2018年8月21日。JKT48に新たな公式YouTubeチャンネルが出来ました。

その名は「JKT48TV」
11

ロゴが独特なレトロ感を醸し出しています。

「T」に付いている触角のような物は、昔のブラウン管テレビを彷彿とさせます

images (22)


いったい、どんなチャンネルなのか?


まずは予告動画を見てみましょう


ここでもアナログテレビ時代を意識した演出で、レトロ感があります。

チラリと映る本編の映像は、かなりユルそう(笑)



てことで、気になる第1回目の配信はこちらです


ユピ(シンディ・ユフィア)とアニン(アニンディタ・ラーマ)がひたすらナゲットを食べまくる!という予想通りのユルさです。

こんなしょーもない企画ですが、この二人なので、最後まで見ちゃいますね。
推しメンだったら何回も見てしまうかも知れない。そんなモグモグ動画でした。
36481230_238594096867482_3817954531455533056_n
38097261_696157930731608_3122576631625940992_n



続いて8月27日に配信された第2回は「プッチの世界」という日本語タイトルが付いた動画です


元々コスプレイヤーで日本のアニメが大好きなオタクアイドル、プッチ(プティ・ナディラ・アザリア)が「コミフロ」というイベントに潜入取材をする内容です。

IMG_20180825_140649

1回目でグンっとハードルが下がったせいもあるのか、かなりクオリティの高い動画になっている気がします。いや、なっています!
演出が楽しいので、インドネシア語が解らなくても楽しく見られますね。

それに、5期生18歳のプッチが明るくて清々しいんですよね。アニメイベントだけじゃなく、色んな所をレポートしてほしい!と思うくらい楽しい。

39061607_244348716432748_1259216645146278178_n
37209004_248454412429585_3138641832242577408_n (1)


9月3日現在の動画はこれだけです。
予告動画の説明欄には、 「Perbaharui Setiap Minggunya(毎週更新する)」と書いてあるのですが・・。
僕が言うのも何ですが、毎週更新と書いている以上はちゃんと守ってほしいですよね(ブーメラン)




JKT48サーカス(地方巡業)での大盛況でも分かる通り、JKT48の人気はインドネシア中に広がっていますが、メンバーを詳しく知ればもっともっとJKT48の輪は広がるはずです。
しかし、現状でメンバーを知る方法は、SNSか劇場に通うしかありません。
ジャカルタに有るJKT48劇場には遠くて行けないファンも多いと思います。


他の48グループには、たいがい冠番組が存在しますが、JKT48には現在、テレビでの冠バラエティー番組が有りません。
日本でも、バラエティー番組はグループアイドルにとっては凄く重要ですよね。
そこでメンバーの個性を知ったり、新たなキャラが誕生したり・・。TVはファンを増やす大事な機会になります。


その大事な機会が、JKT48には無いのです


このYouTubeチャンネルに「TV」というタイトルを付けたのは、そんなJKT48の反逆のように感じます。




最後に僕の希望ですが、「みんなでカラオケする」とか「みんなでホラーゲームする」とかみんなでキャッキャする企画をやってほしいです。てゆーか、ユルくて良いからバンバン更新して、とにかく動画の数を増やしてほしい!!


より良いコンテンツになるよう「JKT48TV」を盛り上げましょう!!
それでは、また来週。