2007年02月02日

安部さん、問題発言で辞任要請されてる柳沢をなんであんなに守るんでしょう?
辞任続きで印象が悪くなるとか言う人いるけど、この人を置いてるほうが安部政権危ないのでは?

裏に何があるんでしょうね、ってぼやきながらニュース見てたら、野党ボイコットの中、予算委員会が開かれ、案が可決されてるのを見て、「ひょっとしたら、これが狙いかもね」と母がぼやく。

はあ。なるほど。だから柳沢を守るのか。安部さん、結構蛇だな。

安部さんって結構やること気持ち悪い。
おじいさんの岸総理も気持ち悪い。A級戦犯だったのに、いつの間にか、総理。なんで?

安部さんも、小泉さんがあんだけ派手にやってた造反組をあっさり受け入れるしさ。冷静に考えたら、ありえないと思う。小泉さんにあんだけ可愛がってもらってたじゃん。小泉さんのおかげでメディアに大露出できたじゃん。

小泉さんみたいに派手だったら、メディアも国民もそれなりの反応するけど、安部さんだったら、なんか知らんうちにいろいろ日本変えられそうで恐い。しかも彼が1番やりたいのは改憲。やめてほしい。

なんか小泉さんが戦国武将なら、安部さんは忍者みたい。なんか背後から斬られそう。

早く総理かわらんかなぁ。

それにしても、柳沢を守る我が夫を、安部夫人はどう思ってるんですかね。



yokokoro1 at 20:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月23日

センポ

「日本のシンドラー」こと、杉原千畝(通称センポ)は、第二次大戦中、リトアニアの日本大使だった人。迫害を受けていたユダヤ人を救った「6000人の命のヴィザ」って話はとても有名で反町隆史のドラマも今年あった。

センポも、シンドラーも、政府からのルールを違反して、大勢のユダヤ人の命を救った人。地位のある人が、あんだけ大勢の命助けたのはすごい勇敢で偉大なこと。

だからセンポのドラマ見た時も、シンドラーの映画見た時も、二人を見て、私は偉大だなぁと思ったんだ。

でも二人とも共通してたのが(映画だから一種の表現かもしれないけど)たくさんの人を救って、後悔してるんだよね。「i could save more,もっと助けられたのに」って。

多分この後悔って、二人がルール違反しないで、ユダヤ人虐殺を傍観した時の後悔より大きいんじゃないかなって勝手に私は思う。二人は英雄として扱われたけど、そんなんより傷のほうが大きいんだろうな。

最初 i could save moreを聞いた時、私はびっくりした。「なんで?たくさん助けたじゃん?アホなルールに屈しなかったじゃん」でも、きっと真実は違うんだろう。

戦中の人間の心境に、平和ボケしてる私は驚かされることが多い。戦争という苦境にありながら、(或いはそういう苦境であるから)普段では到達し難い心理状態を経験する人は、普通人間が一生のうちに到達できるレベルのはるか先に行くのかもしれない。これって進化っていうものなんだろうか。

戦争を学ぶって、悲しくて、重たくて、憎いけど、センポやシンドラーなどのケースに触れた時、何とも言えなく不思議な感触に襲われる。
最近、教育基本草案かなんかが可決されたけど、(私は反対だけど)愛国心を語るんであれば、戦争学取り入れてはどうだろか。もちろん、平和学とセットにして。


yokokoro1 at 02:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月08日

55%

55% of people support Japan’s possession of the nuclear weapon.

I’ve watched a TV debate program and this was the outcome of their survey.

 

When I was a kid, I studied about Hiroshima. I watched movies, I saw people screaming around and running in the endless fire. I saw pictures of people who got disease due to the radioactive. They don’t look like human any more. I entered the cave which people during the war used for hiding from the bombs. The cave was very dark, with heavy atmosphere, and very quiet.

I’m sure that these things which we learned in the elementary school scared us a lot. But I remember that when I learned about Japanese article 9, the peace constitution, some of my fear had gone. I knew that we never posses the weapon. I knew that our country is and will be peace.

 

If Japan will possess the nuclear, I would think and I’m betrayed by my country. And if our government does, they actually betraying us. If Japan will be armed, “Japan” inside of my heart will end. Maybe one of my identities as Japanese will die. I like my country with the peace constitution. I know that our government is dirty and helping many wars and conflicts. I know that many people think that our peace constitution is a fake. Still, as long as we have article 9, we can claim for it. That is the point. As long as we persist in the peace constitution, we can see the light from the very dark current situation.

 

I am against Japan’s possessing nuclear weapon. Some may say that we are sneaky because we are protected by the US’s umbrella of nuc. That’s fine for me. We don’t need to be cool. Japan is not cool at all from the first place. What we need is just to persist in being Japanese.



yokokoro1 at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月04日

サイボーク化についての番組を見て

「ロボラビット」はアメリカの某大学で行われている実験。実験用のネズミの脳とパソコンを繋ぎ、脳の電波をパソコンに送る。それを分析して、今度はパソコンから指令を送り、指令通りにネズミが行動したら、快楽中枢を刺激する仕組みにしておく。

パソコンからの指令で、本来高い場所を嫌うネズミが梯子を上ったり下りたりする姿は、ラジコンカーとなんら変わりない。ぞっとする。

 

手を動かす事ができなくなった人が、脳をパソコンに繋ぎ、(TVのチャンネルを変えたい)と思考する。すると脳の電波がパソコンに伝わり、TVのチャンネルが変わる。

頭とパソコンを管で繋がれ、身動き一つせずTVのチャンネルを変える姿は、SF映画と霊能力者の番組をいっぺんに見ている感じになる。

 

記憶のICチップ化の研究も進められている。脳の記憶をしまう部分の電波と同じ電波をICチップに埋め込む。記憶の保存、データ交換などが目的らしい。

 

これらの研究は、アメリカの国防省が支援金を出して現在進行中だ。

 

ICチップのような一見「部品」らしきものに、知らず知らずのうちに人が操作される時代に突入した。暗殺、スパイ行為、軍人教育、そして戦争がより恐ろしい方法で行われていくだろう。牛耳るのは、政府か、大富豪か。もはや誰が誰を操作しているのかも分からない混乱期が到来するのかもしれない。

 

スタンフォード大学のグリーリー氏がこう言った。「人間の脳をいじるということは、それは人間と呼べるのか、他の種になるのか。今、人間というものがいかなるものかを定義しないといけない」

 

実験の実用化が叶うのは数年後らしい。



yokokoro1 at 00:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年02月20日

こわい。。。

ナミビアという国をご存じ??アフリカ大陸にある国です。ナミビアには世界最大のロッシング・ウラン鉱山があるそうです。1989年まで、日本はこのウラン鉱山から取れる安いウランを日本に輸入して、原子力発電所で使って、エネルギーに変えていました。ちなみに、当時このウラン鉱山で働いていた下層労働者たちの労働条件は最悪で、放射能が立ちこめる中、マスクなしで働いていたこともあったそうです。放射能物質は労働者の体を汚染し、内部被爆によるガン、白血病に侵された人がいたそうです。それなのに彼らには被爆の知識がなかったので、どうして病気になるのかを知らないまま働いていたそうです。もちろんガンで死んだ人もいたはずです。

1989年に、日本はこの国との取引を停止したそうなので、今日本は新たな国をターゲットとしているでしょうが、発展途上国日本の30%を占める原発エネルギーのために、被爆しながら、ウランを掘っている人が世界のどこかにいることは確かです。

あなたの頭上で光ってる電気、何人もの被爆者という犠牲を作って生まれた電気かもしれません。



yokokoro1 at 17:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!social problems 

2006年02月18日

thank you zoo!

485b5c71.JPGmy blog has been broken these days. but today finaly zoolander fixed for me. thank you so much!!

yokokoro1 at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!friend 

2006年02月12日

espana deay3

bedhouse

 

 

 

 

int he Guel park. this is a house of Gawdi. his bed was so tiny. just my size.

dragonrapyuta

 

 

 

 

this animal is spanish dragon. not a frog.

 

sagra insides

 

 

 

 

 

 

sagra da familia. it was so huge and great. i dunno much about architecture, but if u do, im sure youll be interested in this building.

tennis

at the airport. he is a spanish tennis player. i forgot his name but his match is really exciting.



yokokoro1 at 03:45|PermalinkComments(2)TrackBack(1)clip!trip 

espana day 3

cat

on the third day, we visited the alhambra palace. cats in there were really genki. i found one of them trying to clime the tree...

what is strange about this palace is you cannot bring dog inside the palace but you can find many cats in there. i think dogs in Espana are in week position..

