◆旅のこと

2015年03月19日

沢田マンションに泊まってきました

素人が建てたこちらのマンション。
沢田マンション。通称「沢マン」

これがもうすごいのなんのって。
詳しくはイケダハヤトさんの記事を読んでみてください。

通称「日本のサグラダファミリア」:独身で高知に移住したいなら沢田マンションがおすすめ 

image


























東京から移住してきたよしみちゃんはなんと!
沢マンに住んでいるのです。
お部屋に一泊させてもらいました。

夫婦で手作りしたというこのマンション。
同じ間取りはひとつとしてないそうです。

image














よしみちゃんのお部屋。
おしゃれです!
そなえつけの机つき。

マンション内が迷路みたいなんですが、
マンションの屋上は沢田さん一家が住んでいます。
これまたびっくり、一軒家なのです。
マンションの屋上に一軒家。
庭と畑と大きな池もあるので、ここは1階だっけ?と錯覚します。

image














鶏やうさぎも放し飼い。
鶏に威嚇される瞬間のあかりさん。笑

image















この沢田マンション、宿泊もできるので、
高知に行く機会があればぜひ一度泊まってみられることをおすすめします^^

yokoyoko45 at 14:46|この記事のURLComments(0)

2015年03月17日

高知に行ってきました。その2

宿の朝食がまた美味しかった。

image















高知4日目は、レンタカーで足摺岬へ。

image
 













こんな道をぬけると、、、
image 


























絶景が広がっていました。

image














image














image



















四国最南端、制覇!
image




















 
帰りは久礼(くれ)の大正町市場に寄って、

image


























image















ここで遅めのランチ!
おすすめの田中鮮魚店さんで、
購入した魚をさばいてもらい、
ごはんとみそ汁を注文してその場で食べます。
贅沢すぎる!

image



















 
近くのカフェ「古久家」でお茶。
時間が止まったような素敵な空間でした。

image 














image




















久礼はすごく気がよくて。
この神社もよかったー。
鳥居の向こうは海。

image














image















大正町市場の中に雑貨屋さんもあり、
そこで見つけた直径3センチほどのちいさなちいさな雛人形。
かわいい!

image
 



















高知5日目、飛行機で福岡へ帰りました。
小松商店のゆず果汁をお土産にいただいたんですが、
これ、かなり美味しいです。


image 




















次の記事は、高知の有名なマンション「沢田マンション」について。 

yokoyoko45 at 14:23|この記事のURLComments(0)

2015年03月14日

高知へ行ってきました。その1

高知へ移住した好美ちゃんのところに遊びに行ってきました!

image

























何が起きてるかよくわかっていないあかり。笑


初めての高知!
大好きになりました。

まず、鰹が信じられないくらい美味しかった!
鰹ってどちらかというと苦手なほうなんです。
塩でいただきます。
脂がのっているのでわさび多めでいいよということで、
わさびとニンニクのスライスをのせていただきます。
美味しすぎてもうびっくり。。。

image




















 初日は汽車ののって室戸岬へ。
しんたろう号。

image














image



















image



















展望デッキもあって、
海を一望できました。

image















汽車で一時間。そこからバスで一時間。
ようやく室戸岬につきました。
風が気持ちいい!
南国の雰囲気が漂っていて、
なんだか宮崎に近い空気感を感じました。

image














image














image



















image




















 
2日目は日曜日だったので、日曜市やヒロメ市場へ。
活気があります!

image














image 














 
その日の夜は、
好美ちゃんおすすめ多国籍料理SO-ANさんでごはん。
パエリアの貝は、オーナーのきよしさんが海でとってきたものだというので驚きです。
どれもこれもかなり美味しかった♡
好美ちゃんの高知の友達も一緒に、
楽しいひとときを過ごしました。

image














image














image
 

























3日目はレンタカーで四万十方面へ。
途中、大岐の浜で休憩。
海がめちゃくちゃ綺麗でした。

image














 image














image




















その日の夜は、四万十の宿にみんなで宿泊しました。
温泉に入ってゆっくりのんびり。

つづく


yokoyoko45 at 14:20|この記事のURLComments(0)

2014年11月03日

バルーンフェスタと武雄観光

3連休の最終日。
たまたま夫の仕事が休みだったので、
朝4時起きして
念願の佐賀バルーンフェスタへ。

5時に出発して、
6時45分スタートの競技時間に、
ぎりぎりセーフで間に合った!

image 















色とりどりのバルーン。
すごくきれいでしたーーー!
コスモスもきれい!

image














ものすごくたくさんの人、人、人!

出店もいーっぱい出ていたので、
たこ焼きを食べて腹ごしらえ。

かかしもいっぱいいて、記念撮影。

image



















image



























9時くらいには退散して、武雄観光へ。
緑がいっぱいで空気がおいしいーーー!

ずっと行ってみたかった話題の武雄市図書館
いやあ、すごい建物。
TSUTAYAと図書館とスタバのコラボ。
素敵すぎる。。。
近くだったら毎日通いたい!!

image















ストウブのレシピ本と、
あかりの絵本を購入。

image





 









それから武雄温泉へ。
お湯がとっても気持ちよくて大満足!
むかしからある古い温泉って大好き。

紅葉まであとすこしという感じだったので、
いつか紅葉の頃にまた来てみたい♥️ 

yokoyoko45 at 21:17|この記事のURLComments(0)

2014年10月15日

ミャンマー旅行記<9>まとめ

旅ってやっぱりいい。
旅すると、
「これはこういうもんだ」とか
「これはこうするべきだ」っていう
自分の中にある枠がガラガラーッと崩れて、
とても自由になる感じがするのです。


image























ミャンマーはとにかく人があたたかかった♡

笑顔が本当に素敵で、見知らぬわたしたちにたいしても目が合うと微笑んでくれる。手を振ってくれる。
笑顔ってなんてすばらしいんだろう・・・
そんな当たり前のことを教えてもらいました。
それだけでもミャンマーに来てよかったって思えました。

この国の人はお茶したりおしゃべりしたり、とにかくみんなリラックスしていました。
仕事しながら子守りを普通にしているので、きっと託児所なども必要ないんだろうなあ。
さすがにお店番しながら夫婦で寝てたのには驚いたけどね!笑
日本ではまずありえない。
仕事してるのか休んでるのかわからないようなシーンをほんとによく見かけました。


image













おもしろかったのは最終日に泊まった五つ星ホテルでの接客。
そこはミャンマー的なナチュラルな笑顔ではなくて、
めっちゃ”営業スマイル”でした。笑
ミャンマー人のあたたかい笑顔に慣れていたわたしたちは、それがものすごく不自然に感じてしまいました。

五つ星ともなると、日本のようにやはり仕事も高いスキルが求められます。
日本では、お客さんがいなくてもずっと立っているし、常に気を配り、失礼のないように、間違いがないように、みんな一生懸命がんばってる。
それがいいか悪いかはおいといて、
高いスキルが求められる→ストレスがたまる→疲れる→営業スマイルになる
こんな方程式ができるのかなーなんて感じました。

でね、これは東京にいたときもすごく感じたんだけど、東京の人は冷たいんじゃなくて、こころもからだも疲れてるんだなあって。
あれだけ働けばそりゃあ疲れます。
あれだけ人が多ければそりゃあ疲れます。
疲れ具合がミャンマーと日本では全然違うように感じました。
余裕がないから、自分にも他人にも優しくできないだけ。
傷つくのが怖くて、関わりを避けているだけ。
なんじゃないかと、、、。
日本の人たちもみんながもっと肩の力抜いて、リラックスして、自分らしくいられるといいなあ。って改めて感じたのでした。

image













そして、さすがは仏教の国。
ミャンマーはとにかく治安が良かったです。
ぼったくられる心配もほぼなし。
観光地のお土産店でも、高くふっかられることもない。
「いくら?」と聞くとちゃんと妥当な金額を言ってくれるんです。
優しくしといて後で金銭を要求する”っていうパターンもミャンマーではほとんどなかった。
それをされると結構へこむんですよね。
あ、お金が欲しいだけなのね、って。
それがないっていうのもかなり癒されるポイントでした。

