横浜詩人会 神奈川新聞掲載の詩 「手紙の詩」「港の詩」

横浜詩人会会員による、神奈川新聞掲載の「港の詩」「手紙の詩」です。

2015年01月

手紙の詩57 / 「郵便!」平田好輝

手紙の詩57

「郵便!
平田好輝

 
 

間もなく 郵便がくる時刻だ
バイクを鳴らしてくるので
よく分かる
お向かいの松野老人は
もう玄関の三和土に片足を降ろしている
足が不自由なので
早くからスタンバイしているのだ

バイクの音が
だんだん近づいてくる




(神奈川新聞掲載2015.1.25

手紙の詩56 / 「十行のはじまりとおわり」今鹿仙

手紙の詩56

「十行のはじまりとおわり
今鹿仙

 
 

よい手紙を読んでいると
その人の語法、がしみてくる
ことがある
そこに空白の宇宙、が交じったり
故郷のボールをける、音だったり
沼のおもてだったり
人間が手紙になったあとも
続くといいな それなら
遠い列車に乗っていても
ずっとポストの中だ



(神奈川新聞掲載2015.1.18

手紙の詩55 / 「白い手紙」浅野言朗

手紙の詩55

「白い手紙
浅野言朗

 
 

その日を縁取る夕刻 白い手紙 白い手紙
白い手紙 届けられる白い手紙 白い手紙
白い手紙 白い手紙 手紙に何も書かない
白い手紙 白い手紙を投函する 白い手紙
街へと放たれる手紙 白い手紙 白い手紙
白い手紙 街を包んでゆく手紙 白い手紙
白い手紙 手紙を書くことに費やされる街
白い手紙 白い手紙 繋げられる白い手紙
白い手紙に専念する街の人たち 白い手紙
白い手紙へ白い返信 白い手紙 白い手紙


(神奈川新聞掲載2015.1.11

手紙の詩54 / 「赤い瓦の家からの便り」坂多螢子

手紙の詩54

「赤い瓦の家からの便り

坂多螢子

 
 

台所はにぎわっていた
こげつくよ こげつくよ
女たちが黒豆煮ている かまぼこ切ってる
だれもがみんな どこかしら似ていて
似ていてどんどん増えていき
海の音を聞きながら赤い瓦の家では大忙し
外は黒い夜 ほっこりと黒く暖かい夜を
あたしはくるくる巻いて重箱に入れる
ほら朝がきた
おめでとう おめでとう 新年


(神奈川新聞掲載2015.1.4

プロフィール

yokohamasijinkai

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