 

 

al

womens who were living in this palace came to this place and wear make up, using the pond as a mirror. inside the palace, i found the poke-mon baloon on the ceiling. i found many japanese catoon caracters in there.

 

go

inside the building, you see many arabic words, saying something like "god is the best". cuz ppl who made this palace believed that human should not be greater than the god, they made some poles in there unstraight on purpose, meaning that human made palace is not perfect.

 

car

i took this pic in granada city. they can park their cars on the street. its not an illegal. i like how they park their cars.

 

 

paeria

yeah! paeria!!!!! but it was not that good..... i heard that the food you eat in the tour is not good. i wish i could try another store to eat this.



yokokoro1 at 02:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!trip 

2006年01月22日

trip to ESPANA day2

in the early morning, we visited museo nacional del PRADO, prado art museum. i could find paintings which i learned in art class in Oklahoma. "garden of earthly delights" and "las meninas" that was really amazing, i love both paintings. by the way, in the drawing of  "garden of earthly delights" u can find ppl who is ********. can u find it??

     las meninas                         garden of earthly delights

eee

 

 

 

 

 

 

after the museum, we head for consuegra. but on the way there, we passed the place where u find many old and dirty houses. the city looked very nice, but here also has many homeless. also, u can find many cows while u are driving in spain. the place which has big cow boad owns many cows. i found 3 or 4 cows while i was in the bus! this reminds me of my friend...oops!

slum

牛

 

 

 

 

in consuegra, we visited the hill which was in the novel "don qui jote" we also visited the museum of this novel. that was really pretty. i though don qui jote is very stout guy, but he was really lean!!

風車ドンキホーテ 

 

 

 

 

 

and after that, we head for the hotel in granada. the sky was sooooo beautiful. i took many pics.

夕日

 

 

 

 

and in the night, bus driver asked us to visit to see cave flamenco. it was my fist time to see. and that was.......wow. it was beyond the words. the cave was very narrow, and i could feel the bibration of the music and the sound of their shoes in my body. actually flamenco was No1 in this trip. dancer express sadness, happiness, and suffer in their dance. and i loved its rhysm. if i can visit espana gain, im sure ill visit several flamenco again,,,!!!

フラメンコhyら



yokokoro1 at 20:04|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!trip 

2006年01月14日

trip to Espana -day1-

i was in Spain in a new year for 6 days. i went there by the tour, with ikuko!  first day was very hard cuz we had to stuck in the hard chair for more than 10 hours. ikuko was enjoying the chinese character puzzle while we are in the airplane. she is smart, i should have brought something which can help me to kill time!!!

view from the window. i guess we were flying over the russia at that time.

russia

 

 

 

 

 

 

we changed the airplane at Holland airport. we found a pretty cafe. i found a pyrate in that cafe. that reminded me of pyrate of calibian. wish this guys face is more handsome like Jonny Deep....but he doesnt!

pyratetakara



yokokoro1 at 18:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!trip 

2005年12月24日

harry potter and the goblet of the fire

dbc471cf.jpg

 おもしろかった。クイディッチの映像美に感動したし、前よりもコミカルで茶目っ気のあるシーンが多くなっていた。でも、この作品では、原本の各巻末におけるハリーとダンブルドアの会話がなかった。1番大事なシーンだと思うのに・・・

 

 「ハリー」シリーズの各巻の終わりには、毎回ハリーとダンブルドアが二人きりで会話をするシーンがある。その会話の中で、ハリーは一年間感じていた不安、怒りなどをダンブルドアにぶつける。そしてダンブルドアは深い愛情を持って優しくハリーに助言を与える。

 このシーンはハリーにとっての一年間のホグワーツ生活の「まとめ」であり、これから大人に成長していくハリーのためにダンブルドアが助言をする「学期末レクチャー」であり、その会話の中には物語の結末を予想する「鍵」がたくさん隠れている。

 「賢者の石」、「秘密の部屋」の映画ではこの二人の会話が良く描かれていた。私は故リチャードハリスが演じるダンブルドアのほうが断然好きだから、この愛情ある会話を聞いて毎回感動して泣いたりした笑 だけどその感動はこの映画にはなかった。

 

もう一つ、私が「ゴブレッド」を翻訳していた中で一番好きだったシーンがなかった!それはペンシーブのシーンだ。ハリーがダンブルドアの老いに初めて気づき、驚くシーン。それまではハリーにとって元気でひょうきんな校長先生であった彼が、ペンシーブの放つ青い光に照らされた顔に刻まれたたくさんのシワを見て、彼がもう若くないことを知る。このシーンでJKRが描きたかったことは、魔法界での危険が迫っているということと、ハリーが大人になるにつれ、子供時代とは違う人や物の見方をできるようになったということである。私はハリスがこのシーンをどうやって演じるのか本当に楽しみだったから、彼が亡くなったことを聞いて本当にショックだった。そしてこのペンシーブのシーンは映画にはあったけど、ダンブルドアの老いをハリーが感じ取るシーンは見受けられなかった。本当に残念。。。。

 

ヴォルデモードが犯したミス

 この物語に登場する「魔法」の数々は、杖を使ったものや、魔法の道具や教科書だけではない。例えば、ハリーの母親リリーがわが子を守るがゆえに使った「愛情」も、「魔法」としてうつしている。

「炎のゴブレッド」で、闇の帝王は、自分の肉体を復活させるための材料として、「召使の肉」としてワームテールの肉を体内に取り込んだ。

 ワームテールは「アズカバンの囚人」でも登場する。シリウスとルーピンが彼を殺そうとした時、ハリーはワームテールに情けをかけ、命を助ける。ハリーの持つ「愛情」がゆえの情けである。

 その「愛情」で生き延びえたワームテールとハリーの間には、ある「契約」がかわされたのかもしれない。「愛情の契約」とでも言うべきか。その「契約」は目にみえないものであるが、その魔法もこの物語には存在する。そのワームテールの肉を材料に再生した時点で、ヴォルデモードは負けなのである。なぜなら最強の魔法使いであったヴォルデモードが敗れたのは、リリーの「究極の魔法」すなわち「愛情」のためだったからだ。

 

そう考えるとこの作品は本当に面白い。「非現実的」な最高のアイディアに溢れるファンタジーであっても決して「現実離れ」していない。この本からは多くのことを吸収することができる。階段下の物置で暮らしていた、いじめらっ子ハリーの活躍から勇気をもらい、ダンブルドアの言葉から自分のアイデンティティや生きるヒントなどを学び、愛情という一見魔法でもなんでもないようなものが、いかにこの世界で強力で究極なものなのかを最後には感じることができる作品だと思う。



yokokoro1 at 02:28|PermalinkComments(3)TrackBack(1)clip!movie 

2005年12月20日

shall we セグウェイでドライブ in 首相官邸

3e78d055.jpg

even thouh i dont agree with his idea and became angry at him, i loved watching him driving a weird car, a present from Bush. he is really a great performer.

 

 

http://www.livingstreets.com/portfolio/bush_segway_idiotproof.jpg

this is what friend of mine sent to me, after seeing this pic.



yokokoro1 at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!politics 

karioke party

there was a farewell party for paul, and we went to syabusyasbu restaurant and karioke. it was the last time i could hang out with paul and cato, both are intl students. actually i hate karioke but i went there and it was really fun. it became good memory even though im very sad in karioke room(not because im karioke phobia but because they will leave soon) i was almost crying when someone sang very good song! but it was really fun, hope paul and cato had a good time there. ahhh i wish i can meet them someday in the future again.

