初めて担当した雑誌で、初めてレイアウトをした時のお話。

 

雑誌といっても、一般に出回るようなものじゃないんだけど・・・

 

慣れないソフト*で、本を見ながらどうにかこうにかレイアウト*を決めて、

写真もそれなりに見やすくして・・・

結構頑張ったつもりだったのに・・・赤いっぱい

 

見せたい写真と、捨て写真*のバランスが悪いって

 

文章を読んで、ここが大切かな〜と思った写真でも、

必ずしも見せたい写真じゃなかったり、

思ったほどの大きさが取れない写真であったり。

 

その前に、見せたい写真と捨て写真の見分け方が良く分からないし

キャプション*の入れ方とかも、良く分からないし

 

暗中模索、手探り状態で紙面を作っていました。

 

本来なら、きちんと引継ぎがあるはずなのですが、

私の前の担当者は、病気でそのまま退社してしまったためとかで

細かいところの指示までは、引継ぎが無かったんです

 

クライアント*さんが、心広き人で助かりました

 

慣れないソフト→このとき初めてInDesignを使ったのです

レイアウト→写真の位置や文の入る場所といった紙面の構成

捨て写真→穴埋め的な写真 無理して入れる必要の無い写真

キャプション→どこの何などといった写真や図の説明文

クライアント→お仕事の依頼主・お客様