2008年02月

2008年02月27日

瞑想入門

クリパルヨガ教師養成講座の、
必読本だったこの本。

ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門
―豊かな人生の技法



すごくおもしろいです。
今2回目読んでます。

ヨガの本って難しいものが多くて、
読んでるとだんだん意識が遠のいていくこともしばしば。
目は文字を追ってても頭では別なこと考えてる、みたいな。
単にわたしの集中力がないだけ、な気もするけど( -д-)

でも、この本はすごくわかりやすい。

瞑想についての本なんだけど、
真の幸せって何なのか、
苦しみとは何なのか、
どうやったら幸せになれるのか、
というようなことが書いてあります。

よく、”幸せって自分の中にある”って言いますが、
この本を読んで、「なんでそうなのか」がよく理解できました。
自分のことってわかっているようで、
実は知らないことは山ほどあるんですね、本当に。
そして、瞑想って本当にすごいんだなあ、と、
改めて納得しました。

これまでいろいろヨガの勉強とかしてきたけど、
なんかこの本を読んで、
頭の中がまとまった感じがします。
そしてまた、
瞑想するのが楽しくなってきた今日この頃です。


2008年02月21日

新潟

新潟にスノボに行ってきました。

東京から1時間ちょっと行くだけで、
そこは一面の銀景色。


新幹線から見える景色にびっくりしました。
こんな積もってる雪、初めて見たかも。

越後湯沢







雪景色








歩いててきゅっきゅっと鳴るのとか、
大きいつららとか、
屋根から、ドーッと雪のかたまりが落ちてくるのとか、
雪が降ってキラキラしてるのとか、
すごく嬉しくなりました。

雪の積もったところに、
ずぼーって足を突っ込むのとか、
あれ、最高だなあ。

童心に帰るような気持ちでした。

安いペンションに泊まったけど、
全室、床暖房。
室内はほんと暖かかったです。
やっぱ雪国は寒さ対策がばっちりなんですね。

ペンションのおばちゃんはすごーく親切だったし、
食べ物もおいしかったし、
新潟っていいところだなあ。


yokoyoko45 at 18:23|この記事のURLComments(2)国内旅行 

2008年02月15日

ふるさと


梅







ちょこっと鹿児島に帰省してきました。
鹿児島もかなり寒かったです。

ばあちゃん(91)には帰ることは内緒にしておいたので、
いきなり登場してびっくりさせることができました。
わたしが帰るちょうど前日に、
飛行機を見ながら、
「陽子ちゃんは帰ってこないかなぁ」
と、言ってたらしいので、
余計に驚いたみたいでした。

実家では、
囲炉裏で炭をおこしてました。
灯油が高いからここ最近はずっと囲炉裏にしてるんだよ
と母が教えてくれました。
囲炉裏で、ししゃもとかイカとか餅を焼いて食べたんですが、
これがやばい!!!
信じられないくらいおいしかったです。

寒いので自然とみんなが囲炉裏に集まってきます。
昔はこうやって家族団らんの場になってたんだろうな。
囲炉裏にはそんな役割もあるんだなって思いました。


囲炉裏







↑囲炉裏であったまるばあちゃん

ランチ







↑桜島を見ながら昼食


露天風呂にも行ってきました。
川を眺めながらの温泉は最高でした。
ばあちゃんのしぼんだおっぱいが、
ぷかぷか浮いてたのが印象的でした。
わぁ浮かぶんだーみたいな(笑)

露天風呂







↑左が川で右が露天風呂です。


大河ドラマ『篤姫』の影響で
最近、鹿児島は盛り上がってるらしいねというと、
両親とも見てないそうです。
意外にあっさり。
(連続テレビ小説の”ちりとてちん”が最高だ、と言ってました)

鹿児島に帰ると、
全身の力が抜けるというか、
特別何もなくても無条件に癒されます。
ふるさとのパワーってすごいなと思いました。


記事検索
最新コメント
Today's Moon
月別アーカイブ
QRコード
QRコード