かりおけからおけ

 

 

 

 

ぱうlかと



yokokoro1 at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!friend 

のんちゃんの携帯

f82ad7ad.JPGのんちゃんの携帯。かわいい。かわいすぎる。

yokokoro1 at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!friend 

xmas tree in cie

901d36d6.JPG外大のCIEラウンジにクリスマスツリーが飾られた。でもこのツリー、なぜか皆お願い事を書いてツリーに括り付けてる。CIEラウンジには日本の文化を紹介すべく、日本人形とか、日本の習字とか墨絵が飾られてるけど、その同じ部屋に、七夕のようなツリーがクルクル回っているのがおもしろい。

yokokoro1 at 22:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!life 

2005年12月10日

sumie and ceramic exhibition

im always impressed by intl student's work at this exbition, which is held every December. their work is so unique (look at Tony's...) and beautiful. i wish i could take sumie or ceramic class, but no japanese are allowed to take it

sumietogei

 

 

 

 

tonysumiesumie2

 

 

 

 

 

 

togei4toegi3



yokokoro1 at 17:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!art 

2005年12月04日

期末テスト

今日は12月4日日曜日。来週月曜、火曜日でCIEの日本語期末テストは終了。だから留学生と会えるのも後ほんの少しだけ。来学期もいる留学生もいるけど、友達の何人かはもうすぐ帰ってしまうから最近すごい悲しい。。。。外大で一年生の時からcie rat してたから友達との別れは何度も経験したけど、それでもお別れってのは慣れないもので、いつでも悲しいものです。。。

yokokoro1 at 20:33|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!life 

2005年12月03日

ひきこもり

西部
「デモクラシーには健全なデモクラシーと、病的なデモクラシーがある。多数決というのは、下手をすると少数派に対する抑圧排除になりえることがあるから、少数派との間の自由な議論なり相互理解なりがまあまあ成り立てば、健全なデモクラシーが生まれる。ところが戦後日本は、日本の国とか、歴史とか、村社会まで含めて、古きものを全部投げ捨てるのがよしというふうになり、むき出しの個人(村社会の良い側面である秩序などがない個人)が学校にでもどこにでも放り込まれた。それで本当に民主主義にイデオロギー的な価値観を持っていながら、実際に機能しているのは多数決でもって少数派を抑圧排除するということがどんどん進んでいき、ひきこもりが出てくる。
村社会を全肯定するわけではないが、ある意味、村社会がもっていたメリットというのは、村を安定に維持する中で、老若男女間の信頼関係とか安定性が確保されていた。それを悪い意味で革命的に破壊したものだから、非常に機械的な意味での民主主義が教室に放り込まれ、それがひきこもり現象をもたらしている」  

西部すすむ 「愛国心」より



yokokoro1 at 00:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!social problems 

2005年11月23日

happy birthday cato!!

カトーが11月22日に23歳になりました。カトーは映画を愛するノルウェー人で、日本の八百屋さんで働いていそうな感じの子です笑。プレゼントにはパイレーツオブザカリビアンのJ.デップの絵を描いてあげました!誕生会は同じくノルウェー人のステファンの家でやったよ。ノルウェー人はじめ、アメリカ人、韓国人、スペイン人、南アフリカ人、ボリビア人、日本人。。と、結構たくさんの人が来て、皆でお酒のんで、ケーキ食べてワイワイ楽しみました!ノルウェーのすごい強いお酒も出てきたし、「せんだみつおゲーム」に似てる「バイキングゲーム」ってやつもやりました。なんかノルウェー人たちが一緒にワイワイやってるのを見てて、なんか日本やアメリカとかと違うムードっていうか、あったかいなあって思った。フラメンコ部のゆりちゃんいわく、ノルウェー人と日本人って結構共通点があるらしい。ノルウェーのことたくさんは知らないけど、パーティ通してもっとノルウェーのこと知りたいって思いました☆ 誕生日おめでとう加藤君!

bdcakecato with his bd present

 

 

 

 

cato bdnorway sake

 

 

 

 

stefantoten poll



yokokoro1 at 18:07|PermalinkComments(7)TrackBack(0)clip!friend 

i went to the prison!

4d8a2ecc.JPG

i went to a prison.....not because i often speak ill of politicians but for school trip. it was a prison in shiga prefecture. we had a lecture from the officer in this prison and we walk around the prison(the playground, gym, single and common room...we also saw prisoners working in the factry. all of them wear working cloth with the cap which has their name. if you dont know where u r, you wont notice that they are prisoner) i got a impression that this prison IS like a school. there was a kitchen in the prison where prisoners make their own food, and when i passed there, the smell around the kitchen reminded me of my elementary school's lunch time!! it was not only nice smell, but also the schedule of this prison which has a summer festival (bon odori), sports day, clubs(drawing, computer, calligraphy, baseball, and chinese traditional song...), and karioke contest!!! wow, prisoner must enjoy life in there, and i asked the officer whether there are ppl who wanna go into prison(cuz they can eat) or prisoners who dont wanna go out from the prison to go back to the real world. the officer said yes, there are some ppl like that. but they thinks that that is not only prisons fault but current japanese society made them to feel so. and they thinks their job is to "educate them""talk to their heart". so they dont wanna be harsh so that prisoners think they wanna go out the prison. actually NO officer carries gans. in america or korea, the night patroll is done by army, but in japan and also in australia, it is done by the officer who carries no weapon. again, it is like a school..   

with this system, however, there are less incident or violent in the prison compared to other countries.(ex.1 there are NO violence in the prison since 40 years ago. ex.2 in each year, only 3 or 4 prisoners try to escape from the prison in japan) japanese prison system is very japanese i thought. very nice, neat, not has many problems, sometimes funny, and it is weird to say, but peaceful.



yokokoro1 at 17:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!trip 

2005年11月19日

湾岸戦争の縁の下の力持ち

燃料と弾薬を積んだ米軍艦船が湾岸戦争中(七ヶ月間)に日本と中東を往復した数は約113隻。湾岸に展開した57万人近い米軍が使った燃料と弾薬の80%が在日米軍基地がある日本から運ばれた。

yokokoro1 at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!politics 

2005年11月15日

プルトニウム

mioko san

現在六カ国協議が行われており、アメリカを始め各国が北朝鮮の核開発廃止に向けて会議を進めている。しかし北朝鮮において核問題が浮上するのは、その国が反米で、閉鎖的で、民主主義でなく、「悪の枢軸」と言われている国だからである。言い換えれば、新米で、民主主義の国、日本でたとえ似たような問題があったとしても、報道されないこともあるのだ。

PLG会議二日目、Aileen Mioko Smithさんによる"nuclear issues" という講義で、「エネルギー資源ゼロの国、日本」が石油に代行する資源を作り出すという口実で進められているのが日本のプルトニウム政策であるのを知った。日本における核については、「教室にある電気が核でできてる」というレベルの知識しかなかった私だったが、講義を通して、政府はこのプログラムを45年間にわたって実行していること、それだけ年月を費やしているのに、発電の段階まではまったく到達していないこと、その期間に莫大な資金を費やし、ゴミを増やしているていることを知った。

初めて耳にする問題の中で、一番懸念されるのが、日本のプルトニウム政策が成功した際の商業化という問題である。これが実現されれば、「日本がやっているから」という口実で核を持つ国を増やしてしまう可能性が非常に高くなるらしい。北朝鮮には核開発廃止を訴える「原爆をくらった」日本が、核拡散の手助けをするというなんとも皮肉な事が起こるかもしれないのだ。

プルトニウム政策問題に対し、アイリーンさんは、六ヶ所再処理工場の運転を無期限に延期するという提案をしている。これが日本が「効果的」に核拡散防止に貢献できる方法らしい。なんで政策自体中止しない?と思った私だったが、「効率性」を考えればそれがベターな解決法なのだ。なぜなら、政府にとってプルトニウム政策中止を唱えることは、「45年間の無駄使い」「ごみ処理問題」という非難にぶち当たることを意味するからだ。

けれどやはりベストな対策は政策を中止し、何より大事なのは工場を停止させることだと思う。なぜなら新憲法のもとで、核兵器の元になる工場を日本国土に存在させておくことは非常に恐ろしいからである。無期限延期という法が定まったとしても、工場が存在する限り、政府にとっての戦争用アイテムは存在するからだ。

プルトニウム政策を見て見ぬふりをした年寄り政治家は決して行動を起こさない。メディアがこの政策を問題視したとしても、政府のメディアですぐにかき消される。杉村君みたいな若くて怖いもの知らずな人が「工場停止しないと!」とか発言してくれたらいいんだけど。

グリーンピース・ジャパン:ストップ!プルトニウム: http://www.greenpeace.or.jp/campaign/nuclear/plutonium/



yokokoro1 at 00:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!social problems 

2005年11月14日

PLG peace as a global language

PLG was hold in kyoto sangyo university on November 12 ,13. this is annual symposium for mainly foreign prof  who are interested in peace studies and peace activists. i was there cuz one of my prof, Dr scott participated in this symposium.

