横川商店 蔵日記

横川商店がおくる甘辛日記

2018年05月

Raisin d’Omachi  Ferme 36 Remerciements Blanc 2017 初リリースご案内

383b4ba8

Raisin d’Omachi  Ferme 36 Remerciements Blanc 2017 
初リリースイベント0609 @横川商店

フェルム サンロク の 「山(サン)6/9(ロック) テイスティング」

ワイン名:Raisin d’Omachi Ferme 36 Remerciements Blanc 2017
   (レザン・ドーマチ・フェルム・サンロク ルメルシマン ブラン 2017)
●レザン・ドーマチは「大町の葡萄」の意味
●フェルムは「農場」の意味、北アルプス山麓ということで36(サンロク)
●ルメルシマンは「感謝」の意味 ブランは「白(ワイン)」 
●2017は葡萄の収穫年

日時:6月9日(土曜日)11時〜15時
会場:横川商店 (本通り 九日町 大町商工会議所前)
〒398-0002長野県大町市九日町4136  
TEL0261-22-0133

【内容】
   Raisin d’Omachi Ferme 36 Remerciements Blanc 2017 をグラスにて試飲できます。
一旦、ロゴ入り記念テイスティンググラスを600円にて購入していただきます。
ワインは1グラス400円となります。Ferme 36 自家製おつまみがつきます。
試飲後グラスを返却いただく場合、600円をキャッシュバックいたします。
そのまま記念グラスをお持ち帰りいただいても結構です。
※次回イベントの際、記念グラスをご持参いただければワインのみのお代となります。
大町ワインぶどう生産組合による葡萄からつくられるワイン、「仁科シャルドネ」、「仁科メルロ」も試飲できます。
横川商店の大町ワイン応援団長、のん子さんによる地元食材料理も楽しみ!!
ワインをボトルで購入いただけます。1ボトル:3,240円(税込) 数量に限りがございます。

Ferme 36(旧名 矢野園)
横川商店、大町ワインぶどう生産組合
 
以上矢野様よりご案内いただきました。
今回は初リリースとなり、有料試飲となりますが、ご夫妻でおつまみをご持参されて頑張っていただけると思います。
尚、大町ワインぶどう生産組合のワインぶどうで造られた「Nishinaメルロー・Nishinaシャルドネ」は無料試飲でございます。nonkoも旬のおつまみをご用意させていただきますね!
当日はテントを張る予定ですので、雨でもご心配なくお楽しみいただけると思います。
どうぞ楽しい一日となるよう当店も頑張ってサポートさせていただきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

白馬錦雪中埋蔵掘り出し作業「薄井商店」様


【動画】
001

朝から「白馬錦・雪中埋蔵」の掘り起こし作業が始まっています。
新春にしぼられたまんまの「純米吟醸無濾過生原酒」を一升瓶で3600本、その中には当店限定の「特別純米無濾過生原酒」もございます。
朝早くから建設関係の皆様が、直ぐに掘り出せるようにと、雪を排除したり、固定を外したりされていました。そのおかげでスムーズに作業にかかられて、無事に今年も雪の中の眠りから覚めてまいりました。
009

006

005

003

012
010

掘り出されている横に行くと寒い寒い〜〜〜、0℃前後ですからね〜〜〜!
次々に純米吟醸が掘り出されていかれます。
015

016

014


出てきた〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、当店の限定酒「特別純米無濾過生原酒」です!
IMG_2583

こちらラベルも新調し準備万端です
020

白馬錦・松浦杜氏様の笑顔が、掘り出された味わい!!!
発売は来月6月6日でございます。どうぞお楽しみに

大雪渓「第三回酒蔵まつり」ご案内

IMG_2609

IMG_2607

週末26日(土)27日(日)は、池田町の「大雪渓酒造」様の「第三回酒蔵まつり」ですよ〜〜〜!
nonkoも娘もお手伝いにお邪魔させていただきます。
是非皆様ご家族でお出かけ下さいませ。

*多分nonkoは酒蔵見学の受付にいると思いますので、どんどん来て下さいね〜〜〜、普段見れない場所ですので、この機会に是非どうぞ!

