着物小話

トップページ > ブログ > 着物小話

23
柿の葉餅 本物の柿がのってます柿の葉でくるんでました 他に巨峰大福 イチゴ大福と同じで中味が巨峰ですとても美味しい。

48

半襟と帯締めの組み合わせがすばらしい。


52










夏着物です地色と絣の色が涼やか!半幅帯がとても良い



19

江戸小紋に更紗帯 9月のお召し物らしい組み合わせでとても新鮮 やはり9月にふさわしい着物姿でした


01






緑の小紋に緑の帯締め さすがです。




今日のお話しは築地明石町(鏑木清方画)のお召し物についての朗読とお話しでした
あと足指を使わなくなった現代人

来月は町田市立博物館見学の予定
23:28

P9030038






塩瀬生地に透明感のある花柄はとても新鮮で新しい感覚の帯です 昨今はリサイクル着物のブームですが やはりリサイクルとは違いますね。染帯ですが小紋にもあいます もちろん無地きものや紬きものにもあいます。



P9030037
22:24

P9030040






塩瀬生地は手描きの帯に多く使われます 描きやすいこともありますが生地の繊細さ発色の良さなどがいいのです。梟の柄は吉祥柄で福を呼ぶともいわれてます
着物は久米島紬の無地でやはり4回染したため深い深い緑になりました 現品をみてほしいです
帯締めはトンボ玉の中を組紐糸を通して組み込まれてます このとんぼ玉も現在は創られていません
響きのある貴重な帯締めですよ
帯揚げはもちろん縮緬生地に手描きのボカシ染め



写真をクリックするとより大きくみえます












22:15

nsmail-3nsmail-5









つづれ織りは経糸がみえなく横糸でかくして横糸で柄をあらわします
昔は爪で柄を織り込んでいきましたが今は機械で織っているようです
塩瀬帯は白い生地に柄を染めます つづれ帯は色糸で柄にします
どちらも大変時間のかかる作業なんです
格ではつづれ帯が上ですが柄にもよります 写真の雀柄はつづれ織りなんです
無地きもの 紬きもの 小紋きもの 訪問着などなど応用ができます
22:57

40nsmail-1nsmail































福井県越前は和紙と竹の産地で(小説 越前竹人形にもある)竹と和紙を混ぜて横糸に使い 竹内康子さんが織あげた珍しい帯です!ざっくりした風合いは独特なものです
草木染めも使い現在に合う帯ができあがりました
大変珍しい帯です 
22:10

このページの先頭へ