よんちんの・・・何処行こうか?

バイク、食事ネタ減って自転車ネタばかりになってる・・・(汗)

2016年11月

納車後に備えて

CBR250R、土曜か日曜に納車できるかも?という話もありましたが、残念ながら間に合いませんでした

「でも遅くても今月中には納車できると思います」・・・水曜日が定休日なので、今日もダメだったから明日しかない・・・けど、結構忙しそうだったからそれも無理かな?

まぁ急いでいる訳ではないので問題ないんだけど、せっかくだから早く乗りたいよね

さて、それはとりあえず置いといて、納車後やらなきゃいけないこと、それはETCを取り付けること

そのために、

001パーツ購入済み。ただ問題はどこに取り付けるか・・・レプリカはメーター周りが狭いし、セパハンなのでかなり厳しいんだよなぁ





こりゃ凄い!

016うちのフリードスパイク、なかなか除草されず(結構硬めの)草ぼうぼうの所を通勤順路で使っていたら、



エライことになってしまった

017018





擦り傷だらけ

流石にこりゃ酷すぎるので、

019傷消し購入





020安かったのでコイツも購入。





021さて、どれくらい綺麗になるのか・・・





022凄げぇ新車同様になった





023これは自転車を立て掛けた時に、バーエンドで付けた傷結構深そうだけど・・・どうなる?



024完璧じゃん





おっ、雨降り始めた・・・続きはまた別の日に。

そうそう、アマゾンのカスタマーレビューにも書かれていたけど、コンパウンドが乾いた後、粉をふいて拭き取るのが結構面倒です。その代わりしっかり傷は見えなくなるので我慢するか。


tern Kitt design Lab.002 其の弐

001予定よりもかなり早く昨日届きました。これが自分の物なら浮かれまくりですが、あくまでも忘年会の景品なのでテンションは普通。


002開梱開始。先ずはダンボールを外す。タイヤを汚さないように下に敷いたまま




003エアキャップも外して開梱完了。いい色ですねぇマジ欲しくてアマゾンのお気に入りに登録していたくらいお気に入りなんですよ


004同梱されていたダンボール箱。小物が入っているはずです。




005ヘッドライト、ワイヤーロック、テールランプ(カエル)、そしてカバーこれ使うか???こういう自転車は全体に屋内保管だろう


006別に買っておいたパーツも一緒に取り付け。個人的にスタンドは不要ですが、普通の人はいるんですよね?



で、このスタンド、かなり取り付けに苦労しました。シートステーの径がそのままでは合わず、改造が必要だったからです。ま、時間は掛かりましたが問題なく取り付けしました。

全て組み上がったので外に出してみましょう

007008





ほんとセンスのいいデザインです。ただ私の脚にサドルを合わせると、サドルバッグの取り付けがかなり厳しかったです

009010









フラットバーロード、もし自分の物ならドロップハンドルに交換だな。

011012









鋭角なダウンチューブが格好いいですね大きなロゴも素敵です

013014





チェーンステーの保護シールにシワが貼ったの私じゃないですからねホイールはカーボン風でアルミです。つなぎ目処理が甘いのか、シールでごまかしていました

そうだ、ボトルを入れるの忘れてた。

015シートチューブが短すぎてロングボトルが入らないこりゃ自分で買取して別なものを発注しないと

暫定対応半年・・・さっさと買えばよかった

今年5月にリビングの蛍光灯が壊れた。蛍光管切れだと思い交換品を買ってきたのに本体の故障蛍光管を無駄にしたくない、本体も何度かON/OFFすれば点く時もある結局新しい蛍光灯を購入せず、キッチンの蛍光灯とスポットライト、階段の照明を使って遠くからリビングに明かりを当てていた