【蔵祭りのご案内】
【タイムスケジュール】
【無料シャトルバス】

ミュゼドゥヴァン エトワール 桔梗ヶ原ソーヴィニヨンブラン ナイトハーベスト2016

IMG_2482

IMG_2483

IMG_2484

2016年秋、アルプス自社農園においてナイトハーベスト(夜明け前収穫)された白ワイン用ぶどう品種「ソーヴィニヨンブラン」をステンレス小タンクにて低温でゆっくり発酵されました。
こちらとても爽やかな柑橘系の香りと、酸味、そして豊かな果実味がお楽しみいただけるnonko大好きな一本です!
どうぞこれからの季節贅沢な気分で夜をお楽しみいただけるかと思います。
ご自分用に、また「父の日」の贈り物にいかがでしょう。

【ミュゼドゥヴァン エトワール 桔梗ヶ原ソーヴィニヨンブラン ナイトハーベスト2016】
720ml 2,700円

グランポレール・北海道余市ピノノワール2014

IMG_2383

IMG_2384

IMG_2386

北海道余市の「ヒロツヴィンヤード」様は、1年に何度かお邪魔させていただいているぶどう畑です。
サッポログランポレール様の契約栽培農家様として、8haの畑にはピノノワール・ツヴァイゲルトレーベ・ケルナー等を栽培されています。
nonkoが最初に道内のとある場所で弘津様の栽培されたケルナー「グランポレール・ケルナー辛口」に惚れ込み、偶然にも余市のワイン会にて裏ラベルにございます弘津様のお写真、ご本人にお会いさせていただきました。「畑を見に来て下さい!」と言われるお言葉に甘え、機会があるとお邪魔させていただいてます。
その中でも今注目の欧州系赤ワイン用高級ぶどう品種「ピノノワール」で醸造された「グランポレール北海道余市・ピノノワール2014」でございます。
畑の個性を表現された北海道余市「弘津ヴィンヤード」産ピノ・ノワール種100%を使用され、造り手様のこだわりを凝縮させた数量希少なシングルヴィンヤードワイン(単一畑))です。
キレイなルビーレッド、華やかな香りと柔らかなタンニンが魅力です。
特別な日の一本として是非お楽しみ下さいませ。
【グランポレール・北海道余市ピノノワール2014】
750ml 4,320円


IMG_6558
IMG_6566

画像は2015年のピノノワールの収穫です。
糖度も酸度も申し分なしの状態で収穫されていました。
3ccb0027

今年2月開催の「余市のワインを楽しむ会」での弘津様親子、ご家族3人でこれからも頑張っていただけると思います。

京の銘菓「鞍馬杉」入荷

IMG_5851

IMG_5850

久しぶりに京都の銘菓「鞍馬杉」入荷です。
こちらnonkoが子供の頃からある京都のお菓子で、今では販売されてるところもほとんどありません。
きっと懐かしい〜!って思われるお客様もいらっしゃるのではないでしょうか?
生地も中身も京都の味
薄いクレープ状のおせんべい生地をくるくるっと巻いて、宇治のお茶屋さんの抹茶クリームを搾りました。2つの違った食感をお楽しみ下さい。どちらも京都の伝統の味です。
サクサク、とろ〜
クレープのような生地は、実はおせんべい。京せんべいの職人が、鉄板に広げたおせんべいの生地を千筋入りの棒状の鉄型で極限までうす〜く伸ばし、そのままくるくると巻きつけて成型します。そこへ注入するのは、京都・宇治にある小山園の抹茶クリーム。なめらかでほんのり甘く、抹茶の苦味も残した絶妙の味。
抹茶ひと口噛めばサクサクのクレープのようなせんべい生地から、抹茶クリームがとろ〜り
【鞍馬杉】
1袋420円


IMG_5852

IMG_5853

子供の頃のnonkoの食べ方は、先にまわりのおせんべいを剥がしながら食べて、生地が薄くなったら抹茶クリームと一緒に楽しみます(笑)
小さな頃の思い出詰まったお菓子です。

十六代九郎右衛門・特別純米夏生酒入荷「湯川酒造店」様

IMG_2387

IMG_2388

夏酒第一号!
木曽は藪原の「十六代九郎右衛門・湯川酒造店」様です。
上槽後直詰めしていただいてるので、フレッシュで心地良い酸味が絡みます。

【十六代九郎右衛門・特別純米夏生酒】
原料米:ひとごこち全量(八重原米研究会)
精米歩合:60%
アルコール度数:17%
720ml 1,350円
1800ml 2,700円

シャトー・メルシャン 安曇野メルロー2016再入荷!

IMG_2296
IMG_2298
IMG_2299

「シャトーメルシャン」様より「安曇野メルロー2016」が再入荷でございます。
ワインぶどう「メルロー」は大町のすぐ近く「安曇野池田地区」での収穫です。
安曇野池田地区は大町と同じ、日照時間が長く昼夜の寒暖差が大きく、また少雨でぶどう栽培に適しています。
フレッシュな酸味とタンニンが絡み合う一本です。
【シャトー・メルシャン 安曇野メルロー2016】
産地: 長野県北安曇郡池田町
使用品種:メルロー 100%
栽培方法: 垣根式栽培
収穫: 9月下旬〜10月上旬収穫
発酵:木桶およびステンレスタンクにて28〜32度で約20日間発酵
育成:オーク樽にて 約6カ月間育成
生産本数:約2,800本
750ml 3,270円

