001久しぶりにクラウンギアーズに行ってきました






002チェーンとシートステーが干渉して塗装ハゲした不具合があったFeather CX+の交換です。










003行きはよかったけど、帰りは渋滞にはまってかなり時間が掛かりましたが、無事持ち帰りました





004うん、当たってない・・・って、これが当たり前なんですけどね。不良品はメーカー返却。原因が分かったら是非教えて欲しいところですが・・・無理か








さて、車体交換前に後付けパーツを全て外したので戻さないとね。

005006







007008







009010







パーツを全て付け終え眺めていたら・・・

011フロントブレーキの異常に気付きました






012これが本来の姿。







013こりゃダメでしょこの状態でブレーキ調整されていたので、本来の姿に戻したらブレーキスカスカ気付かず走っていてブレーキ効かないと事故っちゃうだろ



CARRERA PHIBRA EVOを購入したカネコイングスさんは、こんな不具合が多々あるため、完成車も一度バラして組み直すようにしていると言っていました。日本国内生産であれば信用できるかもしれないけど、海外委託大量生産製品は全く信用できないね。

それともう一つ。

014スギノ製のチェーンリング、精度悪すぎ波打ちがひどくて、どんなにディレーラー調整してもチェーンとディレーラーが干渉してしまう




3段ギアなら調整にも限界があって干渉は避けられないけど、2段で干渉とは・・・コストダウンでシマノ製を使わないことはよくあるけど、これはひどすぎる

でもこれはメーカーに言っても「それなりの製品だから」で済まされるだろうから諦めだね。チェーンリングをましなものに交換するか、クランク丸ごとシマノ製に交換するか・・・我慢できなくなったら考えよう。