困ってると声をかけてくれる人がいて、
ちょっと警戒するんだけど、
実はただの親切心だったり、

タクシーを探していると
わざわざ呼び止めてくれる人がいたり、

ああ、思い出すだけでなんだか涙が出そう。。。
こころがホカホカです。

不思議と日本に帰ってから、
「これをしたらどう思われるかな?」とちょっと躊躇していたシーンでも、自然と人に親切にできるようになっていました^^
ミャンマーパワーすごい。

image



















旅行は1週間でしたが、
あかりを鹿児島に預けていたので
2週間ほど、あかりのいない生活を体験しました。

自由な時間がいっぱいありすぎて、、、
うん、それはそれで最高でした。笑
帰国してから夫とふたりでご飯を食べに行ったとき、
「お会計はご一緒でよろしいですか?」と聞かれたのがかなり新鮮だった!笑
この2週間、新鮮な気分をいっぱい味わいました。
夫ともひさしぶりに一緒にゆっくり過ごすことができたしね。
ふたりきりだと自然と手をつないじゃう不思議。笑
本能的なものなのか。
母親モードから女モードに切り替わるんでしょうかね。
夫婦の絆も強くなったような^^

ミャンマーから戻って数日してから
鹿児島の母のところへあかりを迎えに行きました。
鹿児島行きのバスの中では、遠距離恋愛中の彼氏に会いに行くような気分でした。
遠い昔だな。笑
あかりとの久しぶりの再会、しあわせでした♡

母とのメールのやりとりでも様子を聞いていたけど、
あかりはこの2週間、鹿児島での母との生活を満喫していたようです。
って毎回満喫してるんだけども。
今回はだいぶ長かったけど、それでも、泣くことも、ぐずることも、帰りたいということもなくて。
我慢してる部分もあったのか、ちゃんと理解してるのかよくわからないけど、わたしが迎えに行くと「おかーちゃんだー!」と、とにかくものすごくはしゃいで嬉しそうでした。
言葉もよりクリアになって、またひとまわり成長した様子。
母にはほんと感謝です。
あかりを連れて帰るのはすごくさみしそうでした。

またいつか、あかりを連れてミャンマー行ってみたい!

そうそう、帰国してから夫はますます仏教に興味を持っています。ブータンからミャンマーと、どちらも仏教国なので。
あと、映画「ビルマの竪琴」をひさしぶりに見て改めて感動しました。
その国に行ってから見るとやっぱり違いますね!

読んでいただいてありがとうございました。
(おわり)
 
yokoyoko45 at 16:53|この記事のURLComments(0)

2014年10月14日

ミャンマー旅行記<8>ヤンゴンのローカルな市場

<ミャンマー6日目つづき>

タクシーの運転手さん、がんばってくれました!
マッサージやさんに連れていってくれると言ったものの、行ってみたところは全部閉まっていて、なかなか見つからない。人に聞きながら30分くらいあちこち走って、ようやくたどりついたのでした。よかったよかった。
1時間マッサージをしてもらいスッキリ。
なんと350円という安さ。


マッサージを終えて外に出てみる。
どうやらわたしたちは中心地からずいぶんはずれにきたみたい。
せっかくなので、このあたりを散策してみることにしました。

嗅覚が冴えていたのでしょうか。
大通りから裏道のほうへ入っていくと、
かーなーり!ローカルな市場にたどりつきました♡
英語も全然通じないし、かなり珍しそうな目で見られるし、まさに地元の人しかいない雰囲気。
地元の人の生活が垣間見えて、最高に楽しかったです。

image














image


























なんかね突然、映画の中に入りこんじゃったみたいな、そんな気持ち。
image


























image






















目があうとみんな優しくほほえんでくれます。
image













魚屋さん。お魚をさばいています。
お肉屋さんもありました。
image






















こちらも魚屋さん。
image













八百屋さん
日本の野菜と似てました。
image












image







 




image












たまごやさん
image













お花屋さん
image















揚げ物屋さん
ドーナツ揚げています。
ミャンマーのドーナツはだいぶ油っぽいらしい。
image 













下着屋さん
image
 











キンマ屋さん
ミャンマー人がガムのように噛んでいる嗜好品キンマのお店。
ものすごい慣れた手つきで手作りしていました。
image 













揚げ物屋台
揚げたてをひとつだけ食べたいなあと思っていたら、一袋買ったお客さんがひとつ味見をさせてくれました。優しすぎるー(涙)
image











 

ビリヤードっぽいゲームをしている男性たち。お金もかけていました。
image 













クレープやさんぽいお店。美味しそうだったので食べてみた!
image












黒砂糖のような甘いソースとココナッツがよく合う。
美味しくてペロッと食べました♡
image 













ちょっとひと休み。ミャンマー人は喫茶店が大好き。わたしたちもミャンマー人になりきって喫茶店でお茶してみました。言葉は通じないけど店員さんがまたいい人だったー。
image
 











珈琲。甘くて美味しい。
おやつは勝手に出てくるんだけど食べたぶんだけ課金されるシステムだそうです。
image













ホテルに戻り荷物をとって、
21時45分の飛行機で無事に日本に帰りました。
約6.5時間のフライト。

成田には翌日7日の6:50着。
福岡には7日のお昼に到着しました。
あかりと早く会いたいなあ! 
yokoyoko45 at 21:36|この記事のURLComments(0)

ミャンマー旅行記<7>シュエダゴォン・パヤー

<ミャンマー6日目>機内泊

ストランドホテルの朝食。
どれもこれもほんとうに美味しかったです。
仕組みがよくわからなくてつい頼みすぎてしまったのだけど、このメニューの中からどれでも注文したら作ってきてくれます。

image















Fresh Pomelo Salad
image












Egg Benedict & French Toast
image













ミャンマーの麺料理、モヒンガー。
魚ベースの麺料理。ライムやコリアンダーなどの薬味を入れて食べます。
これ大好き、めちゃくちゃおいしかった!
image













朝食のあとは、この国最大の聖地シュエダゴォン・パヤーへ。
拝観料8USD。

image












階段の両側にはたくさんのお店が並んでいます。

黄金の塔の高さは99.4m、使われている金箔の数だけでも8688枚らしいです。広い境内には毎日大勢の参拝者が訪れます。
image












image













image






















南参道口にはエレベーターがありました。
エレベーターに初めて乗るような人もいて、足を踏み出すのにかなり真剣な表情!踏み出すまでにすごく時間がかかる人もいたり、踏み出そうとしたものの勇気がなくて、あきらめて階段で登る人も。笑
思わず動画に撮ってしまったくらい、微笑ましかった〜〜。

image






















わたしがここで気になったのはロンジー。
ミャンマーで日常的に着用されている民族衣装です。

夫もロンジーを着てみました。涼しいんだって。
image


























女性は上下セットのロンジーを着けている人も多く、おしゃれ!
写真を撮らせてもらいました。
image






















image























それからミャンマーのデパート的なところへ行ってみました。
ヤンゴン最大かつ今最もホットなスポットらしい。
ブランド店などがたくさん入っていて、まるで日本でした。
ここでお昼ご飯。

ミャンマーの揚げ物
image












下写真奥は食べるお茶”ラペットゥ”
発酵させた茶葉と、ピーナッツや揚げニンニク、豆、干しエビ、ごまなどを合わせて塩をかけ、ピーナッツオイルで和えて食べるお茶受け。

image













今日は夜10時のフライト(ヤンゴン→日本)なので、まだまだ時間がある。。。
マッサージに行こうと、タクシーの運転手さんに連れていってもらうことにしました。

つづく
 

yokoyoko45 at 17:32|この記事のURLComments(0)