ここ最近、アマゾンで色々物色することが多く、たまたま照明が目に入った。壊れてから半年、いい加減買わなきゃなぁ〜なんて見てみたら、すごい安いじゃん

速攻「ポチッ」

001アマゾン限定パナソニックのLEDシーリングライトです我が家初のLED照明投入


壊れたのを外して、新しいのをサクサクっと取り付け。

002流石LED 、明るさだけではなく、色合いも調整できる












003今までの蛍光灯なら1本か2本の変更だけだったが、これなら無段階調整可能。


004色合いが変えられるのは非常に便利テレビを見るときは白色でクッキリ、食事をするときは暖色にして美味しく見せる

こんなに安くて便利ならサッサと買えばよかった

REBELモデルチェンジ

001REBEL250。1985年に発売され、当時レーサーレプリカ全盛期の中、ツーリングライダーに支持され、日本では1999年まで販売されたロングセラーモデル。

北米ではなんと今でも販売している長寿バイクである。

しかしその歴史も幕をおろし、約30年ぶりにモデルチェンジらしい。

新型REBELは300ccと500cc、2つの排気量らしいが・・・

002なんだこれ






北米ではこういうデザインが流行っているようだけど、かっこ悪

ちなみにこれはヤマハのBolt。

003断然こっちの方が格好良い。





エンジン形状のせいかと思ったら、タンク形状とフレームのバランスがおかしいね>REBEL

排気量が違うので比較対象にはならないけど、この系統のデザインなら、

004MOTO GUZZIのV9 Bobberがいいな





リッター以下のGUZZIは軽快に走れるので結構気に入ってるんだけど・・・トラブルが多くて乗りたいときに乗れない、遠くに行けない、のイメージが拭えない

しかし、暴H社のセンスの悪さ、他社メーカーの後追い、二輪事業は大丈夫なんだろうか

自転車ダイエット、努力の結果

青山勤務時代に過去最高の体重を記録してから、食事をメインとしたダイエットプログラムを進めてきたけどなかなか結果に結び付かず、昨年から「自転車に乗る」という運動を追加しました。

結果として昨年末にはピーク時から約18kgの減量まで達成しましたが、年明けから春先までに運動量が(自転車に乗る機会が)減り、リバウンドして83kgまで戻ってしまいました

そして今年の健康診断でまたしてもメタボ判定
どんなに努力をしても、戻ってしまえばただのデブ

ただ3月の転勤のおかげで通勤時間4時間から解放され、時間に余裕ができ、夕食も早い時間に食べられるようになり、デブ脱却のチャンスとなりました

これが昨年8月にCARRERA PHIBRA EVOを購入してからの自転車走行距離と乗車時間の記録です

自転車乗車距離時間




昨年8,9月は納車間もないので結構走りましたが、それ以降は寒さを理由に激減・・・今年3月の異動が落ち着くまで走りに行かないし、屋内でのトレーニングもさぼっていました

それが4月から一転ダイエットというより趣味で乗る機会が多くなり、一度に走る距離も一気にのびました。これはみーさんの簡単に葛西臨海公園まで行ける?情報を真に受けた結果です。それまで一日50kmも走れば上出来な感覚だったのに、150kmと一気に3倍の距離になり始めは騙されたと思いましたが、慣れてくるとそんなに苦も無く走ってしまうんですよねこの効果で4,5月は一気に減量できましたが、6月は梅雨に入り外に出られず、ガレージで固定ローラートレーニングが多くなり、7,8月はヒルクライムや北海道でのツーリングと結構走りましたが、ガレージ内が蒸しぶろ状態でトレーニングの時間が減少、9,10月はガレージから寝室に固定ローラー移動し残暑対策はできたけど、週末の天気の悪い日が多く走行距離はのびませんでした

そして今月11月、突然距離がのびてます。理由は減量目標の期限が明日11/25で、ラストスパートをかけたからです。これまで何があってもめげずに頑張ってきたんだから、良い結果で終わりたいその一心で室内トレーニングも30分2セットから、3,4セットと乗車時間を増やしたり、大好きなお米は朝・昼だけで夜は食べないようにしたりと努力しまくりました。

そしてこれが努力の結果です

6ヶ月推移



赤線が目標値70kg、青線がダイエット理想体重、緑線が実測体重です。運動量に連動して体重も増減。たまに食べ過ぎで増加というのもありましたけど

そして今朝、期限1日前に69.6kgと目標を達成しました(緑線が赤線を下回ってるでしょ)

体重60kg台なんて20年以上ぶり、マジうれしいですしかも極度の食事制限をしたわけではなく、栄養士の方から言われた1食700kcal(前後)を守り、たまには好きなものを好きなだけ食べて食に対するストレスをためず、食べ過ぎた時はそのカロリーを消費するだけトレーニング時間を増やす。好きなものをしっかり食べ、運動して痩せる理想的なダイエットでした。

それとダイエット(正しい生活習慣に戻す)を長続きさせるには測定した記録を残し、見える化(グラフ化)して変化をダイエットプログラムに反映することです

私が記録した数値は、体重、基礎代謝、筋肉率、体脂肪率、BMI、内臓脂肪レベル、歩数(総歩数、早歩き、階段)、自転車トレーニング(走行距離、時間、心拍数、消費カロリー)で、この他に、当日何をしていたか、どんな運動をしたか、なぜその測定結果になったのかということも記録しました。

