2017年02月25日

*おやじ花⑦*黒種草

F9AA14B7



黒種草 クロタネソウ(ニゲラ)
キンポウゲ科ニゲラ属
一年草

こんなに可憐な青や白の花(実は萼)と糸のような素敵な葉を持つのに日本でも西洋でも名前の由来はその黒い種から。
薬用にもスパイスにも黒い種を使うそうだが聞いたことがない。
一度庭に根付くと、こぼれ種で毎年咲いてくれる、か細く見えて丈夫な植物。
日本には江戸時代から伝来していたそう。

撮影:天野 義鏡



yolu_kawaraban at 17:25|PermalinkComments(0)* おやじ花 * 

2017年01月05日

【本日の機材】 音叉(おんさ)

1594FD01

黒い部分が根元ね。
そこをつまんで膝小僧に打ち付けるとラの音がするの。
その音にギターの音を合わせるわけ。
周波数を感じよう、好きだな。
チューニングメーターはなんか違うんだよな。
感じるぞ、音を感覚で。音叉って綴りも格好いい。

yolu_kawaraban at 14:40|PermalinkComments(0)本日の機材 

2016年12月06日

埼玉男と千葉女

埼玉男と千葉女

埼玉男と千葉女 背中を合わせて丘に立ち 
それぞれ前に進んでく
はなればなれ もう二度と会えないの

女ひとり幸せにできない男は男じゃない 
千葉女のセリフ真に受けられず
はなればなれ もう二度と会えないの

後悔 沈む日の後悔 チュルリララ 後悔
したって仕方ないことで なけぞ悲しき笛の音よ

十三年後の千葉女 あなたの子供が欲しいのと
京都男に告げていた 私と周りで育てると告げていた

航海 船に乗る航海 船酔いで後悔
どんなに小さな後悔も しないと心に決めていた
なけぞ悲しき笛の音は 楽しい音色に変わってた

(アルバム「緑」収録曲)



yolu_kawaraban at 20:11|PermalinkComments(0)夜の野球場◆歌詞 

2016年11月16日

◆描く高橋君◆平成27年10月24日号

問い:「もしミミズがなにかの幼虫だとして、
    成虫になった時の姿を描いてください。」


     今号の回答は・・・・・

A310BD62



yolu_kawaraban at 08:36|PermalinkComments(0)◆描く高橋君◆ 

2016年10月25日

○月○日○曜日 天気今日も秋晴れ(平成27年10月24日号)

「人を殺した訳でもないのに」
 休日に部屋で大酒を飲んでいた男や、デリカシーの無さをなじられている女を見かけた第三者によって語られる事のあるフレーズだ。
 この世は人を殺したり、殺されたりはしない程度の不快感であふれかえっている。
 とるに足らない人の性、非完璧さをあげつらって文句を言うのである。多くの場合、文句を言いたいだけで問題の解決を強く願っての行為だとも思えない。プライドにさわるのである。
 幸福とはデレデレな物でそれだけでは刺激が足りない。メリハリが必要なのか。
 豚汁があるのを知っている。妻の豚汁は美味い。一旦これを作ってもらったら丸二日間はこれをごはんにかけた物しか食べたくない。この食事が一週間続いたらどうだろう。妻が料理にあてる時間を他のことに使うことができるし、美味しいし幸せなことだと思うが鍋はそこまで大きくない。
 腹が減った。妻は外出している。今回は七味を入れないで食べようと台所へ行くとすでにどんぶりが用意してあって七味が底に踊っている。自分のしたことである。その上にごはんをよそって貴重な豚汁をかける。漬物があったら最高だなと思ったら、それもある。美味い。どんぶりの中身を全て腹におさめた後、もう一度ごはんと七味と漬物無しで具沢山の汁をいただく。幸せだ。幸福とは器の大きい物であって、それを疑ったり間違いだ思ったりしてもあるべき所には必ずあるもののようだ。大切にしなきゃいけないな。あいつを。そして自信を持とう。

****************


A310BD6F


○月○日の豚汁

【主な材料・鍋いっぱい】
◆大根 半本
◆にんじん 1本
◆ごぼう 1本
◆糸こんにゃくか白滝 1袋
◆木綿豆腐 1丁
◆きのこ類なんでも
◆その他、なす・蓮根・里芋等
◆浅葱やかいわれ大根(あれば)

◆豚肉 400~500g
 あっさり=小間切
 こってり=バラ

◆出汁(久原本家 茅乃舎)
◆塩、八丁味噌

◆七味唐辛子

【つくり方】
①大根=短冊切り、にんじん=銀杏切り、ごぼう=ささがき、きのこ類はほぐし、あくの出るものはさらし、糸こんにゃくはひと茹でして水切りし適当な長さに切る。
②大きめの鍋を用意し(当方では直径26㎝深さ12㎝ほど)油を敷き、塩ひとつまみを入れる。
野菜を全て入れ大根が透き通るぐらい約5分ほど炒めたら豚肉を入れ、豚肉が白くなりかけたら糸こんにゃくを入れひと炒めする。
③そこに水を入れる。(鍋いっぱい)煮立ってあくを取ったら出汁パックを2袋・塩小さじ1~2程度入れて20分以上煮る。
④豚肉が柔らかくなったら木綿豆腐を手で割り入れ、八丁味噌大匙1を加える。
⑤浅葱の小口切りやカイワレ大根で飾り、好みで七味をふる。
◆味付けは塩が基本で味噌は色と香り付け役にするとあか抜けた味に。味噌が多いと田舎風になります。当方は飾り以外葱は使いません。