2014年10月13日

ミャンマー旅行記<6>気球からのバガン

<ミャンマー5日目>ヤンゴン泊

image















早朝の気球ツアーへ。
◎会社:oriental ballooning
◎運行時間:45分
◎料金:ひとり300USD

料金はかなりお高め。
ですが、その価値は十分にありました。


朝5時半頃、宿泊しているホテルにバンがお迎えにきてくれました。
すこしいくと道路脇のなんにもないひろびろとした敷地に入っていきます。
ここから2つの気球を上げるらしいんだけど、20〜30人はいたかな?たくさんのスタッフがいました。

image













乗客用にテーブルとイスが用意してあり、パンや珈琲や紅茶のサービスも。
高いだけあって?至れり尽くせりのサービスです。

パイロットはアメリカ人。
パイロットの指示でミャンマー人スタッフがかなりきびきびと作業していて、はじめての気球は怖かったけど、これならちょっと安心かなーなんて思う。

image













気球の準備が整ったのは、もうすでに6時半くらいだったかな。
あたりはすっかり明るくなっていました。
ひとつの気球に4組のれます。
当たり前なんだけどパイロットも一緒に乗ることがわかって、またすこし安心。笑

そしていよいよ出発!
乗り込んでしばらくすると、いつの間にかすーーーーっと浮かんでいてびっくり。
地上の景色がどんどん小さくなっていき、あっという間に上空へ。

昨日も寺院から夕日を眺めたし、気球から見てもそんなに変わらないんじゃないかなーと思っていたんだけど、いやいや、全然ちがいました!
寺院のあるエリアへどんどん進んでいきます。

IMG_0602













朝日を見ているひとたちが手を振ってくれた。
IMG_0641












朝日に照らされる遺跡。
IMG_0607













気球をゆっくりとまわしてくれるので、360℃の景色を楽しめます。
気球からの景色はもう言葉にならないほど。
それはそれは美しい絶景でした。
ここは間違いなく、”一生に一度は見てみたい世界の絶景”のひとつだと思います。

image
















image













image








 












約45分のフライトで、寺院のあるエリアを抜け、原っぱに無事着陸。
スタッフさんがすかさずイスをセッティング。
シャンパンとフルーツでお祝い!
ああ、楽しかった。。。

image













ホテルに戻って朝食を食べたあとチェックアウトをすませ、
ホテルのあるニャウンウー地区から馬車で30分ほどのところにあるミン・ナン・トゥ村へ。

タクシーで村へ到着すると、勝手に現地のガイドさんがついてきました。
あとでチップを請求されるけど、いろいろ説明してもらえてよかったです。

子供たちの声が聞こえてきたので、何なのか聞くと「小学校だよ」と。
見学も自由だそう。
なんの許可もいらず、開けっぴろげの教室へ。

子供たちはのびのびと楽しそう。
むかし、日本の学校もこんな感じだったんだろうなあ。
image












子供たちは英語のアルファベットの発音練習をしていました。
めちゃくちゃかわいい!

image

















わたしたちが教室内をうろうろしても、全くおかまいなし。笑
先生も優しくほほえんでいます。

子供に字を書いてみせてーというと、うれしそうに書いてくれました。
image












無邪気な笑顔がたまりません。
image

















制服もかわいい。
image
























子供たちにバイバイしてから村の中を見てまわりました。
床が高くなっているので風通しが良さそう。
この日もかなり暑かったけど、家の中に入ると涼しくて気持ちよかったです。
image












葉巻を吸うおばあちゃん。
かっこいー!
image






















わたしたちにもその場で葉巻をつくってくれました。
(しっかりとチップを要求されましたが、笑)
吸ってみると、なかなかおいしいかも!

image






















IMG_0690













牛や豚やヤギもいました。
image












image













この村は観光客相手に成り立ってるのかな。
ロンヂーの手織りの様子を見学できたりするけど、
これも観光客用に用意されている感じ。
しっかり手織りのものや宝石類を販売するコーナーもあります。
その部分はちょっと興ざめしたけど、
小学校を見学できたり、村の人々の生活の様子が見れて楽しかった!

image

















夕方のフライト(バガン→ヤンゴン)までまだ時間があったので、
電動バイクをレンタルしてマッサージへ行ってきました。
歩き方にも載っているShwe Pyi Nan Thanakha Gallery。ここはマッサージのほかショップやインターネットカフェもあります。
ここにくるのは実はもう2回目。
マッサージの種類はタイマッサージだと言ってました。
ボディ1時間8000K(800円)、フット1時間7000K(700円)くらいだったかな。
いやあ、気持ちよかった!


夕方のフライトで、バガンからヤンゴンへ。
今回は時刻通りに出発しました。
image













ヤンゴンのホテルへチェックイン。
最後は贅沢に五つ星ホテルにしました。
「ザ・ストランド・ヤンゴン」
一部屋35,000円ほど。

10493_14042513190019200910_800x600












10493_14042513580019201882_800x600














※agodaより画像お借りしました


1901年に建てられた由緒あるホテルで、
落ち着いた雰囲気がほんとうに素敵でした。

ウェルカムドリンクが美味しかったなあ。
部屋もかなり広いし、天井が高くてびっくり。
かなりゆったりとくつろげます。

image






















image












image






















image























明日はミャンマー最終日です。


yokoyoko45 at 17:31|この記事のURLComments(0)

2014年10月12日

ミャンマー旅行記<5>バガン遺跡めぐり

<ミャンマー4日目>バガン泊

ホテルで朝食を食べてから
遺跡巡りに出発しました。

ここバガンでの主な移動手段は、
タクシー、レンタバイク、レンタサイクル、馬車。
あちこち点在する遺跡を見てまわるのに徒歩は無理なので、
馬車をチャーターすることにしました。

image

 











どの遺跡を見てまわるかで、料金を交渉します。

ミャンマーは公用語はビルマ語だけど、
旅行客を相手にする仕事の人はだいたい英語が話せます。
日本語も人気らしく(文法とか似てるんだって!)、
わたしたちが日本人だとわかると、
「こんにちは」「さよなら」「おいしい」と、
すごく嬉しそうに知ってる日本語を言ってくれます^^

馬車のおっちゃんは、
携帯のアプリみたいので日本語を勉強してるらしく結構上手。
英語と日本語とミックスでガイドしてくれました。
で、のちのちわかったんだけど、
ガイドさんのこと、おっちゃんと思っていたら、
夫と同じ32歳ということでびっくり!失礼しました。笑


image












一番最初に連れていってもらった寺院。
ガイドブックでチェックしてない寺院だったので
なんていう名前か忘れちゃったー^^;
遠くからも綺麗だけど、
近くで見ても本当に美しい。。。

image












IMG_0378














『アーナンダ寺院』
”アーナンダ寺院に行かずしてバガンに行ったというべからず”といわれるほどのバガン最大の見どころ。バガンの遺跡を代表する、最大かつ最もバランスのとれた美しい寺院だといわれている。1090年、チャンスイッター王の手で建てられた。
中にはお土産やさんもいっぱいあって、ここで可愛いポーチをゲット。

image






















高さ約9.5mの仏様が4つあります。
大きい!
IMG_0395
























移動中は、牛の群れとすれ違ったり、
IMG_0443












お坊さんが乗った車とすれ違ったり。
お坊さんたちがこっちをじーっと見ているので、
手を振ったらバイバイしてくれました^^
(ちなみにミャンマーでは、手を振ったらどこでもみんなバイバイしてくれた。優しい!)

image














『タラバー門』
9世紀、ピンビャー王がバガンの防備を固めようと築いた城壁の名残。
image














『マハーボディー・パヤー』
1215年、ナンダウンミャー王の治世に建てられた、バガンでは珍しいスタイルの仏塔。
中央のすらりとした塔が、ブッダガヤにある塔を模して建てられた仏塔。
IMG_0421






















IMG_0407















『タビィニュ寺院』
1144年、アラウンスィードゥー王によって建てられた美しい寺院。65mの高さを誇る、バガンでは最も高い寺院。
IMG_0401












IMG_0398













ここでランチタイム。
ガイドブックに載っていたThe Moon Vegetarian Restaurantへ。
汗だくでのどが渇いていたので、まずはフルーツジュース。
おいし〜!
image






















奥は野菜と豆腐のカレー、手前はピーナッツカレー。
どちらもめちゃくちゃおいしかった!
真ん中の黒いのはごはん。
赤飯みたいな感じでした。
image 












食後にもう一杯。
ドラゴンフルーツのジュース♪
image






















お店のスタッフのお兄ちゃん。
笑顔がとっても素敵で癒された〜!
わたしたちがビルマ語でおいしかった!と言うと、
発音のしかたとかいろいろ教えてくれました。
こういうのがまた楽しいひととき。
image
























