着物小話

トップページ > ブログ > 着物小話 > きもの紹介

5813P2200299P2200302
21:46
P3130033P3130035P3130037
45



























きもの・・・・・絞りに見えるこの小紋は匹田柄の型を9枚使って染め上げた職人技です 生地も紬のちりめんなので染め上がりがより絞りみたいに立体感がでています
(絞り鹿の子と絞り匹田ではその手間が数倍ちがいます)

帯・・・・・白地の袋帯で銀糸の色をおさえて柄にしています なのでどんな色の着物にも会います

帯締め・・・・・紫色のトンボ玉に銀をいれて豪華にしました 組紐はネオンイエローに糸から染め上げて手組でつくりました。

帯揚げ・・・・・最高級のちりめん生地に手描きボカシで描き上げました これも職人技なんです。
21:42
P1070300P1070307P1070296P1070295P1070294



素晴らしいの一言です!
20:53
P2200267P2200272P2200273



春吉春さんの作品です。
20:50
P204017406
















:きもの インドシルクの無地紬
     最初は草木染の薄い茶でしたがシルバーグレーをかけました その次にメタルグリンをかけました そして次にパールピンクをかけ最後に墨色をかけたところ深い深い墨色に染まりました!

:帯   縮緬地に絞りと刺繡で桜をあらわしました 帯締めや帯揚げに白を使い着物姿が際立ちました。ちなみに襦袢は赤色がよいとおもいます。

:襦袢のかわりにセーターをきてもすてきですよ そしてブーツ!!!
19:17

このページの先頭へ