臨時でデザイン事務所でバイトしていた頃、

出来上がり原稿を確認して出力見本とデータを送るのに立ち会った。

・・・というよりは、その日がたまたま納品日だっただけなんだけど。

 

それは、海外の出版物の原稿。

普段見慣れない文字列はちょっと新鮮でした

 

それからしばらくして出勤してみると、

事務所の人がばたばたしていました。

電話を握る姿からも、ただならぬ雰囲気が感じられます。

何事か聞いてみたら・・・クレーム

出版されてから誤字が見つかったのです。

データにも、出力見本にも誤字はありません。

つまり、データのやり取りによるもの。

 

ごくごくたまに、データのやり取りで文字化けしちゃうことがあるのですが、

このケースはとっても稀・・・なんだろうなぁ・・・。

 

こちら側には落ち度が無くても、実際に刷られたものが間違っていたら、

それはそれで責任問題。ずいぶん揉めました。

 

結局、こちら側で責任を取ったのかなぁ?

 

ほんの些細なことで、データって崩れちゃうんだな・・・なんて。

 

たまに、海外からで買ったCDやDVDが聞いたり見たりできなかったって話、

ちょこっとだけ聞いたことあるけど、これと同じなのかもしれない。

 

海を大きく越えると、人間同士のコミュニケーションは難しい。

同じ言語を使っているのではなく、別の言語・文化なら尚更。

そして、それは機械でも同じことが言えるのかなぁ・・・なんて思ってみたり。

 

いろいろ難しいなぁ・・・。

 

異文化交流、簡単だったらつまらないよね