2015年07月29日

自転車のフレームを考える

なんて偉そうなタイトルだけど、私はレースに出る訳ではない(ホビーライダーな)ので、好きなデザイン(形、色)で選ぶだろうな

01 MERIDA REACTO 4000MERIDAのREACTO4000。






今乗ってるクロスバイクがMERIDAなので真っ先に思い浮かんだもの。流行りのエアロボディで黒ベースに青/白な爽やかさがなかなかイイね

02 GIOS AERO LITEGIOSのAERO LITE。






青といえばジオスブルーでもGIOSならスチールフレームの方がいいかな?

03 BIANCHI OLTRE XR2BIANCHIのOLTRE XR2。






チェレステカラーは好きだけど、ソリッドカラーよりこの方がバランスが良くて好き。現存する自転車ブランドでは世界最古という+αな要素はあるけど・・・暴様とかぶるからなぁ

04 DE ROSA IDOLDE ROSAのIDOL。






いつかはDE ROSAと言われるくらい?の人気ブランドで、この黒/ピンクが派手でいいよねぇ

05 DE ROSA SUPERKINGDE ROSAのSUPERKING。







モリワキカラーが心をくすぐります

06 LAPIERRE XELIUS EFI UltimateLAPIERREのXELIUS EFI Ultimate。






モリワキカラーといえばこんなのもあります

07 LAPIERRE PULSIUM UltimateLAPIERREのPULSIUM Ultimate。






LAPIERREといえば、このフレームワークとフォークの曲線美がいいよねぇ

08 KUOTA kiral 209 KUOTA kiral 1






KUOTAのKIRAL。

カーボンフレームの先駆けで、シンプルなデザイン&色使いだけど何か惹かれるんだよねぇ。

10 carrera phibra evo tricolor 111 carrera phibra evo tricolor 2






CARRERAのPHIBRA EVO。

何だこのトップチューブからシートステーにかけての曲線美極太ダウンチューブに不思議な形のシートチューブ・・・ヤバいねこのフレームワークしかも左右非対称の色使い、注目度No.1かも

12 carrera phibra evo tricolor 3色違いでこんなのもあるんだけど、レプソルカラー?






色違いだけど「シャ乱Q」のまこともこのフレームのオーナーなんだよね。

13 FUJI ALTAMIRA SLFUJIの ALTAMIRA SL。






これもレプソルカラーっぽいよね。

14 KOGA Kimera Road Pro UDKOGAのKimera Road Pro UD。







キメラ柄で攻撃的でもあり、色使いのバランスが良く爽やかなデザインスプリント系にまとめるならこれもいいねぇ


しかし、デザインだけで見てもこんなに気になるフレームがあるんだから、本格的に検討したらなかなか決められない・・・自転車って深いねぇ〜

2015年07月28日

RC213V-S

暴H社のショールームに展示されています、RC213V-S。

001002







正にレーサーレプリカって訳だけど・・・

003すっげぇ価格だよね

我が友、TRIUMPH ROCKET

今年の11月で8年の付き合いになるROCKET

北海道一周、九州弾丸ツーリングや本栖湖トライアルと何でもありな万能っぷりを発揮した最高なバイク

もうやりたくないけど、名前の通り空を飛ぶこともできる?類を見ないバイク

そんなROCKET掘

009010







積載に積まれてる・・・

011故障?







いや、そうじゃないんです。

012急な話ですが、ドナドナです







1年放置したあと、去年8月に車検を取り、ツーリングに使用したのは東北ツー2回、千葉ツー1回で、あとは近所を乗り回しただけ・・・タイガーがない状況でもこの程度しか乗っていない前回の車検ありの期間もこの程度しか乗らなかった。これではロケットが可哀想。

だったら元気なうちに里子に出した方が良いのでは、ここ最近そう思っていました。

013014







でも約8年付き合っていた相棒、バイク人生で最長所有期間の相棒、別れるのはつらいです。査定が終わったあともどうするか悩みました。本当に手放していいのか・・・

でも乗らない方がつらいかもしれない。決断しました。手放そう、次のオーナーに託そう。これまでの楽しかった思い出も辛かった思い出も、写真や心に残ってる。

015さらば、ROCKET
元気でな

2015年07月27日

自転車調整&整備

001002







以前ステムのスペーサーで20mmほどハンドルを下げたが、やはり高めなのでステムを逆さまにしてみた。ついでにシート位置も前方に20mmほど移動。

前傾が強くなりスピード出すには楽になったかな。シートは先日の東北走行でポジションが悪かったので調整・・・って、工具を持って行ってたんだから現地でやれば良かったのに