Remerciements Blanc(ルメルシマン ブラン) 2017初リリース試飲販売会「Ferme 36(フェルム サンロク」様

IMG_2277

足利市にあるワイン醸造の名門「ココ・ファーム・ワイナリー」様で10年余り修業されたワイン醸造家「矢野園・矢野喜雄」様ご夫妻が長野県大町市に移住され醸造所の開設を目指し、ブドウを栽培をされてから5年目となります。
昨年秋には見事なワインぶどうが初めて収穫されました。直ぐに東御市のヴィラテストワイナリー様に運ばれて委託醸造、そして瓶詰され初めてのワインが誕生いたしました。
ワイナリー名は「Ferme 36(フェルム サンロク)」、初リリースのワイン名「Remerciements Blanc(ルメルシマン ブラン)2017」でございます。
このワインの初リリース記念として試飲販売会を開催させていただきます。
矢野様ご夫妻は、「大町ワインぶどう生産組合」にも在籍されていて、同じ大町で作られたワイン「Nishinaメルロー」「Nishinaシャルドネ」も同時にご案内させていただきたいとご提案下さいました。やはり大町に移住され、この地の方々には本当にお世話になりここまで来られたとを大変感謝されています。是非皆様のご参加・応援をお願い申し上げます。
開催日:6月9日(土)
時間:11時〜15時頃
当日は矢野様ご一家が会場運営をして下さり、ワインは有料となりますが、手作りのおつまみをご準備して下さいます。またオリジナルワイングラスの販売もございますので、初リリース記念にいかがでしょう。
069

【昨年の収穫の様子はこちらからどうぞ!】




里の曙・黒麹仕込み初入荷「町田酒造」様

IMG_2203

奄美大島の「町田酒造」様、黒糖焼酎「里の曙・黒麹仕込み」が初入荷です!
こちら春よりお取扱いしたかったうちの1本でございます。
焼酎「黒糖・泡盛・芋・麦・米・・・」等は、実際沖縄から九州地方で飲まれているものです。
本州では度数の高い「本格焼酎」と言われるものが多く、実際地元の方々はどうなんだろう?と言う疑問から、二度にわたり現地の様子を拝見してまいりました。
地元ではやはり本州よりも若干度数の軽いものを晩酌に楽しまれているようで、昔はウイスキーの水割りが多く、黒糖焼酎を飲む習慣はあまりなかったようです。
昔は醸造自体が常圧蒸溜により、特有の香りがあったので、主に男性が飲まれていたようです。しかしながらこちら減圧蒸留の黒糖焼酎「里の曙」を出されてから、奄美大島では状況が一変し、女性までもが「飲みやすい!」と楽しまれるようになったそうです。
あえてプレミアム付きのものをでなく、晩酌向きにお楽しみいただけるようにと、こちらの一本を選びました。
楽しみ方は其々ですが、今まで島では30度を飲まれていたそうですが、減圧蒸留にされてから黒糖の量も増やされ、より風味豊かにされました。なのでロックでお楽しみいただくと黒糖焼酎の特長がより感じていただけるかと思います。
お料理はそんなに選ばれずとも、極普段のご家庭の味わいで大丈夫です。
【里の曙・黒麹仕込み】
900ml 1,160円


IMG_1348

奄美大島の「町田酒造」様です。
とっても大きなお蔵様でした。
IMG_1338

IMG_1339

黒糖焼酎の特長は、仕込みの最後に入れる黒糖です。
奄美大島の瀬戸内町産のものだけでは追いつかず、沖縄諸島の波照間産のものを使用されています。
IMG_1409

奄美大島・瀬戸内町の海の色は素晴らしすぎました。
IMG_1340

こちらで黒糖をとかされています。
IMG_1341

麹を造る米は、国産米やジャポニカ米を使用されています。米は連続蒸米機で蒸して、円板式の製麹機で麹米を造られています。
写真ではわかりにくいですが、丸いお部屋のような感じです。
IMG_1342

IMG_1344

IMG_1345

三段仕込みのあとは20日前後で蒸留されて原酒が出来上がります。
30725741_1749724781752534_7928947732260061184_n

ちょうど三段目にとかされた「黒糖液」を入れられているところでした。
IMG_1347

蒸留は今や「減圧蒸留」が主流ですが、「常圧蒸留」も出荷されているようです。
地元で楽しまれている味わい、是非お楽しみ下さいませ。
横川商店
信州味噌・醤油醸造
地酒・地ワイン・焼酎
〒398-0002
長野県大町市九日町4136
TEL0261-22-0133
FAX0261-22-0503
営業時間AM8:30〜PM8:30
定休日 水曜日
スライドショー
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