NGO and media"the media and NGOs"

japan times editor, editor of the weekly magazine, "friday" and the author of "japanese only" were the pannelist.

 

adachi???"two perspectives on peace studies courses for university students"

he is a prof of ehime national university, teaching peace studies. i asked him why not teach what japan did during the ww2, but he said it is hard to do this cuz he is foregner. sure its true...then i think this means that first japanese prof have to teach more about sensitive issues to their student so that we all can disscuss about it. anyway, i took a pic with him cuz he looks like one of my japanese prof at KGU... i met that japanese prof next day and showed this pic,,,,he admited that he looks like him :]

indian music

he was playing indian instrument....it was really beautiful and relaxing melody. he gonna participate in intl live on nov. 29th at hati hati, kyoto

 

 

pakistanpaul scott

 

 

 

 

 

 

"democracy, peace&development"

my prof, dr scott and his friend sarwar bari, heads of PATTAN. mr. bari was in KGU today, having lecture about pakistan. its terrorism history, development, and earthquake.. if you are interested, visit www.pattan.org

more about PLG:  http://www.pgljapan.org



yokokoro1 at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!life 

intl festival posters!!

my intl posters for festival!!! japan, america, south africa, egypt, britain, sweden, korea, and norway! some of them are at the gate of gaidai and the door of cie!!!

japanese posteramerican poster

 

 

 

 

 

 

african posteregyptian poster

 

 

 

 

 

 

british posterswedish poster

 

 

 

 

 

 

korean posternorway poster

 

 

 

 

 

 

door with my postersjpn poster at the gate



yokokoro1 at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!life 

2005年11月13日

international festival at kansai gaidai!!

KGU had an intl festival on November 6th. it was first time for KGU to held a festival in cie building and i was in charge of this big event. we had mini EXPO, language lessons, taiko, japanese traditional dance, irish band... and i was in charge of sumie class. festival was....very very very great!(look at pic!!) but plannning for this event was so tough...i was really busy before the festival cuz i had to make 8 big advertising posters, i had to plan for sumie class with hiroyo, and i also had to do job hunting(2 final interviews!!)....really tough, i was soooo busy and i was kinda careless about many things..classes and friends. but this festival was mettya great that mainichi and yomiuri newspaper put this event on the newspaper.(yomiuri wrote about our sumie class!!) i really appriciate ppl who helped me, and thank you ai chan who was(and am) a leader of our committee!! we really hope that KGU will held this event next year as well!!! 

スウェーデンブース太鼓

 

 

 

 

愛媛ブース台湾ブース

 

 

 

 

ピンヤタ

mexico booth

 

 

 

 



yokokoro1 at 18:37|PermalinkComments(2)TrackBack(2)clip!life 

2005年11月04日

calligraphy is fun!!!

7bc7db63.JPGim now a committee of intl festival which will be held on november 6th. my job is to make 8 posters which present 8 countries and im also in charge of sumie class. me and hiroyo, my partner had to make a decoration for class so we enjoyed calligraphy. calligraphy is really fun!!!絵語知ってる自家製キムチ始めました

yokokoro1 at 22:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!friend | friend

halloween party!!

608383b5.JPGyeah halloween party!!!!
we went to the bar bird near makino station. me and my friend yosuke who is working at that bar planned to have a party. and i asked soooo many ppl to come...but not many ppl came >_< cuz it was monday and many students have a midterm test.. but i had fun! i could see many costumes. ryuzos costume was the funniest for me. he said he became a man who treat dead body....i dunno what made him to be that but it was funny.

yokokoro1 at 22:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!life | life

高遠菜穂子

i met takato naoko. she was kindanapped in iraq in april 2004. that news shocked japan and many japanese ppl blamed them by saying "self-responsibility". but after several weeks japanese media kinda stopped to broadcast about them. but i had a chance to go to listen her speech in hirakata.
the first thing she did was apologizing to us about making us in trouble....(oops..) and she showed us the video which she took in iraq. she showed many dead ppl whose body has already rotten and maggots were all over their body....some ppl cried by them (including me >_<) and she told us many interesting stories. im gonna introduce some of her story.

one of her friend, american soldier, had to stay in iraq to gard the checkpoint, where is one of the most dangerous place in iraq and many ppl die there. one day, one car with iraqi ppl inside came to the checkpoint and he said "stop", rising his hand in front of his chest. but the car did not stop. (of course he spoke english..) so he shot his gun into the air to scare them so that they will stop. but they just speeded down their car. so he had to shut ppl inside the car. but after he checked the dead body inside the car no one had any weapons. he hurt himself badly cuz he killed inosent ppl and after he came back to america he gave speachs claiming "why didnt they stop??" but one day a girl came to him and said "In Islam, raising hand in front of your chest means "hi". and shutting gun into the air means "conglaturation""




yokokoro1 at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!life | life

2005年11月02日

火垂るの墓

実写版「火垂るの墓」のアニメ映画と違う点は、ドラマが節子と清太の視点と、親戚のおばさんの視点との両方から物語を進めていく点だった。
アニメ「火垂るの墓」を見て、節子たちが居候させてもらっていた親戚のおばさんは非常に意地悪な印象を持ったのは私だけでないと思う。おばさんは節子の家の庭に埋めた食料を節子たちに与えず、夜鳴きをする節子にイヤミを言い、最後には別々に食事をしようと提案してくるからだ。
しかし、実写版ではおばさんのそれらの行動の理由をしっかりと描いている。
夫の戦死を知ったおばさんは、無敵艦隊の乗組員である父を持つ清太に「おじさんはお国のために立派に戦ったから、戦死は喜ぶべきものです」と言われる。尊敬する父に「日本は必ず勝つ」と言われた清太にとってそれは彼の信念であったが、軍隊の上層部の命令のために夫を亡くしたおばさんにとって、それはまったくナンセンスな解釈であった。自分も子供たちも学校や抵抗運動に参加しているのに、家で一日中節子と遊んでいる清太に対しても、「戦争中なのに一体何をしているのか」というわだかまりをどんどん膨らませていく。
しかしおばさんが持つこのわだかまりは、食料不足という困難があってのことである。病気がちの息子を含めた子供四人かかえ、家庭を支えるのが精一杯な彼女は、家族を死なせないため、家族でない清太と節子に冷たくなっていく。
一方清太は尊敬する父の「節子を守れ」という言葉に忠実に、学校にもいかず節子を守ろうとする。まだ子供である清太は、おばさんが母親として何と戦っているのかもわからない。わだかまりはつのり、ついには家を出る決心をする。
しかし結果的にはおばさん一家は生き残り、清太と節子は飢え死ぬことになる。極端な言い方になるが、家族を死なせないと誓ったおばさんが「勝利」し、社会とのつながりが途絶えてしまった子供二人が「敗北死」したのである。(これが現実だなと思う)ドラマの最後でもおばさんが彼女の子供に言う台詞があるが、「死んだら負け」なのである。清太が家を出るのを見たおばさんの娘が「お母さんは鬼よ」と言うシーンがあったが、おばさんにとって、生き延びるためには鬼にならないといけないのである。「けだるい平和」社会でいきている私たちにとっては理解しがたいかもしれない。しかしこのドラマに登場した人物の心の中にはそれぞれ鬼が存在し、それは自分の信念をまっとうするが上に生まれ出る鬼であった。きっとそれが人間の本質で、その最悪をもたらすのが戦争なんだろうなと思う。今は私は鬼になる必要はないが、あの時代に生きていて、同じ状況なら、自分の中の鬼を目覚めさせて、きっと他の鬼たちと争うと思う。
ちなみにこのドラマのエンディングで、イラクの子供たちの写真がたくさんでてきた。憲法改正に対するメディアの抵抗だと思う。このドラマをどれだけたくさんの人が見たのかはわからないけれど、このドラマをきっかけに来る国民審査に向けて考える機会を持ってくれたらいいなと思う。


yokokoro1 at 00:44|PermalinkComments(2)TrackBack(1)clip!movie | movie

2005年10月08日

Japanese minority -Buraku 部落-

Buraku community is one of Japanese minority which started from Edo period(1603-1867). In edo period bakufu(government led by shogun) made buraku community which regarded as non-people so that bakufu can evade ppls dissatisfaction toward them. buraku community were discriminated badly, often forced to do dirty job. In 1971 the japanese law release them and many buraku ppl escaped from their community. (but this law didnt forbit ppl to discriminate them) but discrimination toward them continued, and some of them no longer wanna tell where are they from.
my prof had a guest speaker who is from this community. at the very begining of the speach he said "im from the buraku community." he did it cuz his message was that we should talk about this problem and try to know what lies behind this problem.