これで快適に走れるだろう

003溝の減ったリアタイヤも交換・・・






左:新しいタイヤ、右:古いタイヤ

004005







今度は溝無し・・・大丈夫か?基本雨天走行はしないからいいか。

006007







リアブレーキシュー。雨天走行は減りが早いと聞いていたけど・・・鳥海山の下りでほぼブレーキレバーを握りっぱなしだったので、あっという間に限界点

008で、これも新品に交換。よし、これでいつでも出動可能

久々に厳しいツーリングだった・・・

7/25(土)、きみっぺ&旦那様、みーさん、gomiさん、ただけんさん、寺ちゃん、わたしの7人で清里に向けてツーリング

無料中の雁坂トンネルを抜け、クリスタルラインを走ったんだけど・・・去年のRATもアグスタ+クリスタルラインで全身ガクガクになりながら走ったっけ今回はその時より若干路面状況が良かったこと、ヘルメットを変えたおかげで首が痛くなかったことから、かなり楽に走行できた。といっても、前傾姿勢のバイクには厳しい道路だけどね

清里「清泉寮」に到着と思ったら、gomiさんが仕事で折り返し帰宅

残った6人で昼食

004005












駆け付け2杯の牛乳と、塩麹生姜焼き+雑穀米大盛りを食す・・・濃い牛乳なので2杯も飲むとかなり腹にたまり、雑穀米大盛りは思った以上に多過ぎて、満足し過ぎの昼食でした