それから、馬車のおっちゃんが、
すこしはずれにあるおすすめの遺跡に連れていってくれました。
ここがものすごーく美しかった!!
はずれにあるからか観光客もほとんどいなくて、
一番気に入ったかも。。。

でも説明を読むとちょっと怖い!?
『ダマヤンジー寺院』
12世紀、アラウンスィードゥ王の次男ナラトゥは、自分が王位に就こうとして父王と兄王子を暗殺した。1167年、ナラトゥは即位し第5代王となったが、罪の意識にさいなまれ、罪滅ぼしのためにそれまでで最大で、最も細工が細かく、最も変わった形の寺院を建て始めた。ところがナラトゥ王は1170年、何者かに暗殺され工事は中断した。ナラトゥ王の評判は生前から悪く、その後工事をする人も現れず、寺院は荒れるがままになっていた。現在でもこの寺院は未完成のまま。本尊となる仏像だけはすでに納められている。完成していればほかの仏像が入ったであろう壁の窪みもそのままで、異様な雰囲気だ。地元では、夜になると幽霊がでるといわれている。

RIMG2031












ヨガの写真も撮ってみました!
IMG_0465























ここもおすすめ
『スラマニ寺院』
1183年、ナラパティスィードゥ王の手で建てられた。この時代になると、寺院の姿もだんだん洗練されてくる。このスラマニ寺院は2層構造で、1階にはそれぞれ東西南北を向いた4体の仏像がある。内部の壁面には仏像や船に乗る人々、象などをモチーフにした11世紀のフレスコ画がある。バガンの寺院のなかでは最もよく残っている建物のひとつ。
image























IMG_0515














一度ホテルへ戻り休憩してから、
夕日スポットの『シュエサンドー・パヤー』へ。
スコールが降ったので、虹が〜!!
よく見ると二重です。
image












めちゃくちゃ急な階段を登ります。
image






















IMG_0550












めっちゃ高い!!
のぼりは足がすくむほど怖かったけど、
下りのとき「落ちることは絶対ない」って思うようにしたら、
全然怖くなくなって自分でもびっくり。笑


寺院の上から見る景色はもう本当にすばらしかった。。。
写真ではなかなか伝わらないかもしれませんが、
この写真の景色が360℃あるんです。
夕日に照らされた遺跡がなんとも美しい。

世界一周してあちこち見てきたわたしも夫も、
「ここは今まで見た中で、一番の絶景かも。。。」と思うほどでした。

IMG_0528












遠ーーーーーくのほうまで、
無数にある遺跡が見えます。
IMG_0537

 










夕日は途中、雲で隠れてしまったけど、もう十分満足でした!
明日はいよいよ気球です。

yokoyoko45 at 18:42|この記事のURLComments(0)

2014年10月09日

ミャンマー旅行記<4>フェリーでバガンへ

<ミャンマー3日目>バガン泊

フェリーの評判が良さそうだったので、
マンダレーからバガンへの移動は船で行くことにしました。
エーヤワーディー川をマンダレーからバガンへ9時間かけて下ります。
(※料金はひとり片道40ドル)

朝7時、外国人用のフェリー、マリカ・リバークルーズに乗り込みました。
港では、川で洗濯や行水しているひとたちが。
いかにもアジアな光景です。
誰に見られようと別に気にしていない様子。
毎日のことなのかもしれません。

image













エーヤワーディー川、めちゃくちゃ広い!!

IMG_0341













朝の空気がめちゃくちゃ気持ちいい。

image













自由席なので、テラスデッキのベンチに座りました。
乗客が少なかったので広々使えました。

image












9時間もあるので、ボーッとしたり、音楽聴いたり、本を読んだり、おしゃべりしたり、昼寝したり、、、、とにかくひたすらのんびり過ごしました。

夫は川を見ながら、チャゲアスを聴いていました。笑
この景色と音楽がなかなかマッチしていたそうです。

ああ、本をゆっくり読めるしあわせ!
日本から本を2冊もってきていたんだけど、行きの飛行機ですでに1冊読み終わってしまい、もう1冊もあっという間に読み終えてしまった。
こんなことならもっと本もってくればよかったーと後悔。

ひまだったので、
ガイドブックもじっくり読み込みました。真剣!笑

IMG_0349
 












お昼になると、ランチがでてきました。
焼きそば的なものと、チャーハン的なもの。
どちらも美味しかった!
image 












 
船からは川沿いの寺院が見れたり、川沿いに暮らす人々の様子が見れたり、なかなか興味深かったです。
フェリー、のんびり旅したい人にはおすすめです。

image 













16時頃、ついに!
ミャンマー最大の見どころバガンへと到着しました。

港からは馬車で移動!
パッカパッカという音が心地いい。

image























バガン、すごい田舎!
牛もいる〜〜♡

image












水を運ぶ女性
image

























夜ご飯を食べに行きました。
地球の歩き方に載っていた「ウェザー・スプーンズ」
ビルマ料理、西洋料理、タイ料理のメニューがあります。
旅行者に人気の店のようで、すごく混んでいました。
image
















image












わたしはビールはほとんど飲まないからわからないけど、
ミャンマーのビールはおいしい!と夫。

image












左がトマトとたまごのビルマカレー。
右はタイ料理、パッタイ。


バガンで泊まったホテルはこちら。
バガンのニャウンウー地区のズフリティホテル
三ツ星ホテルで一部屋2万円くらい。
プールもついている素敵なホテルでした。
(シャワーの水はけがすごく悪かったけど)
image













明日はいよいよ遺跡めぐりです!

yokoyoko45 at 22:51|この記事のURLComments(0)

2014年10月08日

ミャンマー旅行記<3>マンダレー観光

<ミャンマー2日目つづき>
タクシーの運転手さんも、ホテルのスタッフの方も、街ですれ違う人も、みんなすっごくあったかくて笑顔が素敵。
夫とふたりで「なんていい人たちなんだ・・・」としょっちゅう言っていたくらい。
みんな、ちょっと目が合うとにこっとほほえんでくれます。
こころが通い合う瞬間がほんとうにうれしかった。
謙虚でちょっとはにかむ感じが日本人と似ていて、すごく親近感も感じました。
でも日本人よりもっとずっとのんびりしていて、アバウトで、自由で、、、沖縄の人に近い感じかな。

あとミャンマーではびっくりすることがいっぱい!
バイクで生きたにわとりをつけて走ってる人がいたり!
image













バイクに4人乗りしてる人たちがいたり!
(うしろに乗ってる人が赤ちゃん抱っこしてたり)
image













トラックにいっぱい人が乗ってたり!
image












なんていうか日本じゃ考えられないようなことがいっぱいです!


さてさて、マンダレーヒル観光を終え、タクシーの運転手さんにおすすめのレストランに連れていってもらいました。
地元の人にも観光客にも人気らしいトゥー・トゥー・レストラン。
あとで気づいたんだけど、地球の歩き方にも載っていました!
image






















どのカレーにするか選びます。

image












image













エビカレーと、魚カレーを注文。
ミャンマーは米の国。パラパラのインディカ米がまたカレーによく合うんです。
カレーを注文するとサラダや副菜がついてきます。
いやあ、評判通り、とっても美味しかったです!!

