2012年04月28日

広瀬


昨日はヴォーグ社のインタビューで
なんと、かの有名な「ニットの貴公子」こと
広瀬光治先生がうちのアトリエにいらっしゃいました!

はらはら、ドキドキ、
現れた大先生は襟にフリルのついたブラウス姿で宝塚のよう、
やはりあの強烈な個性が放つオーラはすごい!
そしてイチゴのケーキを手土産に(ぴったりのイメージです)

いざ開始、
すると先生は鞄から凝ったニットを取り出して着替えられました。
それが、今回の取材テーマの「スタークロシェ」そっくりの編み地の作品!
この細やかな心くばり、さすがスターになる人は違います、
ちょっと見習わなくては。

ところが、話し始めると気さくで面白いお人柄、
話がはずみ、楽しく時間が過ぎてしまいました。
もっともっとニットのお話をしたかったです。
こんなところも、さすがスターになる人は違いますねえ。

最後にはそこにあったアンティークのアイリッシュクロシェを
目ざとく見つけられ、「むむむ、これは1900年頃のものでしょう」
さすがレースのコレクターでも有名な広瀬先生、
それなりの物と出会うパワーもすごそうで、
編み物に関する熱意は、さすがにハンパではありません。

先生のマニアックワールドにぐんぐん引き込まれた一日でした。
うん、やっぱり「メッシュワーク」やってみようかな?
編み物の世界は奥深い、上には上があります。

さて、このインタビューは
「毛糸だま」秋号の「行け行け、編み物探検隊」というページで
紹介される予定です。
どんな記事になるのか楽しみ。

yokoimamyokoimam at 10:11│コメント(4)トラックバック(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yukio   2012年04月30日 11:44
ひゃーーーーーー
ニットの貴公子とお話されたのですか???!!
すてきすてき♪

彼、テレビでしか拝見したことありませんが
細やかですよね
そして心がわたしよりもずっとずっと乙女で
うらやましかった覚えがあります

いや〜ん
毛糸だま秋号たのしみですぅ
2. Posted by noriko   2012年04月30日 15:39
うわぁ〜〜〜す、すご〜い!!
広瀬先生が曜子姉のアトリエに。。。(*_*)
写真からも強烈なオーラが伝わってきますぅ。

心配りといい目配りといいさすがスターネ。
曜子姉もスターの仲間入りネ。
毛糸たま秋号、楽しみにしてま〜す(^^)
3. Posted by 曜子   2012年05月01日 00:38
yukioさん、
そうなんですよ!
しかも先生は話上手でジョーク好き、
昭和初期のものと思われる模様編みの本を
見せてもらいました。センセの虎の巻です。
「しがらみ編み」というのもあるというのを
楽しそうに見せてくれましたよ。
4. Posted by 曜子   2012年05月01日 00:42
noriko,
やはりビジュアル系の神経の使いようは
さすがでした、
マネしたいけど、出来ませ〜ん。
おない年なのでなんだか懐かしいお友達のような
気分になりましたよん。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字