これをもとに、TOUさんが教えてくれた心拍数管理をしたり、トレーニングの方法を変化させたり、食事の内容を変化させたりと、とても参考になりました。

それと毎日グラフを見ていると、トレーニングを頑張っても全然効果が出ない、逆に増えたり、さぼったのに体重が減ったり、体重の増減と体脂肪率の増減が逆転したりと、想像していなかったことが多々発生し、これを解明するのがとても楽しかったです。

更にダイエット目的で始めた自転車ですけど、趣味側として距離・高さも桁違いにこなせるようになり、一石二鳥でした。

逆にダイエットの影響で問題が発生したのは、タイガーにまたがって沈み込みが減り足付き性が悪くなったこと、ウエストがどんどん細くなり(10cm弱)ズボンがユルユルになったことですかねぇ~

ちなみに、サイコンを購入してからの記録だと、

昨年(8月~12月)
総走行時間59時間、総走行距離1,491.7km
月当たり 11.8時間、298.3km

今年(1~11月)昨日時点
総走行時間235時間、総走行距離8,097.5km
月当たり 21.8時間、749.8km

時間は1.8倍、距離は2.5倍と格段に増加し、1回当たりの走行距離のび率が高いのは、筋力増強と屋内トレーニング増加の影響ですね(屋内トレーニングはアップダウンが無く、風の影響を受けないので、距離はのびる)

6~10月にもうちょっと頑張れば年間走行1万キロを突破できただろうに・・・流石に残り1ヶ月ちょっとで2千キロは無理だわ

歴代バイクと車。冷静に考えると・・・

1989年に中型免許を取得してから始まったバイク生活。これまでに15台のバイクを購入し、今回のCBR250Rで16台目となった。

 1、カワサキ ZZ-R 250
 2、ホンダ XLR BAJA
 3、ホンダ FIRE STORM(VTR1000)
 4、ホンダ X-4 TYPE LD
 5、ホンダ LEAD100
 6、ホンダ APE100
 7、ホンダ FORZA Z ABS
 8、トライアンフ SPRINT ST
 9、トライアンフ Thruxton
10、トライアンフ ROCKET
11、トライアンフ DAYTONA675
12、トライアンフ TIGER 1050
13、ホンダ SUPER CUB90
14、ホンダ XLR125R
15、MVアグスタ F4S 750
16、ホンダ CBR250R(MC19)

ちょっと気になったのでこれらの新車価格を合計してみたら・・・

1400万円超え中古購入を考慮しても1100万円を超えている

いくら趣味とはいえ使い過ぎだろう

これに対し車は・・・

1、ホンダ アコード(2代目) もらい物(ゼロ円)
2、ホンダ CR-X 中古
3、ホンダ HR-V 新車
4、ホンダ TODAY 中古
5、ホンダ アコードワゴン 中古
6、ボルボ C70カブリオレ 中古
7、マツダ デミオ 中古
8、三菱 パジェロJr. 中古
9、ホンダ エアウェイブ 新車
10、ホンダ フリードスパイク 新車

バイクメインの生活だったから車にまでお金は掛けられなかったけど、それでもバイクとほぼ同額をつぎ込んでる

趣味のバイクに実用の車、これに趣味&ダイエットの自転車が加わり、財布までダイエットしちゃったよ

ブログランキング

バイク全盛期の時、livedoor blogランキングで結構上位に入ったことがありましたが、ネタが乏しくなりランキングから消え去りました。

そして自転車メインになってから、カテゴリーを「自転車・サイクルスポーツ」に変更したのですが、当然他の本格的に乗っている人に追い付ける訳もなくランキングに顔を出すことはありませんでした。

で、久しぶりに確認してみたら、

004ギリ100位にランクイン




いやぁ〜ビックリです。たいしたネタは無いんですけどね。見ている人が多いなら、ちょっと真面目に書かないとね。

って、しばらくはカテゴリーとは違うバイクネタが増えそう

補修準備

綺麗に見えるCBR250R。だけど結構あちこち傷補修の跡があります

003004





その補修がイマイチなので、自分で補修し直そうかと思い、

003テラブルー、ファイティングレッド、ロスホワイトの3色、タッチアップペイントを購入しました。ただ・・・俺もこういうの得意じゃないんだよなぁ








tern Kitt design Lab.002

001TernとKitt designのコラボ第二弾お洒落なデザインですよねぇしかも限定生産ってなると余計欲しくなる・・・



002我慢できなかった、仕方がないじゃん、欲しかったんだもん


確かにオーダーした、間違いなくオーダーした・・・でも、でも、俺のじゃないんだ

忘年会の景品なんだよ〜

でもでもでも、まだ諦めることはない

抽選会で当たれば俺の物だー

って、運まかせ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Profile

よんちん

記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