先日、長年の友人との絶交で考えさせられた
私も彼女も40代
私の方が年上だが更年期に差し掛かる
閉経が50前後 だから10年前から更年期に入る


彼女の性格はいたって 過去はサバサバしていて
細かい事を気にしない性格で
例えば今回のネイル試験で私が伝えるのを忘れても

いいよ〜適当にやっておくからっていう楽観的だった
男に食わせてもらうのも嫌で自分がむしろ養いたいと
言う男気ある女性だった


それがいつの間にか
彼氏がお金持ちだから将来は大丈夫かな
とか 寄生する発言をしてきたのだ

女性にありがちな冗談トークかもしれないが
今までの彼女だったら
ありえなかった


待ち合わせ時間もいつもかなり早くから来る人で
時間ギリギリとか少し遅れるなんてのは
彼女らしくなく
毎回イライラしていて
食べる時も以前は相手の呼吸に合わせ
ガツガツ飲み込むように食べることはしていなく
優雅で余裕があったのだが


あれって思ったのがお酒が非常に弱くなった事だ
バーボンのロックをカッコ良く飲み
私よりも数倍飲めた

私も更年期の歳だけど
30代の方がイライラしていて
キレやすくどうしようもない女だったのに
40代になったら急に男性に寄生する考え方も無くなり
全くイライラしなくなって

更年期ってのは誰にでも来るけど
それがいつなのかは人によって違うんだと思った


自分の信じた友人たちが更年期になり
今までと違う性格になっても
彼女らは根本的には素敵な人達で
もしかしたら2度と会わないかも知れないけれど
出逢いは終わりがあるものだと思っている
自分のパートナーしか最後まで一緒にいられないのだと思う