帰りのルート、どこにしましょう?高速で一気?ぶどう峠?・・・たまには十国峠で行きますか

最後に走ったのはいつだろう?ってくらい久しぶりの十国峠。思ったより路面状況は良く助かりました。ただ、体はボロボロ

更に芦ヶ久保に着くまでのノロノロ運転でアグスタ熱を股間から上半身に浴び、汗ダクダク状態

それにも負けず、帰宅後川越集合でお疲れさん飲み会に参加

なかなか楽しく厳しいツーリングだったな

・・・あっ、食事の写真しか撮ってなかった

改名

001JTから何か届いた。たぶん先行でアレを送ってきたのだろう。






002やっぱりアレだ。
Winston CABIN。






003変わるのは名前だけで味も価格も変わらない。でもなんか馴染めない・・・

2015年07月23日

チャリ載せ旅 7/22

すっきり目は覚めたけど、足が重くてベッドからなかなか出られない思ったより体力を使っていたようだ。

001だから朝食はしっかり食べないとね最近少食だったがご飯をお代わりするくらいお腹が減っていた。




今日は帰るだけで特に予定なし。往路と一緒で全線下道予定なだけ。

いつもの農道を快走し、稲庭うどんの佐藤養助商店本店を横目に先を進み・・・何年も前から気になっていた場所に立ち寄ることに。

002003







急勾配のケーブルカーに乗って現地に向かう。この時点でわかった人も多いだろう。

004車内のシート、物置スペースのゴザが雰囲気を出している。






005車窓からの風景天気も良く絶景






006まもなく到着。むむっ、このケーブルカーの形は






007現地到着。このノボリは







そう、これまで遠目に見るだけで謎だった稲庭城だ

008009







敵の襲撃をさける為に高いところに建てるのは分かるけど、高過ぎだろう
城内は稲庭城に関する品や特産物の展示がされており、気になったものを数点紹介

010011







012013







4階建てで景気も凄い

014015







写真左、大きな右コーナーのあと山に向かうと河原毛地獄に向かう。写真右、湯沢方面の景色。ここを自転車で走るのも楽しそう

016さて、ここまで来るのにケーブルカーで急勾配を登ったわけだが、遊歩道も存在する。というか、数年前まで遊歩道しか無かったらしい



017しかしケーブルカーの周りはこんな感じで歩けるの






あった、遊歩道

018019







これ歩くの嫌だなぁ そういえばここの殿様はあのカゴで運ばれたのか

ここからナビ通りに帰路を走っていたのだが・・・ひらめいた昼食はあそこにしよう福島の太平洋側にあるあのラーメン屋GO

お昼の部は確か2時までだった気がする・・・現時点での到着予定2時半・・・高速を使うしかない好きなラーメン食べたさに高速代を無視して激走?するが・・・

020麺龍さん閉まってた







021仕方がないのでお隣の大衆食堂 光ドライブインさんに。創業昭和45年、俺より一つ年下だ。





名物はスリバチ味噌ラーメンの様だが、結構いい値段がしていたので・・・

022ノーマル醤油ラーメンと焼き鳥丼セットをオーダー・・・って、これじゃ値段変わらんぞ





こ、これは俺がこよなく愛する昔ながらの鶏ガラスープ醤油ラーメンこのシンプルさがたまらんラーメンだけなら600円なのでこのご時世まぁまぁな価格だろう。焼き鳥丼はコンビニやスーパーでも食べられる普通の味。個人的にはタレをちょっと減らして欲しいかな。

満腹になったあとは本当に帰るだけ。ただ、残りを下道で走ると到着予定時間が10時半過ぎ・・・一山超えて国道4号をしばらく走り・・・ダメだ疲れた高速で一気に帰ろう

023ってなワケで2時間短縮の8時半に到着。自転車もかなり汚れたので洗車しないとなぁ〜





さて、今回走って分かったこと。もっと体重を落とさないとヒルクライムは厳しい漕ぐ力の太ももより膝が先に悲鳴をあげてたから。もっと特訓して減量と正しい走り方を習得しないと


【今回の特別戦利品】

・東北夏祭りクリアファイル

025左:福島わらじまつり
右:山形花笠まつり






026左:盛岡さんさ踊り
右:青森ねぶた祭






027仙台七夕まつり

あれ、秋田のまつりが無いそう、売り切れだったのだ




・稲庭城の鉄砲

0246連発可能なゴム鉄砲人気があると言っていたのに500円も割引してもらった・・・売れてないんだね

チャリ載せ旅 7/21

001車内が暑くてなかなか眠れず若干睡眠不足だけど、昨日の達成感が忘れられず今日も頑張って走ります




002ここに登ります







003久しぶりの寒風山鳥海山に比べれば標高も低いし、距離も短いから大丈夫だろう

なんてのは甘いです








004傾斜が見えないほどの坂道・・・鳥海山よりキツイかも






005昨日の疲労が影響して大変だったけど山頂まであとちょっと・・・





006あっ、間違い。左の山じゃなくて右の山だ。






007ちんたら走りながら、手前の駐車場に到着。山頂までの坂道はこれまでにないキツさだし、何度も行っているし、このあとの行程を考えてこれ以上登るのは中止。


008振り返ってみると、いま漕いできた道も負けず劣らずの坂道だった





山登りはこれで完了、あとは平坦な道だけと思い、

009010







余裕でブログ用の写真撮影なんてしていた。

011寒風山を下り、海の見える丘これから海沿いを快走する予定〜





012あんな所から降りてきたのか〜 でもここも結構な高さだよな〜 そう、山じゃないけど、登り下りが激しくてかなり疲れるコースである



013雲も減り日も出てきて景色のいい中の走行代わりに気温が上がり、海沿いなので日陰もなく自転車には厳しい〜




更に海沿いは起伏が多く、体力の消耗が激しくて大変。内陸に入り平坦な道になったので楽になった頃には疲労蓄積がかなりひどくなり、なかなか漕ぐ力が高まらず、

014015







八郎潟の横断は完全に日陰がなく、休憩する場所もなく、延々直線が続きツラかったが、トラブルなく無事完走

当初計画では3日目「十和田湖、奥入瀬渓谷」、4日目「アスピーテ、樹海ライン」だったが、初ヒルクライムを2日続けたら膝と太ももが悲鳴をあげ、更に対策不足で手脚の日焼けが痛すぎて断念

