ散策

馬車道ユニオン

馬車道ユニオン











昔は、有隣堂文具館 その前は、ユーリンファボリでした。

道を挟んで目の前の細い路地を入ると

半ドン












半ドンがあります、ランチの時間は、親子丼などを夜は焼き鳥の店

喫茶ウィーン












馬車道ユニオンの並びの喫茶ウィーン バイトの休憩時間によく行きました。

馬車道と言えば ポニー なつかしいやら安いやら 泣けてくるねー

ポニーポニー2















ポニー3ポニー4












この写真見てよー 目玉のせハンバーグ うますぎ となりは、牡蠣フライ

うみゃいー  なつかしー 味変わってないー 

馬車道で一番まったりスポット ともしび

ともしび2ともしび3
















ともしび













とにかく、落ち着く喫茶店  BGMは、クラッシックです

大人です

若者はいません キンキン声は、聞こえません 素敵です。

馬車道にお寄りの際はぜひ、参考にしてみて下さい。

では、、、

佃煮

佃島の佃煮は、佃煮御三家があり、丸久、天安、佃源・田中屋の3店

醤油の芳しい香りが店の前の通りまでただよってる。

おいらが、よく利用するのが天安

佃煮1佃煮2











店主は、宮田 松之助(みやた まつのすけ)さん 

かなり、いいかんじでしょ

創業以来使い足してきたタレを守り続けるすごい人


今は月島と陸続きの佃島、江戸時代、東京湾の小さな離れ島。

関東大震災や東京空襲の影響をほとんど受けていない

昔ながらの町並みがある。

渡し舟の船着き場があった場所近くに、天安がある。

創業天保8年(1837年)。松之助さんは4代目。

天保年間の創業で初代が安吉という名前だったことで、

天安と言うらしい



佃煮は東京湾の漁業権を家康から譲り受け、

江戸に魚を供給していた佃島の漁師が余った小魚を

保存食とし塩ゆでにしたのがはじまり。

その後、千葉から醤油が伝わり現在にいたる。

天保年間から伝わる秘伝のタレをベースに、四季に合わせて、

醤油や砂糖の加え方や煮る時間を調整する。夏は辛め、冬は甘め

なんかいいでしょー  佃の町も風情があってGOOD!

アクセス

東京都中央区佃1-3-14

都営大江戸線・東京メトロ有楽町線月島駅下車6番出口より徒歩5分

TEL 03-3531-3457 FAX 03-3531-2351

営業時間 9:00〜18:00   定休日 なし(年末年始のみ休み)


くわしくは、 http://www.furusato100.net/tenyasu/

6品詰合せ 3,000円 あみ・昆布・しらす・あさり・えび・江戸風味

量り売り(100g単位)昆布500円 あみ350円 あさり700円

 しらす700円 えび650円

のり佃煮(1袋)200円

などが、ありやす。

月島のそばなので、佃で佃煮買って 月島でもんじゃ

こんな、デートは、いかがかな。

まぐろー

家のおやじさん

市場のまぐろやさん 角太さんでマグロのはちのみを

買ってきまった。

マグロのはちのみとは、

頭肉で頭の一番てっぺんの太い身の部分は頭肉で、

トロのように脂がのっていて美味しい部分

080324_1116~001080324_1117~001













適当に切って山葵醤油で食べるのがやはり美味いのねー

395gで¥500 しかも、おまけもいただいちゃいました。

朝9:00 10:00ぐらいに行けばすいているので、

みなさんも、気がるに行って見て下さい。

角太さんのマグロは、いいよー

今度は、中卸で、春かつおでも買いに行こーっと

今、求めている物

momoさんに教えてもらった。横浜橋の定食屋

とても、素敵でした

080321_1536~001080321_1536~002












店に入るのは、非常に戸惑います なぜなら

値段や店内の情報が、まったく 見えないからで

勇気を持って入ってみると、偽者でないポーズではない

本当の心のこもった、母の味 しかも ものすごい おいしい!!

12












34















56













78











写真を見ればわかると思いますが、食事とは こうゆうことだ!と

本来は、家庭で当たり前に行なわれた家庭料理

どんな三ツ星レストランもかなわない心のこもった食事

子供を育てているお母さんに、ぜひ 食べて欲しい

こんな食事が、家庭をうめたなら 必ずや いじめも自殺も

学級崩壊も無くなるはず 

おおげさに、思うかもしれないけど、行ってみればわかる

体験しないとわからない事もあるでしょ。

一緒に行った一人暮らしの女の子は、心がいっぱいになって

泣きそうになりながら食事をしていました。

よくある 定食 たかが定食で こんなに幸福になるなんて

正直、考えさせられました。

食事は、一人で食べるものでなく 

家族や仲間で食べることが とても大事

そしてなにより 作ってくれる母

教育の最初のステップは、母の味かもしれませんね。

よい子のみんな、おかあさんをたいせつにね!









9

最高の味!! 程島ハム

程島(ほどじま)ハムと聞いて すぐにわかる人は 横浜市西区に住む

はまっ子と 言えるでしょう。

横浜の藤棚商店街に昔からある お肉屋さんです

僕が子供の頃 チャーシューと言えば藤棚の程島か

野毛の尾島と 言われる 横浜2大チャーシューの名店の一つです

その当時としては、高価な食べ物だったので、いつも、

買いに行くのが楽しみでした。

080316_0029~001











見てよ、これぞチャーシュー 昔の味とまったく変わらない味

ホントに泣けてくるねー うまい、そして ノスタルジー

お母さんが、丁寧に切ってくれたチャーシュー

見ての通り 想像通りのおいしさです。


すると、お店のショーケースの中にリオンソーセージが

あるではないか!!

これまたいい感じのソーセージ

080316_0029~002080316_0835~001












もー なつかしいやら美味いやら また買いに行くからねー

080316_0622~001











自家製ハムの店 程島(ほどじま)ハム

横浜市西区中央2−6−14

TEL 045−323−2226

http://www5b.biglobe.ne.jp/~hod-ham/index.html

ミートペンシル 肉用鉛筆

先日、KDSYさんに SCOS(海外オシャレ文具店・東大前にある)

で、買って来てもらいました。

その名も、ミートえんぴつscos5













見た目は、ぶっとくて赤いオシャレな鉛筆

いったい何でミートえんぴつなのか?

それは、文字どうり 肉に書ける鉛筆なのです。

チェコ製で、もち手のカラーリングは、赤

書いてみると、青 意味が分らないのですが

カッコイイので、よしとします。

scos6scos7












こちらは、SCOSの上野松坂屋店の袋 なかなかオシャレ!!

scos4scos3












これは、松坂屋の紙袋と東大前のSCOSのペンを入れる袋

scos1scos2












そして、この写真は、SCOSのショップカードとレシート

くわしくは、http://www.scos.gr.jp/open.htm


こんど、JUSTMEATで、どのように使っているか

レポートをアップします。

ハーブ山葵

先日買ったハーブ山葵で、

何か作ろうと考えた結果

市場の中卸で生タコを買って来て

このようになりました。

080321_0200~001











タコをうすーく切ってハーブ山葵であえ

パウダー岩塩をちょちょいと、かけただけ。

簡単だけどうみゃいのねー

みなさんも、おためしあれ。

市場で見つけた一品


横浜中央市場のページを何の気なく見ていると

JUSTMEATがある関連棟のページ

横浜市中央卸売市場関連事業者協同組合
http://www.yokohama-ichiba.com

になり、よくよく見ると、

妻竹商店さんの、ホームページを発見


妻竹さんは、市場内で言う分類の つま屋さん(つま物を扱うお店)

お刺身やお寿司などを引き立てる笹の葉等のつまもの

促進野采などを卸しているお店。


その、妻竹さんのホームページで、発見しちゃったのねー
http://www.tsumatake.com/

KANEKUハーブ山葵(わさび)

080319_0949~001080319_0958~001












よっし、買いに行くべー と言う事で早速購入

なんと、この商品

スペイン産のエキストラバージン・オリーブオイルを使用

そこに、本わさびをブレンドしてある商品。

このオリーブオイル、この手の調味料に使うものでは、

珍しく、良いオイルを使っています。(食べれば分る)

どんな料理でも使え、他の素材の邪魔をしないのが、

一番のポイントだと、おいらは思う。

見た目、ドレッシングのようですが、まったく違います。

あまりのクォリティーの高さにビックリ、ついでなので

KANEKUと言う、メーカーを調べてみると。

なるほど、

昭和02年創業で、奥多摩の渓谷を開墾して

沢わさびを栽培し、販売を始めたらしい。


やはり、つま屋さん、普通の商業ルートには無い商材が

まだまだ、眠っているようです。

妻竹さんのホームページに載っていた 昆布も気になる〜

これからも、良い商品があった時のみ ブログで、

市場の紹介と商品をアップして行きたいと思います。
楽天市場
いらっしゃいませ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