今日は、株式会社エーアンドエーの方に来ていただきました。


現在は超高齢社会、小柄なお年寄りでも大柄な人を介助できるように、

また、元気な人にはより元気になってもらえるように、

産学官連携(企業と学校と公設の研究機関(官)で一緒に)で、

福祉機器の開発を行っているのです。


そこで、開発を行っている企業の方にきてもらって、

最新の福祉機器や、開発段階の福祉機器の試乗体験を行いました。


↓これはユーチェアです。(開発段階)

キャスターや、肘かけにセンサーがついていて、

座っていないときにはしっかりロックがかかって、つかまっても滑りません。

IMG_0043






座ってみるとセンサーが感知して、ロックが外れます。

歩けない方でも、座りながら足で移動できるチェアです。

こんなの欲しかったという現場のアイデアから誕生しました。

IMG_0041






↓これはパルチェです。
IMG_0047







IMG_0050






IMG_0052






座ったままこの機械にのってもらって、安全に車いすにうつってもらうことができます。

介護者の腰の負担は、いっさいありませんでした。遊園地の乗り物のようですね。

↓これは、ステップパルサ。

IMG_0060










立つことはできても、自分であることが難しくなった人にのってもらって、

階段上りと同じ運動ができます。

これで練習することで、歩行できるようになっていくそうです。

しかもセンサーで測って調整するために、心臓への負担がないそうです。

IMG_0058












少しずつ少しずつ、高齢者のもとめに応じて、福祉機器は進化しています。

機械や環境が、高齢者や介護をしている家族や職員を助けてくれる日が近い、

そんな印象をもちました。


年明けには、コミュニケーションロボットの企画もあります。
パロ(あざらしの赤ちゃんロボット)も早く会ってみたいです