このまま帰宅するのもキツかったので急遽横手のビジホを予約し一泊してから帰ることに。

ホテルに向う途中、道の駅 雁の里せんなんでいつもの米と斎藤昭一商店の比内地鶏だしを購入ついでにちょっと早めの食事をしたんだけど・・・

016017







気になっていた納豆シリーズ?「元祖納豆 美郷豚丼(みさとんどん)」を食す納豆と豚肉を甘めのねぎ味噌で和えた感じで食が進む逸品でした

使用されている美郷豚ですが、美郷町唯一の養豚農家で飼育されていたうえ、平成25年に廃業してしまた為、食べられるのも時間の問題らしい。

食後は薬局で日焼け用の薬を購入し、ホテルにチェックイン。

慣れない長距離&高温走行で疲れ果て、テレビを見ながら・・・


【今日の結果】

018計画では寒風山登山+男鹿半島一周だったが、昨日の疲れを考慮し起伏の少ないコースに変更したのが正解だった。













019昨日の疲れが無ければもう少し平均速度を上げられたかもしれないけど、楽しく走れたからいいか。













020山登り直前まで田んぼや遠くの山を見ながら軽快に走り、一気に山登りでグッタリし、山越えして安心したら起伏の激しさにやられ、平野部走行時は気温も上がり、日焼けが痛くてペースが上がらずって感じだった。

チャリ載せ旅 7/19,20

毎年この時期に有休を一気に消化しバイクで出かけている。ちなみに去年は九州一周+αを実行。
今年はどうしようか?バイクもいいけど、たまには違った事をしてみたい・・・そうだ、車に自転車を積んでどこか走りに行こう

とは言ったものの、どこを走るか悩みどころ自転車乗りの聖地?しまなみ海道を考えたが、そこまで車で行くのが面倒

やはり慣れた東北方面が良いかな。で、どこ走る???

せっかく行くんだから達成感を味わえる場所に行きたい・・・って事は、あそこしか無いだろう

鳥海山を制覇する

他にも難関制覇を計画し東北に出かける事にしたのだが、天気予報が二転三転してチャレンジする日程がなかなか決まら無い結果として7/18(土)は色々準備、20(日)経費削減のため全線下道で酒田市まで移動。13時間も走って流石に疲れた

001ぐっすり眠た翌21(月)、ガッツリ走るんだからしっかり朝食






002道の駅 鳥海の駐車場に車を停めいざ出発と思った矢先に大チョンボフロントタイヤを取り付けた時に、ブレーキワイヤーの固定を忘れて下り坂をス〜


走行前点検はしっかり行いましょう

本日の行程は道の駅→にかほ市、にかほ市→鳥海山山頂、鳥海山山頂→道の駅、各約20kmの合計約60km。これまでmax30kmしか走った事が無い俺が山登りを含めて60kmと無謀なチャレンジ

国道7号をひたすら北上しにかほ市へ向かう。バイクで走る時は全然気にしていなかったけど、結構勾配があって楽はできないけど、普段のトレーニングと曇り空で気温が割と低いおかげでほぼ予定通りに到着。

003何故にかほ市の市役所前に来たかというと、先月行われた「鳥海山ブルーラインヒルクライムfrom日本海」のにかほステージのスタート地点だから。



ここまでの走行はウォームアップとして、ここから同じ道を辿ってみようと思ったからしかし、これが大失敗市役所から県道に出るまでの道が・・・

004005







鬼坂道山登り本番より勾配がキツイいきなり洗礼を受けぐったりしながら走っていると登山直前の下り。これがあったので秋田側から登る事にしたのだ。

山形側からだと全線(20km)登山となるけど、秋田側からだと登山は半分の約10km。勾配はキツイけど距離半分を選択したのだ。

下りも終わり本格的に登り始める頃、雲行きが怪しくなってきた。天気予報では午前中は弱雨で午後曇りだったので仕方がないか。なんて思いながら、まぁそこそこ軽快に走っていたらポツポツ降り出した。火照った体にはクールダウンにちょうど良い感じ〜なんて更に漕いでいたら・・・

006007







本降りだよ専用の雨具を用意しておらずバイク用を使用。本来ならこんなブカブカな状態じゃ走りにくいけど、そもそもスピード出てないし、気温も下がってきていたので防寒も含めて丁度よかった。だけど気分は下り坂

008そりゃそうだよ。こんな悪天候でひたすらツライ思いをして登らないといけないし、





009景色(日本海)なんか全然見えないし





山登り5kmあたりから脚が急激に重くなり、息切れもひどくなってきた。標高が高くなったので空気が薄いんだね。漕ぐのが困難で止まることが多くなり、しまいには漕ぐことができなくなってしまった

ここまで来て諦めるのか?でも無理して何か問題が起きたら・・・あれこれ葛藤のうえ、もう少し頑張ってみよう。但し、無理せず歩きを混ぜて残りを進む。歩き2kmくらいを含めて休み休み走ると・・・

010見えた鉾立山荘

限界だった脚も気持ちも急激に復活し(バッテリー切れのエヴァが覚醒した感じ?)豪華に漕ぎ出した


011左折してもう一頑張りすれば、












よっしゃー!