what he worries is that today we think the topic about buraku community is taboo and tend to avoid talking about it. he claims making this problem taboo is not a solution. (some of intl student were actually taught not to talk about buraku community before they came to jaapan) he claimes that even buraku ppl have to study their origin(if children learn about buraku community in school, why not?) and why ppl discriminate them cuz most of them dont talk about the problem even within their families.(he also hasnt tell his son where is he from) so they just tend to be pessimistic and cannot see the problem clearly. but the fact is that most of them prefer to be quiet.
what i thought interesting was that one of his friend said to him that the "buraku community" in japan are similar with "japan" in the world. cuz they are very exclusive. they refuse to interact with others, they like to divide themselves from others by using the words like "we" and "they". ahhh i dunno whether it is true or not, i need more time to think about this..

talking with him was really meaningful for me cuz it was as if i were seeing person who are from the book. cuz ive never met with buraku ppl(or i did, if they refused to say the fact) the problem became clearler and bigger in my mind. cuz he wants us to face this problem, i want you who see this to think and talk about this problem with your friend. always talking and thinking problem is very meaningful for us.


2005年09月24日

expo-loving our earth?????

b60b4580.JPGi went to expo in Aichi with my friends Mika, Yuriko, Ryuzo, Seth, and Yann. we had great time in there and i had foreign food which has very interesting taste....i drunk Turkish yoghurt joice which was too sour to drink! i felt i could understand the feeling of american who has just ated red plum, umeboshi, for the first time..
although i had good time there, i couldnt like expo. it is great cuz we can see new technologies and foreign stuff, but maybe i couldnt like it cuz of their theme, loving earth.
the theme of Expo is 愛・地球博, loving our earth. but some ppl claim this expo is 愛知脅迫, threat of Aichi. cuz what they claim is loving our earth and what they actually do is destroying it. i felt it when i saw a film with the theme of loving our earth by 50 meter long screen (must be really expensive and must needed more destruction). it is good to know about environment more in expo, but maybe we should know what lies behind expo.

yokokoro1 at 21:59|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!life 

2005年09月12日

9.11 in Japan!!

ahh long time no see friends! i havent updated my blog for a long long time....
well i should start from 9.11 cuz i had a part time job on that day! i took a poll from ppl who just have voted. and that poll was used in TV to predict the outcome of the election.
i was supposed to visit 4 places, 2 hours each. i had to wake up at 5 and the taxi was supposed to come to my house. BUT i was surprised cuz that was not taxi but a hired car.....!!! i felt like im very important person hehe.
and when i get to the kindergarten, the first place, i had to say hi to hedmaster. he didnt like me taking a poll inside kindergarden so i had to do it near the gate...where lots of mosquitos were waiting to suck my blood!
i started to taking a poll from 7 in the early morning but there are many ppl there, mostly ppl in their 40s or older.
it was easy to ask ppl to take a poll in the morning(cuz old ppl were more kind), but it became taugh around noon and evening cuz they say they have to hurry to prepare food or they have an appointment....blah blah blah. but i could take all polls which i was supposed to so i was luckey :]

what i felt on that day was that there was many ppl who belongs to sokagakkai(one sect from buddhism) and they did hate to answer a poll from the TV company which i worked for cuz that company is more left side. moreover, many ppl voted for 公明党 cuz sokagakkai ppl are supposed to vote for them.
but 自民 and 民主 was of course more popular. but there were some ppl who said ill about koizumi cuz they think he is Hitler. i think that ppl, no matter they are citizens or politicians, really likes to speak up and tell us how evil he is. for me he is kinda dangerous person but i admit he is charismatic. but when he insisted that "for privatization of post office or against it or good or bad", it reminded me of the statement of his good friend "for us or agains us or good or evil"


yokokoro1 at 21:02|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!politics | politics

2005年08月12日

9.11 in Japan  日本はやっぱりアメリカと歩む?

選挙まであと一ヶ月。今、小泉派か反小泉派かどっちに投票しようか迷ってる。テレビとか見てて、小泉派と反小泉派の意見を聞いていたら、やっぱり小泉派は未来に向かってどんどん改革していこうって姿勢が見れるけど、反小泉派の亀井さんとかの話聞いてたら、すでに終わったことをグチグチしゃべって、古い人間って感じがする。党の決定をちゃんと認めて、けじめつけて愚痴いわんかったらカッコイイのにな。雰囲気的に小泉派にまかせたほうが、本当に役人天国が少なくなるんじゃないかって思うような気もする。株も上昇してるし。年金問題を先に考えろって声もあるけど、年金、福祉、景気問題を解決するには郵政民営化が大事になってくる、全部関係してるんだっていう意見に対してもうなずける。
じゃあ小泉派に投票しろよって思うけど、一つだけひっかかることがある。それは、小泉さんの靖国参拝問題。
やっぱり外大生やし、国際関係には興味ある。「日本はアジアと歩むべきか、アメリカと歩むべきか」って答えは常に探している。(卒論あればこれ書きたいな)で、うち的にはやっぱ日本もアジアやし、大東亜戦争のつぐないも含め、アジアと歩んでもらいたい。だからそういう意味で靖国参拝する小泉さんは、アジア和平を願ってる自分にとっては「敵」だったりする(笑)。だから今月の15日に小泉さんが参拝するかしないかによって、うちの気持ちも変わるかも。噂では参拝のことは考慮しますって小泉さん言ってるらしいから、参拝せんかもしれん。
でも、最近ふと、「日本はアジアと組むか、アメリカと組むか」という疑問に、「日本はアメリカと組むべき国なのかもしれない」という考えが浮かんできた。というのは、「ランドパワー」と「シーパワー」のことである。日本とアメリカが「シーパワー」で、一方アジアの大国、中国と韓国は「ランドパワー」なわけ。陸に住むもの、島国に住むもの、やっぱり歴史や価値観は似てくる。そういう点を考えたら、日本がアメリカと仲良くすることってやっぱり必然とおきてしまうことなのかなーって最近思った。(郵政法案も、アメリカに言われてやったんじゃないかって噂もある。うちはただの言いがかりだと思うけど)
でもやっぱりアジアと歩んでほしいなあ。。。外国で始めて差別された時とか、アジア人見下されてるなーって思ったり、アジア人がプライドかけて西洋に渡りあえるような地域になれたらなーって思ったりするし。。。

物質的なものと感情的なものを天秤にかけたら、どっちが勝つだろうね?

yokokoro1 at 23:50|PermalinkComments(6)TrackBack(2)clip!politics 

2005年08月10日

9.11 in Japan - 自由民主党

d5e109ec.jpg前衆議院員が「我こそ真に自民党を愛する者なり」って皆声を揃えて言っている。じゃあその自民党って何?

自民党=自由民主党は、1955年に自由党と、日本民主党の「保守合同」で成立した。保守政党である。その後、1993年から94年の一年を除き、2005年現代にいたるまでずっと与党(=政権を担当する政党)だった。総理大臣も自民党からわんさかと出ている。

その理念とは?
☆わが党は、人格の尊厳、基本的人権を尊重し、自由な社会を守る自由主義の政党である。
☆わが党は、国民とともに未来に向けてつねに改革を進める、開かれた民主的な政党である。(だけど「保守政権」となっているのはなんでやろう?)
☆わが党は、世界平和と人類の繁栄、地球環境保全に積極的に貢献する平和を守る政党である。

もう一つ、自民党の特徴として、党内の派閥があります。実際自民党には、
旧橋本派、森派、亀井派、旧堀内派、山崎派、高村派、小里派、旧河野グループ、二階グループ、無派閥
と、こんなに多くの派閥が存在します。 
なんでこんなに派閥が??その理由は簡単、党が成立した時、「自由党」「日本民主党」と二つの党が混ざり合ったので、皆の信条が100%一緒ってことはなかったらしい。だから派閥が生まれたそうだ。それにしてもちょっと多すぎる気も。。。。ちなみにこの派閥は他の党にも存在します。

なんか調べてたら、自民党って、党内の理想と現実とがかみ合ってない気がする。こんな派閥が多い党で、「常に改革を進める」ことって可能だろうか。派閥が多いということは、あることに対してイエスと言う人と、ノーと言う人が分かれるということである。今の郵政がいい例でしょう。自民党に派閥がなかったら、自民党解散自体もなかったはず。理想どうり改革を進めることができたでしょう(国民が望んでいるか否かは別として)。日本の政界には党が他にもおるんやから、一つの党自体は派閥なしでまとまっといたほうがシンプルでいいんじゃないやろうか。。。

yokokoro1 at 21:42|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!politics 

2005年08月09日

9.11 in Japan - 郵便株式会社???

