着物小話

トップページ > ブログ > 着物小話

・綿紬(木綿の紬糸で織り上げた生地で太細があるためベタベタしなく紬独特の肌触りがあります)


IMG_6810


IMG_6811























・綿麻(綿70%麻30%)で織り上げているのでシャリ感があり涼しさもあり乾くのもはやいです
 わかやぎでは堀井:源氏物語浴衣を扱っています


IMG_6545



2012-05-28 12.17.56



2012-05-28 11.50.04






13:00

 浴衣の生地には主に次のような種類があります




・コーマ生地(昔からある上等の生地で肌さわりも良くしなやかで着るほどなじんできます。


P4180601


IMG_6791





















・綿絽生地(緯糸が3〜5本に一本抜けている生地で透け感があり風を通しやすい

IMG_6321


IMG_6322

2018-06-11 19.08.36


































・綿紅梅生地(糸に太い糸と細い糸が格子になって織り上げてます段差があるので肌につきにくいので清涼感があります。


IMG_6802



IMG_6801




















・綿縮生地(生地にシボがあり縮や縮緬風の生地で、やはり肌にべとつかないので最高の生地です
      小千谷縮の木綿版です。現在ではあまりみかけません


IMG_6803


IMG_6754


IMG_6770





20:03

🌈夏の着物と言えば浴衣が、代表になります 昨今は浴衣も既製品が殆ど海外で作られています
生地は木綿の広幅にプリント染めしてミシン縫い サイズはLサイズ!着付けの時調整しやすいので。
昔は7月は藍色系8月は白地 柄も見た目に涼しい柄を取り入れましたー黒地や赤地等の暑い色柄は無かったのです。
そして染色も注染という職人技でした
呉服屋さんも職人さんも激減している昨今なのです きものイコール浴衣の時代なんでね。






IMG_6781


紺地に夏柄丸柄ゆかた
・浴衣(綿100%) 39600円(仕立て代別)
・ミンサー帯(綿100%) 29700円










IMG_6773


白地に花柄丸ゆかた
・浴衣(綿100%) 35200円(仕立て代別)
・ミンサー帯(綿100%)33000円











IMG_6183


紺地にひょうたん柄 
・浴衣(綿100%)39600円(仕立て代別)
・帯  紗献上名古屋帯(絹100%)58300円










IMG_6790


紺地に朝顔柄 
・浴衣(綿100%)39600円(仕立て代別)
・麻半幅帯(麻100%)30800円
・帯留め(とんぼ玉)66000円









P4180598


白地に葵柄 
・浴衣(綿100%)37400円(仕立て代別)
・博多半幅帯(絹100%)30800円









IMG_6800



白地に菊柄 
・浴衣(綿100%)37400円(仕立て代別)
・博多半幅帯(絹100%)30800円






















19:01

IMG_6345

11:00

IMG_6724[いい色にはいい響きがあります]
紗献上名古屋帯
IMG_6723浴衣と帯とダイスとオーデコロン
IMG_6721紗献上名古屋帯
IMG_6726わかや特選下駄

22:02

このページの先頭へ