2004年12月09日

幸田さん関連記事の削除問題が大手ニュースサイトで...

何だか、私のBlogが話題の中心の一部となった事が、
朝日新聞系のニュースサイトasahi.comで記事として取り上げられたらしい。

[規制と表現の自由「ネット殺害映像」論争 香田さん事件]


この事を指摘したBlogの記事
[地獄変00:香田さん殺害映像と記事強制削除の話題が朝日に]
[なんでも評点:朝日新聞記事 - 「ブログ」だと読者が理解しないから「掲示板」に変えた?]

まぁ〜記事の中で完全に取り上げられていると思われるBlogは、
一連の事件で、"タッグ"を組ませて頂いた、(笑)
[なんでも評点]さんの所ですけどね。
[livedoorの記事の強制削除に関する私なりのまとめ]

でもまぁ〜、
件の情報を、一番最初に発信したのは、
ご存知の方も多いと思いますが、このBlogだったり・・・。(^^;)
うん、知名度じゃ[なんでも評点]さんの所には敵わないもんなぁ〜
仕方ないね。(笑)

っていうか、
記事に間違いがあるし・・・
削除されたのは、私の所を含めて、複数なんだよね、
しかも[なんでも評点]さんの所なんて、問題の記事が、2度も削除されているし・・・

朝日さんも、メールでもくれれば、
喜んでインタビューに答えたのに・・・(^^;;;)

っていうか、
アメリカなどのニュース記事だと、
サイト管理者などにインタビューをして、ハンドルで紹介していたりするのだが、
日本のニュースサイトって、そんな事をしていませんよね?
spam関連の記事で、高崎様が紹介されたりはしていますが、
ハンドルじゃなく、本名ですからね。

ネットの普及状況を考えると、
インタビュー対象者を、ハンドルで紹介するのも、
これからは有りだと思うんですけど、どうでしょう?

あとさ?
[なんでも評点]さんも書いていますが、
Blogの事を、"掲示板"なんて書かず、ちゃんとBlogって書いて欲しかったなぁ〜
これに関しては、本当に残念です。

追記
朝日新聞社に電話を掛けて、お礼を兼ねて事実確認をしましたら、やはりBlog記事の削除に関する事でした。
Blogではなく、掲示板としたのは、やはり認知度の低さからだそうです。



yom at 00:25│Comments(6)TrackBack(3)気になったNews 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

昨日、「ブログへのトラフィックを激増させる呪文トップ10」なんて記事をアップしたら、ちょうどそれとシンクロするように当ブログに爆発的アクセスがあり、12月8日現在で当ブログがlivedoorBlog総合ランキング16位まで急上昇してしまっている。20数万のブログが存在するli
先日、livedoorBlog運営局による強制削除のことが朝日新聞に取り上げられた件で記事を書いた。ブログではなく掲示板が1ページ分削除されたと書かれていたのだが、私は次のように推理した。 たぶん記者さんは、ブログであることを知っていながら、「ブログ」という言葉が.
朝日新聞の記事「規制と表現の自由「ネット殺害映像」論争 香田さん事件」を数日前に読んでいたのですが、その記事での用語の使い方で私はちょっとした勘違いをしていました。 あるプロバイダーは、武装グループが殺害映像をネット上に流した理由を論評した掲示板1ペー

この記事へのコメント

1. Posted by ぴろゆき   2004年12月09日 14:04
ブログじゃなくて2ちゃんでそ?
法務局がなんたら言ってきたのは。
2. Posted by 黄泉   2004年12月09日 20:33
>ぴろゆきさん

あの・・・
asahi.comの記事は、前半と後半で、話の対象が変っていると気が付きませんでしたか?
3. Posted by yuki   2004年12月13日 00:44
こんばんは、私もTBさせていただきました。

この記事は最初、まったく勘違いしていたので読んでおりましたが、やはりそーだったのか!という印象でした。
分かりずらいもしくは違った表記をしないで、むしろ分かりやすく記事を書くのがメディアのするべき方法だと思うのです。
4. Posted by 黄泉   2004年12月13日 00:53
>yukiさん
>分かりやすく記事を書くのがメディアのするべき方法だと思うのです。
まぁ〜そうですね、
特に今回 他の言葉に置き換えられた"Blog"と言う言葉は、
近い将来、広く認知される可能性が高いので、そのまま使用して欲しかったですね。
5. Posted by 愛知製鉄   2005年01月11日 03:13
このBlogすてき。応援してますよ。
6. Posted by 黄泉   2005年01月13日 00:18
>愛知製鉄さん
ありがとうございます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