IMG_0330













エビカレー特におすすめ!
魚のカレーは、日本のサバ缶みたいな感じ。
どっちも美味しかったな。
ミャンマーのカレーは「油戻し煮」という調理法のビルマカレー。
油がたっぷり浮いているんだけど、全然油っぽくない。
お店の店員さんもとっても優しいし、おなかもいっぱいになって大満足でした。

image














お店を出ると向かいにマッサージやさんを発見!
ミャンマーマッサージを体験してみることにしました。
image

 











部屋に案内されました。どきどき。
image






















image












タイマッサージっぽい感じで、とっても気持ちいい!
1時間なんと600円!!こりゃ毎日やりたい。
旅の疲れがとれてすっきりーーーーー☆

明日は船でバガンへ向かいます。
yokoyoko45 at 22:00|この記事のURLComments(0)

ミャンマー旅行記<2>マンダレーヒル

<ミャンマー2日目>マンダレー泊
朝4:45起床。
眠い・・・。

ヤンゴンからマンダレーへ行くため、タクシーで空港へ向かいました。
マンダレーはミャンマーのほぼ中央に位置し、ヤンゴンに次ぐミャンマー第二の大都市。

 image












ヤンゴン空港に到着し、航空会社エアーバガンのカウンターへ。
ミャンマーでは飛行機が遅れたり、キャンセルになったりするのは日常茶飯事らしい。
カウンターへ行くと早速「フライトは1時間遅れます」とのこと。まあ、しょうがないか。

image






















手荷物をはかる計量器。レトロだ。。。

搭乗ゲートで飛行機の出発を待ちます。
今朝、宿泊していたホテルのスタッフがお弁当を渡してくれました。ありがたい。。。
どんなお弁当だろう!?と期待してふたをあけると、こんな感じでした笑。

image




 








売店でせんべいみたいなの買ってみた。
image






















日本の塩せん的な感じ。30円くらい。
素朴な味で、美味しかった〜。

1時間遅れると言っていたけど、なぜか15分遅れで出発。。。
なんていうかアバウトすぎる。。。笑

所用時間は1時間くらいで、マンダレー空港へ到着しました。

image 













マンダレー空港からタクシーで市街地のホテルへ。 
口コミの良かったホテルA1に予約していて、無事チェックインしました。
2つ星ホテルで、一部屋一泊5000円ほど。
安いけど、スタッフの方もすごく親切で十分満足でした。

image
 












疲れていたのでホテルですこし仮眠してから、マンダレーヒルへ向かいました。
マンダレーヒルは、丘全体が寺院となったマンダレー最大の聖地です。

頂上へは歩いて約1時間かかるそうです。
マンダレーヒルの南参道入り口を守る2頭のライオン。めっちゃでっかい!
下のほうに夫がいるけど、豆粒のようだ。笑

image



 









寺院はどこも土足厳禁なので、裸足になります。
床が結構汚れてるので(犬のふんも落ちてたりする)足裏は真っ黒覚悟でね。

image
 
















 





参道には、出店もたくさん。
シミのついたTシャツも普通に売っていました。笑

image
 












参道脇にはふつうに家もあって、そこでの暮らしぶりが見れます。
すごく興味深い!

image

 











参道の脇で、店番しながら子守りしてる女性。
手作りのハンモックがすごい!
バネがあるので上下にバウンドして気持ち良さそう。
image 






















image






















赤ちゃん、ぐっすり♡
image






















ラジオを聞きながらおしりふりふりダンスしてる陽気な親子。
めっちゃ楽しそう。

image






















マンダレーヒルで最も名高い「予言を与え給う仏陀」像。
高さ8メートル!

image






















image












すごい迫力!

ここでまだ半分くらい。
とにかく、蒸し暑くて汗だらだらです。

休憩をはさみつつ、ようやく頂上へ。
途中までタクシーでも行けるみたいだけど、歩いて登ったことで感動もひとしお。
そこに住む人たちの暮らしぶりも見れたりして、よかった。

頂上から見たマンダレーは絶景でした!!!
お坊さんがお経を唱えていてそれがずっとスピーカーで流れてるんだけど、この絶景とお経のコラボレーションがまたすごくいい。
マンダレーヒル、全然期待してなかったけど(笑)登ってよかったー!
image













頂上にいたかわいい子供に癒されました♡
カメラを向けると恥ずかしいのかもじもじ。
その様子があかりとまるで一緒。笑
もじもじは世界共通なんですね!
image























つづく








 

yokoyoko45 at 21:20|この記事のURLComments(0)

ミャンマー旅行記<1>ヤンゴンへ

<ミャンマー1日目>ヤンゴン泊
JAL福岡空港7:20→成田9:05着

ANA成田11:10発→ヤンゴン15:40着

飛行機の出発が遅れ、下記のスケジュールに変更。
ANA成田14:00発→ヤンゴン18:30着

飛行機で約7時間。
機内は日本人の旅行客はあまりいなくて、ビジネスマンみたいな人が多かった!
日本から持ってきた本を読んだり、夫は映画を見たりして過ごしました。
あかりがいないのでかなり自由。

ヤンゴン国際空港でドルからチャットに両替を済ませ外にでると、空気がもわっとしてました!暑い!
アジアの匂いがして、うわー海外に来たな!って思いました。

image












この写真は夕方撮ったもの。
車がいっぱいで、結構渋滞しています。
日本車の比率がかなり高い!
どこを見ても日産、HONDA、SUZUKI。。。
ここ3年くらいでものすごい急成長しているらしい。
それに追いついていないのか、交通ルールが全然ない。
これだけ車が多いのに、信号もほとんどない。
みんなクラクションをならしまくり、我先にと走らせていました。
タクシーの運転手さんによると交通事故も多いらしいです。


空港からタクシーで1時間ほどはしり、ヤンゴン市内に予約していたホテルへつきました。
タクシー料金は800円。安いです。

口コミと立地が良かったイーストホテルにチェックイン。
3つ星ホテルで、日本のビジネスホテルみたいな感じ。
でも日本と違うのは、シャワーは5分くらい待たないと熱くならないところ。

すでに結構ヘトヘトだったけど、ビーチサンダルで街へでかけました。
ミャンマーの旅行代理店で予約していたチケット(航空チケット・気球のチケット・リバークルーズのチケット)を受け取りに行ってから、おなかがすいていたので屋台へ。

image












スイカが細長い!

image












こ、これは。。。!
コオロギの素揚げらしいです。。。
夫がアフリカでこういうのを食べたらしいけどエビみたいだったそう。

image













屋台は衛生状態がちょっと心配でいかにもおなか壊しそう^^;

image












夫が食べたいということで、屋台にトライ!
他の人が食べていて美味しそうだったので、同じのをくださいと言ってみた。
おっ、なかなか美味しそう。

IMG_0298













油っぽかったけど、まあまあ美味しかったです。
でもこのときすでにヤンゴンは夜9時半くらい。
日本時間では深夜12時なので、かなり眠い。。。
食欲よりも眠気のほうが勝っていました。

それにしてもミャンマー暑い。。。
歩いていると汗がふき出してきます。

明日も早いので、ホテルへ戻ってバタンキュー!

yokoyoko45 at 20:12|この記事のURLComments(0)

ミャンマー旅行記<準備編>

1週間の夏休み。どこに行こう?

おととし行ったブータンが最高にすばらしくて(ブータン旅行記はこちら)、去年行った香港は都会すぎてちょっとつまらなかった。。。
それでわかったのが、わたしたち夫婦は田舎の旅が好きなんだなーってこと。
カルチャーショックをうけるような旅をしたいねとはなししながら、世界の絶景の本でミャンマーのバガン遺跡を見てミャンマーに決めました。

雨期のおわりは10月中旬らしいのだけど、夫が勘違いして10月はじめに旅行の日程を入れてしまい、雨の心配があったんだけど、行ってみたらずっと晴れでした。
とにかく、ミャンマーめちゃくちゃよかった。。。
癒されました。
夫もわたしも、まだそのしあわせな余韻にひたっています。。。

image
















写真はバガン遺跡。絶景でした!!



<ミャンマーってどんな国?>
ビザが必要。
元はビルマ。
大きさは日本の1.8倍。意外と大きい!
公用語はビルマ語。単価はチャット。
国民の85パーセントが仏教徒。
時差はマイナス2時間半。
ビルマのカレー
日本からのフライトは約8時間。
2014年の1月からANAが成田〜ヤンゴンの直行便ができました。
日本で一番有名なミャンマー人はアウンサンスーチーさん。
首長族もミャンマーらしい。


<あかりはどうする?>
あかりは2歳半になり、抱っこするには重すぎる、動き回る、声が大きい、ときどきイヤイヤ言う、というちょっと連れていくには大変な時期に突入し、今回は実家の母に預けることにしました。
たまにはこんな時間、すごくいいかも。
育児と家事から解放され、夫と新婚気分を味わえました。
気球に乗ったり、バイクで二人乗りしたり、ゆっくり会話したり、本を読んだり、、、
子供がいるとなかなかできないことがたくさん体験できました。
ミャンマーで小さい子供を見てはあかりのことを思い出し、あかりの動画や録音した声を聞いて栄養補給?していました。笑


ミャンマーは見所がたくさんあって、
計画をたてるのがなかなか難しかったです。
日にちが足りず、チャイティーヨーは省きました。
フェリーがいいらしいということで、今回の旅の目的バガンへはフェリーで行くことに。
ミャンマーの最大都市ヤンゴンは初日と最終日のみの滞在にし、バガンを多めにしました。

<1日目ヤンゴン泊>福岡空港7:20→成田9:05着。ANA11:10成田発 15:40ヤンゴン着
<2日目マンダレー泊> 7:00国内線でマンダレーへ。マンダレー観光。
<3日目バガン泊> 早朝マンダレーからフェリーで9時間かけてバガンへ。15:30頃バガン着。
<4日目バガン泊> バガンの遺跡巡り。
<5日目ヤンゴン泊> バガンで気球にのる。夕方国内線でヤンゴンへ。 
<6日目日本へ> ヤンゴン市内観光。ANA21:45ヤンゴン発
<7日目日本着> 成田6:50着。成田10:35→福岡空港12:35着
 

yokoyoko45 at 17:22|この記事のURLComments(0)

2014年05月26日

高千穂峡

念願の高千穂峡。
マイナスイオンを
たっぷり浴びてきました。

image
















image
















image
















image
















image

















あかりもいっちょまえにライフジャケット。
image

















夜は高千穂神社の夜神楽を見に行ってきました。
演奏の、笛と太鼓のひびきがとってもよかった。
踊りもすごくよかった〜〜〜。

image


















そしてこの日は、
高千穂のビジネスホテル「ホテルグレイトフル」に一泊。


翌日は国見が丘へ。
もうね、絶景です。
秋ごろには雲海がみれるんだって。
あかりも、まつぼっくりをひろったりして大喜び。

image
















image

















そして天岩戸神社と天安河原へ。
ここもすばらしかった!!

image






















image

















はーーー、自然ってなんて美しいんだろう。。。
感動でした。

また紅葉の季節にも訪れてみたいなあ。

yokoyoko45 at 15:35|この記事のURLComments(0)

2014年04月26日

阿蘇旅行

夫が2連休だったので、阿蘇へ行ってきました。

お天気も最高に気持ちよくて、
阿蘇の絶景を満喫できました。
いやあ、日本とは思えないくらい!!

image

















image

















image

















鉄道大好きなので、
南阿蘇鉄道にも乗ってきました。

image

















トロッコ列車、たまりません(興奮)!!
立野駅―高森駅を50分で走行します。

行きはトロッコ列車に乗り、
帰りは普通電車で途中下車しながら戻ることにしました。

image

















トロッコ列車からはのどかな風景を楽しめます。
この時期、立派な鯉のぼりもたくさん見れました。

image


















終点の高森駅についたのはお昼すぎだったけど、ランチはちょっと我慢。
30分くらい待って、今度は普通電車で戻ります。

中松駅で途中下車しました。
ここのお蕎麦やさんがおいしいらしい。
「南阿蘇一心庵」

image
















image

















くらべ盛りをオーダー。
違いがわからなかったけど(笑)、おいしかった!
人気みたいで店内は満席でした。
土日祝のみ営業だそうです。

今度は「久永屋」というカフェに行くために、
長陽駅で途中下車。
このカフェ、むかし、雑誌か何かに載ってるのを見て、
行ってみたいなーと思っていたんです。

長陽駅という小さーい駅にある駅舎カフェなんですが、
なんと駅のホームでお茶できるんです。
これ、、、駅のホームです。
写真の右側、改札です。

image

















image

















image






シフォンケーキやスコーンがあります。
飲み物とセットで800円くらい。

image
















image
















image

















駅のホームでお茶していても、
電車はほとんど通らないので(1時間に1本くらい)、ものすごーく静か。
目の前に広がる田園風景をながめてのんびり過ごします。

絵本とか本とかおもちゃとかも置いてありました(なんと碁盤もあった)。

image

















お客さんなのか、アコースティックギターで弾き語りしてる人もいて、
なんという贅沢な時間なんだろう!と、感動してしまいました。

南阿蘇鉄道に乗った際は、
ぜひこちらのカフェにも寄ってみてください。
こちらも土日限定のようです。
たまたま行ったのが土曜日でラッキーでした^^
yokoyoko45 at 00:15|この記事のURLComments(2)

2014年01月05日

千葉の鋸山へ行ってきた

自分で服を着れるようになったけど、毎回こうなります。笑

image


















あけましておめでとうございます♡
今年もよろしくお願いします。

今年3月に福岡へ戻ることになりました。
あと残り数ヶ月の千葉ライフ
満喫したいと思いますo(^▽^)o

元旦には千葉の鋸山(のこぎり山)へ。
ロープウェイで上まで行くとこの絶景!!!
東京湾が一望できます。
最高に美しかった。

image
















image
















image
















image

















コースを全部まわって3時間(子連れだったので倍くらい時間がかかった)
あかりも400段くらい階段をのぼりました。
かなりヘトヘトで、翌日は全身筋肉痛^^;

だけど空気もきれいだし、いい運動になったし、
ものすごくリフレッシュできました。
ぜひ一度行ってみてください、おすすめです。

yokoyoko45 at 23:13|この記事のURLComments(0)

2013年12月18日

香港版?すくすく子育て

香港のテレビをなにげなく見てたら、
「すくすく子育て」にそっくりな番組が。

image













え・・・?
くわばたりえって、香港のテレビにも出演してるの??

image













似すぎてて笑ってしまった・・・。
くわばたりえさん、ご存じなのだろうか・・・(笑)
ふたり並んでほしい・・・。

yokoyoko45 at 00:32|この記事のURLComments(0)

2013年12月17日

香港旅行

夫の冬休みで、一週間、香港へ行ってきました。

image

















ほんとうはインドとかに行ってみたかったんだけど、
イヤイヤ期のあかりを長時間、飛行機に乗せるのはなかなか大変になってきたので、
近場で探して、香港に。

成田空港から4〜5時間、
11月、12月は雨も少なく、日本よりあたたかいらしい。

がしかし、実際はすっごく寒くて、
しかも前半はほとんど雨でした(涙)
雨の中の子連れ移動は大変だった〜^^;




この時期、香港はクリスマスムード一色。
クリスマスツリーやネオンが綺麗です。

image

















image














宿泊したホテル「シャングリラ」のロビー。
ゴージャスです。。。

image

















image


















香港は思っていたよりもずっとずっと都会でした。
高層ビルが高さを競い合うようにニョキニョキ伸びています。
とにかく細長いし、とにかく高い!
ヨガしてるからか、土台の安定感を見てしまう(笑)
土台、大丈夫なのかな・・・。
その高さはちょっと異常なくらいでした。

image
















image
















image

















ですが、中環のあたりに行くと昔ながらの香港の風景が広がっていました。
こういうほうが落ち着くし、好きだなあ。。。

image
















image
















image


















香港の地下鉄はとてもシンプルでわかりやすい!
日本のスイカ的なカード「オクトパスカード」も、地下鉄だけでなく、バスやフェリーでも使えてとても便利でした。
あんなに複雑な鉄道は日本くらいなんじゃないでしょうか。。。

image


















香港の一番の楽しみはやっぱり食事。
どれもこれも本当においしかったです。

朝食に食べたお粥がまた最高!
身体がほっとする味。

image

















ちょっといいお店からローカルなお店まで、いろいろ行きました。
ローカルなお店のぶっきらぼうな接客が面白かった。
料理のお皿をテーブルに置くとき、「バーン」って投げるように置くの。
日本ではちょっと考えられない感じ。
だけど、決して嫌な店員さんとかじゃくて根は親切なの。そこが面白い。


image

















image

















image

















image












image












image













こちらはスイーツ、エッグタルト。

image

















ホテルのロビーでカフェ。

image

















たまにはリッチにルームサービスも。
小さい子供がいると、部屋で食べるのってほんと楽。

image













そうそう、メニュー表とかで、おかしな日本語表記をいっぱい見ました。
春巻きをライスロールって書いてるんだけど、
ライスロールスロイスになってる!!!(爆)

image

























7日間のうち、5日間はだいたい雨でした(笑)
マカオにも行ったけどほとんどホテル内で過ごしました。
まあ、しかたない。それも旅です。

後半、ようやく晴れて、無料の太極拳教室に参加してきました。
ものすごく気持ちよかった!
超元気なおじいちゃん先生もグッド。


image
















image
















image


















最後の日の夜景。

image


















香港のビルやネオンや、ズラーッと並ぶ宝石店や高級ブランド店たち。
狭い土地に、まだまだビルを建設してる。
そのどんどん発展していく感じに、
すごいなーと思う一方で、
圧倒されるような、むなしいような、そんな気持ちも湧き上がってきました。
わたしの勝手なイメージだけど、
人間のエゴがとても強すぎる感じが、正直すこし疲れました。

ブータンを旅したときの、
あの素朴な風景がとても恋しくなりました。

自分の中の価値観がずいぶんと変わったんだなーと実感した旅でした。




*おまけ*

中国の男の子に、ハグされるあかり(笑)
照れてたけど嬉しそうでした^^

image
















image

yokoyoko45 at 00:25|この記事のURLComments(0)

2013年12月01日

ハウステンボス光の王国

鹿児島に帰省してます。

鹿児島から長崎まで車で4時間。
母とあかりとハウステンボス光の王国にきました。
なんと1000万球!!!
極寒だったけど(笑)めちゃくちゃ綺麗でした!

image

image

image

image
yokoyoko45 at 11:27|この記事のURLComments(0)

2013年11月09日

石垣島の旅<ダイビング編>

ばなやん&よーじさんは石垣島でダイビングショップをやっています。
『Rerax Dive BANANA』


あかりがいるのでダイビングはあきらめてたんだけど、潜ってる間あかりを見ててくれるということで、お言葉に甘えてダイビングさせてもらうことにしました。やったー!

ライセンスを一応持っているけど5年以上潜っていないわたし。
同じくライセンスを持ってるけど30年以上潜っていないゆかりっぺ(笑)
どきどきわくわくです。

最初はシュノーケルで水に慣らすことにしました。

image

















image

















珊瑚が見える〜〜〜!
めちゃくちゃ綺麗でした。

あかりもウェア&浮き輪をお借りしてばっちり。

image

















image

















よーじさんのことを「ジョージ」と呼ぶあかり(笑)
最初ジョージには緊張気味で接していたあかりも、すっかり打ち解けていました。
ありがとう!ジョージ!スタッフのリューくん!
なかなか海から上がろうとしなかったくらい、楽しかったみたい。

image

















image


















そしていよいよダイビング!!
ばなやんから軽く講習をうけると、すこーしだけ(笑)記憶がよみがえってきます。

今回は初めて、ボートの上から後ろ向きにドボーンと飛び込むのも挑戦!
どきどきしたけどばなやんから「できるよ!」と言われて、なんとかできました〜。
はーーー、楽しかった(><)

image

















image

















image

















image

















image


















そしてお待ちかね!
ばなやんお手製、ばななランチの時間です。
ばななランチが食べたくてBANANAで潜る人もいるらしい。
海の上で食べるごはんは格別です。
うまうま〜〜。

image

















image


















それにしても夫婦でダイビングショップをやってるって大変なことだな〜とあらためて思いました。
ゲストさんの命を預かる仕事だし、体力も気力も必要です。
それをとってもいい感じでやってるばなやん&よーじさん。
なんかね、絶対的な安心感があるし、ゲストに対する思いとか優しさとかすごく伝わってくる。
BANANAファンが多いのもうなづけるなあと納得したのでした。

この日の様子はBANANA日記にも載っています^^
BANANA日記

ダイビングを終えて、竹富島へ向かいました。


yokoyoko45 at 16:26|この記事のURLComments(2)

2013年11月08日

石垣島の旅<お宿編>

ずーっと行ってみたいと思っていた石垣島!
石垣島の友達、ばなやん&よーじさんのところへ、ゆかりっぺとよしみつんと遊びに行ってきました。
あかり(1歳9ヶ月)も一緒に。

成田から石垣島へ直行便がでているし、往復3万円くらいで行けちゃいます。
3時間半くらいで、ついに石垣島へ!
関東はあんなに寒いのに、石垣ってこんなにあったかいの!?
同じ日本とは思えません^^


石垣島でのお宿はこちら。
『ル・ロチュス・ブルー』
麻依子さん(日本人)とパトさん(フランス人)のご夫婦がやっている、古民家のお宿。
なんとお二人でリフォームしたんだとか!
一週間でいくら、という料金設定なので、のんびり石垣を旅したい人にはぴったり。お部屋をひとつ借りてみんなでシェアしました。


image

















お二人の雰囲気がほーんとに心地いいの。
たくさん優しくしてもらいました。


image

















image

















image

















image

















image

















image

















歩いて一分くらいのとことには海。
なんて最高のロケーション。

image


















雨の日にはまったりおしゃべり。
二人の女の子を持つ麻依子さんといろいろ子育てについておしゃべりできたのも嬉しかったなあ。
子供用のおもちゃもあるので、あかりも夢中。

image


















フランスの積み木「カプラ」。
子供用だけど大人も夢中になるらしい。
すっかりはまってしまったわたし(笑)

image

















image













image



















朝は400円でスムージーを作ってもらいました。
めちゃめちゃ美味しかった♡

夜もお願いすればごはんを作ってくれます。
1300円と2300円のコースがあったので、2300円のほうにしました。
こちらもめちゃめちゃ美味しかった!!!
ばなやん&よーじさんも一緒にみんなでディナー。
しあわせなひとときでした。

image

















image


















yokoyoko45 at 15:09|この記事のURLComments(0)

2013年10月03日

八戸(青森)へ行ってきた

夫の実家は青森です。
青森の八戸に義理の両親が住んでいるのですが、
今回、母とわたしとあかりの3人で泊まりに行ってきました。(夫はお仕事)

母と義母はとっても気が合っていて、義母がひとりで鹿児島の母のところへ1週間泊まったこともあるくらい。
次回はぜひぜひ青森に来てくださいね!と義母が言ってくれて、今回の旅行が実現しました。

母は東北ははじめて。
見るものすべてに感動していました。

まず、木になってるりんごを初めて見て感動!

image


















葦毛崎展望台

image

















image



















わたしは4回目の八戸だったんだけど、今回、念願の奥入瀬渓流に行ってきました。
お天気にもめぐまれ、すばらしい景色を堪能しました。

image

















image

















image

















image

















image

















十和田湖。
すこーし紅葉していました。
船の中でおおはしゃぎのあかり^^;

image

















image


















その日は十和田湖のほとりにあるホテルに、みんなで泊まりました。

image


















翌日は蔦沼を散策。

image












image














それから蔦温泉へ。
歴史ある温泉。
ほんとうに素晴らしかった。
宿泊もできるようです。また来たい!
蔦温泉HP

image



















八戸にある屋台村にも行ってきました。
かなり豊富な魚介類。

image

















B1グランプリでおなじみのせんべい汁。

image
















image














夫の実家のねこちゃん。

image


















じいちゃんに抱っこされて、身をゆだねる(硬直してる?)あかり。

image


















あっという間の1週間でした。
あかりもみんなに可愛がってもらって、この1週間でさらに成長した様子。
あたたかくもてなしてくれた義両親と義兄にこころから感謝。。。
いつも仕事で忙しい夫だけど、今度は一緒に行けたらいいなあ。




yokoyoko45 at 21:07|この記事のURLComments(0)

2013年09月06日

北海道へ行ってきた@阿寒湖

お天気が回復してきたので、最後に阿寒湖へ行くことに。
あかん湖鶴雅リゾートスパに宿泊しました。
歩いてすぐ阿寒湖へも行けます。

image













image













露天風呂からは湖が一望できます。
お料理はビュッフェだったんだけど、これまたすごい。
食べるのに夢中で写真忘れました(笑)

ホテル内に飾ってある木彫りの置物がまた素晴らしかった。
瀧口政満さんという方らしいです。

image

















image






















image






















image























ホテルで用意されている部屋着。
ちゃんとあかりの分まで。

image

















いやあ、こんなすごいホテルはじめてでした。

あっという間に最終日。
帰りは釧路空港→羽田へ。
道東、ほーんとよかったなーーー♡


yokoyoko45 at 11:53|この記事のURLComments(0)

2013年09月05日

北海道へ行ってきた@釧路

今回の旅の目的のひとつが、釧路湿原を走るノロッコ号に乗ることでした。

がしかし!

数日間、ノロッコ号がメンテナンスでお休み。
ガーーーーーーン
なぜ、なぜ、このタイミングなんだ(;;)
聞けば毎年9月の頭にメンテナンスするんだって。

川下りを予約していたので、普通列車で塘路駅へ。
ノロッコ号と同じ線を走るので、景色は同じ。
車窓からの景色はというと、、、、あれ?意外とたいしたことなかった(笑)


川下り!

image

















image













土が茶色くて、アマゾンってこんな感じなのかなーって。
あかりは前半はよかったんだけど、後半眠くなってきたらしい。
でもライフジャケットが邪魔で眠れなくて、ギャン泣き。
そして泣き疲れて眠ったころに、川下り終了。
そんなもんです(笑)

釧路の街は、霧がかかっていてびっくりしました。
夜ごはんは釧路ラーメンにしました♪

最後は阿寒湖です。
yokoyoko45 at 11:11|この記事のURLComments(0)

2013年09月04日

北海道へ行ってきた@摩周湖・屈斜路湖

網走から摩周湖方面へ。

途中にあった硫黄山。ここがまたすごかった。
ここもガイドブックに大きく載せるべきって思った(そればっかりw)。
写真では全然そのすごさが伝わらないんだけど。。。
温泉卵も食べました。

image













image
























屈斜路湖では、あひるボートに乗ったりしてのんびり過ごしました。
あかりも嬉しそうでした。
屈斜路湖のほとりにある屈斜路プリンスホテルもすごくよかったです。
お部屋から湖が一望できて、最高。
ここの温泉もよかった〜。

image














摩周湖は幻想的ですっごく綺麗だった。
もう一度、天気のいいときに来てみたい。

image














神の子池にも行ってきた。
このブルー!!
雨がしとしと降っていたにもかかわらず、この美しさ。

image


















次は釧路です。
yokoyoko45 at 10:57|この記事のURLComments(0)

2013年09月03日

北海道へ行ってきた@網走

知床から網走へ。
網走といえば、網走刑務所!
ここ、ほーんと楽しかった。

あ〜〜シャバの空気が吸いて〜よ〜〜w

image

















image

















image













↑ちゃんと囚人服の衣装もおいてあるの(笑)


いたるところにマネキンがいるので、まるでお化け屋敷にも思える。

image













天井には脱獄しようとしている囚人まで!

image



















宿泊したペンションのおかみさんがおすすめしてくれた「能取岬(のとろみさき)」。
ここがまた素晴らしかった!
ここはガイドブックにももっと大きく載せるべきって思ったくらいの絶景でした。


image













image













image

















image

















image













image


















次は摩周湖方面へ。


yokoyoko45 at 10:43|この記事のURLComments(0)

2013年09月01日

北海道へ行ってきた@知床編

まろが夏休みが一週間とれたので、念願の道東へ行ってきました。
今回は道東のみを一週間かけてのんびりまわることにしました。

羽田→女満別空港

image












image























女満別空港についたらレンタカーを借りて知床へ向かいます。
途中にあった、”天に続く道”
さすが北海道です!

image

















めずらしいお花。

image























知床を車ではしりながらのBGMはこちら。
倍賞千恵子が歌っている「オホーツクの舟歌」
これがほんとーに素晴らしい。
知床旅情なんだけど、歌詞が違うらしい。
倍賞千恵子ってこんなに歌がうまくて、きれいだったんだね。感動。

この曲をまろとふたりして熱唱しながら(笑)、知床をドライブ。
知床のせつない雰囲気と曲がとてもマッチしているので、知床に行く方、ぜひ聞いてみてくださいね!






クルーズ(3時間コース)へも行きました。
知床半島を海から見ることができます。
ヒグマも見れました〜!


image

















image























うに丼も食べました。
やっぱり、めちゃくちゃおいしかった〜(;;)

image


















お宿は、口コミ評価の高かった「北こぶし」
随所に気配りがあるし、温泉もいいし、さすがという感じのお宿だったんだけど、特にお料理がすばらしかった。
ビュッフェだったんだけど、もうその種類が多すぎて、しかもどれもこれもおいしい。
自分で海鮮丼もつくれるようになってるんだけど、そこにあるまた具がすごい。
だって、カニのほぐし身があるんです!
こんなのはじめてでした。
ほかにもイクラとか新鮮な魚介類がいろいろ。
お腹いっぱい食べました。


image












image


















北海道に住む友人夫婦も会いに来てくれて、一緒にごはんしました。
ほんと楽しかった〜〜〜♪
ざっきー&てっしーありがとう!

image



















知床五湖へも行きました。
ちょうど天気がよくなって、きれいに見えた〜。
行ってよかった〜。

image













image






















image














そして羅臼まで足をのばしました。
ここで羅臼漁港近くにあったお店「食事処松尾」に行ってみたんだけど、ここのカニラーメンがすっごいおいしかったです。※写真は後程!





yokoyoko45 at 10:24|この記事のURLComments(0)

2013年08月16日

山鹿とうろう祭り

ずっと行ってみたかった、熊本の山鹿(やまが)とうろう祭り。

今年こそは行こう!と母と計画を立て、
観覧のチケットも事前に予約してのぞみました。

image


















鹿児島から車で約3時間。
15時くらいに山鹿へ到着しました。

まずは街を散策。
八千代座、素敵だった〜。

image

















出店もたっくさんあって、わくわく。

image

















時間がたくさんあったので、さくら湯という歴史ある温泉にも入りました。
これがまた最高。
お湯がぬるぬるしてて気持ちいい!
歩きまわって汗だくだったので、気分もさっぱりです。

18時くらいになると街中でとうろう踊りがはじまりました。
しっとりと踊る姿が美しい。

image

















21時からは、待ちに待った千人とうろう踊りです。
会場である山鹿小学校へ移動する途中に、あかり、だっこで就寝!
なんというすばらしいタイミング(笑)

席も事前に予約していてよかった!
歩き疲れていたので、座って落ち着いて見れました。
千人とうろうは、写真で見るよりもはるかにすばらしかった。

image

















この写真では全くその良さが伝わらないのがもどかしい。
もう圧巻!!
演出も素晴らしかったし、ぜひ一度、生で見てもらいたいです。
お祭りってほんとうにいいなあとしみじみ。
母も大満足の様子でよかったよかった。
yokoyoko45 at 23:33|この記事のURLComments(0)

2013年07月14日

銚子旅行

義両親が千葉へ遊びにきてくれました。
みんなで銚子へ一泊旅行へ。
うちから車で2時間以上。
なかなか遠いけど、海があるってやっぱりいいなあ。

image

















image



















銚子電鉄がかなり素敵でした。
鉄道好きにはたまりません(笑)

見てください、このレトロ感!!

image

















一駅だけ電車に乗ってみた。

image
















image
















image
















image























電車の揺れがまたレトロ。ガタンゴトン。。。
車窓が開けられるし、景色が近い!
ジブリの世界のようでした。

海の幸もおいしかった〜♪

image


















義母に抱かれてねんねするあかり。。。
しあわせな光景です。

image


















9月には母が千葉に遊びにくる予定なので、
房総半島を電車で一周しようかと思っています。
ローカル線の旅、、、、楽しみです!


yokoyoko45 at 23:03|この記事のURLComments(0)
記事検索
最新コメント
Today's Moon
月別アーカイブ
QRコード
QRコード