手紙の詩75

「手紙
堀口精一郎

 
 

台風のまえぶれ 雨降りしきる玄関の土間
泥色にくすんだ馴染みの蝦嚢にぱったり
二年ぶりだな かすかに枯れた匂いを放つ
親父の死んだ日もこんなさびれた季節だった
手づかみでお骨をつかんでいると 何故か
寡黙だった親父の手紙の一節が浮かぶ
「日本刀が手に入ったよ 隊へ持ってゆくよ
特攻に志願したのか 犬死だけはするなよ」
しぶい愛借の言葉 いい親父だったな
冥土へ日本酒一本ぶらさげて会いにゆきたい




(神奈川新聞掲載2015.5.31