012013







ど素人の俺でも鳥海山を登れたぜ諦めなくて良かった、徒歩区間はあったけど達成感がハンパない。これからも特訓して全然走行&時間短縮で更なる達成感を味わえるよう頑張ろう

途中簡易食事をしたけど、これだけ走れば腹は減る。

014って事で、由利牛丼を食す。疲れ切ってるのに箸が止まらず一気食い。満足満足





あとは一気に駆け下りるだけ。予報通り雨も上がった。空はどんより雲だらけだけど、気分は晴れやか

だったのに・・・走り出そうと思ったら又雨が降り出した。まぁ下るだけだから大丈夫だろう。

甘かった・・・急な坂道、スピードが出すぎて雨粒で顔は痛いし、前は見えないし、ブレーキの効きが甘くて怖い

そして事件が起きた

015この左コーナーを下っていたら・・・






016何故か自転車はここに







017派手に転倒した訳ですリアタイヤがスリップし、軽くブレーキを掛けたらロックしてタイヤが暴れまくり。左右に派手なドリフトをかましながら反対車線を飛び越えて大転倒


対向車がいなくて良かった。崖じゃなくて良かった。ヘルメットをかぶっていて良かった。ケガは左足のスネを擦りむいただけ。ほんと良かった・・・

今回の事故の原因。
 1、タイヤがかなり磨耗していた。
 2、標高が高いのに空気圧の調整をしていなかった。

自転車だからといって甘く見ちゃいけないと思い知らされた。タイヤは交換用を用意していたけど、スリックだったので交換してもダメだったなヘルメットは出発前日に急遽購入していた。万が一ってこともあると思ったのが正解だった。今日ニュースで安田大サーカスの団長もトライアスロンで自転車走行中に転倒し大怪我をしたが、ヘルメットのおかげで頭部を守ることができたと報道されていた。オートバイだけじゃなく、自転車も必須だね

018色々あったけど無事帰還。頑張ったな俺






自転車を車に積み込み、汗を流すために道の駅ちかくの「あぽん西浜」で

サッパリしたあとは次走に向けて車中泊予定の道の駅に向かうはずだったけど、登りの休憩時に落し物をしたので、それを回収しに逆走で鳥海山へ

019で、回収したのはコレ。スマホケースのイヤホンカバー。登りの途中でバッテリーが切れそうだったので外付けバッテリーをしようしたんだけど、ケースを付けたままだと穴が小さく端子がささらないのでカバーを外さなければいけない。その時に落としたのだ。落とした場所は覚えていたし、車が止めそうな場所ではなかったので踏まれる心配は無し。かなり小さい物だけど直ぐに見つかった。

さて、用も済んだので次の道の駅 おおがたに移動

途中で夕食を済ませたのであとは寝るだけ。

020寝る前にのんびりコーヒーでも飲みながら読書・・・と思ったら、蚊の大量発生で無理尋常じゃない大量発生で、明かりのあるところうじょうじょしていて気持ち悪かった


車に逃げ込んだけど車内にも結構入り込んでしまい駆除するのが大変だった。ただあまり元気がなく、まったく刺されずに済んだのが救い・・・あぁ眠い・・・もうだめ

【今日の結果】

021022
















コース上の数字はスタート地点からの距離。コースの色でスピードが分かる。にかほ市までと山登り手前の下りだけそこそこのペースだけど、28km以降はグタグタだね消費カロリーはスピードで単純計算されているようなのでこんなに少ない計測となっている。

023024
















最大斜度30%でアップ16km・・・ど素人には厳しすぎるコースです標高1000m超えだもんな〜 速度も激減

025026
















最高速50km/h超え・・・ブレーキ未使用ならまだまだ出るでも確実に大怪我する

0275km地点でスピードゼロ・・・ここで転倒したんだな後半スピードが上がっているのは直線が長くなってブレーキを掛けるのが遅くなったから。












028そして笑えるバグがこれ。瞬間最高速14,479.1km/hマッハ13.6

2015年07月20日

現在地

imageココです!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード