モスタルダって知ってる?

平たく言うとジャム。

フランスだとコンフィチュールと、言って

低糖度で、果肉の食感が、フルーティな物


イタリアだとモスタルダ  220g 1,680円〜1,890円で、売っている

北イタリアの伝統的な、ジャム、マスタードの語源とも言われている


果物や野菜をシロップ、マスタードで煮詰めたもの。

冬場の保存食として生れた調味料。

イタリアでは、クラテッロにつけて食べたり

辛めのチーズと合せたり

茹で豚、焼豚 煮豚 に付けて食べたり

ソースに加えたり、カラシ代わりに添えたり、

脂肪分の多いソーセージ、ベーコンなどとあわせたりするが


とにかく、生ハムを美味しく食べたい

モスタルダは、生ハムと合うけど

日本では、高くて買えないし、  買っても使い切れないし

そこで、おいらが 色々なジャム コンフィ モスタルダ など

ありとあらゆる物と 生ハムの相性を調べてみた

結果 

生ハムには、リンゴが一番合う

ただし、使うリンゴは、日本産のリンゴ 

そして、中に蜜の入ったリンゴを使うべし

でも、これだけじゃモスタルダには、かなわない


そこで、


おいらが開発した生ハムの一番美味しい食べ方を伝授しょう


必要な物

 国産 蜜入り リンゴ 

 生ハム (セラーノ イベリコ パルマ サラミ類全般)
    
       ↑何にでも合うからね

 チューブのねりからし

 以上


生ハム サラミ類を 室温以上の食べごろにしておいて

5ミリぐらいの厚さで、3センチ角に切ったリンゴをのせ

お好みで、からしを付けて 食べるだけ

簡単ですが、爆発的においしいので、

だまされたと思って、やってみて


一口食べたら もーうめーー エヴァンゲリオン状態 ウマ ウマ



生ハムは、基本塩気のあるものなので、甘い物と合いやすいのです


おいら、チョコや、水あめ、メイプルシロップ、はちみつなど

あらゆる物で、あらゆる組み合わせを、日々挑戦していますが

今のところ、この食べ方に勝てる物は 見つからないので

もっといい、食べ方があったら教えてチョ