61ce3549.gifじゃあ郵政民営化って何?ニュース見て知ってる人もおるやろうけど、簡単に言えば、今まで国営やった郵便事業が「日本郵政公社」になって、株式会社になっちゃうってことです。どういう風に?っていえば、郵便局の「窓口ネットワーク」「郵便」「郵貯」「簡保」の4機能を株式会社として独立させるらしい。
☆政府の無駄遣いが減る??
日本の借金の4分の1は、郵便貯金や簡易保険の資金を使って郵便局が引き受けているらしい。その資金の行き先は
1)国債を買って、国は得た資金を公共事業にまわす
2)財政投融資という形で特殊法人へ流れる
ってよくわからんけど、なんかこの資金の行き先は、いわゆる「無駄」っていわれてるところへ届く仕組みになってるみたい。
でも郵便局が民営化されると、郵貯、簡保は国の保証がなくなるから自然に残高が減るかもしれんて。イコール国債や財政投融資資金に回す金額が減るってことやから、無駄遣いが減るってことなんです。
。。。。ってこれが、良い点悪い点いっぱいあるなかの良い点の一つ。悪い点では、外国企業にのっとられるとか、金融業界が危なくなるとか、サービスとしてなりたたなくなるとか・・・でもヨーロッパでは郵政民営化は普通にあるみたい。だから世界的にみてもそんなにびっくりするようなことではないらしい。

yokokoro1 at 15:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!politics 

9.11 in Japan - 変人以上の小泉さん

23f0c5d2.gif「小泉は変人以上や。」この前衆議院を解散するって言う小泉さんに、森前総理大臣が説得に行った後、メディアを前に森さんがこう言った。噛んだら歯が欠けてしまいそうになるぐらい硬いチーズとビールのみでもてなされたあげく、全く説得できへんかったらしい。
変人。デモ小泉さんって、今までの総理大臣と大分タイプが違う。X-Japanのコンサート行ったり、リチャードギアとダンスしたり、最近は蝉の抜け殻集めに凝ってるとか、少年の面もあると思いきや、皆がやめろっていってるのに靖国いったりとか、頑固爺の印象もある。変人って言えば変人なんかも。でもその変人は、郵政民営化に対して命がけだそうだ。郵政民営化は小泉さんの髪の毛が真っ黒やった時から彼が主張しているものであり、9.11の選挙で郵政賛成の衆議院が多く集まらんかったら自分は辞めるとも言ってる。さてうちらは国民はこの変人を信じて良いのか否か。もしこの変人に国を任せたとして、変人が変人を通り越して、それこそ変人以上になって正義になっちゃう可能性ってあるのか。どうやろう?

"he is beyond madness" Pre-PM, Mori said to his media, after he failed to persuade Koizumi to give up dissolving the house of representatives. Mori said he served him with only beer and extraordinary hard cheeze stick, never changed his opinion.
maddness. sure koizumi is a little crazy, or i would say he is very different if you compare him with other pre PM. sometimes he is like a boy, he likes japanese popular rock band and go to their concert with other politician, he danced with american actor in front of media, and recently he is addicted to collect shell of cicada. and sometimes he is so stuborn. even though everyone around him blame him visiting yasukuni shrine, he just keep saying his own justice. and this crazy koizumi, said that the privatization of post is more important than his own life, and he is willing to die if this privatization is passed! actually this privatization of post has been his faith for a long time. and if the member who support his idea will not be selected on 9.11, he will be resigned. now, will japanese ppl believe this mad guy or not? if we dont, he will be resingned, but if we do, what gonna happen? beyond the madman lies justice?


yokokoro1 at 13:32|PermalinkComments(1)TrackBack(1)clip!politics 

9.11 in Japan 

70b5dd77.jpg昨日いろんなことがニュースに流れた。参議院で郵政民営化法案が否決され、その後、小泉さんが衆議院解散を公に発表。その衆議院の選挙が翌月9月11日に行われる。昨日ずっとテレビにかじりつきっぱなしやった母さんに、来月は選挙いかん?って誘われた。選挙っていっても。。。。昼からうちも頑張ってテレビつけっぱなしにして、状況を理解しようと頑張ってたけど、やっぱ、ようわからん法案名とか、派閥とか、党とか、ごちゃごちゃになってよく理解できへんかった。ちゃんと理解したんは、政界に入って痩せた大仁多あつしがハマコーに怒鳴られてる姿を見て、自分はハマコーとは意見が合わんって思ったことぐらい。でもなんか、テレビとか母の興奮っぷりを見てると、次の選挙は政治の歴史に残るような選挙らしいのがわかる。だからちょっと今の状況を調べて選挙いこかなって思った。何よりアメリカで比較政治とか勉強してたくせに主婦の母親と比べ俄然状況を理解できてないのが癪に障る。なので、これからちょっと郵政に関することをブログに載せよかなって思ってる。皆も、郵政とか選挙とかなんかようわからんって思ってるかもしれんけど、うちのブログからちょっとでも理解して選挙行ってくれたら嬉しいです。まあ、就活もあるし、怠け心もあるし、もしかしたらこれが9.11シリーズの最後のブログになる可能性もあるかもしれんけど(!)、もしそんときは今月末の「朝まで生討論」て番組見て選挙いってください。

9.11 in Japan,05- this day, the election will be held in japan. we can select the NEW member of the House of Representatives. but why? of course it is because the house of representatives were dissolved by our Prime Minister, Koizumi, who must be the one who will, or did change the history of Japanese government. He dissolved the house of representatives cuz his house of Councilors did not accept his new law of the privatization of posts and telecommunication. so, what is this important and why???? actually i dunno the detail now, so ill study little by little and wanna put some explanation in here. i wish i will post many explanation untill 9.11, when ill attend the election for the first time...

yokokoro1 at 01:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!politics 

2005年08月06日

朝まで生討論!

a511f5a1.gif昨日朝まで生討論に第二次大戦の兵隊さんが出てた。30代の若い女の人と討論してたけど、同じ日本人やのに価値観がまったく違う。兵隊さんら、ハキハキしてて、頑固そうで、でもちゃんと自立して強そうな人が多かった。戦時中の話聞いてても、船が沈没して隣の島まで14時間泳ぎ続けたとか、すごい話ばっかりでてくる。でも皆アメリカのこと批判するわりには、あんま中国とかのことは言及してなかった。当時の教育がそうやったんやろなーって思う。靖国のこと聞かれた時は、靖国全面的に肯定する人もおったけど、東条が祭られてるのはけしからんって人もおった。その人は戦時中にシベリア送りにされてつらい目にあったから、リーダーである東条がやっぱ憎いらしい。やっぱ皆が皆天皇とか東条とか万歳ってわけじゃなかってんな。天皇といえば、愛国心とは?って質問に、「自分を愛し、家族を愛し、親戚を愛し、国を愛し、文化を愛すること」って皆口をそろえて言ってた。「天皇」って文字はでてこんかってちょっとびっくりした。日本のトップに疑問をひそかに持ってたのかもね。でももう戦争が始まれば、命令に疑問を持つことなどありえない!って感じやった。あと、戦後、日本は良い国になりましたか?って質問もされてたけど、それも意見が分かれてた。平和を守れる良い国になりましたって言う人もおれば、GHQのせいで日本人が日本人の自信を失った、または愛国心を後世に伝えることを怠ったって批判する人もおった。そこで「もし日本が第二次大戦で勝利していたら、日本は良い国になっていますか?」って質問がとんでんけど、なんとなんと、皆一瞬しんと静まった。うーん。。それはどうですかなあ?ってリアクション。やっぱこれは、お国のためとはいえ、みんな国が100%正しいとは思ってなかったってことの表れちゃうんかな??って思った。
次回の「朝まで生討論」は8月26日金曜日!今度は小泉さんの優勢民営化についてやるんちゃうかな。なんか今、小泉さんがあの自民党を「ぶっ壊す」ことを試みてるみたい。それって日本の政治の歴史上ですごいことらしいし、よく考えれば、天下りとか派閥とかある日本社会で、単独で自民党ぶっ壊すってのは、めっちゃun Japanese なことやと思う。政治のしくみとかイマイチまだようわかってないから、そのニュース見ててもちゃんとわからんくてもどかしかってんけど、この番組見たら発端からちゃんとわかるかなって思うから、必見です。

