雑誌に掲載するための記事を預かりました

・・・が、割り当てられたページ数に対して明らかに少ない

 

どうしたら良いの??教えて編集長〜〜〜

あぁ、適当に増やしても良いよ

え?でもこれって・・・

どう料理しようが任せるよ

えぇ〜〜ドンダケェ〜〜

 

それで、文章を増やすため・・・というよりは、

内容を補うためにいろいろ調べまくりです

他人様から預かったモノに手を加えるなんて・・・

何がどぉって、良心の呵責に悩まされたのですよ

 

だって・・・タニンノフンドシ感満載じゃないですか

 

そんなこんなのある日、打ち合わせでの会話が耳に入ったのです。

先日、著者から原稿を預かりまして目を通しました。

そう?それで本にはなりそうなの?

ゴースト*を入れないと、このままでは本にはなりませんね

そんなにひどいの

まぁ、そのまま本に出来る原稿なんてありはしませんよ

 

・・・文章に手を加えるのは日常茶飯事だったなんて・・・

 

ちなみに、掲載用の記事を持ってきたのはライター*のタマゴさん。

お互いに修行の身だったってことで

 

けど、調べモノって案外はまっちゃうのよふふん

 

ゴースト→著者とは別に文章を作ったり手を加えたりするコト(をする人)

ライター→取材をして記事(文章)を作る人