商品カタログを作成したときのお話

 

某治療器具の商品カタログの撮影に立ち合わせて頂きました。

とはいえ、商品が大きくて高価なことと、

予算の都合でスタジオではなく、社内の一角での撮影。

 

この時もそうだったのだが、

撮影ってある日突然やってきたりすることもあったりで・・・

 

この日は、上司の思い付きみたいなもので、

「どうせパンフレットの作成はさんがやるんだから・・・」

と、当日になって連れて行かれたのでした。

 

カメラマンと、モデルさんと合流して、商品の待つ会社へ

 

商品写真は、切り抜いてしか使わないので、

なるだけ壁だけの状態を作って撮影。

 

モデルさんも、慣れたもので次々と笑顔でポーズを作ってくれる。

 

こちら側の説明が足りなかったみたいで、

治療器具って感じにはならなかったけど・・・まぁまぁ・・・

 

後日、撮影データを受け取って作成していたら・・・欲しい形が無い!

やってしまいました・・・

色を変えたり、合成したりでそれらしい写真に加工しましたけど

 

このときの上司は、ラフを描いて綿密に打ち合わせて・・・

というタイプではなかったので、まさしくフィーリングとヒラメキ

私も、この時は特に深く考えないで指示出しをしていたので、

ちょっぴり困ったチャンな事態が起きてしまいました

 

結果的には、クライアントさんからは喜んでいただけましたけどね

 

終わりよければすべて良し?