yokokoro1 at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!politics 

2005年08月05日

grave of the fireflies

996bb26d.jpgbeginning of the august is when japanese tv bloadcasts lots of news or movies about hiroshima."火垂るの墓 hotaru no haka- grave of the fireflies" is one of them, animation movie from one of the most famous movie company-stadio jibli.
the story is about 2 child, 14 years old brother and 4 years old sister trying to survive in the destruction of the city by air attack. their mother injured in the first attack and died soon,her body burned, maggots were all around her. (this shocked me a lot when i watched this movie and since i liked to avoid watching this movie and im sure many ppl felt like me) children moved to their aunts house but could not socialize with her and abandon the house and start to live in the cave.but little sister became weeker and weeker, and finally she became like a old lady who has dementia: she licks a taw like licking a candy, and offering her brother a ball made by mud as if offering a food.
this movie is so sad! the little sister is so lovely girl but her eyes lose the shining at the end of the movie. you may get a hint how ppl in this period lived,too. a cold attitude toward poor ppl, for example.

this title is called grave of the "fireflies" but in japanese title, chinese characters for "firefly=蛍" has changed into other chinese character which means "fire=火" and "to hang or to droop=垂". this should imply about the war. but speak of fireflies....it is very hard to find them in japan now.





yokokoro1 at 21:04|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2005年07月20日

Mr. Garr Reynolds

cc78ef4e.JPGhave you ever had a presentation? do you know how can you improve your skill as a presenter? this guy professor garr can teach you! i went to Osaka apple store to see his presentation about presentation.
i took his marketing class before i studied abroad and that is why i know him. i had no idea about marketing but i could understand well by his lecture. he is very cheerful guy and also very fashionable. one day i was in his classroom and when he appeared i fell in love with his nike shoes....:] i watched his shoes more often than the blackboad. after the class i asked him about shoes and checked on-line. but that shoe was only for men and i could not get it....the guy who see this blog and wanna be hot like garr should buy this nike shoe!
ppl who wanna know more about prof. garr-http://www.garrreynolds.com/index.html

yokokoro1 at 01:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2005年07月06日

this life makes me tired

b7717e23.gifhi! long time no see guys..im suffering from job hunting and i was too tired to put some message on my blog. im very stressed now and cannot sleep in the night. does everybody know how can i sleep well in the night??? i tried music, but it was no help. if you have any good idea, please tell me!!!

yokokoro1 at 22:27|PermalinkComments(15)TrackBack(0)clip!

2005年06月12日

parasite nationalism

bf3b1d05.jpgas everybody know, japan got the seat for world cup. if you watched the match JPN vs N.korea on TV, you must noticed the voice of japanese supporter who had gather around the stadium(no supporter could enter the stadium at this game) and cheer japanese player. there was no TV screen outside of the stadium, so they didnt know what is going on in the game, still, they cheer players and their voice certainly was sent to the pitch and to the players.
murder, bullying, domestic violence...there are many crazy things in japan now and its kinda surprising to watching japanese supporters who unite together and cheer japanese game. therefore many ppl today see soccer as a way which can make japanese ppl unite together, to the extend that a book about japanese supporter called "puchi-nationalism"(mini-nationalism) was released.
however, some journalists think it is "parasite nationalism" because they think that japanese supporter rely on other ppl (soccer player in this case) and wanna make their dream come true(to go to germany). so they think japanese supporters dont think about nation at all because they do just cheer.
i think that damn journalists see nationalism as ppl who can just fight for the nation. however, i wonder its a true nationalism to fight for the nation and murder ppl. if you truely love you nation, you dont wanna your nation to make mistakes, especially japan, which made huge mistake before. for me, to make a demonstration and deny the war rather than participating in the war is more like a nationalism.

yokokoro1 at 14:38|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!sports 

2005年05月14日

Japanese Identity???

742ca962.bmp

日本という国はアイデンティティーを追及するにあたって最も価値のある国である。サミュエル・ハンチントンの「文明の衝突論」で、彼が世界各国を文明の特色で分ける時、Japan だけが、West でもなく、Buddhismでもなく、Japaneseと区別されている。世界中でこのように区別されている国は日本だけだ。日本は西洋と仲良く歩んでいるようにも見えるが、結局はアジアの国である。しかし、様様な西洋モデルを適用している日本という国は「アジア」という枠の外に存在している。よってJapanはJapanとして見なされているのだ。
日本という国は何か、そのアイデンティティーは何か、将来どのような方向に向かっていくのか。それを知りたいという思いは以前からあり、私は「東アジア史1800〜」のクラスを受講した。1800年以後の時代を選んだのは、最も劇的な時代、第二次世界大戦が含まれる時代だからだ。
第一回目の講義で中国人の教授が、「このクラスは日本と中国のアイデンティティーの動きを学ぶクラスだ」と言った時、わたしはこのクラスを通して勉強以上のものを学べるだろうと思った。
私は日本で受けた教育から、日本は原爆を受けた唯一の国であり、戦争を放棄した国である。したがって、日本は平和を愛する国であり、日本がすべきことは平和を訴えるということが自然と頭の中にあった。
しかし、このクラスで「南京大虐殺」のビデオを見て、私は日本という国が何なのかという答えを完全に見失ってしまった。中国人の首を持って笑顔でピースサインをする日本兵の顔は笑顔だった。彼らの顔には恐怖や混乱の色はなく、日常生活で友人や家族に見せるような笑みがそこにあった。
日本人はシャイで、物静かで、勤勉で、親切、礼儀正しい、と外国人から思われている。これは100%正解ではないが、間違ったステレオタイプでもない。しかし、礼儀正しいといわれている日本人が、文化やテクノロジー、文字を与えてくれた中国を裏切り、物静かだといわれている日本人が、南京で8歳から80歳までの女性を強姦したというのは事実である。歴史は一握りの有力者にゆだねられ、戦場では兵士が発狂するのが当然のこととはいえ、そのようなステレオタイプの中にいた私にとってこれがショックだったということは言うまでもない。
しかしあの時代はあの時代での日本のアイデンティティーがあった。「大東亜共栄圏」である。そして戦後、天皇が「敗北を抱きしめ、平和な国を作ろう」と言ったように、日本人は「大東亜共栄圏」からそのアイデンティティーを移し、戦後の国の再建に全力を注いだ。
そして今ささやかれているのが、日本の「戦後」は終わったということである。きっかけは9.11、そしてイラク戦争だ。憲法第十条改正要求、自衛隊イラク派遣、イラクで高速された日本人に対する保守的な日本の対応、靖国神社参拝・・・これらは日本のアイデンティティーは「平和を訴える国」から、新しいものへ動きつつあるサインかもしれない。
それが好ましいものではないにしろ、アイデンティティーが変わる時は自然と変化するのだろう。文頭で日本は何という国なのかといったが、おそらく一つの国を一つのアイデンティティーにしばるのはふさわしくないのだろう。それぞれの時代にそれぞれのアイデンティティーがあり、歴史の流れによって変化していくのである。しかしながら、個人的には日本には「平和の国」というアイデンティティーを維持していてほしい。しかし日本がやったことを認めた上で、原爆、戦争の悲劇を訴え、平和を主張する国になってほしい。しかし現在のゆとり教育、戦争を語れる者が少なくなったということ、そして政府の動き、世界情勢(北朝鮮問題や日中国交関係問題)を見るとこれを維持するのは難しいようにも思える。
Japan is a country which worth observing its identity. When Samuel Huntington divides every countries in the world with their characteristics of civilization in his “Crush of the Civilization”, Japan was neither categorized as “West” nor “Buddhism”, but was categorized as “Japanese”. Such country which is categorized by the name of its country is only Japan. Japan seems get along with the West but Japan is in Asian country. However, Japanese system is much more like west which makes Japan different from other Asian countries.
What is Japan? What is its identity? Where is it heading for? I have been thinking these questions for a long time and that may be one of the reason why I decided to take “East Asia since 1800”. I chose this period after 1800 because the most dramatic events in Japanese history happened in this period-WW2
Therefore, when my Chinese prof of East Asian History in OSU mentioned in his first class that “this course is to learn the shift of the identities of China and Japan”, I thought that I will be able to learn more than study in this course.
Derive from what I learned in Japan, I had an abstract idea that Japan is the only country which got the atomic bomb and then renounce the force. Thus Japan is a country which loves peace and its duty is to appeal peace so that every country has a constitution which renounce the war like Japan.
However, when I watched the video of “Rape of Nanking”, with soldiers who grap the head of Chinese people, smiling, I completely lost the image of Japan. The face of soldiers had no confusion or horror, but that smile was as natural as daily life, same with the one which you show to your friends or family.
Foreigner thinkis Japanese is a shy, quiet, hardworker, kind, and polite. This steleotype is not 100% true but it is not a wrong steleotype...(not finished)



yokokoro1 at 23:53|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2005年04月30日

does international driver guilty or not?

