体外-3(IVF)

2006年10月29日

周期15日目>採卵

結論から言うと、1つだけ取れた卵は変性卵だった。。
嫌な予感は、してたんだよね。

8:30 IVF受付
9:30 採卵(5F)

採卵前、何故かものすごく緊張していて、リラックスルームのベッドの中で待っている間、足先が冷たくてどうしようもなかった。
トイレにも3回も行ってしまった。
で、採卵。

いつも通り麻酔はナシ。モニタに卵巣が映し出される。
やはり大きな卵胞は1つ。針を刺してブチューっと中身が吸い出されるのが見える。
全部吸い出した後、先生は結構丁寧に他に卵胞がないか見てくれてたけど、小さなものがボコボコあるだけで、採れそうな卵胞は見当たらなかった。
採卵が終わると、今度は内診とは別のモニタに、吸い出された液の中身が映し出される。
培養士さんが卵を見つけてくれているようだけど、私には綺麗な卵の像が見つけられない。

オペ室から出て、リラックスルームのベッドの上で採卵結果を待つ。
看護婦さんが来て、「残念でしたが、今回卵は採れませんでした」と言う。
ああ、やはり。
卵、見えなかったもんな。

着替えて先生からのお話を待つ。
名前を呼ばれて問診室に入ってみると、K先生が座っていた。
多分、採卵してくれたのはこの先生なんだろうな。

K先生は若い先生で、大変頭がキレそうな人。
まだ数回しかお目にかかったことはないけれど、いかにもエリートって感じのにおいがする。アメリカとかで学位をとってそうなタイプ。>欧米かっ
この先生、内診のときは何も言わずいきなり器具を差し込んでくるし、早口に捲くし立てるような話し方をするので、好き嫌いがハッキリ分かれると思うのだが、私は意外と嫌いではない。
キチンと質問すればキチンと答えてくれる。多分。
なにしろ「オレの言うことに間違いはない。質問はすべて打ち返してやるぜ」的なマエノメリな姿勢が良い。
こちらも「そんなら、これはどういうことなのよっ」と戦闘的な気分で、かつ建設的に質問ができる。

そんなK先生、開口一番、
「残念ですが、変性卵でした。
変性卵というのは、すでに死んでしまっている卵のことです。」


すかさず畳み掛けるように、
「変性卵ができた原因は、特定はできませんが生理周期の乱れや前回妊娠した際の影響が考えられます。
つまり古い卵子が残っていて、それが今回出てしまったんです。」

「前周期、プラノバールを飲みませんでしたね。何故ですか?
プラノバールは飲んだ方がいいですね。プラノバールはFSHを下げて古い卵子を消してくれるんです。
ネット上の情報を見て躊躇されているのかもしれませんが。あ、もちろん飲まなくても良い卵が取れる人はいますけどね。」


「副作用がきつくて。気持ち悪くなってしまうんです。
前回その旨を申し出たら、飲まなくても良いと言われたので。」
(いや本当は、ネットで「プラノバールを長く服用すると良い卵が採れなくなる」との書き込みを見て不安になっているのも事実なのだが。先生その話、知っているのね)

「それならドオルトンを出しましょう。
プラノバールよりこちらの方が気持ち悪くなる人が少ないんですよ。
効果はプラノバールと同じです。」

「それで次周期なんですが、2つプランが考えられます。
ひとつはカウフマン周期を入れるプラン。これはFSHとE2を薬でコントロールして、古い卵子を消去し新しい卵子の準備を整えるものです。
もうひとつは、ドオルトンを飲んでまた採卵をするプラン。」

「今回変性卵が出たので、カウフマンの方をお勧めします。
でもカウフマンをするなら、d2・d7・d12は必ず午前中に来院していただく必要があります。
これは精緻にホルモン値を測って、そのつど薬の内服量を決めるためです。カウフマンではFSHとE2のコントロールが肝なんです。
それからカウフマンを入れると次の採卵が年末年始にかかります。それで良いかどうか。
また、次回は採卵するけど、そこで再び変性卵が出たらカウフマンをするという手もあります。」


「カウフマンというものは聞いたことがあります。
でも、それをやって状態がよくなる人もいれば、更に悪化する人もいるようですね。」

「普段からFSHが高い人や高齢の人など、卵巣機能がおちている人の場合はカウフマンによって状態が悪化することがあります。
でもコロスケさんはまだ心配ないでしょう。30代でそこまで卵巣機能がおちているケースは稀です。」


「そうですか。でもとりあえず次回は採卵でお願いします。それでダメだったらカウフマンを入れていただきたいと思います。」
(もうお休みするの、嫌なの。結果、急がば回れになっても)

「わかりました。では次はd3に来てください。」

「またクロミッドを使っていくんですか?」

「そうです。」

「あのー私の場合、クロミッドが身体に合わないということは考えられませんか?
前回も3つの卵胞のうち2つが空胞だったし、いつも飲んでも卵胞の数もできないし、質も悪いような気がするんです。
同じ1つだけなら何も飲まない方が身体にはいいのかなとも思いますし。」

