まだまだ汗ばむ夏の日に送るぞっとする話

 

クライアントさんが、急ぎで欲しいという事で、

ちょうど夏の始まりから真っ只中になる頃、

毎日缶詰*になって書籍の制作に追われていました。

多目の発注があって、先方の希望する納品日まで日にちが無く、

急ピッチで制作が進められました。

 

その頃のスケジュールは、

打ち合わせ→制作&手直し→打ち合わせ・・・の無限ループ

クライアントさんと会社を2度3度往復することもしばしば

 

それで無事に入稿を済ませて、ほっとして納品日を待っていました

 

納品されたら、指定部数をすぐにクライアントさんに届ける手筈に。

 

が・・・しかし

 

確認してみると、きれいに1頁ずれている

いわゆる「乱丁*」です

 

その後、上司の許可を得て放浪の旅(数時間)に出させて頂きました

 

その後の展開?あせっちゃダメココロの傷が癒えるまで待って

 

缶詰→社用以外(帰宅も含む)で外出しないことの通称

乱丁→本の不良。傷み破れなど書籍として、商品価値の無い状態。