きゅっきゅっきゅっ


さく:林明子 / 福音館書店 / 1986年


きゅっきゅっきゅっ の内容紹介

[ りょうり 特集 ] も5日目になりました。
昨日のかぼちゃスープに続きまして、今日もスープの
絵本をご紹介します。

正直、赤ちゃん向けのお料理本は、
『ぷくちゃんのいただきまあす』
を予定していました。
「ぷくちゃんシリーズ」のぷくちゃんが、お母さんと
スープを作るお話です。
ところが・・手違いでこれまた今手元にこの絵本が
ありません(涙)

という訳で、今日はコチラ。
過去にご紹介しました『くつくつあるけ』
『おつきさまこんばんは』と同じシリーズの絵本です。
[ 料理 ]ではありませんが、赤ちゃん向けの食関連の
作品としてはピッタリ☆の絵本だと思います。


次男にそっくりな子が、ねずみさんとうさぎさんと
くまさんと一緒に、

「おいしいスープ いただきまーす」

「あっ
 ねずみさんが こぼした
 おなかに こぼした」

ボクが優しく拭いてあげます。

「ふいてあげるね
 きゅっ きゅっ きゅっ」

うさぎさんも手にこぼしたので、
ボクは優しく拭いてあげます。

くまちゃんもあんよにこぼしたので、
ボクは優しく拭いてあげます。

「あー おいしかった
 みんな おさらが からっぽ
 あれ だれかさんが
 おくちのまわりに
 こぼしてる」

最後は、ボクもお母さんに優しく拭いてもらい、

「きゅっ きゅっ きゅっ
 はい ごちそうさま」


この絵本、何がいいって さすが林明子さん!!
顔が次男に似ているこのボクは、動作もそっくり
なんですよ♪
もう、涙もんにこの時期の子どもが描かれています。


自分のことを棚にあげて、人の世話がしたい。

おとなの真似をしたい。

“みんなといっしょ”が楽しい。

こぼそうがぐちゃぐちゃになろうが、自分で食べたい。

お母さんに拭いてもらう心地よさでにこにこしちゃう。

中腰で、一生懸命拭く姿。

エトセトラ♪


1歳前後のお子さんのお母さん♪
超・お薦めですよ☆


きゅっきゅっきゅっ の読み聞かせ方のヒント

子どもの反応をよっく見ながら、ゆっくりページを
めくりたいですね。

お食事の前後に読むのにも、イイ絵本です。


林 明子 / 福音館書店
Amazonランキング:3,739位
Amazonおすすめ度:




にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へスープ→スープときて・・
明日はデザート系ですよ☆
応援クリックお願いしますm(__)m