「飲まなくても結構です。
しかし、飲まないと採卵のタイミングを計ることがとても難しくなります。そういうリスクを知った上でなおということでしたらいいですよ。
クロミッドを飲んでいただく一番の目的は、採卵のタイミングをコントロールすることなんです。クロミッドはLHの上昇を抑制します。
とはいえ、コントロールが効かない方も3%くらいはいるんですけどね。」

「またクロミッドで卵の数が増えるわけではありません。
卵の数は、はじめからご自身の体が決めています。1つ採れた周期なら初めから1つ、3つ採れたなら初めから3つ用意されていたということです。
卵の質についても同じ。はじめから悪い卵であれば悪い卵が出てくるわけです。
クロミッドはあくまでもサポートするだけです。だから周期が始まる前までに、体の環境を整えておく必要があるわけです。」


なるほどね〜。
プラノバールに対する疑問もクロミッドを飲む理由も大体分かったわ。
もっとちゃんと心の準備をしていれば、もっとたくさん質問できたのにとも思うが、やはりキチンと説明してもらうことは大事かと。
はじめ変性卵と聞いたときは、「もう私が妊娠することはあるまい」と目の前が真っ暗になったけど、卵巣もまだ大丈夫そうだし、次また頑張ってみるか。

周期:15日目
体温:36.26℃
費用:21,000円

費用がさあ、てっきり「採卵針などの消耗品代4万+採卵周期の固定費2万1千=6万1千」だと思ってたんだけど、固定費の2万1千だけで済んだ。(受付で4万円を仮収めしたけど、会計時に返してくれた)
採卵で針、使ったのにな。

yokonori3 at 19:03|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2006年10月28日

周期14日目>採卵直前

またまた全然ブログに来られなかった。。

留守中、来ていただいた方々、本当にありがとうございます。
コメントもホッタラカシ状態が続いて、申し訳ありませんでした。
これに懲りず、お付き合いいただけたら嬉しいです。。。

さて前回、鍼灸院に行くといってから、1ヵ月以上も経ってしまった。
鍼灸院のレポートも詳しく書いておきたいのだが、それは後にして。
採卵が明日に迫っている。
9月半ばより今に至る経過を、ざっとご報告。

------------------------------------
●●治療経過●●
【お休み周期】
9/12(d01)リセット
9/27(d16)βhcgチェック
βhcg:0.0/卵胞:左17mm
※次周期治療再開のGOサインが出る。
※例によってプラノバールを出されたが、あんまり続けて飲みたくなかったので「副作用が出るので」とゴネったら、あっさり「じゃあ、やめましょう」と先生が。言ってみるもんだ。

【IVF-ET周期(クロミフェン自然周期)】
10/15(d01)リセット
10/17(d03)ホルモンチェック
FSH:7.1/E2:37
セロフェン服用開始(1日1錠×10日)
※FSHが微妙に高い気が。
10/24(d10)卵胞・ホルモンチェック
E2:116/LH:16.3/卵胞:右12mm
※卵胞は1つしか育っていない模様。
10/26(d12)卵胞・ホルモンチェック
E2:240/LH:16.6/卵胞:右16.5mm
ヒュメゴン150
セロフェン服用終了
10/27(d13)卵胞・ホルモンチェック
E2:507/LH:15.0(LH下がった!?)
24時にスプレキュア
10/29(d15)採卵予定


●●前回(IVF-ET2回目→化学流産)との違い●●
・採卵日が1日早い。卵胞の育ち方はほぼ一緒なのに。
・スプレキュアが、24時26時の2回から、24時の1回に。
・d10からの診察が全て、あまり評判のよろしくない女医さん。

卵胞    前回    今回
d10    13mm  12mm
d12    16mm  16.5mm
d14    20mm   −
d15           採卵
d16    採卵

------------------------------------
前回と、使う薬や注射の頻度など含め診療工程はほぼ同じ。
でも前回より1日早い採卵となっている。
卵胞の育ち方は一緒だが、各日のホルモン値が違ったのか?(前回のホルモン値は効いてないから分からないけど)

そこが不安。
今回は一つしかない卵胞。
なのに、未成熟だったらどうしてくれるのさっ。

あと、卵胞は1つしか育ってないって本当か?
女医さん、見落としてないだろうなあ。
だってE2、507あるよ。
ま、採卵時に別の先生が見つけてくれればいいけど。(もしかして採卵も女医さん?)

とまあ、ネット上の評判だけで人を判断するのはどうかとも思いつつ、いろんな不安が頭をよぎる。
しようがないよね、不安になるのは「失敗できない!」っていう気持ちが強いからだよね。
特に女医さん、ハナから疑ってかかってゴメンなさい。

周期:14日目
体温:−
費用:−

最近、体温計測がイイカゲン

yokonori3 at 16:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)