現在進行形でお仕事されてる、

山野徹氏のインタビューを本校のサイトで紹介しています

 

記事を読んでいますと共感できる部分が多くあります。

 

マスコミ系の仕事は、書籍にしろ、雑誌にしろ、放送にしろ、

意外と狭き門ではないのです。

ただ、とてもハードなので続かないのです。

 

私の担当した本は、マニアックなので流通にはなかなか乗りませんが、

一冊分の紙面編集とイラストを担当させて頂きました。

出版されるまでは、

会社にいる時間と打ち合わせの時間と家にいる時間が7:2:1。

着替えのために家に帰ってとんぼ返りもしばしばでした。

同時進行で、雑誌の紙面も作っていたので、

時間との戦いで、鬼のような時間配分で仕事していたかも

本当に、働きマンの世界です。

 

通常は、紙面をデザインする人、デザインに沿って紙面を作る人、

文章を考える人、絵や写真を用意する人は別々なのですが、

その時はデザインに沿って、イラストと紙面作りを担当しました。

その前に、企画だったり色々ありますけど。

 

多くの人の手により一つのものが完成するのは、

映画・番組とも共通する部分があります。

その担いてになるお手伝いをするのが、マスコミ制作学科です。