0121f0de.jpgin my composition class, we are debating a case below. do you think international driver are guilty or not?
international student, who has only driver's permit, go to bank by car but he drove by himself. he hit the car on the way to go there. nobody hurt, but the other car got damage. so international student and other driver called police. when pollice came, she said international student have to pay 55dollers. but international student paied 600doller because in his country, ppl are supposed to pay more than they were supposed to. after he handed money to police officer, he drove off. is it considered as bribery or not? maybe he was not intended to pay more for bribery but it is also true that he was neglect to the rule in america. tell me your opinion!


yokokoro1 at 15:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!oklahoma 

2005年04月23日

それでどうして政府を信じることができるか- then how can we trust our government

d3a4a279.jpg今朝ネットのニュースを見ると昨年行われた学力テストの結果が華々しく載っていた。2002年の前回と同じ問題で、正答率が上昇。意識調査では「勉強が好きだ」という回答が見られたが、「日本列島の北部にある島の名前は?(小5)」という質問に「北海道」と答えられたのは48%という情けない結果もでた。
学力テストの結果が出た今、政府はどのように日本の教育システムを改善するのだろうか。正答率が上昇したという事実を利用しゆとり教育を続けるのか、それとも、中国のデモを通し多くの国民が闇の中に葬られた過去に勘付く事実を考慮し、歴史の教科書を改善して教育強化に打ち込むのか。
歴史教科書の改善は中国との国交関係のためでもあるが、日本人国民のためでもある。戦争をあれだけ否定しておいて事実を認めないのは恥だからだ。私たちは「戦争は恐ろしい。なぜならたくさんの犠牲者が出たからだ」と学ぶ。決して「戦争は恐ろしい。なぜなら私たちは多くの罪を犯したからだ」とは学ばない。自分たちのやったことを教育させないでどうして「戦争は悲しい、悲しい」といい続けることができるか。
私は去年原爆の被爆者のスピーチを聞いた。彼女のメッセージは、「私たちの時代、私たちは自分で考え、自分で行動する権利がありませんでした。正しい情報も与えられていませんでした。しかしあなたたちの時代はそうではありません。だからあなたたちは自分の意見をしっかり持つべきです」
これが被爆者の願いである。しかし戦後60年にもなって大東亜戦争の詳細は教科書に記されていない。果たして私たちは正しい情報、または教育を通して自分で考え、行動する時代に生きているだろうか。また、この問いを自国からでなく外国の憎悪によって知らされるなど、恥ではないのだろうか。
私は現在1800年以後の日中歴史のクラスを通し、1920年以後の出来事を学んだ。私はまだ学び始めただけで、あの時代の多くの情報を知らない。学んだうちの情報もどれが正しいくてどれが嘘なのかも正直わからない。けれど少なくとも今は日本がやられたことと、やったこと、両方説明することができる。だからあの悲劇を教育させない政府が信じられない。あの悲劇を認めない政府を、国民がどうやって信じることができるか。国民も教育を通してこの事実を知るべきである。政府はゆとり政策を廃止し、何が起きたのかを伝え、子供たちをもっと教育させるべきである。
when i saw the news today, it shows the outcome of national examination (the purpose of this exam is to check the education level of students/from 5th grade to 9th grade) which was done in last year. with the same question as examination in 2002, the rate of correct answer has rised. in the survey, more students answered "i like to study" while 52% of them cannot answer the easy question such as "japan is made by 4 island, and the northest island is----"(hokkaido).
now, with this outcome, how will our government improve our education system? will they continue the "yutori" education system(the education system that will educate student less so that they can consentlate on small amount of subjects) by taking advantage of the fact that the answer rate has rised? or will the try to reinforment education system by considering of the fact that many japanese started to notice what had happened during the ww2 throught the demonstration in china?
improvement of history book can be benefit not only for better relationship with china, but also for japanese citizens. cuz its a shame that we arent be educated what we did while we strongly claiming the tragedy of war. we always learn "war is horrible cuz many of your ancestor were killed", we never lean "war is horrible cuz we murdered thousands of ppl" how can they claim "war is sad, sad" without let us educate what we did?
i met a victim of atomic bomb last year. she claimed that "at that time, we are not allowed to think and act as you want, we are controled and didnt get accurate information. but your generation is not. so i want you to cherish your own thought and opinion"
this is what hibakushya wish. however the fact is that our history textbook has not put what we did even 60 years passed. are we really living in the period that we can think freely with accurate information and education? moreover, to be noticed about this not by ourselves but by the hatret of victims is not a shame?
im taking a class "east asia since 1800" now. so i learned what had happend after 1920. my knowledge is still shallow and i still dont know much about what had happend at that time. actually im not sure which information which i got is correct and which is wrong. but at least now i can explain a little both what we did and what we were done during that period. that is why i cannot believe our government which dont let textbook explain that tragedy. how can we trust our government which have been rejecting to provide that information to citizens? japanese citizens should know what had happend during that period through the education. government should abolish yutori education and let citizens educate what had happend. 

yokokoro1 at 06:28|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!news 

2005年04月20日

its not true!!!!!

2f5ea512.jpgDONT teach wrong japanese words!!! i was very surprised when my art prof teach us "amatArasuoomikami(アマテラスオオミカミ)", "ise jingO(伊勢神宮)", "yamAto-e(大和絵)" and "murOsaki shikibu(紫式部)".....here in america, ppl learn wrong japansese... also in my history class, my prof taught us "zaibUtsu(財閥)", "shikokO(四国)"..... it was funny but kinda annoying. but this can happen everywhere. not only spelling, but also the fact may also be distorted sometimes like our history book. as i said, i was a little bit annoyed by my profs mistakes. then, if i were chinese, i think i would be really mad about our textbook...its kinda depressing to say this but it seems like we always need to doubt what we hear or learned.

yokokoro1 at 12:21|PermalinkComments(7)TrackBack(0)clip!life 

2005年04月19日

animal supporting human

4913e098.JPGi wonder what the meaning of this art.... is this mean human is supported by anima for foods or clothes??

yokokoro1 at 02:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!art 

african art in kansas museum

56a797a0.JPGit was my first time to see so many african art!! their art was really interesting!!! i liked this figure, made by bead maybe. he is sitting in a animal, and undernieth something like chair is also supported by animal! is he king or famous ruler???

yokokoro1 at 02:56|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!art 

monet - water lily モネの睡蓮 in kansas museum

4d86459e.JPGFINALLY I MET MONET "WATER LILY"!!
monet, whose work was sold in tremendously high price and many of his work were shown in many exhibitions, was not really feel happiness in his life. many of his friends, wife, and children died before he did. he also got desease on his eye. he was always afraid of losing his eye sight. when he eventually got operation on 1923, he recovered his eye sight. then, he started to keep drawing water lily untill his death..

モネは生前に認められた画家である。信じられないような価格で絵が売れ、数々の展覧会にも出品された。しかし年老いたモネは決して幸福ではなかった。長年ともに過ごしてきた数人の画家仲間、妻、子供達に先立たれた。その上白内障を患い、失明の不安を常にかかえていた。
やっと1923年になって手術に踏み切ったモネはなんとか視力を回復する。そして復活したモネは死に至るまで睡蓮を描きつづけた。

yokokoro1 at 02:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!art 

mariels favorite art

1f4d9563.jpgscary!!!!!! but mariel loves this art. i dunno who and when this is made, but this is really art for her. btw what do you think this art talks about? love and war?

yokokoro1 at 02:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!art